マイクロビジョン(MVIS)四半期決算|AR向け高性能ディスプレイ

マイクロビジョンは、AR向けに高性能ディスプレイを製造するAR銘柄です。売上高は下落しているが、株価は21年2月に100倍にも高騰しています。VR&AR市場は25年に9倍になると予測されているが、21年も継続して成長できるのでしょうか?

  • 「コロナが追い風で、20年3月から株価は100倍に高騰した…」
  • 「AR向けディスプレイを製造し、市場拡大で恩恵を受ける銘柄だ…」
  • 「VR&AR市場は年率59%、25年には9倍に拡大する….」

マイクロビジョンは、自動運転向けのLiDARセンサーを開発する米国企業です。センサー技術を活かして、AR向けに高性能ディスプレイも開発しています。20年10月に4.4gのスマートグラス用ディスプレイを開発し、マイクロソフトに採用されています。

しかしながら、個人的にはマイクロビジョンは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、売上高は減少してる上に、利益率も下落し続けてるからです18年に−154%だった営業利益率は、21年には−709%まで拡大しています。20年4Qには製品販売による収益はなくなり、ロイヤリティ収入だけです。

しかしながら、長期的には高性能ディスプレイ事業に対して楽観的に見ています。

マイクロビジョンはマイクロディスプレイ市場でトップ企業です。マイクロソフトのHoloLens 2に採用されるなど、需要がある製品を開発していますまた、20年には資金調達に成功するなど、将来性があるビジネスだと認識されていますね。

21年時点では赤字企業で投資できないが、将来的には決算を見て判断したいです。

マイクロビジョンの投資判断したい人向け
  1. マイクロビジョンの4半期決算(2021年1-3月)は?
  2. マイクロビジョンの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. AR向け高性能Displayを開発するが、投資すべきでない理由は?

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

マイクロビジョン(MVIS)の四半期決算は?

マイクロビジョン(MVIS)の四半期決算を紹介します。

20年3Q決算(2020年9月30日)

3Qの内容は...
  1. 売上高:63.90万ドル(前年比−46%)
  2. 営業利益:−281万ドル(+14%
  3. 純利益:−282万ドル(+53%
  4. 1株当たり利益:—ドル(—%)

20年4Q決算(2020年12月31日)

4Qの内容は...
  1. 売上高:39.50万ドル(前年比−91%)
  2. 営業利益:−356万ドル(−8%)
  3. 純利益:−357万ドル(−8%)
  4. 1株当たり利益:−0.02ドル(+33%

21年1Q決算(2021年3月31日)

1Qの内容は...
  1. 売上高:47.90万ドル(前年比−67%)
  2.  Product revenue:—万ドル(前年度124.7万ドル)
  3.  License and royalty revenue:47.9万ドル(2.25倍
  4. 営業利益:−622万ドル(−15%)
  5. 純利益:−623万ドル(−26%)
  6. 1株当たり利益:−0.04ドル(—%)

1Qの売上高は前年比−67%で47.9万ドル、営業利益は−622万ドルでした。3Qや4Qに引き続き、売上高は大きく減少していますね。営業損失額は売上高の13倍を超えるほど大きいです。

事業別の売上高を見ると、製品販売の売上高が計上されていません。過去決算で売上高が大きく減少しているのは、製品販売の売上高が下落し続けているからです。対照的に、ライセンス収入は前年比2.25倍で拡大していますね

決算書を見る限りは、なぜこのような変化が起きてるか理解できませんでした。しかしながら、スマートグラスで先進的な技術を開発するなど、同社CEOの将来の見通しは楽観的です(参考:わずか4.4gのスマートグラス用ディスプレイモジュールを開発)。

「私たちは、戦略的取引に関心のある潜在的な顧客、パートナー、または関係者と主要なパフォーマンスデータを共有する準備ができており、計画しています。この第1世代の長距離ライダーセンサーのバージョンは、内部および外部の検証、信頼性、コンプライアンステストの後、以前に報告したように、2021年の第3四半期または第4四半期に初期数量で販売される可能性があります。さらに、最近2回のAt-the-Marketの株式調達が完了したことで、当社は強力な財政状態にあり、潜在的な戦略的パートナーとの交渉能力が強化されていると確信しています。」

参考:MicroVision Announces First Quarter 2021 Results

21年2Q決算(2021年6月…)

21年2Q決算は、7月29日に公開予定です。

マイクロビジョンの売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

マイクロビジョン(MVIS)の損益計算書は?

マイクロビジョンは1996年に45ドルで上場しました。20年3月に最高値510ドルを付けた後は、一貫して下落トレンドにあります。21年3月に最安値0.2ドルを付けた後は、大きく反発していますね。21年5月は14ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、18年をピークに売上高は大きく下落しています。さらには、営業利益率も−709%まで急落していますね売上が下落している原因は、製品販売部門の売上高が急落しているからです。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。TTMにBPSが上昇しているのは資金調達に成功したからです。19年に−33%だった自己資本比率は、TTMで85%まで急回復しています。

営業利益率の赤字は拡大しているが、EPSの赤字幅は縮小しています。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、大きく赤字が続いています。投資CFが少ないビジネスでが、本業で稼げていない事が分かりますね。資金調達に成功したマイクロビジョンだが、収益化する見通しはありません。

では、私たちはどのように投資判断すれば良いのでしょうか?

マイクロビジョン(MVIS)の注目ポイントは?

マイクロビジョン(MVIS)に投資する上で注目すべきポイントを紹介します。マイクロビジョンは、自動運転向けのLiDARセンサーを開発する米国企業です。センサー技術を活かして、AR向けに高性能ディスプレイも開発しています。

注目1:自動運転LiDARは26年に15倍の12億ドル?

参考:Semi-autonomous segment is predicted to be most lucrative 

自動運転向けLiDARセンターの市場規模の推移です。

完全自動運転と半自動運転は、どちらも市場が急速に拡大していますね。18年に0.79億ドルだった市場規模は、26年には15倍の12.46億ドルに成長する見通しです26年までの年成長率38.7%です。

また、マイクロビジョンはセンサー技術を活かして、高性能ディスプレイも開発しています。

注目2:世界のマイクロディスプレイ市場は8.88億ドル?

参考:Microdisplays Market Size, Share & Trends Analysis Report By Projection

米国のマイクロディスプレイのマーケット市場規模の推移です。

マイクロディスプレイとは、スマートウオッチやグラスなどで利用される小型・高解像度のディスプレイです。OLEDは有機EL、LCDは液晶ディスプレイ、DLPはデジタルで光を加工する技術、LCoSは反射型液晶方式を指します。

17年時時点の世界のマイクロディスプレイ市場は8.88億ドルです25年まで年率19%で拡大すると予想しています。

マイクロビジョンは20年10月に、4.4gのスマートグラス用の高性能ディスプレイを開発しています。同社の製品は、マイクロソフトのHoloLens2に提供しています。

では、VR&AR市場やスマートグラスはどれくらい拡大するのでしょうか?

注目3:VR&AR市場は25年に9倍の280億ドル?

参考:【投資信託】eMAXIS Neo バーチャルリアリティの評価

ARK社のレポートによる、VR&ARの市場規模の推移です。

VR&ARの市場規模は年率59%で拡大し、25年には9倍の280億ドルになると予想していますAR単体では30年に130倍の1300億ドルになると言います。AR Glassの方がARスマホ市場よりも急速に拡大します。

VRとは仮想現実(Virtual Reality)で、現実世界を遮断し仮想現実だけを見せる技術です。対して、ARとは拡張現実(Augmented Reality)と言い、現実世界の一部に仮想の情報を重ねる技術です。

VRヘッドセットでシェア1位はフェイスブックです。同社は19年10月に「Oculus Quest 2」を発売しています。20年4Qのその他の収益8億ドルの何割かは、VRヘッドセットによるものです。

では、マイクロビジョンはどれくらいの市場シェアがあるのでしょうか?

注目4:マイクロディスプレイ市場で業界トップのシェア?

参考:Micro-Display Market to Witness Huge Growth by 2023

VR&ARで利用されるマイクロディスプレイの市場シェアです。

細かい数値は公開されてないが、マイクロビジョンは業界トップのシェアを持ちます。競合企業には、日本のソニー、米国のコーピン、マイクロン、韓国のLGもありますね。VR&ARの市場拡大に合わせて、大手企業が先行投資している分野です。

コーピンは前年比+50%前後で売上高が拡大しています。

参考:コーピン(KOPN)の四半期決算|AR向けディスプレイでシェア85%

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

まとめ:マイクロビジョン(MVIS)の四半期決算は?

コーピンの注目ポイントは...
  1. 96年に上場した、マイクロディスプレイ製造する米国企業
  2. 自動運転アプリに使用されるLiDARセンサーを開発している
  3. センサー技術を活かし、AR向けマイクロディスプレイを開発
  4. 売上高は前年比−67%で、営業損失額は売上の13倍を超える
  5. マイクロディスプレイで、高い市場シェアを確保している
  6. 4.4gのスマートグラス用ディスプレイを開発し、注目を集める

個人的には、マイクロビジョンは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、売上高は減少してる上に、利益率も下落し続けてるからです18年に−154%だった営業利益率は、21年には−709%まで拡大しています。20年4Qには製品販売による収益はなくなり、ロイヤリティ収入だけです。

しかしながら、長期的には高性能ディスプレイ事業に対して楽観的に見ています。

マイクロビジョンはマイクロディスプレイ市場でトップ企業です。マイクロソフトのHoloLens 2に採用されるなど、需要がある製品を開発していますまた、20年には資金調達に成功するなど、将来性があるビジネスだと認識されていますね。

21年時点では赤字企業で投資できないが、将来的には決算を見て判断したいです。

AR向けマイクロディスプレイを製造するコーピンは競合企業です。長く低迷しているマイクロビジョンとは対照的に、コーピンは前年比50%前後で拡大し、営業利益率も大幅に上昇していますAR向けマイクロディスプレイでは、マイクロビジョンよりも有望株ですね。

参考:コーピン(KOPN)の四半期決算|AR向けディスプレイでシェア85%

会社員が株式投資で成功できない理由とは?

参考:個人投資家の年収は? – 年収300万円未満は49%

会社員投資家が勝てない理由は...
  1. 個人投資家で、年収300万円未満は全体の49%を占める
  2. 個人投資家で、年収500万円未満は全体の73%を占める
  3. 収入が少ない会社員ほど、自由に使える時間も少ない
  4. お金があれば、株式投資は下手くそでも成功できる
  5. お金がないと、王道のインデックスや高配当投資が通用しない
  6. お金がないなら、リスクを考慮しながら増やす努力が必要になる
  7. 投資でリスクを取るなら、投資スキルを磨かないといけない
  8. 株式投資は確率のゲームだから、経験や知識で誰でも上達できる
  9. 仕事が忙しい会社員は、投資と向き合う時間が絶対的に足りない

会社員が株式投資で勝つのは難しいです。

なぜならば、株式投資で絶対的に必要な「お金」と「時間」の両方がないからです。日本証券業協会の調査によると、個人投資家で年収が300万円未満は全体の49%も占めます

実は、お金と時間の両方がないと、世に出回っている投資手法の多くは通用しません。なぜならば、投資本や投資手法は、お金かもしくは時間がある事を前提にしているからです。書籍やネット上に投資の攻略法は溢れているが、年収が低い会社員を対象にしていません。

会社員時代に私は10年以上も負け続けていました。その後に、短期間で資産を2.5倍に増やせたのは、投資に集中できる「時間」と「お金」があったからです。

ここで言いたい事は、会社員は株式投資でか勝てないという事ではありません。

私たち会社員はまず、なぜ投資で勝てないのか理解する必要があります。勝てない原因を正しく理解しなければ、根本的な解決策を議論できないからです会社員が投資で勝てない正体さえ分かれば、後はそれに合わせて戦略を練るだけです。

21年中盤には、好相場が崩れる可能性がある?

いくつかの幸運が重なり、2017年に会社を辞める機会がありました。

しかしながら、私が選んだ道は決して順風満帆ではありません。セミリタイアしたのは十分な収入があったからではなく、もう会社員を続ける事に耐えられなかったからです。30代で無職になった私は、逃げるようにして会社を辞めて実家に戻りました

実家に戻りさえすれば、とりあえず食費と家賃を払わなくて良いからです。この時期は本当に辛くて、生活が苦しい中で大学まで行かせてくれた母親を思うと、申し訳ない気持ちで夜には涙が止まりませんでした

私には、誰よりも株式投資もビジネスの才能がないのは明らかです。

ネットビジネスでようやく月1万円を超えたのは、ブログを始めから1年11ヶ月ですまた、1人で生活できるだけの収入を得るのに2年9ヶ月も要しています。過去10年間の投資の損失額は200万円以上です。いくつかの幸運や人々の助けがあり、ようやく生活できるだけの収入を得られました。

しかし、20年のコロナ危機で収入が激減し、再び大きな試練が与えられます

ただ、結果的にこの苦境は私にとって大きく成長する機会になりました。米国株で成功した事で、20年以降の資産は加速度的に増えていますね。ネットの収入もあるが、投資だけで800万円以上の利益が出ています。この苦境を乗り越えられたのも、私の実力ではなく本当に運が良かったに尽きます

私が短期間に資産を2.5倍に増やせたのは、単純に好相場に支えられていたからです

コロナで相場が激しく動いている時は、日々の値動きに付いていけず毎日パニック状態でした。しかしながら、投資の知識を付けた後に当時を振り返ると、教科書通りの「金融相場」だった事が分かります。金融相場とは、不景気の中で発生する経済実態が伴わない株高です

3月に最安値6860ドルを付けたNASDAQは、すぐ後に急騰し10ヶ月で1.9倍も上昇しています過去10年負け続けた私が短期間で成功できたのは、好相場の流れに乗れたからです

もしも、この期間に資産を減らした人は、正しい投資のやり方を知らないせいで、本来得られるはずの利益を大幅に逃しています。21年は「金融相場+業績相場」で、20年よりも大きな強気相場に突入すると言われています業績相場とは、政府の財政支出で持ち直した実体経済に応じた株高です。

ただし、私たちに残されている時間は多くはありません。

なぜならば、株式市場は未来を予測して動くため、FRBが利上げする前に崩れる可能性があるからです。早ければ、21年の中盤前には強気相場が終わります。08年から長く続いた強気相場終われば、その反動で今後10〜20年は弱気相場になる可能性が高いです

だからこそ、私たちは1日も早く投資手法を身につけて、いますぐに資産を増やす必要があります。私の場合だが、好相場に1ヶ月乗り遅れれば、月100万円以上の利益を逃す事になります投資手法は1日でも早く習得することを考えた方がいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。