アリババ (BABA)四半期決算|22年3Qは+3%に加速

アリババ (NYSE:BABA、HKG:9988)は、世界最大のEC企業です。世界時価総額でも6位で、中国2位のテンセントやバイドゥ、JDと競争しています。しかし、中国リスクもあり、22年11月の予想PERは10倍と割安水準にあります。

  • 「20年のアントの上場延期で、株価は50%も暴落した…」
  • 「アマゾン並み優良企業でも、PERは12倍と割安だ…」
  • 中国リスクはあるけれど、割安なうちに投資すべきか…」

アリババ(BABA)は、世界最大の中国EC企業です。EC事業は世界1位で29%のシェアを持ち、クラウド事業も世界3位で9%と巨大です。中国国内のECシェアの58.2%、クラウドシェアの43%を保有する独占企業です。

個人的には、アリババは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、中国最大規模の売上高だが、収益性が悪化しているからです。収益悪化の原因は、中国当局による規制と国内の競争激化によるものです。22年3Qの営業利益率は過去最低の2.5%まで低下しています。

短中期的には、まだまだ収益は悪化すると思います。

中国国内の競争激化は、以前のように楽に稼げる環境ではないからです。収益性が高いビジネスは国内Eコマースで、調整EBITADベースで利益率は34%です。クラウドも黒字だが1%に止まります。他の大手ハイテク企業も力を入れているため、アリババだけが勝ち組になるのは難しいですね。

22年11月の予想PER10倍は割安なのは間違いないです。ただし、22年後半現在でも、まだまだリスクは高そうです。

BABAの投資判断したい人向け
  1. アリババの4半期決算(22年7-9月)は?
  2. アリババの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 中国リスクがあるが、PER17倍は割安なのか?

▼▼12月分コンサルも募集開始、締切は11/30日まで▼▼

20年3月に米国株を初めて、2.5年で運用額を10倍に増やしました

ただし、大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。20年や21年は歴史的な好相場で、素人でも読みやすい相場でしたね。ただし、22年現在は500社以上の銘柄分析を行い経験を積んだことで、なんとかプラスを維持しています。

このブログを通じて、投資を教えて欲しいと多くの要望を頂きました

22年9月から、月5名を上限に個別コンサルしています。12月分のコンサルも11月28日から募集を開始しています。また、12月は決算期でないため、一時的に10名に拡大しますそれから、22年1月は料金を2倍にするので、収入や資産に余裕がない人は、12月がお試し価格で受ける最後のチャンスです

締め切りは11月30日の24時までです。

コンサルの詳細は以下の記事に記載しています。

参考:【5名限定で3000円】「個別コンサル」とライン追加のお願い

今すぐ申し込みたい人は、LINEを追加し「コンサル依頼」してください。
友だち追加

アリババ(BABA)の四半期決算は?

アリババ(BABA)の四半期決算を紹介します。

22年1Q決算(22年3月31日)

1Q決算の内容は...
  1. 売上高:2040億元(前年比+9%)◯
  2.  China commerce:1403億元(+8%
  3.  International commerce:143億元(+7%
  4.  Local consumer service:104億元(+29%
  5.  Cainiao:115億元(+16%
  6.  Cloud:189億元(+12%
  7.  Digital media and entertainment:80億元(−1%)
  8.  Innovation initiatives and other:3億元(−35%)
  9. 営業利益:167億元(前年度−76億元
  10. 純利益:−183億元(前年度−54億元
  11. 1株当たり利益:−0.76元(前年度−0.25元)○

22年2Q決算(22年6月30日)

2Q決算の内容は...
  1. 売上高:2055億元(前年比−0.1%)
  2. 営業利益:—億元(—%
  3. 純利益:226億元(−49%
  4. 1株当たり利益:11.73元(−29%)

22年3Q決算(22年9月30日)

3Q決算の内容は...
  1. 売上高:2071億元(前年比+3%)✖️
  2.  China commerce:1354億元(−1%)
  3.  International commerce:157億元(+4%
  4.  Local consumer service:130億元(+21%
  5.  Cainiao:133億元(+36%
  6.  Cloud:207億元(+4%
  7.  Digital media and entertainment:83億元(+4%
  8.  Innovation initiatives and other:4億元(−45%)
  9. 営業利益:251億元(+68%
  10. 純利益:−224億元(前年度33億元
  11. 1株当たり利益:1.61元(+15%)○

3Qの売上高は前年比+3%で2071億元、営業利益は251億元でした。2Qと比較して、3Qの売上は上向いてますね。営業利益率は12.1%と改善傾向にあります。

アリババの成長を牽引する事業は、Eコマ、クラウド、物流の3つです。ただし、どの事業も成長率は急速に減速していますね。物流「菜鳥」は、大型物流拠点「eHUB」を建設し配送の短縮を目指しています。中国全土に24時間、全世界に72時間で配送する計画です。

クラウドはEBITAベースでの黒字化に成功しています。ただし、テンセントも大規模な投資をしており、高い利益を得るのは難しいかもしれません。

杭州、中国、2022 年 11 月 17 日 – アリババ グループ ホールディング リミテッド (NYSE: BABA および HKEX: 9988、「アリババ」または「アリババ グループ」) は本日、2022 年 9 月 30 日に終了した四半期の決算を発表しました。

アリババグループの会長兼最高経営責任者(CEO)であるダニエル・チャンは、次のように述べています。 「世界情勢の不確実性は、お客様と当社自身のビジネスに長期的に持続可能で質の高い成長をもたらす能力の構築に集中するという私たちの決意を強化しただけです。株主の皆様からの信頼が、過去 23 年間のアリババの発展を可能にしてきました。アリババの将来の基盤を強化し続ける中で、株主利益の改善に取り組んでいきます。」

中国でのCOVID-19の再興による消費需要への影響と、物流コストの増加と外貨の変動による国境を越えた商取引の減速にもかかわらず、当社は前年同期比で3%の健全な収益成長を新たな四半期にもたらしました。アリババ グループの最高財務責任者である Toby Xu は次のように述べています。 「私たちは、会社全体で業務効率とコスト最適化を改善するための総合的なアプローチを取り続けており、その結果、調整後の EBITA は前年比で 29% 増加しました 2022 年 11 月 16 日の時点で、強力なネット キャッシュ ポジションとキャッシュ フロー生成により、既存の 250 億米ドルの自社株買いプログラムの下で、約 180 億米ドルの自社株を買い戻しました。さらに、当社の取締役会は、自社株買いプログラムをさらに 150 億ドル拡大し、2025 年度末までプログラムを延長することを承認しました。」

Commerce:

中国商取引セグメントには、主に淘宝網、Tmall、Taobao Deals、Taocaicai、Freshippo、Tmall Supermarket、Sun Art、Tmall Global、Alibaba Health などの中国商取引小売事業、および 1688.com を含む卸売事業が含まれます。

2022 年 9 月 30 日に終了した四半期の、淘宝網と Tmall で生成されたオンラインの物理的な商品の GMV は、未払いの注文を除いて、主に消費需要の低迷、COVID-19 の復活と制限により、前年比で 1 桁台前半の減少となりました進行中の競争として。ただし、アパレル、アクセサリー、家電などの主要カテゴリーの前年同期比の減少幅が縮小したため、前年同期に比べて減少幅は縮小しました。ヘルスケア製品と、アウトドアやアクティブギア、ペットケアなどの興味に基づく消費カテゴリは、引き続き底堅い需要を示しています

Taobao と Tmall は、さまざまな人口統計の消費者により良いサービスを提供する機会を引き続き特定し、高い消費者維持率を達成しています。 2022 年 9 月 30 日に終了した 12 か月間、タオバオと Tmall でそれぞれ 1 万人民元以上を費やした消費者の数は約 1 億 2,400 万人にとどまり、継続率は 98% でした。 2022 年 11 月、当社は第 14 回年次 11.11 グローバル ショッピング フェスティバルを成功裏に終了し、マクロの課題と COVID 19 関連の影響にもかかわらず、昨年の GMV パフォーマンスに沿った結果を達成しました。今年のフェスティバルには、90 以上の国と地域から 7,000 の製品カテゴリにわたって 290,000 以上のブランドが参加しました。

消費者のショッピング体験のアップグレードは、タオバオと Tmall の 2023 会計年度の最優先事項の 1 つです。私たちは、より良いロジスティクスとカスタマー サービス体験を消費者に提供するだけでなく、より多くのエンゲージメントとターゲットとする消費者の購買意欲を生み出すコンテンツに投資しています。

コンテンツ – タオバオ アプリのユーザー エンゲージメントとブラウジング アクティビティは、主にタオバオ アプリのホームページに表示されるコンテンツとおすすめの一連の機能強化によって改善され続けています。

 ロジスティクス – Cainiao とパートナーのサービスにより、Taobao と Tmall の注文品の宅配便は前年比で大幅に増加しました。 2022 年 9 月 30 日の時点で、中国全土の 300 以上の都市で、淘宝網と Tmall の注文の宅配サービスが提供されています。

 カスタマー サービス – カスタマー サービスにハイブリッド アプローチを採用し、人間と AI 駆動のロボットの両方を活用して、当社のプラットフォームでの消費者からの毎日の何百万ものクエリを解決します。 この四半期中、当社は人間によるカスタマー サービス能力への投資を継続しており、その結果、購入後のネット プロモーター スコア (NPS) が向上しました。

当社のバリュー・フォー・マネー・プラットフォームであるタオバオ・ディールズは、製品供給を充実させ、未開発地域の消費者のデジタル消費体験を強化し続けました。具体的には、タオバオ ディールズは、タオバオおよびタオバオ ディールズで消費者に直接販売する (M2C) メーカーのベースを拡大するのを支援しており、9 月の四半期には、M2C 製品の有料 GMV が前年比で 60% 以上増加しました。四半期中、Taobao Deals はユーザー獲得への支出を最適化することで前年比で損失を大幅に縮小し、アクティブな消費者の平均支出と購入頻度を引き続き改善しました。

近所の受け取り場所で食料品や生鮮品の翌日受け取りサービスを消費者に提供する事業である Taocaicai は、引き続きサプライ チェーンを深化させ、既存の都市での物流機能を強化しました。 2022 年 9 月 30 日に終了した四半期中、Taocaicai GMV は前年比 40% を超える大幅な成長を遂げただけでなく、価格戦略の最適化、調達能力の強化、および運用コストとフルフィルメント コストの削減により、損失を大幅に削減しました。 9 月の四半期中、Taocaicai は引き続き中国の小売市場で生鮮食品カテゴリの浸透を促進し、Taobao および Taobao Deals アプリを通じて生成された Taocaicai 注文の割合は前年比で増加し続けました。

2022 年 9 月 30 日に終了した四半期中、当社の直接販売およびその他の収益は、主にオンライン注文からの収益の割合を伴う Freshippo の力強い収益成長に牽引されて、前年比 6% 増の 64,725 百万人民元 (9,099 百万米ドル) になりました。 65%以上と高い水準を維持しています。四半期中、Freshippo は既存店売上高を健全に伸ばし、売上総利益率の改善、オンライン注文の配送コストの削減、および運用効率の向上により、損失を大幅に削減しました。開店から 12 か月未満の店舗を除くと、2022 年 9 月 30 日の時点で大部分の Freshippo 店舗のキャッシュフローはプラスです。

International Commerce:

国際商取引 小売
当社の国際コマース小売事業には、Lazada、AliExpress、Trendyol、Daraz が含まれます。 9月の四半期中、Lazada、AliExpress、Trendyol、およびDarazの合計注文数は、主にLazadaとAliExpressの注文の減少により、前年比で3%減少しましたが、Trendyolの力強い注文の伸びによって部分的に相殺されました.

当四半期中、欧州連合の VAT 規則の影響が年率化されたため、AliExpress の注文の減少は前の四半期に比べて鈍化しました。ユーロ安と物流コストの上昇により、ヨーロッパの越境EC需要は引き続き課題に直面しています
東南アジアでは、主にこの地域でのCOVID-19制限の解除に伴い、ショッピング活動がオフラインチャネルに戻ったため、Lazadaの注文は四半期中に前年比で減少しました. Lazada は、より多くの付加価値サービスを提供し、運用効率を高めることにより、収益化率を改善し続けています。四半期中、Lazada の注文あたりの損失は、前年同期と比較して 25% 以上縮小しました

9 月の四半期中、Trendyol の全体的な注文は、e コマース ビジネスの力強い成長とローカル消費者サービスの急速な成長の結果、前年比で 65% 以上増加しました。

国際通商卸売業
Alibaba.com は、国際貿易を促進し、グローバル ロジスティクスや貿易保証などの付加価値サービスを提供します。これらのサービスは、世界中の買い手と売り手によってますます採用されています。 2022 年 9 月 30 日に終了した四半期の国際商取引の卸売収益は、前年比で 6% 増加しました。これは、付加価値サービスからの貢献の増加によって支えられました。

Local Consumer Service:

ローカル消費者サービス セグメントには、「To-Home」事業と「To-Destination」事業が含まれます。 2022 年 9 月 30 日に終了した四半期のローカル消費者サービスの注文量は、主に Amap 事業の力強い注文の伸びに牽引されて、前年比で 5% 増加しました。 Ele.meの事業改善により、セグメント損失も引き続き縮小。

To Home
第 4 四半期中、Ele.me は平均注文額の上昇により、プラスの GMV 成長を記録しました。これは、Ele.me がマーチャント ベースの品質と多様性を改善し続け、革新的なマーケティング イベントとロイヤルティ プログラムを通じて高頻度ユーザーとのエンゲージメントを向上させたためです。 2022 年 9 月 30 日に終了した四半期について、Ele.me の注文あたりのユニット エコノミクスは、前年比で平均注文額が増加したこと、およびユーザー獲得支出の最適化と注文あたりの配送コストの削減に引き続き注力しているため、引き続きプラスでした。

To Destination
2022 年 9 月 30 日に終了した四半期では、「To-Destination」ビジネスの注文量は、Amap ビジネスに牽引されて前年比で急速に増加しました。 10 月の国慶節の 1 週間にわたる休暇中に、Amap は中国で 2 億 2000 万を超える 1 日のアクティブ ユーザーという過去最高を達成しました

Cainiao Network:

2022 年 9 月 30 日に終了した四半期の Cainiao からの収益は、セグメント間の消去前で、前年比 26% 増の 182 億 8,200 万人民元 (25 億 7,000 万米ドル) で、そのうち 73% は外部顧客によるものでした。セグメント間の消去後の Cainiao からの収益は、前年同期比で 36% 増加して 13,367 百万人民元 (1,879 百万米ドル) になりました。 2021年は消費者体験と国際フルフィルメントソリューションサービスを強化します。

Cainiao は、eHub、ラインホール、仕分けセンター、ラストマイル ネットワークなどのエンド ツー エンドのロジスティクス機能を強化することにより、国際ロジスティクス ネットワークを拡大し続けています。 2022 年 10 月、Cainiao は 2 つの新しい国際仕分けセンターの運用を開始し、稼働中の海外仕分けセンターの数は 12 になりました

中国では、Cainiao は Cainiao Post ネットワークの拡大を続けており、さまざまな付加価値サービスを提供して消費者体験と配送効率を向上させ、中国のコマース事業を補完しています。この四半期中、地方や大学を含む Cainiao Posts の総数は、前年比 20% 以上増加し、170,000 を超えました。都会の住宅街にある Cainiao Posts は 116,000 以上に成長し、そのうち 80,000 以上が宅配便サービスを提供しています。

Cloud:

当社のクラウド セグメントは、Alibaba Cloud と DingTalk で構成されています。 2022 年 9 月 30 日に終了した四半期の、セグメント間の消去前のクラウド セグメントからの総収益は、他のアリババ事業に提供されたサービスからの収益を含み、26,760 百万人民元 (3,762 百万米ドル) でした。 2022 年 9 月 30 日に終了した四半期の、セグメント間の消去後の収益は、前年比 4% 増の 207 億 5,700 万人民元 (29 億 1,800 万米ドル) でした。私たちは引き続き、質の高い経常収益の成長を推進します。

セグメント間の消去後、当四半期中、インターネット以外の業界からの収益の伸びは改善を続け、前年比で 28% 増加し、クラウド収益全体の 58% に貢献しましたインターネット以外の業界の力強い収益の伸びは、金融サービス、電気通信、および公共サービス業界によって牽引されました。インターネット業界の顧客からの収益は前年同期比で 18% 減少しました。これは主に、製品に関連しない要件とオンラインにより、国際ビジネスでの当社の海外クラウド サービスの使用を徐々に停止しているトップ インターネット顧客からの収益の減少に起因しています。また、中国のインターネット業界の他の顧客からの需要を和らげることによっても。

アリババクラウド
Alibaba Cloud は、企業のお客様により良いサービスを提供するために、パートナーの開発、拡大、サポートを続けています。 2022 年 11 月に開催される年次 Apsara Conference での独自技術のハイライトは次のとおりです。
データセンターとハードウェア:

 クラウド インフラストラクチャ プロセッシング ユニット (CIPU) は、IDC コンピューティング、ストレージ、およびネットワーク インフラストラクチャをクラウドに導入し、ハードウェア アクセラレーションをサポートする、アリババ グループ専用のクラウド インフラストラクチャ システムです。現在、アリババ グループのコア ビジネスは、Apsara オペレーティング システムと統合され、クラウド指向の CPU チップによってサポートされる CIPU システムを広く採用しており、これらが組み合わさることで、コンピューティング パワーと効率が大幅に向上しています。この新しいアーキテクチャの下でのパフォーマンスは、業界平均と比較して 20% 以上の改善を示しました。
サーバーレス:

 Alibaba Cloud は、主要なクラウド製品をサーバーレスにして、顧客がサーバーとインフラストラクチャの管理を心配することなく製品の開発と展開に集中できるようにします。サーバーレス テクノロジを継続的に採用することで、お客様はビジネスの柔軟性と費用対効果を向上させることができます。現在、Alibaba Cloud には 20 を超えるサーバーレス製品があり、より多くの製品カテゴリがサーバーレスになることを可能にし続けています。

生態系:アリババ DAMO アカデミーは、Alibaba Cloud やその他のクラウド プラットフォームに展開できる、簡単かつ費用対効果の高い方法で AI モデルを開発および共有するためのグローバルな研究者および開発者専用のオープンソース コミュニティである ModelScope を発表しました。 ModelScope コミュニティは、コンピューター ビジョンから自然言語処理 (NLP) までの幅広い分野をカバーする Alibaba DAMO Academy によって開発された、すぐにデプロイできる 300 を超える AI モデルを提供します。開発者や研究者は、これらの AI モデルをオンラインで無料でテストできます。また、これらのモデルをダウンロードしてカスタマイズし、独自のユース ケース向けのアプリケーションを開発することもできます。

DingTalk
デジタル コラボレーション ワークプレースおよびアプリケーション開発プラットフォームである DingTalk は、現代の企業や組織に新しい働き方、共有、コラボレーションの方法を提供します。 ローコードおよびノーコードのアプリケーション開発プラットフォームを提供することで、DingTalk と Alibaba Cloud の統合は、企業顧客のデジタル変革をさらに促進し続けます。

参考:Alibaba Group Announces September Quarter 2022 Results

22年4Q決算(22年12月…)

22年4Q決算は、2月18日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

アリババ(BABA)の10年間の損益計算書は?

アリババは14年に93ドルで上場しました。20年3月に307ドルまで上昇するも、アントの香港上場停止で下落しています。22年11月は84ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、売上高は右肩上がりです。21年の売上は6442億元で、過去10年で100倍にも拡大しています。ただし、中国国内で競争が激化してる事もあり、営業利益率は16.4%まで低下しています。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)もEPS(1株あたり純利益)です。BPSもEPSも右肩上がりで上昇し続けていますね。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)も、順調に拡大しています。アリババは先行者を生かして、利益率が高いビジネスです。EC事業はプラットフォームを提供するだけで、自社で倉庫や流通網を持ちません。

その代わり、物流の管理会社を設立して既存企業にテクノロジーを提供しています。EC大手のDJと比較して、利益率が高い点が特徴です。

では、私たち投資家はどのように投資判断すれば良いでしょうか?

アリババ(BABA)の注目ポイントは?

アリババ(BABA)の注目ポイントを紹介します。アリババは世界1位のEC、世界3位のクラウド事業者です。EC事業は最大規模でシェアの29%、クラウド事業はマイクロソフトに次ぐ9.1%のシェアを持ちます。

注目1:22年2Qの売上成長率は+29%に減速?

アリババの四半期毎の売上高の推移です。

中国の景気後退もあり、19年から成長率は減速しています20年4Q(20年3月期)の成長率は−22%まで低下しています。ただし、コロナによる外出規制や中国経済の回復で、成長率は再び上昇しています。

21年Q4(21年3月期)は、前年比+63%まで急上昇しましたね。しかし、中国当局の規制や景気減速により、22年2Qは+29%まで減速しています。

では、アリババの売上構成比を見てみましょう。

注目2:Eコマース事業が売上比率の86%を占める?

21年度のアリババの事業別の売上構成比です。

アリババは主力のEコマース事業が、売上高の86%を占めます。また、唯一黒字化に成功してる部門で、営業利益率は31%と高いです。クラウド事業の比率は8%で利益率は0%です。次いで、メディア事業が4%、その他が1%と続きます。

アリババの主力事業の売上比率と前年比です。

  • 中国小売:売上比率66%(+42%
  • 海外小売:売上比率7%(+42%
  • 物流事業:売上比率5%(+68%
  • クラウド:売上比率8%(+50%

これらの主力事業は、まだまだ成長段階で伸び代も高いです。では、アリババのEコマースは中国でどれだけのシェアを持つでしょうか?

注目3:EC流通総額は中国1位でシェア58.2%?

参考:Who Is Who In China Retail

18年時点の中国のEコマース企業の売上上位です。

中国で最大のEコマ企業は、アリババでシェア58.2%を持ちます。2位はJDドットコムで16.3%、3位はピンドュオドュオが5.2%と続きます。アリババが圧倒的なシェアを持つも、JDとピンドュオドュオが追随していますね。

ピンドュオドュオは、前年比+238%で急速に追い上げています。地方向けに安価で生活必需品を提供する同社は、アリババやJDにとっては驚異ですね。

参考:ピンドュオドュオの四半期決算|赤字だが売上前年比は+238%

では、世界的には中国のEC企業はどれだけ強いでしょうか?

注目4:EC流通総額は世界1位でシェア29%?

参考:44% Of Global eCommerce Is Owned By 4 Chinese Companies

19年時点の世界のEC企業の流通総額の市場シェアです。

世界最大のEC企業はアリババで29%のシェアです。アリババはBtoC(消費者販売)のTmallが14%、CtoC(個人間取引)のTaobaoが15%です。世界2位はアマゾンで13%、3位はJDドットコムで9%、4位はピンドュオドュオで4%です。

上位5社が世界の58%を独占し、中国3社が43%と世界最大規模です

ただし、アリババは小売業種ではない点に注意が必要です。中国の小売業界のランキングでは、JDがダントツで1位です。流通総額ではアリババが他を圧倒しているが、売上高ではJDドットコムの方が大きいです。

参考:JDドットコムの四半期決算|世界3位のEC企業はPER14倍?

では、中国国内のクラウドシェアはどうでしょうか?

注目5:中国1位のクラウドシェアで43%を独占?

参考:Alibaba Cloud owns 43% China’s cloud market in 2018

18年の中国国内のクラウドシェアです。

クラウド事業は、アリババの売上比率の8%だけです。しかし、アリババは中国国内で43%のシェアを独占しています2位はテンセントで11.2%、3位はアップルと共同のチャイナテレコムで7.4%、4位はアマゾンで6.9%です。

中国のクラウド市場は、北米の10分の1程度でまだまだ成長段階です。では、世界や太平洋地域でのクラウドのシェアはどうでしょうか?

注目6:太平洋地域1位のクラウドシェア28%?

参考:Alibaba Named by Gartner as Third Biggest Global Provider

IaaSの世界とアジア太平洋地域の市場シェアです。

19年時点のIaaSの世界シェアは、アマゾンが45%と他を圧倒しています。マイクロソフト、アリババ、グーグルの3社が追いかける構造です。ただ、最も伸び率が高いのはアリババで、9.1%まで伸びています。

アジア太平洋地域で世界1位は、アリババで28.2%と圧倒しています2位はアマゾンで17.5%、3位はマイクロソフトは11%と続きます。アリババの成長率が最も高く、アジア地域で拡大することで世界シェアも伸びしています。

アリババは、大手2社に驚異的な存在だと言えますね。

参考:アマゾン(AMZN)の四半期決算|Eコマの利益は前年比5.1倍に拡大

アリババは、先行投資してる分野が多岐に渡ります。アマゾンやGoogleが先行するスマートスピーカーも自社で開発しています。

注目7:中国スマートスピーカーのシェアは29%に拡大?

参考:全世界スマートスピーカー出荷台数、2019年第4四半期で5,570万台へ

全世界のスマートスピーカー出荷台数です。

19年4Q時点では、アマゾンとGoogleが他を圧倒しています。しかし、中国ハイテクのバイドゥ、アリババ、シャオミがシェアを伸ばしています。19年4Qの出荷台数は、前期比+44%で5570万台でした。

過去1年で、中国の世界シェアは17%から29%に拡大しています。

参考:バイドゥ(BIDU)の四半期決算|広告収入以外は前年比+70%

では、将来的に中国のEC市場はどれくらい拡大するでしょうか?

注目8:中国のEC市場は世界1位で米国の3.3倍?

参考:圧倒的に強い!世界を牽引する中国EC市場

世界のEC市場の国別ランキングです。

世界最大のEC大国は、中国で1兆9348億ドル規模です2位は米国で5869億ドル、3位はイギリスで1419億ドル、4位は日本、5位は韓国と続きます。中国と米国が他を圧倒しているが、中国の市場規模は米国の3倍、イギリスの14倍も大きいです。

中国市場はダントツで大きいが、それでも世界最速で拡大します。

経済成長が7%で進むも、1人あたりのGDPは米国の6分の1だけです。地方の農村部を中心にオンラインEC市場はさらに拡大します。23年の成長率は63.9%で、4.1兆ドル規模になると予想されています。

では、中国のEC化率はどれくらい進んでいるのでしょうか?

注目9:19年の中国EC化率は36%で世界最速?

参考:主要国のEC化率の推移(小売りのネット取引割合の推移)

17年時点の主要国のEC化率の水位です。

10年移行、中国のEC化率は世界最速で進んでいます。17年には20%を超え世界1位、19年には36%まで上昇しています(参考:拡大する中国EC市場)。人口過密地帯が多いアジアは、広土な米国よりもECは有利ですね。

アマゾンが成長を牽引してる米国でも、わずか12%に止まります。

▼▼12月分コンサルも募集開始、締切は11/30日まで▼▼

20年3月に米国株を初めて、2.5年で運用額を10倍に増やしました

ただし、大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。20年や21年は歴史的な好相場で、素人でも読みやすい相場でしたね。ただし、22年現在は500社以上の銘柄分析を行い経験を積んだことで、なんとかプラスを維持しています。

このブログを通じて、投資を教えて欲しいと多くの要望を頂きました

22年9月から、月5名を上限に個別コンサルしています。12月分のコンサルも11月28日から募集を開始しています。また、12月は決算期でないため、一時的に10名に拡大しますそれから、22年1月は料金を2倍にするので、収入や資産に余裕がない人は、12月がお試し価格で受ける最後のチャンスです

締め切りは11月30日の24時までです。

コンサルの詳細は以下の記事に記載しています。

参考:【5名限定で3000円】「個別コンサル」とライン追加のお願い

今すぐ申し込みたい人は、LINEを追加し「コンサル依頼」してください。
友だち追加

まとめ:アリババ (BABA)の四半期決算は?

アリババ株の特徴は...
  1. 1999年に創業した、ECサイトを運営する中国企業
  2. 中国の時価総額で1位、19年に世界6位まで上昇する
  3. 14年にニューヨーク市場に上場、20年に香港市場に再上場する
  4. 事業者向けに「タオバオ」、toC向けに「Tモール」を運営する
  5. EC事業は売上高の86%、クラウドは8%を占める
  6. EC事業の利益率が33%で、他の事業に投資している
  7. クラウド事業は成長率58%、世界3番手までシェアを拡大

個人的には、アリババは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、中国最大規模の売上高だが、収益性が悪化しているからです。収益悪化の原因は、中国当局による規制と国内の競争激化によるものです。22年3Qの営業利益率は過去最低の2.5%まで低下しています。

短中期的には、まだまだ収益は悪化すると思います。

中国国内の競争激化は、以前のように楽に稼げる環境ではないからです。収益性が高いビジネスは国内Eコマースで、調整EBITADベースで利益率は34%です。クラウドも黒字だが1%に止まります。他の大手ハイテク企業も力を入れているため、アリババだけが勝ち組になるのは難しいですね。

以上の要件を考慮すると、22年2月の予想PER12倍は割安ではありません。

アリババの中国国内の競合はJDです。

参考:JDドットコムの四半期決算|世界3位のEC企業はPER14倍?

海外のEC事業でアリババのライバルは、東南アジアのシーです。Eコマの成長率は+189%と高く、アジアのあらゆる地域でアリババと競合します。

参考:シー(SE)四半期決算|Eコマ+189%で中国アリババと競合?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です