ブルーム(VRM)四半期決算|21年3Qは前年比+146%に減速

中古車販売のECサイトを運営するブルームは、コロナで最も恩恵を受けた銘柄のひとつです。米国の中古車市況は好調で、21年2Qの売上は前年比+201%、3Qは+136%と好調です。

  • 「コロナでEC売上が加速、前年比+136%で増えた…」
  • 「ECはコロナで追い風、実店舗は経済再開で恩恵を受ける…」
  • 「EC銘柄なのに株価は伸びず、今なら割安に購入できる…

ブルームは、中古車をメインで販売するECサイトを運営する米国企業です。販売店など実店舗を経由せず、オンラインだけで完結できる利点があります。ただし、小会社が実店舗を経営しているため、EC以外の売上高も決算に計上されています。

個人的には、ブルームは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、営業利益と営業CFが大幅な赤字で、利益が出ないビジネスモデルだからです大手自動車会社と提携してないブルームは、中古車の在庫不足や価格上昇というデメリットを受けます。また、実店舗も運営するブルームは、競合のカーバナよりも成長率が低いです

売上高は好調だが、21年の営業利益率は−11%と赤字です。21年後半も米国の中古車市況は好調だが、積極的に投資したい銘柄ではないですね。

ブルームの投資判断したい人向け
  1. ブルームの4半期決算(21年7-9月)は?
  2. ブルームの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 21年の米国の経済再開後も、EC売上高は成長できるか?

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

ブルーム(VRM)の四半期決算は?

ブルーム(VRM)の四半期決算を紹介します。

21年1Q決算(21年3月30日)

1Qの内容は...
  1. 売上高:5.91億ドル(前年比+57%
  2. 営業利益:−0.753億ドル(−84%)
  3. 純利益:−0.771億ドル(−88%)
  4. 1株当たり利益:—ドル(—%

21年2Q決算(21年6月30日)

2Qの内容は...
  1. 売上高:7.62億ドル(前年比+201%
  2. 営業利益:−0.638億ドル(−54%)
  3. 純利益:−0.658億ドル(−4%)
  4. 1株当たり利益:—ドル(—%

21年3Q決算(21年9月30日)

3Qの内容は...
  1. 売上高:8.96億ドル(前年比+136%
  2.  Ecommerce:7.01億ドル(+170%
  3.  Wholesale:1.31億ドル(+121%
  4.  TDA:0.60億ドル(+6%
  5. 営業利益:−0.940億ドル(前年度−0.368億ドル)
  6. 純利益:−0.981億ドル(前年度−0.378億ドル)
  7. 1株当たり利益:−0.72ドル(前年度−0.31ドル%

3Qの売上高は前年比+136%で8.96億ドル、営業利益は−0.940億ドルでした。2Qと3Qの売上高は前年比割れだったが、4Qに持ち直しています。営業利益率は−10.4%と過去平均なみに低いです。

ブルームはコロナの恩恵と損害の両方を受けています。

半導体不足やサプライチェーン混乱により、世界中で新車価格は高騰していますね。そのため、米国内の中古車の価格は右肩上がりで上昇しています。経済再開が進むも、同社のオンライン経由の売上は引き続き高いです。

4Qの売上予想は8.82億ドル(前年比+117%)と好調です。

21年4Q決算(21年12月…)

21年4Q決算は、22年2月10日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

ブルーム(VRM)の10年間の損益計算書は?

ブルームは20年6月に43ドルで上場しました。株価は横ばいか下落で伸び悩み、21年11月は19ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、中古車市況が上向いたことで21年に売上は拡大しています。しかし、売上は増えるも利益は改善できていないですね。21年の営業利益率は−11%と低いです。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。EPSは21年に黒字化に成功しています。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、毎年赤字幅拡大しています。売上は順調に拡大しているが、営業CFもマイナスですね。中古車の仕入れやマーケティング費用がネックになっているかもしれません。

では、私たちはどのように投資判断すれば良いのでしょうか?

ブルーム(VRM)の注目すべきポイントは?

ブルーム(VRM)に投資する上で注目すべきポイントを紹介します。ブルームは新車と中古車を販売するECサイトを運営する企業です。販売店など実店舗を経由せず、全てオンラインだけで完結できる事で注目を集めています。

注目1:中古車業界に占めるEC比率は0.9%だけ?

参考:Vroom Presentation

ブルームによる米国の中古車市場とEC売上高のシェアです。

米国で中古車市場は8410億ドルを超えるほど大きな市場です。食品販売が6830億ドル、新車販売が636億ドルと、他の業界と比較してもかなり大きいですよね。しかしながら、EC売上高に占める割合は0.9%だけです

そのため、中古車のEC販売市場は伸び代が高い分野だと言えますブルームが主張する通り、米国の中古車市場は寡占企業がいない特殊な業界です。

注目2:業界最大手のCarMaxの市場シェアは2%だけ?

参考:Vroom Presentation

ブルームによる米国の中古車市場の市場シェアです。

ブルームによると、上位100社の販売店でも市場シェアは9%だけだと言います。対して、41%が上位100社以外の販売店が占め、残りの50%は個人による受け渡しです。

業界最大手のCarMaxでも2%のシェアだけです。中古車EC販売の競合であるカーバナ(CVNA)のシェアは0.5%、ブルームは0.1%にも満たない規模です。

では、米国の中古車市場はどれくらい成長しているのでしょうか?

注目3:中古車市場は年率7.1%で1531億ドルに拡大?

参考:Used Car Dealers in the US – Market Size 2003–2027

米国の中古車販売店の市場規模推移です。

21年の中古車販売店の市場規模は1531億ドルと推計されています。21年までは年率7.1%で拡大し、27年にはさらに成長すると言います。そのため、新興企業の多くが中古車市場を狙っていますね。ECは世界的なトレンドなので、中古車市場にも波及する可能性はあります。

しかしながら、個人的にはブルームは投資したい銘柄ではありません。なぜならば、競合企業であるカーバナの方が力強く成長しているからです

注目4:競合カーバナの売上高は年率42%で拡大?

参考: Introduction to Carvana February 2021

2015年からのカーバナの業績をまとめた資料です。

カーバナは平均して年率42%で売上高が拡大しています。また、販売台数は年率37%で24万台に増え、自動販売機は年率17%で27箇所に増えています。コロナ禍でもペースは落ちず、順調に売上高と販売台数を増やしています。

カーバナの方が業績良いのは、ブルームと違い実店舗がないからです。ブルームの決算書を見ると、子会社テキサスダイレクトオートの業績が悪化しています。

参考:カーバナ(CVNA)の四半期決算|中古車ECサイトで株価は10倍

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

まとめ:ブルーム(VRM)の四半期決算は?

ブルームの注目ポイントは...
  1. 20年6月に上場した、中古車ECを運営する米国企業
  2. 購入者はオンラインだけで完結でき、返品もできる
  3. EC経由の販売だけでなく、小会社は実店舗も経営している
  4. 20年4Q売上高は前年比+14%、EC事業は+43%
  5. 売上高は伸びているが、営業利益率は−13%に拡大した
  6. 米国の中古車市場は9千億ドルだが、寡占化企業がいない
  7. 大手CARMAXのシェアは2%、ブルームは0.1%だけ

個人的には、ブルームは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、営業利益と営業CFが大幅な赤字で、利益が出ないビジネスモデルだからです大手自動車会社と提携してないブルームは、中古車の在庫不足や価格上昇というデメリットを受けます。また、実店舗も運営するブルームは、競合のカーバナよりも成長率が低いです

売上高は好調だが、21年の営業利益率は−11%と赤字です。21年後半も米国の中古車市況は好調だが、積極的に投資したい銘柄ではないですね。

ECに特化しているカーバナの株価は、20年3月から10倍に高騰しています。

参考:カーバナ(CVNA)の四半期決算|中古車ECサイトで株価は10倍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。