ジースケイラー(ZS)四半期決算|21年3Qは+57%で好調

セキュリティ企業のジースケイラーは、クラウド市場の拡大で最も恩恵を受ける銘柄です。SaaS系企業で売上高成長率は42-59%で安定して推移しています。コロナの影響を受けない銘柄で、20年3月から株価は5倍にも急騰しています。

  • 「コロナの影響を受けず、20年3月から株価は5倍になる…」
  • 「SaaS系企業で、売上高は成長率は42-59%で安定している…」
  • 「クラウドセキュリティ市場、は年率14.7%で拡大してる…」

ジースケイラーは、クラウド系セキュリティの米国企業です。具体的には、モバイルやデバイスからサービスにアクセスする際の安全な接続を提供します。クラウドのAzureやAWS、それからマイクロソフトのオフィスとも統合しています。

個人的には、ジースケイラーは長期で投資したい銘柄のひとつです。

なぜならば、SasS系企業で売上高成長率は42-59%、安定して成長しているからです。営業損失額は拡大しているが、営業CFは18年に黒字化し拡大しています。クラウド市場の拡大とともに、需要が増えるのは間違いないですね。

セキュリティ業界は、経済再開後も好調を維持しています。

ただし、懸念材料は営業損失額が拡大し続けている事ですね19年に営業利益率は−11%まで改善するも、21年は−30%まで悪化しています。そのため、営業損失額が縮小する兆候があれば、投資を考えたい銘柄です。

ジースケイラーの投資判断したい人向け
  1. ジースケイラーの4半期決算(21年4-6月)は?
  2. ジースケイラーの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 売上成長率は42-59%、21年も継続して成長できる?

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

ジースケイラー(ZS)の四半期決算は?

ジースケイラー(ZS)の四半期決算を紹介します。

21年2Q決算(21年1月31日)

2Qの内容は...
  1. 売上高:1.57億ドル(前年比+55%
  2. 営業利益:−0.538億ドル(−131%)
  3. 純利益:−0.675億ドル(−295%)
  4. 1株当たり利益:0.10ドル(—ドル)

21年3Q決算(21年4月31日)

4Qの内容は...
  1. 売上高:1.76億ドル(前年比+59%
  2. 営業利益:−0.434億ドル(−116%)
  3. 純利益:−0.584億ドル(−202%)
  4. 1株当たり利益:—ドル(—%)

21年4Q決算(21年7月31日)

4Qの内容は...
  1. 売上高:1.970億ドル(前年比+57%
  2. 営業利益:−0.673億ドル(前年度−0.448億ドル)
  3. 純利益:−0.810億ドル(前年度−0.495億ドル)
  4. 1株当たり利益:−0.59ドル(前年度−0.38ドル)

21年4Qの売上高は前年比+57%で1.97億ドル、営業利益は−0.673億ドルでした。3Qと4Qに引き続き売上は拡大するも、営業損失額も膨らんでいます。営業利益率は−34%、過去6年で最も悪いですね。

22年1Qの売上高ガイダンスは、2.11億ドル(前年比+47%)と引き続き好調です。CEOは将来の見通しも強気です。

第4四半期には、さまざまなセクターで記録的な数の大規模取引を行い、優れた結果を出しました。前年比で57%の収益成長と70%の請求成長を推進し、堅調な事業で会計年度を終えました。

Zscalerの会長兼CEOであるJayChaudhryは、次のように述べています。「あらゆる規模の企業がZscalerのゼロトラストを採用しています。Exchangeは、従来の城と堀のセキュリティから離れるにつれて、安全なデジタルトランスフォーメーションの旅を加速します。 私たちすべての製品の柱に投資と革新を続け、お客様がゼロトラストアーキテクチャを採用できるように支援します。クラウドとモバイルの世界を保護する

参考:Zscaler Reports 4Q and Fiscal 2021 Financial Results

22年1Q決算(21年10月…)

22年1Q決算は、12月9日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

ジースケイラー(ZS)の損益計算書は?

ジースケラーは18年3月に33ドルで上場しました。株価は順調に上昇し、常に最高値を更新し続ける銘柄です。21年9月は285ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、売上高は順調に伸びていますね。21年TTMの売上高は5.36億ドル、過去6年で10倍にも増えています。しかしながら、営業損失額も拡大傾向にあります。SaaS系企業で顧客獲得に最も力を入れているからです。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。売上高の上昇に伴いBPSも上昇していますね。20年の自己資本比率は25%、減少傾向にあるが悪くはないですただし、EPSの赤字幅は拡大し続けていますね。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、順調に拡大しています。ジースケイラーはCFベースの安定した経営で、18年から黒字化に成功しています。SaaS系のセキュリティ企業なので、今後も営業CFを安定して増やす事が予想できます。

では、私たちはどのように投資判断すれば良いのでしょうか?

ジースケイラー(ZS)の注目ポイントは?

ジースケイラー(ZS)に投資する上で注目すべきポイントを紹介します。ジースケイラーは、クラウドに特化したセキュリティを提供する企業です。SaaS系企業で売上高成長率は、42-59%で安定して成長しています。

注目1:売上高成長率は42-59%で安定して拡大?

参考:Zscaler: in Serach Of Growth

ジースケイラーの年間と四半期毎の業績推移です。

ジースケイラーはクラウド向けにセキュリティを提供するSaaS系企業です。そのため、売上高成長率は安定して推移していますね。売上高は年間42-59%、四半期ベースでも安定して増えている事が分かります。

日本国内では、ソフトバンクがゼットスケーラーのサービスを提供しています。では、クラウドセキュリティ市場は、どれくらい拡大しているのでしょうか?

注目2:クラウドセキュリティは年率14.7%で拡大?

参考:Global Cloud Security Market

クラウドセキュリティ市場の地域別の推移です。

細かい数値は非公開だが、クラウドセキュリティ市場はあらゆる地域で拡大していますね。別の資料によると、20年時点の市場規模は345億ドルです。年率14.7%で拡大し25年には2倍の685億ドルになります(参考:Cloud Security Market)。

では、クラウドセキュリティ市場で、ジースケイラーのシェアはいくらでしょうか?

注目3:最大手はトレンドマクロで35%を占める?

参考:Hybrid Cloud Workload Security Market Share

IDCレポートによる、クラウドセキュリティの市場規模です。

IDCによると、日本のトレンドマクロがトッププレイヤーで35%です。トレンドマイクロは、仮想、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウドワークロードを構築し、AWSやAzure、GoogleCloudと統合しています。

2番手は米国のSymantec、3番手はMcAfee、4番手はシスコと続きます。IDCのレポートには、ジースケイラーは登場してません。

しかしながら、世界のセキュリティソフトでは上位企業です。

注目4:ジースケイラーはセキュリティソフトで上位?

参考:Security Software Market Demand

openPRによる、セキュリティソフトウェアの上位企業です。

細かい数値は公開されてないが、ジースケイラーは上位プレーヤーです。競合には、トレンドマイクロ、インテル、Symantecが並びますね。セキュリティソフトは関連領域が多岐に渡り、市場を定義するのが難しいですね。

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

まとめ:ジースケイラー(ZS)の四半期決算は?

ジースケイラーの注目ポイントは...
  1. 18年に上場した、クラウド系セキュリティのSaaS系米国企業
  2. モバイルやPCから、サービスにアクセスする際の安全な接続を提供
  3. クラウドのAzureやAWS、MSFTのオフィスとも統合している
  4. SasS系企業で、売上高成長率は42-59%と安定している
  5. 19年営業利益率は−11%だが、21年は−30%に悪化する
  6. 営業損失は拡大してるが、営業CFは18年から黒字で拡大する

個人的には、ジースケイラーは長期で投資したい銘柄のひとつです。

なぜならば、SasS系企業で売上高成長率は42-59%、安定して成長しているからです。営業損失額は拡大しているが、営業CFは18年に黒字化し拡大しています。クラウド市場の拡大とともに、需要が増えるのは間違いないですね。

セキュリティ業界は、経済再開後も好調を維持しています。

ただし、懸念材料は営業損失額が拡大し続けている事ですね19年に営業利益率は−11%まで改善するも、21年は−30%まで悪化しています。そのため、営業損失額が縮小する兆候があれば、投資を考えたい銘柄です。

ゼットスケーラはクラウドへの接続を検知するのに対し、クラウドストライクはクラウド空間での挙動を検知します。そのため、同じクラウド向けのセキュリティ企業だが、競合ではないですね。

経済再開後も前年比+70%で高い成長率を維持してます。

参考:CRWDの四半期決算|20年3Qも+85%だが危険な理由は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。