エヌビディア(NVDA)四半期決算|22年3Qは-17%に減速

半導体市場はクラウド、5G、AI、自動運転で21年に最も好調な業界だと言われています。エヌビディアはAI銘柄として知られ、20年4月から株価は4倍近く高騰していますAI投資が活発化する22年以降は、さらに成長が期待できる銘柄です。

  • 「DCとゲーム事業が好調で、前年比+83%で拡大…」
  • 22年2月の予想PER51倍は、割高なのか…」
  • 「米中貿易摩擦の影響で、半導体ブームが起きてる…」

エヌビディアは、画像処理などのGPUに特化した米国半導体企業です。GPUは人工知能と相性が良く業績は急拡大、世界で6番目に急成長しています。主力事業のデーターセンターとゲーム事業が収益の9割を占めます。

個人的には、エヌビディアは投資したい銘柄のひとつです。

なぜならば、AIや自動運転、クラウドなど、将来性が期待できる分野に投資しているからです売上成長率は60%前後と高く、22年の営業利益率も37%と高い点も評価できますね。

ただし、半導体サイクルにより、22年後半は低迷が続きそうです。23年4Qの売上予想は、−22%まで低下しますね。そのため、23年春あたりが買い時となるかもしれません。

22年11月時点の予想PERは36倍まで低下しています。

NVDAの投資判断したい人向け
  1. NVDA直近の4半期決算(22年7-9月)は?
  2. NVDAの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 3桁近い成長が続くが、投資すべきでない理由は?

▼▼12月分コンサルも募集開始、締切は11/30日まで▼▼

20年3月に米国株を初めて、2.5年で運用額を10倍に増やしました

ただし、大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。20年や21年は歴史的な好相場で、素人でも読みやすい相場でしたね。ただし、22年現在は500社以上の銘柄分析を行い経験を積んだことで、なんとかプラスを維持しています。

このブログを通じて、投資を教えて欲しいと多くの要望を頂きました

22年9月から、月5名を上限に個別コンサルしています。12月分のコンサルも11月28日から募集を開始しています。また、12月は決算期でないため、一時的に10名に拡大しますそれから、22年1月は料金を2倍にするので、収入や資産に余裕がない人は、12月がお試し価格で受ける最後のチャンスです

締め切りは11月30日の24時までです。

コンサルの詳細は以下の記事に記載しています。

参考:【5名限定で3000円】「個別コンサル」とライン追加のお願い

今すぐ申し込みたい人は、LINEを追加し「コンサル依頼」してください。
友だち追加

エヌビディア(NVDA)の四半期決算は?

エヌビディア(NVDA)の四半期の決算を紹介します。

23年1Q決算(22年4月30日)

1Qの決算内容は...
  1. 売上高:82.88億ドル(前年比+46%)◯
  2.  Gaming:36.2億ドル(+31%
  3.  Data Center:37.5億ドル(+83%
  4.  Professional Visualization:6.22億ドル(+67%
  5.  Automotive:1.38億ドル(−10%)
  6. 営業利益:18.68億ドル(−5%)
  7. 純利益:16.18億ドル(−16%)
  8. 一株利益:0.64ドル(−16%)◯

23年2Q決算(22年7月30日)

2Qの決算内容は...
  1. 売上高:67.04億ドル(前年比+3%
  2. 営業利益:—億ドル(—%)
  3. 純利益:6.56億ドル(−72%)
  4. 一株利益:0.51ドル(−73%)

23年3Q決算(22年10月30日)

3Qの決算内容は...
  1. 売上高:59.31億ドル(前年比−17%)◯
  2.  Gaming:15.7億ドル(−51%)
  3.  Data Center:38.3億ドル(+31%
  4.  Professional Visualization:2.00億ドル(+65%
  5.  Automotive:2.51億ドル(+86%
  6. 営業利益:15.36億ドル(−55%)
  7. 純利益:14.56億ドル(−51%)
  8. 一株利益:0.58ドル(−51%)✖️

3Qの売上高は前年比+46%で82.88億ドル、営業利益は−5%で18.68億ドルでした。3Qや4Qより減速するも、22年1Qの売上も好調ですね。営業利益率は25.8%に低下しています。

22年後半はゲーム事業が減速していますね。コロナ後の反動で、消費者向けの電子機器全般が弱いです。しかしながら、データセンターなどその他の事業は引き続き強いです。

23年4Qの売上予想は、60億ドル(−22%)と減速します。

データセンターの収益は 38 億 3000 万ドル、前年比 31% 増
株主への四半期利益は 37 億 5000 万ドル

NVIDIA (NASDAQ: NVDA) は本日、2022 年 10 月 30 日に終了した第 3 四半期の収益を 59 億 3000 万ドルと報告しました。これは、前年同期から 17% 減、前四半期から 12% 減でした。

四半期の希薄化後 1 株あたりの GAAP 収益は 0.27 ドルで、前年同期から 72% 減少し、前四半期から 4% 増加しました。希薄化後 1 株あたりの非 GAAP 利益は 0.58 ドルで、前年同期から 50% 減少し、前四半期から 14% 増加しました。

NVIDIA の創業者兼 CEO であるジェンスン フアン (Jensen Huang) は、次のように述べています。

「当社の新しいプラットフォームである Ada Lovelace RTX グラフィックス、Hopper AI コンピューティング、BlueField および Quantum ネットワーキング、自動運転車とロボティクス向けの Orin、および Omniverse のランプは素晴らしいスタートを切り、次の成長段階の基盤を形成しています。

「アクセラレーテッド コンピューティングにおける NVIDIA の先駆的な取り組みは、かつてないほど重要になっています。 AI がより多くのコンピューティングを要求するのと同様に、汎用コンピューティングは物理学によって制限され、速度を落としています。アクセラレーテッド コンピューティングにより、企業はコストと環境を節約しながら、生産性を桁違いに向上させることができます。」

2023 会計年度の第 3 四半期に、NVIDIA は株主に 37 億 5000 万ドルの株式買い戻しと現金配当を還元し、最初の 3 四半期の利益は 92 億 9000 万ドルになりました。 2022 年 10 月 30 日の時点で、同社は 2023 年 12 月までの株式買戻し承認の下で 82 億 8000 万ドルを残していました。

NVIDIA は、2022 年 12 月 1 日に登録されているすべての株主に対して、2022 年 12 月 22 日に 1 株あたり 0.04 ドルの次の四半期現金配当を支払います。

参考:NVIDIA Announces Financial Results for 3Q 2023

23年4Q決算(23年1月…)

23年4Q決算は、2月17日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

エヌビディア(NVDA)の10年間の損益計算書は?

エヌビディアは99年に0.4ドルで上場しています。20年に株価は大きな上昇トレンドに入っていますね。22年11月は162ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、20年に少し低迷するも売上は右肩上がりですね。営業利益も順調に拡大し、28%と半導体企業の中でも高いです。主力2事業が好調で、21年2Qの営業利益率は37%まで上昇しています。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。20年はEPSが少し低下するも、BPSもEPSも順調に拡大しています。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)も順調に伸びています。製造を外部委託するため、投資CFは比較的に小さいです。ただ、まだまだ成長過程にある企業で、21年以降も設備投資は増えています。

では、私たち投資家はどのように投資判断すれば良いのでしょうか?

エヌビディア(NVDA)の注目ポイントは?

エヌビディア(NVDA)の注目すべきポイントを紹介します。

注目1:半導体世界6位の192億ドルまで上昇?

参考:2019年半導体企業ランキング、Intelが首位返り咲き

19年時点の半導体メーカーの売上高ランキングです。

半導体メーカー世界1位は、インテルで売上高は698億ドルです。2位は韓国サムソンで556億ドル、3位は台湾TSMCで345億ドル、4位は韓国SK Hynixで228億、5位米国マイクロンが199億ドルと続きます。

19年時点でエヌビディアは世界10位の半導体企業です。しかし、21年通期の決算では192億ドル、世界6位まで急上昇しています。

では、事業別の売上高をみてみましょう。

注目2:GPU事業が売上比率が59%を占める?

参考:Nvidia revenue worldwide from 2015 to 2021, by segment

21年までのエヌビディアの事業別の売上高です。

エヌビディアは20年から事業の分け方を変えています。AIや自動運転、ゲームで使われるGPU事業が売上全体の59%を占めています。また、CPU事業が残りの41%を占めていますね。

では、もう少し事業を細分化した事業別売上高はどうでしょうか?

注目3:ゲーム事業が売上比率の50%を占める?

22年2Q時点のエヌビディアの事業別売上高です。

売上比率が最も高いのはゲーム事業で、全体の50%を占めています。次いで、データーセンターが39%、プロフェッショナルが8%、自動車向けが2%です。主力の2事業で売上の89%を占めています。

21年度はデーターセンターの方が比率が大きかったです。データーセンター向けが減速し、ゲーム事業が好調で逆転していますね。

では、地域別の売上高はどうでしょうか?

注目4:中国と台湾で売上比率の50%を占める?

参考:Nvidia revenue worldwide from 2017 to 2021

21年までの地域別売上高の推移です。

最も売上比率が高いのは台湾で、全体の27%を占めます。次いで、中国が23%、アジア太平洋が18%、米国が19%、欧州が6%です。アジアだけで全体の68%を占めるほど、アジア地域に依存しています。

米国向けが大きく増えたのは、米中貿易摩擦の影響が考えられます。半導体企業の貿易分断の可能性もあり、両国は半導体の投資を加速させています。

エヌビディアは、インテルからシェアを奪うことで急成長しています。

注目5:データセンタ向けはNVIDIAに奪われている?

参考:Nvidia Now a Data Center Chip Company

エヌビディアの主力2事業の売上推移です。

データーセンター事業が、19年から右肩上がりで増えていますね。エヌビディアはゲーム機器向けに、GPU(3Dグラフィックス半導体)を開発する会社です。3Dグラフィック用に作られたGPUは、処理負荷が高い人工知能の演算と相性が良いです。

人工知能に対応するために、クラウド事業者はAI対応のサーバPCを増やしています。AI投資が加速してるため、間接的にインテルはシェアを奪われていますね。インテルとは対照的に、エヌビディアは前年比+83%で拡大してます。

21年にデータセンター向けは減速するも、市場シェアは順調に拡大していますね。

参考:インテル(INTC)四半期決算|競合2社にシェアを奪われPRE12倍?

▼▼12月分コンサルも募集開始、締切は11/30日まで▼▼

20年3月に米国株を初めて、2.5年で運用額を10倍に増やしました

ただし、大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。20年や21年は歴史的な好相場で、素人でも読みやすい相場でしたね。ただし、22年現在は500社以上の銘柄分析を行い経験を積んだことで、なんとかプラスを維持しています。

このブログを通じて、投資を教えて欲しいと多くの要望を頂きました

22年9月から、月5名を上限に個別コンサルしています。12月分のコンサルも11月28日から募集を開始しています。また、12月は決算期でないため、一時的に10名に拡大しますそれから、22年1月は料金を2倍にするので、収入や資産に余裕がない人は、12月がお試し価格で受ける最後のチャンスです

締め切りは11月30日の24時までです。

コンサルの詳細は以下の記事に記載しています。

参考:【5名限定で3000円】「個別コンサル」とライン追加のお願い

今すぐ申し込みたい人は、LINEを追加し「コンサル依頼」してください。
友だち追加

まとめ:エヌビディア(NVDA)の四半期決算は?

NVIDIAの注目ポイントは...
  1. ゲームとデータセンター部門が、売上高の8割を占める
  2. データセンター部門は、4年で7倍に成長している
  3. ゲーミング部門は、定額制のサブスクリプションに移行した
  4. クラウド+AI、自動運転で、最大手インテルと競合する
  5. 売上高の8割は、中国や台湾などのアジアに依存している

個人的には、エヌビディアは投資したい銘柄でないです。

なぜならば、将来の成長性は期待できるが、株価はすでに割高だからです22年2月時点でPERは81倍、予想PERも51倍と高い水準が続きます。業績好調は続くも、金利上昇局面では株価に重い展開が続きます。

ただ、短中期的にはまだまだ業績は上向きです。

22年4Qの売上成長率は+50%、営業利益率も41%と過去最高を記録しています主力のゲームもDC向けも好調で、特にクラウド向けの投資が加速していますね。また、メタ関連の投資も活発で、強気相場を継続しています。

株価は十分に割高水準にあるため、安心して保有できる局面ではありません。株価だけ見たらアップサイドよりも、明らかにダウンサイドの方が大きいですね。

競合AMDも高い成長率で伸びています。エヌビディアはAMDを買収するという報道も流れているため、両企業の動向は注視したいですね。

参考:AMDの四半期決算|ゲーム機器は需要減だが前年比+99%で加速?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です