ルメンタム(LITE)四半期決算|23年1Qは+12%に加速

ルメンタムは、iPhoneに3Dカメラのチップを提供するAR銘柄です。経済再開後は業績が上向ことが期待されるも不調が続きます。22年4Qの売上は前年比+7%、23年1Qは+12%に加速しています。

  • 「株価は上昇してないが、営業利益率は25%まで上昇した…」
  • 「iPhoneが好調で業績は良いが、予想PERは15倍と低い…」
  • 「VR&AR市場は年率59%、25年には9倍に拡大する….」

ルメンタムは、光電子部品を製造する米国企業です。同社が開発する光学製品は、通信ネットワーク機器など様々な分野で活用されています。レーザー駆動型の3Dカメラは、AR機能の向上目的でiPhoneにも採用されています。

個人的には、ルメンタムは投資したい銘柄のひとつです。

なぜならば、3Dセンシング技術が好調で、利益率が順調に切り上がっているからです。19年に2%だった営業利益率は21年に19%、22年2Q(21年12月期)は27%まで上昇しています。

ただし、経済再開後も同社の業績は低迷しています。

22年1Qの売上前年比は−0.9%、2Qも−6.7%と弱いです。その原因はサプライ供給問題によるもので、22年後半に向けて回復すると述べています。他の懸念材料もあり、アップルが競合のツーシックスに投資するとも報道されています。

同社の製品はスマホにも搭載されるため、22年の動向は引き続き注視したいですね。22年11月時点の予想PERは10倍と割安だが、投資したい銘柄ではありません。

LITEの投資判断したい人向け
  1. ルメンタムの4半期決算(22年7-9月)は?
  2. ルメンタムの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 営業利益率が3%から25%に急上昇した理由は?

▼▼12月分コンサルも募集開始、締切は11/30日まで▼▼

20年3月に米国株を初めて、2.5年で運用額を10倍に増やしました

ただし、大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。20年や21年は歴史的な好相場で、素人でも読みやすい相場でしたね。ただし、22年現在は500社以上の銘柄分析を行い経験を積んだことで、なんとかプラスを維持しています。

このブログを通じて、投資を教えて欲しいと多くの要望を頂きました

22年9月から、月5名を上限に個別コンサルしています。12月分のコンサルも11月28日から募集を開始しています。また、12月は決算期でないため、一時的に10名に拡大しますそれから、22年1月は料金を2倍にするので、収入や資産に余裕がない人は、12月がお試し価格で受ける最後のチャンスです

締め切りは11月30日の24時までです。

コンサルの詳細は以下の記事に記載しています。

参考:【5名限定で3000円】「個別コンサル」とライン追加のお願い

今すぐ申し込みたい人は、LINEを追加し「コンサル依頼」してください。
友だち追加

ルメンタム(LITE)の四半期決算は?

ルメンタム(LITE)の四半期決算を紹介します。

22年3Q決算(22年3月30日)

4Qの内容は...
  1. 売上高:3.95億ドル(前年比−5%)
  2. 営業利益:—億ドル(—%)
  3. 純利益:0.26億ドル(−88%)
  4. 1株当たり利益:1.19ドル(−15%)

22年4Q決算(22年6月30日)

4Qの内容は...
  1. 売上高:4.22億ドル(前年比+7%
  2. 営業利益:—億ドル(—%)
  3. 純利益:0.34億ドル(+61%
  4. 1株当たり利益:1.47ドル(+27%

23年1Q決算(22年9月30日)

1Qの内容は...
  1. 売上高:5.06億ドル(前年比+12%)◯
  2.  Optical Communications:4.53億ドル(+11%
  3.  Lasers:0.53億ドル(+25%
  4. 営業利益:0.13億ドル(−89%)
  5. 純利益:−0.004億ドル(前年度0.081億ドル)
  6. 1株当たり利益:−0.01ドル(前年度1.08ドル)◯

1Qの売上高は前年比+12%で5.06億ドル、営業利益は−89%で0.13億ドルでした。22年3Qや4Qに続き、23年1Qの売上は上向いていますね。営業利益率は2.5%と落ち込んでいますね。

ルメンタムのレーザー駆動型の3Dカメラは、AR機能を向上させるためにiPhoneで使用されています。3Dカメラはレーザーを使用して3D画像を迅速に作成します。

23年2Qの売上予想は、5.05億ドル(前年比+12%)と悪くないですね。

カリフォルニア州サンノゼ、2022 年 11 月 8 日 /PRNewswire/ — Lumentum Holdings Inc. (「Lumentum」または「当社」) は本日、2022 年 10 月 1 日に終了した会計年度第 1 四半期の結果を報告しました。

社長兼最高経営責任者(CEO)のアラン・ロウは、次のように述べています。 「テレコムおよび産業用レーザーの顧客からの需要は堅調です。先を見据え、業界の傾向と一致して、特定のICコンポーネントの供給は予想ほど早く実現しておらず、現在、これらの不足は2024会計年度まで続くと予想しています。また、私たちの近い将来のデータコムと 3D センシングの見通しは、以前の予測よりも低くなります

Lowe 氏は次のように付け加えました。私たちは目標を達成することにさらに自信を持っています.今後の四半期で進捗状況をさらに共有できることを楽しみにしています」

参考:LUMENTUM ANNOUNCES FISCAL 1Q 2023

23年2Q決算(22年12月…)

23年2Q決算は、2月9日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

ルメンタム(LITE)の10年の損益計算書は?

ルメンタムは15年に17ドルで上場しました。株価は緩やかに上昇し、常に最高値を更新し続ける銘柄です。22年11月は59ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、売上高は順調に上昇しています。19年に2.6%だった営業利益率は、TTMで17%と大きく上昇しています。21年2Qの直近決算では、営業利益率は25%まで増えています。

ただし、主要顧客のアップルが他企業へ投資するなど、懸念材料もあります。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。売上高の上昇に伴い、BPSは順調に上昇しています。EPSは19年から大きく上向いていますね。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、順調に拡大しています。光学通信ビジネスは、投資CFが少なく優良ビジネスだと言えますね。営業利益率が低い時でも、営業CFは順調に伸びています。

では、私たちはどのように投資判断すれば良いのでしょうか?

ルメンタム(LITE)の注目ポイントは?

ルメンタム(LITE)に投資する上で注目すべきポイントを紹介します。ルメンタムが開発する光学製品は、通信ネットワーク機器に利用されています。また同社のレーザー駆動型の3Dカメラで使用されるチップは、AR機能の向上目的でiPhoneにも採用されています。

注目1:3Dセンシングは25年に3倍の150億ドル?

参考:3D imaging and sensing market growing at 20% CAGR

3Dセンシングの市場規模の推移です。

3Dセンシング市場は年率20%で拡大し、25年に3倍の150億ドルになると予測されています3Dセンシングの用途はスマホ端末が最も大きく54%を占めます。次いで、自動運転が25%と続き、軍事産業でも利用されます。

3Dセンシング技術が最も期待されているのはスマホです。

注目2:3Dカメラが組み込まれる割合は25年に70%?

参考:3D imaging and sensing market growing at 20% CAGR

3Dカメラが埋め込まれるスマホ端末の割合の推移です。

3Dカメラが埋め込まれるスマホの割合は、25年には70%になると予想されています埋め込まれるスマホの割合予測は、18年から19年に大きく上方修正されていますね。

転機となったのは、17年にiPhoneXで3Dセンシング技術を搭載したことです。19年にはアンドロイドスマホが、構造化照明の代わりに飛行時間型(ToF)カメラを使用するという別のアプローチを採用し、スマートフォンの背面に配置しています。

ToFセンサーが安価で提供できることで、スマホの3D割合は上方修正されています。では、ルメンタムは3Dセンシングでどれくらい市場シェアを持つのでしょうか?

注目3:3Dセンシング技術でルメンタムは上位企業?

参考:3D Sensing Technology Market Size

3Dセンシング技術の上位プレーヤーの市場シェアです。

ルメンタムは3Dセンシング技術で高いシェアを持つ事が分かります。しかしながら、ルメンタムより高いシェアを持つのは、ツーシックス(IIVI)、インテル、テキサスインスツルメンツなど競合が多数あります。

ツーシックスはアップルが投資するなど注意が必要ですね。VR&AR市場は急速に拡大するため、3Dセンシングの需要は今後も高いです。

注目4:VR&AR市場は25年に9倍の280億ドル?

参考:【投資信託】eMAXIS Neo バーチャルリアリティの評価

ARK社のレポートによる、VR&ARの市場規模の推移です。

VR&ARの市場規模は年率59%で拡大し、25年には9倍の280億ドルになると予想していますAR単体では30年に130倍の1300億ドルになると言います。AR Glassの方がARスマホ市場よりも急速に拡大します。

VRとは仮想現実(Virtual Reality)で、現実世界を遮断し仮想現実だけを見せる技術です。対して、ARとは拡張現実(Augmented Reality)と言い、現実世界の一部に仮想の情報を重ねる技術です。

3Dセンシングは、ARで必要とされるコア技術です。

▼▼12月分コンサルも募集開始、締切は11/30日まで▼▼

20年3月に米国株を初めて、2.5年で運用額を10倍に増やしました

ただし、大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。20年や21年は歴史的な好相場で、素人でも読みやすい相場でしたね。ただし、22年現在は500社以上の銘柄分析を行い経験を積んだことで、なんとかプラスを維持しています。

このブログを通じて、投資を教えて欲しいと多くの要望を頂きました

22年9月から、月5名を上限に個別コンサルしています。12月分のコンサルも11月28日から募集を開始しています。また、12月は決算期でないため、一時的に10名に拡大しますそれから、22年1月は料金を2倍にするので、収入や資産に余裕がない人は、12月がお試し価格で受ける最後のチャンスです

締め切りは11月30日の24時までです。

コンサルの詳細は以下の記事に記載しています。

参考:【5名限定で3000円】「個別コンサル」とライン追加のお願い

今すぐ申し込みたい人は、LINEを追加し「コンサル依頼」してください。
友だち追加

まとめ:ルメンタム(LITE)の四半期決算は?

ルメンタムの注目ポイントは...
  1. 15年に上場した、光電子部品を製造する米国企業である
  2. 光学製品は通信ネットワーク、自動運転などに利用される
  3. レーザー駆動型の3Dカメラは、AR機能向上でiPhoneに搭載
  4. 18年の営業利益率2%は、21年2Qに25%まで上昇する
  5. 3Dカメラが組み込まれるスマホ割合は、25年に70%になる
  6. アップルが競合ツーシックスに投資するなど、懸念材料もある

個人的には、ルメンタムは投資したい銘柄のひとつです。

なぜならば、3Dセンシング技術が好調で、利益率が順調に切り上がっているからです。19年に2%だった営業利益率は21年に19%、22年2Q(21年12月期)は27%まで上昇しています。

ただし、経済再開後も同社の業績は低迷しています。

22年1Qの売上前年比は−0.9%、2Qも−6.7%と弱いです。その原因はサプライ供給問題によるもので、22年後半に向けて回復すると述べています。他の懸念材料もあり、アップルが競合のツーシックスに投資するとも報道されています。

同社の製品はスマホにも搭載されるため、22年の動向は引き続き注視したいですね。22年2月時点の予想PERは13倍は割安だと思います。

ルメンタムの競合企業は、3Dセンシング技術で業界トップのツーシックスです。ルメンタムと同様に、急激に売上高と利益を伸ばしています。

参考:ツーシックス(IIVI)の四半期決算|光電子部品を製造するAR銘柄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です