アクセンチュア(ACN)四半期決算|22年1Qは+27%に加速

ITサービスを提供するアクセンチュアは、米国や欧州の大手企業のハイテク投資を見る指標にもなります。21年4Qの売上高は前年比+23%、22年1Qは+27%で成長が加速しています。経済再開後は全事業がハイテク投資を加速させています。

  • 「業績は急回復し、22Q1は前年比+27%で成長が加速…」
  • 通信、金融、ヘルス、資源など、全ての事業が成長…」
  • 「欧米大手企業のハイテク投資は、22年も加速する…」

アクセンチュア(ACN)は、世界最大のITコンサルのアイルランド企業です。社員は世界で67万人、拠点は56カ国200都市に進出しています。顧客は欧米諸国の売上比率が高く、大手企業のハイテク投資を見る指標にもなります。

個人的には、アクセンチュア株は保有したい銘柄のひとつです。

なぜならば、世界的に知名度が高く、世界中の顧客にITサービスを提供してるからですコロナ禍で−2%に鈍化するも、21年1Qには早くも反転しています。22年1Qは前年比+27%、2Qは予想を引き上げています。

中長期的には、同社の業績はまだまだ拡大すると思います。

なぜならば、世界はデジタルやクラウド化、セキュリティなど、IT投資の需要は加速度的に増えています。人材アウトソースにも関わらず、営業利益率が15%と高い点も好材料です。ただし、21年12月時点のPERは43倍と高いです。

株価が大きく下落する局面があれば投資したいです。

ACNの投資判断したい人向け
  1. ACN直近の4半期決算(21年8月-11月)は?
  2. ACNの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. コロナ後も成長は加速、PER43倍は割高なのか?

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

アクセンチュア(ACN)の四半期決算は?

アクセンチュア(ACN)の四半期の決算を紹介します。

21年3Q決算(21年5月30日)

第3Qの決算内容は...
  1. 売 上 高 :132.6億ドル(前年比+21%
  2.  Communications:27.0億ドル(+23%
  3.  Financial Services:25.9億ドル(+21%
  4.  Health & Public:25.1億ドル(+25%
  5.  Products:36.7億ドル(+22%
  6.  Resources:17.6億ドル(+8%
  7. 営業利益:21.1億ドル+23%
  8. 純 利 益 :15.6億ドル(+25%
  9. 1株利益:2.40ドル(+21%

21年4Q決算(21年8月30日)

第4Qの決算内容は...
  1. 売 上 高 :134.19億ドル(前年比+23%
  2. 営業利益:19.59億ドル+26%
  3. 純 利 益 :18.1億ドル(+9%
  4. 1株利益:2.20ドル(+10%

22年1Q決算(21年11月30日)

第1Qの決算内容は...
  1. 売 上 高 :149.6億ドル(前年比+27%)◯
  2.  Communications:30.8億ドル(+32%
  3.  Financial Services:29.1億ドル(+24%
  4.  Health & Public:27.3億ドル(+23%
  5.  Products:42.8億ドル(+34%
  6.  Resources:19.5億ドル(+17%
  7. 営業利益:24.3億ドル+28%
  8. 純 利 益 :18.1億ドル(+19%
  9. 1株利益:2.40ドル(+19%)◯

22年1Qの売上高は前年比+27%で149.6億ドル、営業利益は+28%で24.3億ドルでした。21年3Qと4Qに引き続き、22年1Qも売上と利益は好調です。営業利益率は16.2%と過去最高に高い水準です。

アクセンチュアは、ハイテク業界の動向を見る上で重要な銘柄です。

21年1Qは前年比+3%だったが、成長率は加速していますね。通信を中心に、全ての業界がIT投資を加速させています。また、米国、欧州、新興企業の成長率は28%前後と、全ての地域でも投資は増えています。

22年2Qの売上予想は、145.2億ドル(+23%)と大幅に引き上げています。経済再開により、全業界が積極的にIT投資を行なっているからです。

アクセンチュアの会長兼最高経営責任者であるジュリー・スウィートは、次のように述べています。当社の卓越した第1四半期の財務実績と市場機会を活用する能力は、継続的な市場シェアの拡大を反映しています。これは、ビジネスをデジタル、クラウド、セキュリティにローテーションする戦略を何年にもわたって実行し、世界中の非常に才能のある人材を採用してスキルアップし、世界の大手企業とテクノロジーパートナーの両方との深い関係を育んできた直接の結果です。従業員の強力な経験を反映して、今四半期に50,000人が従業員に加わり、現在は674,000人になったことを特に誇りに思います。これにより、優れた人材を引き付け、成長させることができます。」

参考:Accenture Reports 1Q Results for Fiscal 2022

22年2Q決算(22年2月…)

22年2Qは、3月17日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうなっているのでしょうか?

アクセンチュア(ACN)の10年間の損益計算書は?

アクセンチュアは01年に41ドルで上場しています。20年3月は143ドルまで下落するも、常に最高値を更新し続ける銘柄ですね。21年12月は400ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、売上と利益は順調に拡大しています。粗売上率は32%と利益率が高いビジネスではないが、安定して成長していますね。経済再開後も事業は好調で、21年の営業利益率は15.1%と高いです。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。BPSとEPSも安定して拡大していることが分かります。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CFー投資CF)も、順調に拡大しています。コンサルとアウトソース事業のため、設備投資が少ない安定したビジネスです。利益率は大きくはないが、順調にCFを稼いでいますね。

では、私たち投資家はどのように投資判断をすれば良いのでしょうか?

アクセンチュア(ACN)の注目ポイントは?

アクセンチュアに投資する上で、注目すべきポイントを紹介します。

注目1:通信、金融など全事業が成長を加速してる?

業種 21Q1 21Q3 22Q1
通信・メディア −2% +23% +32%
金融 −3% +21% +24%
ヘルスケア・公共 +11% +25% +23%
製造・小売 −3% +22% +34%
電力・石油・化学 −6% +8% +17%

21Q1と22Q3と22Q1の事業別の売上前年比です。

コロナが直撃した21年1Qは、ヘルスケア以外の全ての事業が赤字でした。しかしながら、3Q(21年5月期)には、全ての事業がプラス成長しています。22年1Qは通信と小売が特に好調ですね。

経済再開後に大手企業の多くは、IT投資を積極的に再開させています。では、地域別の売上高はどのように推移してるでしょうか?

注目2:世界拠点は58カ国で右肩上がりに成長?

アクセンチュアは、世界にバランス良く事業展開しています。

授業員数は世界で48万人、拠点は世界56カ国、200都市に進出しています。地域別の売上高を見ると、北アメリカ、ヨーロッパ、途上国で全ての売上高が右肩上がりに成長していますね。ただし、経済が低迷しているヨーロッパでは、2018年以降の成長率は低いです。

全世界でバランス良く事業展開しているため、経済危機が起きても安心感がありますよね。2008年の金融危機の時は、先進国の成長率が著しく鈍化しました。しかしながら、中国や東南アジアなどの途上国が、世界経済を牽引していた時期もあります。

経済再開すれば、経済が強い北米と途上国の売上高が再び増加します。

注目3:売上高は329億ドルで世界で5番目のIT企業?

参考:【最新版】世界・日本のIT企業ランキング!【年収・売上高】

日本市場では、アクセンチュアの知名度はそこまで高くはありません。しかしながら、世界的には売上高の上位5社に入るほど存在感があります。1位のIBMの売上高は799億ドル、アクセンチュアは329億ドル(3.61兆円)を上げています

日本市場でのアクセンチュアの立ち位置は、10番手前後と上位ではありません。業界トップには、富士通やNEC、日立製作所、NTTデータなど大手SIerが占めています。

アクセンチュアは、日本法人の売上高を公式に公開していません。あるサイトによると、2016年度の日本市場の売上高は1650億円だったと言います。全世界の売上高の4%しかないが、5年前と比較して1.5倍に増えたとも言います(参考:アクセンチュアが売上額成長率で3年連続の1位)。

日本や中国などのアジア圏では、まだまだアクセンチュアの伸び代は高いと言えます

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

まとめ:アクセンチュア(ACN)の四半期決算は?

アクセンチュアの注目ポイントは...
  1. 業界別の売上高を見れば、業界全体のコロナの影響度が分かる
  2. 世界拠点は58カ国で、世界中で売上高を上げている
  3. 売上高は329億ドルで、世界で5番目に大きいIT企業である
  4. 10年間の株価の伸びは10倍近く、マイクロソフトと同水準である

個人的には、アクセンチュア株は保有したい銘柄のひとつです。

なぜならば、世界的に知名度が高く、世界中の顧客にITサービスを提供してるからですコロナ禍で−2%に鈍化するも、21年1Qには早くも反転しています。22年1Qは前年比+27%、2Qは予想を引き上げています。

中長期的には、同社の業績はまだまだ拡大すると思います。

なぜならば、世界はデジタルやクラウド化、セキュリティなど、IT投資の需要は加速度的に増えています。人材アウトソースにも関わらず、営業利益率が15%と高い点も好材料です。ただし、21年12月時点のPERは43倍と高いです。

株価が大きく下落する局面があれば投資したいです。

アクセンチュアのライバル企業は、世界的にシステム導入をサポートするIBMです。IBMはハードウェア系に強く、近年はクラウド事業に集中しています。

参考:IBMの四半期決算|コロナでもクラウドは伸び悩み減収減益?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。