ハイマックス(HIMX)四半期決算|22年1Qは+33%に減速

ハイマックスは、ディスプレイ用のICを製造する中国半導体メーカーです。自動車向け半導体が好調で、経済再開後も高い成長率が続きます。21年4Qの売上は前年比+64%、22年1Qは+33%と減速しています。

  • 「コロナが追い風で、21年1月に株価は5倍にも急騰してる…」
  • 3DセンサーやディスプレイICで、高いシェアを持っている…」
  • 「VR&AR市場は年率59%、25年には9倍に拡大する….」

ハイマックスは、液晶ディスプレイ用ドライバーICを製造する中国の半導体メーカーです。AR銘柄として知られ、反射型液晶を用いてヘッドセットへの光を遮るLCOSチップも製造します。利益率が高い自動車向け製品が好調で、21年4Qの営業利益率は39%まで上昇しています。

個人的には、ハイマックスは投資したい銘柄のひとつです。

なぜならば、中国では需給が引き締まり、急速に売上と利益が上昇しているからです。19年に−2.7%だった営業利益率は、21年には29%まで急上昇しています。好調な理由は需給が圧迫していることに加えて、利益率が高い製品の売上が伸びているからです。

同社CEOは、22年の見通しについても強気です。

自動車セクターは22年から販売貢献者の1位を獲得しています。21年に110%の成長率だったが、22年も2倍を目標としています。22年も業績が好調ならば、22年5月の予想PER3.1倍は割安ですね。

HIMXの投資判断したい人向け
  1. ハイマックスの4半期決算(22年1-3月)は?
  2. ハイマックスの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 営業利益率が−2.7%から27%に上昇した理由は?

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

ハイマックス(HIMX)の四半期決算は?

ハイマックス(HIMX)の四半期決算を紹介します。

21年3Q決算(21年9月30日)

3Qの内容は...
  1. 売上高:4.21億ドル(前年比+75%
  2. 営業利益:1.48億ドル(+1469%
  3. 純利益:1.19億ドル(+1304%
  4. 1株当たり利益:0.68ドル(+1260%

21年4Q決算(21年12月31日)

4Qの内容は...
  1. 売上高:4.518億ドル(前年比+64%
  2.  Large Display Drivers:1.25億ドル(+100%
  3.  Small and medium-sized display:2.76億ドル(+9%
  4.  Smartphone:0.913億ドル(+30%
  5.  Tablet:0.850億ドル(+30%
  6.  Driver IC:0.89億ドル(+130%
  7. 営業利益:1.779億ドル(+321%
  8. 純利益:1.423億ドル(+317%
  9. 1株当たり利益:0.81ドル(+326%

22年1Q決算(22年3月31日)

4Qの内容は...
  1. 売上高:4.128億ドル(前年比+33%)✖️
  2.  Large Display Drivers:1.10億ドル(−11%)
  3.  Small and medium-sized display:2.58億ドル(+25%
  4. 営業利益:1.423億ドル(+69%
  5. 純利益:1.158億ドル(+74%
  6. 1株当たり利益:0.81ドル(+73%)✖️

4Qの売上高は前年比+33%で4.128億ドル、営業利益は+69%で1.423億ドルです。21年3Qと4Qと比較して、22年1Qの売上は減速しています。営業利益率は34%と過去最高水準を記録しています。

ハイマックスの業績が好調なのは、コロナ禍で液晶ディスプレイの需要が急増してるからです。中古型ディスプレイは、タブレットやスマホ端末で使用されますね。利益率が上向いている理由は、需要が強く材料が逼迫しているため、利益率が高い製品を優先してるからです

ハイマックスのCEOは、21年はまだまだ需要が強いと言います。22年2Qの売上予想は、前四半期比−18%、前年比で−8%に減速します

「歴史的に、旧正月の休日のため、第1四半期の売上高は季節的に最低点になります。 今年は2月末から、オミクロンの亜種の蔓延を封じ込めるための中国での新たな封鎖とウクライナでの地理的紛争の発生など、追加の要因も加わり、サプライチェーンに大きな混乱を引き起こしました。 これらの追加の課題にもかかわらず、第1四半期の収益、粗利益、EPSはすべて、2022年2月17日に発行されたガイダンス範囲と一致していました」とHimaxの社長兼最高経営責任者であるJordanWu氏は述べています。

「通年では、不透明な短期的な市況にもかかわらず、自動車事業と2つの新しい収益源に支えられ、2022年のトップラインについては明るいままであり、すべてが堅実な事業の可視性を享受しています。 現在、2022年の通年売上高は2021年とほぼ同じ高水準にとどまると予想しています」とJordanWu氏は結論付けました。

Himaxは、5%から9%の減少のガイダンスの範囲内で、4億1280万ドルの純売上高を前四半期から8.6%減少させました。それでも、第1四半期の売上高は前年比で33.6%増加しました。売上総利益率は47.0%で、昨年の第4四半期の過去最高の51.8%から減少しましたが、そのガイダンスの範囲内で約46%から48%になりました。希薄化後ADSあたりの非IFRS利益は69.7セントで、ガイダンスの67.0〜73.0セントの中間でしたが、昨年の同時期から81.5%大幅に増加しました。希薄化後ADSあたりのIFRS利益は66.3セントで、ガイダンスの中間点である63.5〜69.5セントでしたが、前年比で73.1%大幅に増加しました。

大型ディスプレイドライバーからの収益は、第1四半期に1億1,060万ドルで、前四半期比で11.5%減少しましたが、前年比で約60%増加しました。テレビの収益は、第1四半期が季節的に低迷し、テレビの需要が引き続き低迷したにもかかわらず、主要アカウントへのハイエンドおよび大型のテレビICの出荷に支えられて、順次横ばいでした。四半期連続の力強い成長の後、同社が最終市場のセルスルーの鈍化を背景にガイドしたため、モニターとノートブックの両方のICの売上高は順次減少しました。ただし、どちらも前年比で順調に成長しました。これは、ハイエンドディスプレイとプレミアムモデルでの主導的な地位を反映しています。大型パネルドライバーICは、2021年の第4四半期の27.7%および1年前の22.6%と比較して、この四半期の総収益の26.8%を占めました。

中小規模のディスプレイの収益は2億5,850万ドルで、1桁台半ばの減少でしたが、前年比で25%以上増加しました。過去数四半期の自動車セグメントの堅調な売上高の伸びは、第1四半期も続いた。自動車用ICの売上高は、前四半期比で30%以上、前年比で170%以上増加しました。中国の都市の封鎖により四半期末に出荷が停止したにもかかわらず、第1四半期の電子ペーパーの売上高は前四半期比で15%以上増加しました。

中小規模のドライバーICセグメントは、前四半期の61.2%および1年前の66.1%と比較して、当四半期の総売上高の62.6%を占めました。第1四半期には、自動車ドライバーセグメントがHimaxの最大の収益貢献者となり、総売上高の25%以上を占めました。当社は、自動車への貢献におけるこの上昇傾向が2022年を通じて続くと予想しています。

自動車用ドライバーICの収益の伸びは、個別のDDICとTDDIの両方の容量の増加に加えて、パネルハウス、Tier-1、および自動車メーカー全体にわたる包括的なデザインウィンカバレッジによって支えられました。自動車用ICの売上高の大部分を占める自動車用DDICの売上高は、需要が供給を上回り続けていることから、前四半期比で20%以上増加し、まともな第1四半期の成長を遂げました。 Himaxの自動車向けTDDIは、以前にガイドされたように、四半期中に300万台以上が出荷され、印象的な新しいマイルストーンに到達しました。 Himaxは、自動車用ドライバーIC、包括的な製品提供、および成長する車両ディスプレイ市場でのリーダー的地位を考えると、急速に拡大する市場に加えて、さらなる市場シェアの獲得により、自動車ビジネスの持続的な力強い成長を期待しています。

連続成長の多くの四半期の後、第1四半期のタブレットの収益は1桁台半ばで高水準からわずかに減少しました。ただし、タブレットの収益は、iOS以外のすべての主要なタブレット名が積極的に採用したことにより、TDDIの売上が一桁台前半に伸びたため、前年比で10代前半に増加しました。同社は、iOS以外のタブレット市場でトップの市場シェアを維持し、主要な有名ブランドの間でTDDIの浸透を加速させました。

スマートフォンの第1四半期のドライバーIC収益は、そのガイダンスに沿っており、2桁連続で減少しました。スマートフォン市場は、需要の低迷、中国での予期せぬ封鎖、地政学的緊張の影響を受け続け、その結果、IC在庫を減らし始めたパネルハウスやOEMの需要の可視性が大幅に低下しました。

同社は前四半期の電話で述べたように、主要顧客の新しい設計のために戦略的に開始された製品移行により、第1四半期の一部が減少すると予想しました。これにより、第1四半期の生産量が減少しました。

ドライバー以外の事業からの第1四半期の収益は、予想を上回る4370万ドルで、10代前半から順次減少しましたが、前年比で約25%増加しました。予想以上の結果は、ノートブック市場への超低電力AIイメージセンシングトータルソリューションの出荷が増加したことによるものです。 Tcon事業は、前四半期比でわずかに1桁台半ば減少しましたが、4K / 8K TV、ゲームモニター、低電力ノートブック、自動車用Tconなどのハイエンド製品分野へのミックスの改善を反映して、前年比で50%以上増加しました 。 2021年第4四半期の11.1%および1年前の11.3%と比較して、第1四半期の非ドライバー製品は総収益の10.6%を占めました。

第1四半期の非IFRS粗利益率は47.0%で、前四半期の51.8%から減少しましたが、昨年の同時期の40.2%をはるかに上回っています。そのマージンプロファイルに悪影響を及ぼした2つの主要な要因がありました。まず、第1四半期の売上原価は、前四半期からの鋳造価格の上昇を反映しています。第二に、当社がプレミアム価格を享受していた優先顧客注文は、市場の軟化により第1四半期に減少した。 IFRS粗利益当四半期も47.0%でした。

第1四半期の非IFRS営業費用は4,400万ドルで、前四半期から9.3%減少しましたが、前年同期から12.3%増加しました。念のために言っておきますが、連続した営業費用の減少は、昨年12月末に、昨年の目覚ましい業績に対して従業員にさらに報いるための1回限りの現金ボーナスによって引き起こされました。前年比での増加は、主に給与および研究開発費の増加によるものです。 IFRSの第1四半期の営業費用は5,150万ドルで、前四半期から8.0%減少しましたが、前年同期から30.5%増加しました。 IFRSの数値が上昇したのは、主に、会社が毎年9月末に従業員に授与する年次ボーナス報酬のトランシェによるものです。 RSUと賞金を含む2021年の年間ボーナス報酬は合計7,470万ドルであり、そのうち2,480万ドルは、2021年の第3四半期に直ちに権利が確定して認識されました。

残りは、付与日の1周年、2周年、3周年に3つのトランシェに均等に付与されます。残りの報酬費用は、各トランシェの権利確定期間にわたって定額法で認識されます。

第1四半期の非IFRS営業利益は1億4,990万ドル、つまり売上高の36.3%でしたが、前四半期の売上高は41.1%、前年同期は27.5%でした。非IFRS税引後利益は1億2190万ドル(希薄化ADSあたり69.7セント)で、前四半期の1億4,840万ドル(希薄化ADSあたり84.9セント)から減少しましたが、昨年同期の6,710万ドル(38.4セント)を大幅に上回りました。

Q2 2022 Outlook:

第2四半期に向けて、地政学的、マクロ経済的、パンデミックに関連する多くの要因が課題を生み出し、Himaxの短期的な見通しを損なっています。ウクライナでの戦争、インフレの上昇、中国全土でのロックダウンの進行は、サプライチェーンと家電製品の需要に大きな影響を与え、特に異常なビジネス環境につながっています。不明瞭な注文の可視性は、主要なグローバルブランドによる需要予測の縮小と短縮につながっています。これを受けて、第1四半期末から、パネルメーカーはIC在庫を迅速に削減するために積極的な対策を講じ始めました。

厳しい市況と短期的な不確実性を背景に、Himaxは、主に今四半期の売上原価がファウンドリがまだ価格を上げていた前四半期からの価格設定を表しているため、第2四半期の粗利益が順次減少すると予想しています。当社はまた、世界中の需要が低迷する中、自動車以外の顧客をサポートするために若干の価格調整を行っています。ただし、ファウンドリとバックエンドの両方の価格設定がすでに安定しているため、下半期に移行する会社の売上原価は、上半期にわたって上昇傾向を続ける可能性は低いでしょう。

Covidによる封鎖が弱まり始め、サプライチェーンの混乱が緩和されると、可視性が向上し、最終的には市場の需要が回復します。 Himaxは、第2四半期の売上高が今年の最低点になると予想しています。通年では、不透明な短期的な市況にもかかわらず、当社は2022年のトップラインについて明るいままであり、自動車事業と2つの新しい収益源に支えられており、すべてが堅調な事業の可視性を享受しています。

Himaxは現在、2022年通年の売上高が2021年とほぼ同じ高水準にとどまると予想しています。自動車事業では、マクロ経済の懸念にかかわらず、同社は売上高を昨年の2倍に増やし、前年の2倍以上にすることを目標としています。一方、強力な注文パイプラインに支えられて、その超低電力AIイメージセンシングとOLEDビジネス、2つの新しい販売ストリームは、影響力のある貢献を提供する準備ができています。これらの主要セクターの貢献度の向上には、利益率とビジネスの可視性の両方の観点から、会社の長期的な製品構成を改善するという追加の利点があります。

参考:Himax Technologies, Inc. Reports 2 Quarter 2022

22年2Q決算(22年6月…)

22年2Q決算は、8月13日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

ハイマックス(HIMX)の10年の損益計算書は?

ハイマックスは06年に8ドルで上場しました。13年に最高値14ドルを付けるも、その後は伸び悩んでいますね。20年3月に1.9ドルに下落するも、22年5月は8.3ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、20年に売上高が加速しています。19年に営業利益率は−2.7%まで落ち込むも、20年には6.5%まで回復しています。21年は1Qの営業利益率は27%まで急上昇しています。

材料が足りず需給関係が逼迫しているため、利益率が高い製品を優先しています。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。BPS横ばいに推移しています。EPSは19年に赤字に陥っているが、20年には大きく上向いていますね。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、20年に大きく上向いています。ハイマックスは17から19年に大きく設備投資していた事が分かりますね。コロナ禍でディスプレイ需要が大きく上向き、先行投資に成功したと言えます。

では、私たちはどのように投資判断すれば良いのでしょうか?

ハイマックス(HIMX)の注目すべきポイントは?

ハイマックス(HIMX)に投資する上で注目すべきポイントを紹介します。ハイマックスは、液晶ディスプレイ用ドライバーIC(集積回路)の中国トップ企業です。売上高はまだ小さいが、AR向けのLCOSチップなどの部品も製造しています。

注目1:3Dセンシング技術でトッププレイヤー?

参考:3D Sensing Technology Market Size

3Dセンシング技術の上位プレーヤーの市場シェアです。

ハイマックスは、3Dセンシング技術で高いシェアを持ちます。米国の半導体大手インテル、テキサスインスツルメンツ、それからツーシックス(IIVI)、ルメンタム(LITE)よりも高いシェアを持ちます。

アップルはルメンタムから3Dカメラのチップを購入しています。また、競合であるツーシックスにも積極的に投資していますね。

参考:ルメンタム(LITE)の四半期決算|iPhone向けに3Dカメラを提供

VR&AR市場は急速に拡大するため、3Dセンシングの需要は今後も高いです。

注目2:ディスプレイ用ICでトッププレイヤー?

参考:Display IC Market Is Thriving Worldwide

液晶ディスプレイ用IC(集積回路)のトップ企業です。

ハイマックスはディスプレイ用ICでも高いシェアを持ちます。競合企業には、台湾のNovatek、Raydium、日本のLitec、韓国のサムソンなど、東アジアが強いですね。コロナ禍でスマホやタブレットの需要が急増し、ディスプレイ用ICは好調です。

ハイマックスは、VR&ARの部品製造でも高いシェアを持ちます。

注目3:VR&ARの部品製造で高いシェアを持つ?

参考:Augmented Reality and Virtual Reality Component Market

VR&ARの部品を製造するトップ企業です。

ハイマックスはVR&ARの部品製造でも高いシェアを持ちます。VR&ARはこれから伸びる市場で、資金力が高い大手ハイテク企業も参入していますね。競合には、FacebookやGoogle、ソニーやサムソン、それからスマートグラスを製造するVuzix(VUZI)もあります。

参考:ビュージックス(VUZI)四半期決算|ARスマートグラスで株価は28倍

VR&AR市場は、21年以降に急速に拡大する市場です。

注目4:VR&AR市場は25年に9倍の280億ドル?

参考:【投資信託】eMAXIS Neo バーチャルリアリティの評価

ARK社のレポートによる、VR&ARの市場規模の推移です。

VR&ARの市場規模は年率59%で拡大し、25年には9倍の280億ドルになると予想していますAR単体では30年に130倍の1300億ドルになると言います。AR Glassの方がARスマホ市場よりも急速に拡大します。

VRとは仮想現実(Virtual Reality)で、現実世界を遮断し仮想現実だけを見せる技術です。対して、ARとは拡張現実(Augmented Reality)と言い、現実世界の一部に仮想の情報を重ねる技術です。

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

まとめ:ハイマックス(HIMX)の四半期決算は?

ハイマックスの注目ポイントは...
  1. 06年に上場した、ディスプレイ用ICを製造する中国半導体
  2. AR向けに、ヘッドセットへの光を遮るLCOSチップも製造してる
  3. 3Dセンシングとディスプレイ用IC市場で、高いシェアを持つ
  4. 売上高は20年に加速し、前年比+50%前後で推移してる
  5. 17-19年に設備投資し、20年に営業CFが大きく伸びる

個人的には、ハイマックスは投資したい銘柄のひとつです。

なぜならば、中国では需給が引き締まり、急速に売上と利益が上昇しているからです。19年に−2.7%だった営業利益率は、21年には29%まで急上昇しています。好調な理由は需給が圧迫していることに加えて、利益率が高い製品の売上が伸びているからです。

同社CEOは、22年の見通しについても強気です。

自動車セクターは22年から販売貢献者の1位を獲得しています。21年に110%の成長率だったが、22年も2倍を目標としています。22年も業績が好調ならば、22年2月の予想PER4.9倍は割安ですね。

ハイマックスの競合は、米国のAR銘柄であるルメンタムです。iPhone向けに3Dカメラのチップを製造しています。ハイマックスと同様に利益率は急激に改善しています。18年に2%だった営業利益率は21年に17%、21年2Qは25%まで上昇しています。

参考:ルメンタム(LITE)の四半期決算|iPhone向けに3Dカメラを提供

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。