ADPの四半期決算|22年3Qは前年比+10%に加速

会計ソフトのADPは、安定した優良企業として知られています。売上高は常に増え続け、利益率も安定しています。20年3月には112ドルまで急落するも、株価は反落し2倍に上昇していますね不況時でも安心して保有できる数少ない銘柄です。

  • 「20年3月に急落するも、株価は戻し2倍に上昇した…」
  • 「給与計算システムは乗り換えコストがあり、安定している…」
  • 「会計ソフトは、26年には1.8倍の204億ドル規模になる….」

ADPは、会計ソフトと関連した人材をアウトソースする米国企業です。給与計算アウトソーシングで世界1位の米国企業で、人事や税金、社会保険などの業務を一括して請け負います。ADP民間雇用者数の指標としても知られ、全米50万社が同社を利用しています。

個人的には、ADPは長期保有したい銘柄です。

なぜならば、売上高と利益は常に右肩上がりで成長してるからです売上成長率は高くはないが、業績が安定した超優良企業です。ADPは競争優位性が高く、他の企業が参入できない点も好材料です。

経済再開後も好調で、売上成長率は+10%前後を維持しています。

ただし、22年5月時点の予想PERは28倍と少し割高です。22年以降も安定して成長するのは間違いなく、株価が大きく下落する局面があれば購入したいです。

ADPの投資判断したい人向け
  1. ADPの4半期決算(22年1-3月)は?
  2. ADPの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 安定した優良企業だが、投資すべきでない理由は?

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

ADPの四半期決算は?

ADP の四半期決算を紹介します。

22年1Q決算(21年9月30日)

1Qの内容は...
  1. 売上高:38.32億ドル(前年比+10%
  2.  Employer Services:25.71億ドル(+8%
  3.  PEO Services:12.64億ドル(+15%
  4. 営業利益:9.00億ドル(+17%
  5. 純利益:7.00億ドル(+16%
  6. 1株当たり利益:1.65ドル(+17%

22年2Q決算(21年12月31日)

2Qの内容は...
  1. 売上高:40.25億ドル(前年比+8.9%
  2.  Employer Services:25.61億ドル(+6.4%
  3.  PEO Services:12.64億ドル(+14%
  4. 営業利益:9.10億ドル(+9%
  5. 純利益:6.94億ドル(+7%
  6. 1株当たり利益:1.65ドル(+9%

22年3Q決算(22年3月31日)

3Qの内容は...
  1. 売上高:45.13億ドル(前年比+10%)◯
  2.  Employer Services:28.82億ドル(+7.8%
  3.  PEO Services:15.12億ドル(+14%
  4. 営業利益:11.89億ドル(+11%
  5. 純利益:9.28億ドル(+14%
  6. 1株当たり利益:2.21ドル(+16%)◯

3Qの売上高は前年比+10%で45.13億ドル、営業利益は+11%で11.89億ドルでした。22年1Qや2Qに引き続き、3Qの売上と利益も好調です。営業利益率は26%と、過去最高に高い水準ですね。

売上高の7割は、雇用社向けに会計ソフトを提供する事業です。PEO(Professional Employer Organization )サービスとは、IT人材のアウトソーシングですね。コロナで人材不足もあり、アウトソーシングの売上が増えています。

22年の売上予想は、前年比+9-10%に引き上げています。

22年4Q決算(22年6月…)

22年4Q決算は、7月28日に公開予定です。

ADPの売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

ADPの過去10年間の損益計算書は?

ADPは1980年に0.8ドルで上場しました。株価は順調に上昇し、常に最高値を更新し続ける銘柄ですね。20年3月は109ドルに下落するも、22年5月は228ドルで推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、売上は緩やかに上昇し安定していますね。11年の営業利益率は13%だったが、20年は21年まで上昇しています。競争力が高くコスト削減にも力を入れている事が分かります。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。BPSは横ばいだが、EPSは拡大傾向にありますね。BPSが増えていないのは、配当性向50%前後で払い出してるからです。配当利回りは2%前後で、IT企業としては高いですね。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、順調に増加しています。会計ソフトを提供するADPは、設備投資が少ない優良ビジネスですね。競合企業はいるが、会社規模など完全には顧客が被っていません。また、給与システムは乗り換えコストも高いです。

では、私たちはどのように投資判断すれば良いのでしょうか?

ADPの注目すべきポイントは?

ADPに投資する上で注目すべきポイントを紹介します。ADPは、給与計算アウトソーシングで世界1位の企業です。人事や税金、社会保険など総務的な部分を請負うIT企業で、全米で50万社を超える企業が顧客です。

注目1:ADPは会計ソフトで世界的なトッププレイヤー?

参考:Payroll Software Market

世界的な会計ソフトの市場シェア推移です。

細かい数値は公開されてないが、ADPは会計ソフトのトッププレイヤーですね。競合企業にはマイクロソフト、イントゥイット(INTU)、ワークデイ(WDAY)、オラクルやSAPもあります。

ADP社は全米で50万社を超える企業を顧客としています。米国企業の多くの給与計算を引き受けているため、契約企業の雇用状況が把握できますね。雇用統計で使われているADP民間雇用者数は、ADP社によるものです。

個人向けスモールビジネスでは、イントゥイットの会計ソフトが強いです。

注目2:quickbooksは市場シェア62%を独占してる?

参考:Category: Accounting Software

米国の会計ソフト分野の市場シェアです。

インテュイットの会計ソフト「Quck Books」は、市場62%を持つ独占企業です。2番手にはADPが14%、3番手にはSage 50が10%と続きます。ADP社の売上高はインテュイットの4倍で、中小企業の多くが同社の給与サービスを利用しています。

参考:イントゥイット(INTU)四半期決算|会計ソフトで市場シェア62%

では、会計ソフト市場は今後どれくらいの規模で拡大するのでしょうか?

注目3:会計ソフトは26年には1.8倍の204億ドル?

参考:Accounting Software Market Size

会計ソフトウェアの世界市場の推移です。

18年の会計ソフトウェア市場は、110億ドルだと試算されています。26年には1.8倍の204億ドルになると予想されています。クラウドやオンプレ環境のソフトウェアが、全体の6割を占める市場です。

フリーランスの増加もあり、会計ソフトの需要は世界中で増えますね。

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

まとめ:ADPの四半期決算は?

ADPの注目ポイントは...
  1. 80年に上場した、会計関連のアウトソーシングの米国企業
  2. 会計人材派遣で世界1位、2位は競合ペイチェックスである
  3. 2番手のペイチェックスは中小企業向けで、顧客層は被らない
  4. 会計ソフトは乗り換えコストが高く、経済的な堀は高い
  5. 売上高と利益は右肩上がり、営業利益率は21%と高い

個人的には、ADPは長期保有したい銘柄です。

なぜならば、売上高と利益は常に右肩上がりで成長してるからです売上成長率は高くはないが、業績が安定した超優良企業です。ADPは競争優位性が高く、他の企業が参入できない点も好材料です。

経済再開後も好調で、売上成長率は+10%前後を維持しています。

ただし、22年2月時点の予想PERは29倍と少し割高です。22年以降も安定して成長するのは間違いなく、株価が大きく下落する局面があれば購入したいです。

競合のペイチェックスは、業界2番手で中小企業向けに特化しています。営業利益率は35%前後と、ADPよりも利益率が高いビジネスですね。どちらの企業にも共通しているが、乗り換えコストが高く経済的な堀が高く安定しています。

参考:ペイチェックス(PAYX)四半期決算|ADPに次ぐ世界2位の会計派遣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。