パランティア(PLTR)四半期決算|21年2Qは前年比+49%に加速

パランティアは政府機関向けに、解析プラットフォームを提供する企業です。そのため、コロナで低迷するビックデータ解析企業と違い、20年も順調に業績を伸ばしています。20年9月に上場し株価は2. 5倍に上昇しているが、今後も上昇し続けるのでしょうか?

  • 「データ分析のPaaS系で、売上高は2年で2倍に増えた…」
  • 政府向けが売上の66%を占め、コロナ禍でも業績は好調だ…」
  • ビックデータは急拡大してるため、再び成長軌道に乗るはずだ…」

パランティアは、解析プラットフォームを提供する米国のPaaS企業です。政府機関向けの案件が多く、売上高の66%を占めます。そのため、20年に成長率が鈍化した他の解析企業と違い、比較的に高い成長率を維持しています。

しかしながら、個人的にはパランティアは投資したい銘柄ではないです。

なぜならば、ビックデータ解析は競合が多く、儲かりにくいビジネスだからです。売上高は順調に増えているが、20年の営業利益率は−107%、営業CFも大幅な赤字です。ビックデータ解析が低利益率になる理由は、世界的なハイテク企業が競合だからです。

同様のことは、クラウデラ(CLDR)、シースリーエーアイ(AI)にも言えますね。

ただ、他のAI企業と比較して政府向け案件が多い同社の業績は上向いています。21年1Qはコロナ関連の需要増で、政府向けが+83%も伸びています。コロナ後も好調で、2Qでは米国商業向け収益が+90%だったと述べています

AI企業の中では唯一業績が好調で、EBITDAや営業CFベースでは黒字に成功しています。ただし、役員報酬が大きく営業利益は依然として赤字が続く。

パランティアの投資判断したい人向け
  1. パランティアの4半期決算(21年4-6月)は?
  2. パランティアの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 他のデータ解析企業と違い、業績が好調な理由は?

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

パランティアテクノロジーズ(PLTR)の四半期決算は?

パランティアテクノロジーズ(PLTR)の四半期決算を紹介します。

20年4Q決算(20年12月31日)

4Qの内容は...
  1. 売上高:3.22億ドル(前年比+40%
  2. 営業利益:−1.56億ドル(−25%)
  3. 純利益:−1.48億ドル(+6%
  4. 1株当たり利益:−0.08ドル(+72%

21年1Q決算(21年3月31日)

1Qの内容は...
  1. 売上高:3.41億ドル(前年比+48%
  2. 営業利益:−1.14億ドル(−62%)
  3. 純利益:−1.23億ドル(−127%)
  4. 1株当たり利益:−0.07ドル(+30%

21年2Q決算(21年6月30日)

2Qの内容は...
  1. 売上高:3.76億ドル(前年比+49%
  2.  Commercial business:44%
  3.  Government business:56%
  4. 営業利益:−1.46億ドル(−39%)
  5. 純利益:−1.38億ドル(—%)
  6. 1株当たり利益:−0.07ドル(—%)

2Qの売上高は前年比+49%で3.76億ドル、営業利益は−1.46億ドルでした。2Qと3Qに引き続き、売上高は好調だが利益は減速してますね。営業利益率は−38%と依然として赤字が続きます。

20年3Qに−8.48億ドルの営業損失を計上しています。これは、株式上場による報酬を支払いによるものです。

他のビックデータ解析企業と比較して、パランティアの業績はコロナ禍でも好調です。

好調な理由は売上高の56%を占める政府向けでコロナ関連の案件が増えているからです。コロナ後も好調で、政府以外の米国商業収益が+90%だったと述べています。また、100万ドル以上の大型取引を62件成功させ、総顧客数は前年比+13%です。

3Qの売上予想は、3.85億ドル(前年比+33%)としています。

21年3Q決算(2021年9月…)

21年3Q決算は、11月12日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

パランティアテクノロジーズ(PLTR)の損益計算書は?

パランティアテクノロジーズは20年9月に9.2ドルで上場しました。株価は緩やかに上昇し、21年5月は23ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、売上高は順調に増えていますね。ただし、20年の営業利益率は−107%と、損失額が拡大している点に注意が必要です。20年に損失額が拡大した理由は、上場による役員報酬の支払いがあります

ただし、役員報酬がなくても、他のデータ分析企業と同様に赤字です。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。売上高の増加に伴い、BPSは増えていますね。しかし、EPSは改善傾向になく、さらに赤字幅が拡大しています。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、赤字幅が拡大しています。ハイテク企業であるパランティアは設備投資が少ないが、営業CFで大幅な赤字ですね。データ解析企業は参入障壁が低い上に、世界的なハイテク企業が競合で儲からないビジネスです。

では、私たちはどのように投資判断すれば良いのでしょうか?

パランティアテクノロジーズ(PLTR)の注目ポイントは?

パランティアに投資する上で注目すべきポイントを紹介します。パランティアは、政府機関と大企業向けに、ビックデーターの分析や解析を行うソフトを提供しています。政府向けが売上高の66%、企業向けが44%を占めます。

注目1:BIソフトウェアで10番目のシェアを持つ?

参考:Top 10 Analytics and BI Software Vendors

2019年のBIソフトウェアベンダーの上位10社です。BIソフトウェアとは、「ビジネスインテリジェンス」の略で、企業に蓄積された大量のデータを集めて分析し、迅速な意思決定を助けるソフトです。

パランティアは、BIベンダーとして認知されている企業です。

業界最大手は米国の非上場企業SAS Institute、2番手は独国SAP、3番手は米国セールスフォース、4番手はマイクロソフト、5番手はIBMなど、世界的な企業がランクインしています。パランティアは10番手にランクインしていますね。

BIベンダーの上位10社は市場の62.5%を占め、年率7%で成長しています。また、パランティアはビックデータ解析のランクキングでも上位に位置しています。

注目2:ビックデータ解析の市場シェアは6位で2%?

参考:Wikibon’s 2018 Big Data and Analytics Market Share Report

18年のビックデータを解析するベンダー企業の売上シェアです。

03年に創業したパランティアは、データ解析分野では先行者です。しかしながら、市場シェアは6番手で2%だけ、世界的なハイテク企業がシェアを奪い合う競争が激しい分野です。ライバル企業にはIBM、Dell、オラクル、SAP、マイクロソフトがいます。

さらには、「クラウデラ(CLDR)」や「スプランク(SPLK)」などの新興企業もシェアを取ります。ビックデータ解析は競争が激しい上に、参入障壁も高くない分野です。

新興企業であるベンチャーは、次々に資金調達に成功させています。

注目3:AIを活用したデータ解析はレッドオーシャン化?

参考:【約100社】AIなどを駆使して将来予測を行う企業をまとめた

ゼノデータラボが公開した「Forecast Tech カオスマップ」です。

米国内では様々なスタートアップ企業が、AIを活用したテクノロジーを開発しています。テクノロジーを駆使した予測技術は、各分野に横展開していますね。これが意味するところは、競合企業によるレッドオーシャンです。

ビックデータを解析する分野は競合が乱立しています。

スプランクと同様にビックデータを解析するクラウデラ、設備投資の最適化を支援するC3.ai、小売の売上・販売数・客数予測を行うRELEX、 セキュリティリスクの事前検知に特化したSecurity Scorecardがありますね。

スタートアップに限らず、GAFAMも積極的に研究開発している分野です。こうした競争激化の業界で、特定の企業が利益を得るのは難しいです。

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

まとめ:パランティア(PLTR)の四半期決算は?

パランティアの注目ポイントは...
  1. 20年9月に上場した、解析Platformを提供する米国企業
  2. 米国機関向けが売上の6割、大企業向けが4割を占める
  3. 他のビックデータ解析企業と違い、20年も好調を維持
  4. 他の競合と同様に、営業利益と営業CFは大幅な赤字である
  5. 売上高は2年で2倍だが、営業利益率は−107%と赤字
  6. BIソフトウェアで10位、ビックデータで6位のシェアを持つ
  7. 大手ハイテクが強い上に、次々に新興企業が参入し競争が激しい

個人的には、パランティアは投資したい銘柄ではないです。

なぜならば、ビックデータ解析は競合が多く、儲かりにくいビジネスだからです。売上高は順調に増えているが、20年の営業利益率は−107%、営業CFも大幅な赤字です。ビックデータ解析が低利益率になる理由は、世界的なハイテク企業が競合だからです。

同様のことは、クラウデラ(CLDR)、シースリーエーアイ(AI)にも言えますね。

ただ、他のAI企業と比較して政府向け案件が多い同社の業績は上向いています。21年1Qはコロナ関連の需要増で、政府向けが+83%も伸びています。コロナ後も好調で、2Qでは米国商業向け収益が+90%だったと述べています

営業CFの黒字化に成功するなど、AI企業では一歩先を進んでいます。

ビックデータ× AI は成長が期待される市場だが、多くの企業が赤字です。個人投資家に人気が高いC3AIも、売上高成長率はプラスだが赤字幅は大きいです。

参考:シースリー・エーアイ(AI)の四半期決算|AI導入サポートのSaaS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。