アマゾン(AMZN)四半期決算|22年1Qは前年比+7.3%に減速

世界最大のEコマのアマゾンは、コロナで最も恩恵を受ける銘柄ですね。コロナ後に売上高成長率は+43%に加速しています。しかし、経済再開後は業績は低迷し22年3Qは+15%、4Qは+9.4%、22年1Qは+7.3%に減速しています。

  • 「20年3月に急落するも、株価は2倍に高騰してる…」
  • 「コロナで利益率が改善、営業利益率は9.9%まで上昇…」
  • 「ピークデジタル懸念で、PERは過去10年で最低水準…」

アマゾン(AMZN)は、世界最大のEコマースとクラウドの米国企業です。Eコマースのシェアは米国1位で38%、AWSも世界1位でIaaS市場で45%のシェアを持ちます。急激に利益率を改善し、21年1Qは9.9%まで上昇しています。

個人的には、アマゾンは長期で保有したい銘柄です。

なぜならば、高い売上高成長率に加えて、近年は利益率も大きく改善してるからです。14年から好調のAWSに加え、利益率が高い第三者販売や広告収入が増えています。その結果、14年の営業利益率0.2%から、21年に6.6%まで上昇しています。

ただ、経済再開が進む21年後半は、EC事業が大きく減速しています。

コロナ禍で好調だったEC事業は2Qに+16%、3Qに+3%、4Qに+1%、22年1Qに−3%まで減速しています。さらには、北米事業は15.68億ドル、海外事業は12.81億ドルの赤字に転落しています。

経済再開を通じて、再びAWSに依存していますね。

ただ、長期的にはアマゾンは買いだと思います。なぜならば、人件費や輸送費の高騰は、小売業全体の問題だからです。しかし、AWSで大きな利益を得ているアマゾンは、引き続き設備投資を加速させています。

しばらくは低迷が続くが、設備投資できる数少ない企業だと言えます。22年2月時点の予想PER50倍は、個人的には割安だと思います。

アマゾンの投資判断したい人向け
  1. アマゾン直近の4半期決算(22年1-3月)は?
  2. アマゾンの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 営業利益率は10%まで上昇、PER70倍は割高か?

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

アマゾン(AMZN)の四半期決算は?

アマゾン(AMZN)の四半期の決算を紹介します。

21年3Q決算(21年9月30日)

第3Qの決算内容は...
  1. 売上高:1108.12億ドル(前年比+15%
  2.  オンラインストア:499.42億ドル(+3%
  3.  実店舗:42.69億ドル(+12%
  4.  第三者販売売上:242.52億ドル(+18%
  5.  定期購入:81.43億ドル(+23%
  6.  AWS:161.10億ドル(+39%
  7.  その他:80.91億ドル(+49%
  8. 営業利益:48.52億ドル(−22%)
  9. 純利益:31.56億ドル(−51%)
  10. 希薄化EPS:6.12ドル(−51%)

21年4Q決算(21年12月31日)

4Qの決算内容は...
  1. 売上高:1374.12億ドル(前年比+9.4%)×
  2.  オンラインストア:660.75億ドル(+1%
  3.  実店舗:46.88億ドル(+16%
  4.  第三者販売売上:303.20億ドル(+12%
  5.  定期購入:81.23億ドル(+16%
  6.  広告:97.16億ドル(+32%
  7.  AWS:177.80億ドル(+40%
  8.  その他:7.10億ドル(+19%
  9. 営業利益:34.60億ドル(−50%)
  10. 純利益:143.23億ドル(+98%
  11. 希薄化EPS:27.75ドル(+96%)○

22年1Q決算(22年3月31日)

1Qの決算内容は...
  1. 売上高:1164.44億ドル(前年比+7.3%)×
  2.  オンラインストア:511.29億ドル(−3%)
  3.  実店舗:45.91億ドル(+17%
  4.  第三者販売売上:253.35億ドル(+7%
  5.  定期購入:84.10億ドル(+11%
  6.  広告:78.77億ドル(+23%
  7.  AWS:184.41億ドル(+37%
  8.  その他:6.61億ドル(+26%
  9. 営業利益:36.69億ドル(−59%)
  10. 純利益:−38.44億ドル(前年度81.07億ドル)
  11. 希薄化EPS:−7.56ドル(前年度15.79ドル)×

1Qの売上高は前年比+7.3%で1164.44億ドル、営業利益は−59%で36.69億ドルでした。好調だった21年1Qから、22年1Qまで減速し続けています。営業利益率は3.1%と17年の水準まで落ちています。

経済再開が進む4Qは、コストや人件費増の影響を引き続き受けています。営業利益も引き続き減速し、北米と海外事業は赤字です。

EC事業は減速するも、実店舗、AWS、広告収入は順調に伸びていますね。ただ、2Qの売上高ガイダンスは、1185億ドル(前年比+4.8%)と引き続き弱いです。

「ウクライナでのパンデミックとその後の戦争は、異常な成長と課題をもたらしました」と、AmazonCEOのAndyJassyは述べています。 「AWSは過去2年間で毎年34%成長し、第1四半期では前年比で37%成長しており、AWSは企業がパンデミックを乗り切り、より多くのワークロードをクラウドに移行するのを支援する上で不可欠です。コンシューマービジネスは過去2年間で毎年23%成長しており、2020年には前年比39%の驚異的な成長を遂げたため、Amazonの最初の25年間で構築したフルフィルメントネットワークのサイズを2倍にする必要がありました。わずか24か月で。今日、私たちは物理的または人員の能力を追いかけなくなったため、私たちのチームは、フルフィルメントネットワーク全体の生産性とコスト効率の向上に真剣に取り組んでいます。私たちはこれを行う方法を知っており、以前にそれを行ったことがあります。これには時間がかかる場合があります。特に、継続的なインフレとサプライチェーンの圧力に対処しているためですが、直前の数か月以来見られなかったレベルに近づいているため、配信速度のパフォーマンスなど、多くのカスタマーエクスペリエンスの側面で勇気づけられる進歩が見られます。 2020年初頭のパンデミック。」

参考:AMAZON.COM ANNOUNCES 4 QUARTER RESULTS

22年2Q決算(22年6月…)

22年2Q決算は、7月29日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

アマゾン(AMZN)の10年間の損益計算書は?

アマゾンは1997年に2.3ドルで上場しています。常に最高値を更新し続ける銘柄で、22年5月は2633ドルで推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、売上も営業利益も順調に拡大しています。21年の売上高は4191億ドルと膨大だが、過去10年で10倍にも拡大しています。また、14年に0.2%だった営業利益率は、21年に6.6%まで上昇しています。

21年1Qの直近決算では、営業利益率は10%と高いです。

14年以降は、AWS事業拡大により利益率が改善しています。20年以降は、利益率が高いマーケットプレイスや広告収入の増加で改善していますね。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。アマゾンは事業規模の割に、利益率が低い企業でしたね。しかしながら、21年のEPSは52ドルと、過去6年で40倍にも拡大しています。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)も、順調に拡大しています。20年はEコマース事業に追い風で、営業CFは加速的に増えています。投資CFが増えている理由は、コロナ対策と配送費の増加です。

では、私たち投資家はどのような点に注目すれば良いでしょうか?

アマゾン(AMZN)の注目ポイントは?

アマゾン(AMZN)の注目すべきポイントを紹介します。

注目1:EC事業は前年比+44%から−3%に減速?

21年3Qまでの四半期毎の事業別売上高の推移です。

パンデミック以降、アマゾンの売上高は加速度的に増えていました。しかし、経済再開に伴い、EC事業は2Qから大きく減速しています。オンラインストアは1Qは+44%から、2Qは+16%、4Qは+1%、22年1Qは−3%と低迷してますね。

4Qの第三者販売は、前年比+7%(Q4は+12%)ですね。

対照的に好調な部門は、AWSの+37%、実店舗の+17%、プライム会員の+11%、広告の+23%です。プライム会員は14.99ドルに値上げしています。経済再開が進む米国は、21年2Qを転換点にオフラインへ移行しています。

では、地域別とAWSの売上高の推移はどうでしょうか?

注目2:売上比59%の北米事業は+7%に減速?

20年と21年の地域別とAWSの売上高推移です。

売上比率の59%を占める北米事業は大きく減速しています。1Qは前年比+39%、2Qは+10%、4Qは+9%、22年1Qは+7%です。海外事業も1Qの+60%、2Qの+35%、4Qは−1%、22年1Qは−7%ですね。海外事業は競合のローカル企業にシェアを奪われてる可能性もあります。

好調なのは比率13%のAWS事業で、前年比+37%で拡大していますねオフラインに移行してるのは、英国、独国、日本などの先進国も同様です。

売上比率13%しかないAWS事業が、全事業の営業利益を稼いでいます。21年の経済再開を経て、再びAWSに依存しています。

注目3:AWS事業が営業利益で唯一の黒字?

21年4Qまでの地域別とAWSの営業利益の推移です。

21年1Qの北米事業の営業利益は、−15.68億ドルの赤字に転落しています。海外事業は3Qから赤字で、−12.81億ドルですね。AWS事業は好調で65.18億ドルの黒字、前年比+56%で加速しています。経済再開を通じて、再びAWSに依存していますね。

では、クラウド事業は今後はどのように推移していくのでしょうか?

注目4:IaaS市場でアマゾンは世界1位で45%?

参考:Alibaba Named by Gartner as Third Biggest Global Provider

IaaSだけの世界とアジア太平洋地域の市場シェアです。

19年時点のIaaSの世界シェアは、アマゾンが45%と他を圧倒しています。マイクロソフト、アリババ、グーグルが追いかける形ですね。ただし、最も伸び率が高いのはアリババで、急成長してる点は注意が必要ですね。

また、アジア太平洋地域では、アリババが28.2%と他を圧倒しています。アジア太平洋の市場規模は北米の10分の1程度で、これから高い成長率が期待できます。そのため、3年後にはマイクロソフトの世界シェアを抜く可能性もあります。

参考:アリババ の四半期決算|21年1Qの営業利益率は5%に大幅減速

では、IaaSとPaaSを含めた市場はどうでしょうか?

注目5:IaaS & PaaSも世界1位で33%のシェア?

参考:クラウド市場でAlibabaがIBMを抜き去る

IaaSとPaaS、プライベートクラウドの市場シェア推移です。

PaaSを含めた市場でも、アマゾンが33%と世界1位です。ただし、IaaS市場単体と比較すると、市場を独占できてない事がわかります。2位はマイクロソフトで、過去3年で市場シェアを2倍に増やしていますね。

アマゾンはIaaSには強いが、PaaSやSaaSではマイクロソフトに押されています。また、IaaS市場と同様に上位4社が、その他からシェアを奪う形で急成長しています。IBMを含むその他の企業が、上位4社の牙城を崩すのは不可能だと言えますね。

21年Q1の最新のIaaSとPaaSの市場シェアです。

参考:Amazon Leads $150-Billion Cloud Market

クラウド全体で見れば、マイクロソフトの方が優勢ですね。

参考:マイクロソフト(MSFT)四半期決算|21Q3もAzureは+50%で加速

では、クラウド全体ではどれくらい市場は拡大するでしょうか?

注目6:クラウド全体で22年に3310億ドルに拡大?

参考:Revenue to Grow 17.5 Percent in 2019

米国調査会社ガートナーによる、クラウド市場の予測です。

22年にはクラウド市場は、年率16%で拡大し3310億ドルになると言いますIaaS市場は年率15.8%で766億ドル、PaaS市場は年率19.5%で318億ドル、SaaS市場は年率15.8%で1437億ドル規模です。

全市場で高いシェアを持つマイクロソフトは、必然的に成長が続きます。

長期的にはアマゾンが成長するのは間違いありません。ただし、短期的にはコロナ終息後のピークデジタルを考慮する必要があります。

注目7:コロナ終息後に訪れる「ピークデジタル」とは?

参考:好景気ドル安時代到来!マネーは新興国株に!米株はどう動く?

アマゾン株に投資する上で、注意すべきはピークデジタルです。

20年4月のコロナによる都市封鎖以降、世界中でEコマースが急速に普及しましたね。12%前後だった米国ネット通販率は、16.1%まで拡大していますこの恩恵を最も受けたのはアマゾンで、大型株にも関わらず前年比+40%で成長しました。

21年にコロナが終息した以降も、同じだけの成長率を維持するのは難しいです。急騰したネット通販比率は13%前後まで戻す可能性もあります。

長期的には、アマゾン株が成長を続けるのは間違いありません。しかしながら、21年の業績は期待以上に伸びない点に注意が必要です。投資家もこの点を警戒しているせいか、20年7月からアマゾンの株価は伸びていません

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

まとめ:アマゾンAMZNの四半期決算は?

アマゾン株の注目ポイントは...
  1. アマゾンの粗利益率は26%、業界最大手よりも高い
  2. クラウドAWSだけで、営業利益率の56%を占めている
  3. クラウド市場は、年率300億ドルで急成長している
  4. IaaS市場では、AWSのシェアが47.8%で独占状態にある
  5. アマゾンAWSの売上高は、10年間で10倍に成長している
  6. クラウドビジネスは、電力と同様に発電所モデルに移行してる
  7. バリュー投資家のバフェットも、2019年にアマゾン株を購入

個人的には、アマゾンは長期で保有したい銘柄です。

なぜならば、高い売上高成長率に加えて、近年は利益率も大きく改善してるからです。14年から好調のAWSに加え、利益率が高い第三者販売や広告収入が増えています。その結果、14年の営業利益率0.2%から、21年に6.6%まで上昇しています。

ただ、経済再開が進む21年後半は、EC事業が大きく減速しています。

コロナ禍で好調だったEC事業は2Qに+16%、3Qに+3%、4Qに+1%まで減速しています。さらには、北米事業は2.06億ドル、海外事業は16.27億ドルの赤字に転落しています。AWSの営業利益は前年比+48%で52.93億ドルです。

経済再開を通じて、再びAWSに依存していますね。

ただ、長期的にはアマゾンは買いだと思います。なぜならば、人件費や輸送費の高騰は、小売業全体の問題だからです。しかし、AWSで大きな利益を得ているアマゾンは、引き続き設備投資を加速させています。

しばらくは低迷が続くが、設備投資できる数少ない企業だと言えます。22年2月時点の予想PER46倍は、個人的には割安だと思います。

Eコマースで最大のライバルはショッピファイです。小売業者にECサイトを提供する同社は、前年比+110%と脅威の成長率で拡大しています。また、20年3Qに黒字化に成功し、営業利益率は13%とアマゾン以上に好調ですね。

参考:Shopifyの四半期決算|20年3Qで初黒字も危険な理由は?

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。