ウーバー(UBER)四半期決算|22年1Qは+136%に加速

配車サービスを提供するウーバーは、19年まで2桁で売上高が拡大してきました。コロナで成長が鈍化するも、経済が再開する21年は再び成長だ期待できる銘柄のひとつです。経済再開が進み21年4Qは前年比+82%、22年1Qは+136%に加速しています。

  • 「19年5月に上場した、2桁成長の米国配車サービスである…」
  • 「コロナ以前の売上高は、4年で3.67倍に急拡大している…」
  • PERは2583倍と割高だが、今後も成長するのは間違いない…」

ウーバーは、配車サービスとフードデリバーを提供する米国企業です。世界中の配車サービスは、タクシーの市場を奪う形で急速にシェアを拡大しています。ウーバーの売上高は4年間で3.6倍にも拡大していますね。

個人的には、ウーバーは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、競合であるリフト(LYFT)にシェアを奪われているからです。配車サービスは差別化が難しく、先行者利益を享受できる市場です。そして、市場が拡大した後は、価格競争に陥るしかありません。

リフトは価格優位で、近年急速にシェアを伸ばしていますね価格競争に走ると、市場先行者であるウーバーも厳しい展開になります。

ただし、経済再開が進む21年後半は、配車サービスが急回復しますね。21年後半は配車もフード配達も好調で、4Qの成長率は前年比+82%に加速しています。また、物流の混乱で配達料が高騰し、貨物事業が+245%で急成長しています

貨物事業は、22年も力強く成長しそうです。ただし、いずれの事業も参入障壁は高くはありません。上場以来黒字化したことがなく、引き続き割高にあると見ています。

UBERの投資判断したい人向け
  1. ウーバーの4半期決算(22年1-3月)は?
  2. ウーバーの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 経済が本格的に再開する21年は、再び2桁成長に戻る?

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

ウーバー(UBER)の四半期決算は?

ウーバー(UBER)の四半期決算を紹介します。

21年3Q決算(21年9月30日)

3Qの内容は...
  1. 売上高:48.45億ドル(前年比+72%
  2.  Delivery:19.38億ドル(+97%
  3.  Mobility:22.05億ドル(+62%
  4.  Freight:4.04億ドル(+40%
  5.  北米:+66%
  6.  南米:+29%
  7.  欧州:+80%
  8.  アジア:+131%
  9. 営業利益:−25.27億ドル(前年度−10.77億ドル)
  10. 純利益:−24.24億ドル(前年度−10.89億ドル)
  11. 1株当たり利益:−1.28ドル(前年度−0.62ドル)

21年4Q決算(21年12月31日)

4Qの内容は...
  1. 売上高:57.78億ドル(前年比+82%)◯
  2.  Mobility:14.71億ドル(+55%
  3.  Delivery:13.56億ドル(+78%
  4.  Freight:10.80億ドル(+245%
  5.  北米:36.13億ドル(+99%
  6.  南米:3.02億ドル(+39%
  7.  欧州:9.95億ドル(+50%
  8.  アジア:7.51億ドル(+95%
  9. 営業利益:−5.50億ドル(前年度−8.77億ドル)
  10. 純利益:8.92億ドル(前年度−10.89億ドル)
  11. 1株当たり利益:0.44ドル(前年度−0.54ドル)◯

22年1Q決算(22年3月31日)

1Qの内容は...
  1. 売上高:68.54億ドル(前年比+136%)◯
  2.  Mobility:25.18億ドル(+195%
  3.  Delivery:25.12億ドル(+44%
  4.  Freight:18.24億ドル(+505%
  5.  北米:45.62億ドル(+147%
  6.  南米:4.32億ドル(+43%
  7.  欧州:11.27億ドル(+400%
  8.  アジア:7.33億ドル(+39%
  9. 営業利益:−4.82億ドル(前年度−15.24億ドル)
  10. 純利益:−59.32億ドル(前年度−1.08億ドル)
  11. 1株当たり利益:−3.04ドル(前年度−0.06ドル)✖️

1Qの売上高は前年比+136%で68.54億ドル、営業利益は−4.82億ドルでした。21年4Qと比較すると、22年1Qはさらに加速しています。営業利益率も−7%と過去最高に高い水準です。

ウーバーは、パンデミックと経済再開で悪影響と恩恵を受ける銘柄です。

フード配達はパンデミック禍で急成長、配車サービスは経済再開で急回復する銘柄ですね。21年後半は経済再開が進み、配達と配車の両方が成長しています。また、世界的な物流混乱もあり、貨物輸送が+505%で伸びています。

グロスブッキングは前年比35%(「YoY」)増加して264億ドル、つまり恒常通貨ベースで39%になり、モビリティグロスブッキングは107億ドル(+ 58%YoY)、デリバリーグロスブッキングは139億ドル(+前年比12%)。当四半期の旅行数は、前年比18%増の17.1億回、つまり1日平均約1900万回でした。収益は前年比136%増の69億ドル、つまり恒常通貨ベースで141%となり、主にTransplace by Freightの買収、英国モビリティ事業のビジネスモデルの変更、および英国での過去の請求の発生により、2021年第1四半期の比較が容易になりました。

Uber Technologies、Inc.に帰属する純損失は59億ドルで、これにはUberの株式投資に関連する56億ドルの逆風(税引前)が含まれます。これは主に、Uberのグラブ、オーロラ、ディディの株式の再評価に関連する未実現損失の合計によるものです。さらに、純損失には、株式に基づく報酬費用3億5,900万ドルが含まれています。調整後EBITDAは1億6800万ドルで、前年比5億2700万ドル増加しました。総予約の割合としての調整後EBITDAマージンは0.6%であり、2021年第1四半期の(1.8)%から増加しました。これは、総予約の割合として、前年比の増分マージンベースで7.6%に相当します。

営業活動により得られた(使用された)純現金は、前年比6億2600万ドル増の1500万ドルでした。営業活動による純キャッシュフローから設備投資を差し引いたものとして定義されるフリーキャッシュフローは、4,700万ドルの流出であり、前年比で6億3,500万ドル改善しました。

無制限の現金および現金同等物は、第1四半期末時点で42億ドルでした。「私たちの結果は、パンデミックからの脱却にどれだけの進歩があったか、そして私たちのプラットフォームの力が私たちのビジネスパフォーマンスをどのように差別化しているかを示しています」とCEOのDaraKhosrowshahiは述べています。 「4月のモビリティグロスブッキングは、すべての地域とユースケースで2019年のレベルを超えました。 Uberでイノベーションを起こすのにこれほどエキサイティングな時期はありませんでした。私たちは、プラットフォームを収益性の高い方法で成長させるための戦略の実行に注力しています。」

CFOのネルソンチャイは次のように述べています。「四半期ガイダンスのアウトパフォーマンスと強力な増分マージンにより、第1四半期の結果に満足しています。 2022年。」

参考:Uber Announces Results for 1Q  and Full Year 2022

22年2Q決算(22年6月…)

22年2Q決算は、8月5日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

ウーバー(UBER)の過去10年の損益計算書は?

ウーバーは19年5月に41ドルで上場しました。20年3月に最安値21ドルを付けるも、その後は上昇基調にあります。22年5月は28ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、19年まで順調に成長してるが利益率は低いです。19年の売上高は過去最高で4年で3.6倍に拡大する一方で、営業利益率は−60%と低いです。まだまだ投資を拡大する局面だが、利益率をどう改善するかも注視すべきですね。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。BPSもEPSもどちらも横ばいが続きますね。20年のEPSは−3.86ドルと赤字幅が大きく、まだまだ赤字決算は続きそうですね。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、コロナ以前から大きく赤字傾向にあります。持たない経営で投資CFは比較的少ないが、営業CFの赤字額が大きいです。配車サービスは手数料を得るビジネスだが、十分な利益を稼げていません。

世界中で競合が増えているため、今後も改善できる見込みは薄いかもしれません。では、私たちはどのように投資判断すれば良いのでしょうか?

ウーバー(UBER)の注目ポイントは?

ウーバーに投資する上で注目すべきポイントを紹介します。ウーバーは配車サービスとデリバリーフード、それから宅配サービスを提供する会社です。そのため、世界中でウーバーを利用する人が増えると収益は上向きますね。

注目1:18年は配車サービスが売上高81%を占める?

参考:Uber Revenues Breakdown

18年のウーバーの事業別売上高と地域別です。

事業別売上高を見ると、配車サービスが全体の81%を占めています。次いで、デリバリーが12%と多く、その他の事業は5%に過ぎません。しかし、コロナによる影響でデリバリーの需要が急増し、20年4Qの売上高は配車と同水準です。

地域別の売上高を見ると、米国が68%の売上高を占めます次いで、欧州中東アフリカが19%、アジアが10%と続きます。

ウーバーは、既存タクシーからシェアを奪うことで急速に成長した会社です。では、具体的にはどれくらいのシェアを奪っているのでしょうか?

注目2:ウーバー利用者は2年で2倍に増えた?

参考:Uber drives forward while taxis stall

オーストラリアと米国州で、16年と18年の利用客の割合です。

過去3ヶ月ウーバーを利用した乗客(青色)は、過去2年間で倍近く増えていますね。対して、タクシーを利用した乗客は、3〜5%低下しています。これは、タクシーではなくウーバーを利用する人が増えてる事を示しています。

では、ウーバーは米国内でどれだけのシェアを持つのでしょうか?

注目3:米国内ではウーバーが65%のシェアを持つ?

参考:Lyft Revenue and Usage Statistics 

米国内の配車サービスの売上高シェアです。

米国内ではウーバーが65%、リフトが31%を占め2強状態にあります。他にも、英国のGettが2%、米国のViaが1%、米国のCurbが1%です。配車サービスは差別化が難しく、最初に市場を独占した先行者が利益を得るマーケットですね

そのため、ウーバーとリフト以外がシェアを奪うのは難しいです。では、ウーバーとリフトのシェアはどのように推移してるでしょうか?

注目4:価格に優位なリフトがシェアを30%に拡大?

参考:Lyft has eaten into Uber’s U.S. market share

米国内のウーバーとリフトのマーケットシェア推移です。

配車サービスはタクシーのシェアを奪う事で急拡大していますね。ウーバーは高いシェアで急拡大しているが、それ以上にリフトが成長しています。15年に10%未満だったリフトのシェアは、18年には3倍の30%まで増えています。

ウーバーとリフトの違いは、渋滞やピーク時の料金差にあります。ウーバーは忙しい時ほど、ドライバーに利益が出るように料金設定しています。利用者の多くは両アプリで料金を比較するため、リフトを利用するケースが増えています。

配車サービスは差別化できないため、価格競争に走るしかないですね。米国内ではウーバーとリフトが強いが、世界の市場シェアはどうでしょうか?

注目5:配車サービスは世界中で過当競争にある?

参考:Rethinking on-demand mobility

配車サービスの世界の市場シェアです。

ウーバーの利用者が多いのは、主に北米と南米、それから欧州やアフリカ地域です。中国ではDiDi、東南アジアではGrab、欧州では国ごとにたくさんありますね。ウーバーは中国に参入するも、16年には早々に撤退しています。

配車サービスはすでに飽和状態にあるため、他の地域に進出するのは難しいですね。現在乱立してる市場では、寡占化が進む可能性が高いです。

日本で配車サービスが普及しないのは、タクシー業界の規制があるからです。

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

まとめ:ウーバー(UBER)の四半期決算は?

ウーバーの注目ポイントは...
  1. 19年5月に上場した、配車とデリバリーの米国企業である
  2. 米国内だけでなく、欧州、中東、アフリカ、アジアにも展開
  3. 18年の配車の売上高は81%、デリバリーは12%だけ
  4. 20年4Qには、デリバリーの売上高は配車と同水準まで拡大
  5. 売上高は4年で3.6倍に増えるも、営業利益率は−60%と低い
  6. 米国内の競合ウーバーのシェアは65%、リフトは31%である
  7. 21年7月に集団免疫を獲得し、再び2桁成長に戻す可能性が高い
  8. 配車サービスは差別化が難しく、儲からないビジネスである

個人的には、ウーバーは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、競合であるリフト(LYFT)にシェアを奪われているからです。配車サービスは差別化が難しく、先行者利益を享受できる市場です。そして、市場が拡大した後は、価格競争に陥るしかありません。

リフトは価格優位で、近年急速にシェアを伸ばしていますね価格競争に走ると、市場先行者であるウーバーも厳しい展開になります。

ただし、経済再開が進む21年後半は、配車サービスが急回復しますね。21年後半は配車もフード配達も好調で、4Qの成長率は前年比+82%に加速しています。また、物流の混乱で配達料が高騰し、貨物事業が+245%で急成長しています

貨物事業は、22年も力強く成長しそうです。ただし、いずれの事業も参入障壁は高くはありません。上場以来黒字化したことがなく、引き続き割高にあると見ています。

個人的には、米国内で配車サービスだけに特化してるリフトの方が好きです。経済再開が進む21年後半は、急速に業績を回復しています。

参考:リフト(LYFT)の四半期決算|過去4年で売上高は10倍に拡大?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。