シースリー・エーアイ(AI)四半期決算|22年1Qは+25%に加速

AI導入をサポートするC3AIは、2桁で売上高が拡大していました。しかし、コロナで主要顧客が打撃を受けたことで、20年12月の高値から71%暴落しています。経済再開する21年後半は、業績回復できるでしょうか?

  • 「コロナで打撃を受け、株価は21年2月に63%も急落した…」
  • 「前年比+71%だった成長率は、20年に15%まで急落した…」
  • 「急成長するAIソフト市場で、C3AIは業績を回復できるのか…」

シースリー・エーアイは、AIの導入をサポートするソフトを提供するSaaS企業です。PythonなどのプログラミングなしにAIを導入できるのが特徴です。AIソフト市場は、9年間で87倍に拡大する超成長産業ですね

しかしながら、個人的にはC3AIは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、成長産業にも関わらず、20年に売上高が大きく減速してるからです。19年に前年比+71%だった成長率は、20年には+15%まで急落してます。その原因は、主要顧客のエネルギーや航空が打撃を受けたからですね。

また、利便性が高くても、広く普及してない事も懸念材料です。

C3AIのビジネスは導入費用が大きく、投資に対するリターンが見えにくいです。時間とコストを必要とするため、大手以外に普及するのは難しいですね。また、営業費用が売上げ50%を占めており、営業なしには売れないサービスです。

ただし、長期的にはC3AIのビジネスは重要性を増すと思います。そのため、株価がさらに急落する局面があれば購入を検討したい銘柄です。ただし、AI産業は魅力的な市場でも、必ずしも同社が最適解とは限らないですね。

C3AIの投資判断したい人向け
  1. C3AIの4半期決算(21年4-6月)は?
  2. C3AIの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 20年は減速するも、21年は再び成長が加速する?

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

シースリー・エーアイ(AI)の四半期決算は?

シースリー・エーアイ(AI)の四半期決算を紹介します。

21年3Q決算(21年1月31日)

3Qの内容は...
  1. 売上高:4910万ドル(前年比+18%
  2.  Subscription:4269万ドル(+23%
  3.  Professional services:641万ドル(−4%)
  4. 営業利益:−1849万ドル(−77%)
  5. 純利益:−1685万ドル(−72%)
  6. 1株当たり利益:−0.24(—%)

21年4Q決算(21年4月30日)

4Qの内容は...
  1. 売上高:5228万ドル(前年比+25%
  2.  Subscription:4311万ドル(+17%
  3.  Professional services:916万ドル(+88%
  4. 営業利益:−2390万ドル(+20%
  5. 純利益:−2405万ドル(+20%
  6. 1株当たり利益:−0.24(−84%)

22年1Q決算(21年7月30日)

1Qの内容は...
  1. 売上高:5240万ドル(前年比+29%
  2.  Subscription:4612万ドル(+29%
  3.  Professional services:628万ドル(+31%
  4. 営業利益:−3651万ドル(−10.9倍
  5. 純利益:−3745万ドル(前年度15万ドル)
  6. 1株当たり利益:−0.37ドル(前年度0ドル

Qの売上高は前年比+29%で5240万ドル、営業利益は−3651万ドルでした。20年3Qと4Qと比較して、売上は伸びるも利益は低い。営業利益率は−69%で過去最高水準に悪い。

C3AIの主要顧客は、石油や金融などコロナで影響を受けた大手企業です。そのため、経済再開と共に業績が回復することが期待されています。ただし、22年1Q時点では、まだまだ軌道に乗っているとは言えないですね。

2Qの売上予想は、5700万ドル(前年比+37%)と悪くはないですね。マイクロソフトに続き、Google Cloudとも提携したと発表しています。

 「第1四半期にマーケットパートナーエコシステムを大幅に拡大し、Google Cloudと戦略的提携を結び、GoogleCloudのグローバルな販売およびサービス組織全体がC3AIアプリケーションのファミリー全体を共同販売およびサービスできるようにしました。」

参考:C3 AI Announces 1Q Fiscal 2022 Results¥

21年2Q決算(21年10月…)

21年2Q決算は、12月1日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

シースリー・エーアイ(AI)の損益計算書は?

C3AIは20年6月に119ドルで上場しました。上場後すぐに最高値161ドルを付けるも、その後は米国債の金利急騰で下落していますね。21年9月現在は48ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、売上高は順調に拡大するも営業損失も増えていますね。また、19年は成長率71%だったが、コロナによる影響で大きく減速していますC3AIの主要顧客は、コロナで影響を受けたエネルギーや航空業が多いからです。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。20年のEPSは−0.97ドル、赤字を脱却するにはまだ時間が掛かりそうです。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、過去3年はまだ大幅な赤字です。SaaS企業なので設備投資を必要としないが、営業CFが大幅に赤字ですね。営業関連費用が売上げに対して、50%ほどを占めるほど大きいからです

C3AIのビジネスは導入費用が大きく、また投資に対するリターンが見えにくいサービスです。そのため、営業にお金を使われなれば導入が進まない事を示唆してます。

では、私たちはどのように投資判断すれば良いのでしょうか?

シースリー・エーアイ(AI)の注目ポイントは?

シースリー・エーアイに投資する上で注目すべきポイントを紹介します。シースリー・エーアイは、PythonなどのプログラミングなしにAIの導入をサポートするソフトを提供しています「AI SaaS」という業界でトップ企業のひとつです。

注目1:AIソフト業界は25年に8倍の312億ドル?

参考:Revenues from the artificial intelligence for enterprise applications

Enterprise AI Software市場の売上高推移です。

シースリー・エーアイが提供しているのは、Enterprise AI Softwareというカテゴリです。16年に3.57億ドルだった売上規模は、25年には87倍の312.36億ドルになると言います。人工知能に関連したビジネスは、指数関数的に増加していると言えます。

シースリー・エーアイの主要顧客は、エネルギーなどのオールド企業が多いです。

注目2:C3AIの主要顧客はエネルギー、公共事業が多い?

参考:C3.ai($AI)銘柄分析 – AI SaaSプラットフォーム

18年と20年の顧客企業セクターに占める収益の割合です。

シースリー・エーアイの主要顧客は、エネルギー、公共事業、製造業、航空宇宙などのレガシーな企業が多いです具体的な用途は、海底油田採掘時にセンサーを使い収集したデータを分析や、ジェットエンジンなど精密機械の調子をモニターします。

20年に最も増えたセクターは、エネルギー業界で30%に大幅に増えましたね。

これらの業種に言えることは、AI導入に大規模な設備投資が必要だということです。しかしながら、設備投資に対してリターンが得られる保証はありませんそうした事情もあり、主要顧客の大半は大企業で、導入事例もまだまだ少ないです。

1社あたりの規模も大きく、顧客が撤退した時のリスクも大きいです。20年に売上高が大きく減速したのは、コロナの影響で主要顧客が撤退したからです。

人工知能は最も期待される分野だが、問題は競合企業が多すぎることです。

注目3:AIを活用したテック業界はレッドオーシャン化?

参考:【約100社】AIなどを駆使して将来予測を行う企業をまとめた

ゼノデータラボが公開した「Forecast Tech カオスマップ」です。

米国内では様々なスタートアップ企業が、AIを活用したテクノロジーを開発しています。テクノロジーを駆使した予測技術は、各分野に横展開していますね。これが意味するところは、競合企業によるレッドオーシャンです。

設備投資の最適化を支援するC3.aiだけではなく、小売の売上・販売数・客数予測を行うRELEX、 セキュリティリスクの事前検知に特化したSecurity Scorecardがありますね。スタートアップに限らず、GAFAMも積極的に研究開発していますね。

こうした競争激化の業界で、特定の企業が利益を得るのは難しいです。

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

まとめ:シースリー・エーアイ(AI)の四半期決算は?

C3AIの注目ポイントは...
  1. 20年12月に上場した、AI導入をサポートするSaaS企業
  2. 契約した顧客は、プログラミングなしに最新のAIを導入できる
  3. 主要顧客はエネルギーや航空産業で、コロナで打撃を受ける
  4. 大規模な導入費用を必要とし、顧客の多くは大手企業に絞られる
  5. 前年比+71%で急成長するも、20年は15%まで急落する
  6. 営業費用は売上高の50%、営業しなければ売れないサービス
  7. GAFAMやスタートアップなど、AIソフトは競合企業が多い

個人的には、C3AIは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、成長産業にも関わらず、20年に売上高が大きく減速してるからです。19年に前年比+71%だった成長率は、20年には+15%まで急落してます。その原因は、主要顧客のエネルギーや航空が打撃を受けたからですね。

また、利便性が高くても、広く普及してない事も懸念材料です。

C3AIのビジネスは導入費用が大きく、投資に対するリターンが見えにくいです。時間とコストを必要とするため、大手以外に普及するのは難しいですね。また、営業費用が売上げ50%を占めており、営業なしには売れないサービスです。

ただし、長期的にはC3AIのビジネスは重要性を増すと思います。そのため、株価がさらに急落する局面があれば購入を検討したい銘柄です。ただし、AI産業は魅力的な市場でも、必ずしも同社が最適解とは限らないですね。

AI業界全体は成長が期待されるが、まだ多くの企業が赤字です。AIを活用したビックデータ解析のプラットフォームを提供するクラウデラも赤字です。

参考:クラウデラ(CLDR)の四半期決算|AI×ビックデータのPaaS企業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。