ペトロブラス(PBR)四半期決算|22年3Qは+39%に減速

コロナによる原油やガス価格の暴落で、エネルギー株に投資する人が増えています。欧州や中国の電力問題で、21年後半に原油や天然ガス市況が上向いています。22年2Qの売上は前年比+54%、3Qは+39%に減速しています。

  • 「世界各国の経済活動再開で、シェール株は必ず利益を得られる…」
  • 「破綻するシェール株もあるが、原油が上昇すれば大きく儲けられる…」
  • PER2.6倍と割安で、安全にバリュー株投資ができるはず…」

ペトロブラスは、1954年に創業したブラジルを拠点とするエネルギー企業です。ブラジル政府が支配権を持ち、海洋油田での石油生産や精製を行います。原油が80%を占め、生産量は日量220万バレルです。ブラジルは世界8位の原油生産国であり、11位の輸出大国ですね。

ペトロブレスは、投資したい銘柄のひとつです。

なぜならば、石炭や天然ガスと比較して原油は安く、22年も市況は好調だと思うからです。気候変動や環境対策で先進国が原油生産を抑制するならば、ブラジルの原油企業は利益を得られますね。また、同社は精製の割合も高く業績は安定しています。

22年度の営業利益率は41%と急速に業績を回復しています。

ただ、22年の原油市況は供給過剰だと予想する専門家も多いです。また、原油価格が高止まりするならば、米国のシェール企業も生産を増やす可能性もあります。海洋油田は採算性が低く、コスト競争力で米国シェールに勝てません。

同社に投資する際には、原油市況に注視する必要がありますね。22年11月の予想PERは3.9倍と十分に割安で投資すべきだと思います。

PBR株の投資判断したい人向け
  1. PBR株の4半期決算(22年7-9月)は?
  2. PBR株の過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. シェール革命ブーム後もで、PBR株に投資できる理由は?

▼▼2022年12月は資産が6000万円を超える▼▼

20年3月に米国株を初めて、2.5年で運用額を10倍に増やしました

ただし、大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。20年や21年は歴史的な好相場で、素人でも読みやすい相場でしたね。ただし、22年現在は500社以上の銘柄分析を行い経験を積んだことで、なんとかプラスを維持しています。

過去の実績の詳細については、次の記事を参考にしてください。

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

ペトロブラス(PBR)四半期決算は?

ペトロブラス(PBR)の四半期決算を紹介します。

22年1Q決算(22年3月31日)

1Q決算の内容は...
  1. 売上高:271.89億ドル(前年比+73%
  2.  Domestic:198.21億ドル(+74%
  3.  Foregin:73.68億ドル(+69%
  4.   China:56%
  5.   Europa:14%
  6.   Latam:9%
  7.   Usa:3%
  8.   Caribbean:4%
  9.   Asia:14%
  10. 営業利益:122.68億ドル(+105%
  11. 純利益:86.48億ドル(+86倍
  12. 1株当たり利益:—ドル(—%)

22年2Q決算(22年6月30日)

2Q決算の内容は...
  1. 売上高:1709億レアル(前年比+54%
  2. 営業利益:—億レアル(—%)
  3. 純利益:543億レアル(+26%
  4. 1株当たり利益:1.33レアル+12%

22年3Q決算(22年9月30日)

3Q決算の内容は...
  1. 売上高:324.11億ドル(前年比+39%
  2.  Diesel:116.85億ドル(+71%
  3.  Gasoline:41.09億ドル(+21%
  4.  Liquefied petroleum gas:13.55億ドル(+5%
  5.  Jet fuel:15.34億ドル(+143%
  6.  Naphtha:6.29億ドル(+19%
  7.  Fuel oil:3.81億ドル(−30%)
  8.  Other oil:14.84億ドル(+24%
  9.  国内:258.11億ドル(+47%
  10.  海外:66.00億ドル(+14%
  11. 営業利益:141.70億ドル(+14%
  12. 純利益:87.90億ドル(+47%
  13. 1株当たり利益:—ドル(—%)

3Qの売上高は前年比+39%で324.11億ドル、営業利益は+14%で141.70億ドルでした。22年1Qや2Qに引き続き、3Qの売上と利益も好調ですね。営業利益率は43.5%と過去10年で最も高い数値です。

ブラジル最大の海洋油田で、石油の生産と製油所を運営する総合型のエネルギー企業です。原油生産が全体の83%を占めます。

22年3Qの配当は0.65ドル、年間配当利回りは20%前後です。

CFOメッセージ
株主および投資家の皆様へ 2022 年第 3 四半期にペトロブラスが達成した優れた業績を改めてお伝えできることを嬉しく思います。この数字は、企業が正しい選択を行うことで社会と株主にもたらす価値を明確に示しています。このコミットメントに導かれ、プレソルトに焦点を当てた石油およびガス生産の持続的かつ収益性の高い成長を可能にする重要な設備の調達を大幅に進めました。ブジオス油田向けに 3 つの新しい FPSO (P80、P-82、および P-83) の契約を結びました。これは、当社のポートフォリオで最大であり、2026 年には当社の生産量の約 1/3 を占めることになります。その結果、そのうちの 1 つだけが2022年から2026年の戦略計画に含まれる15のプラットフォームは、まだ契約されていません。

これらの契約の妥当性は、この追加容量がなければ、埋蔵量を効率的かつ有益に活用できず、経済的利益を放棄するという事実によって実証されています。したがって、私たちは計画の目標を達成するための自信のレベルを高めています。これは、グローバルサプライチェーンでコストが上昇し、課題が発生するというシナリオではさらに重要です.

財務的な観点からは、68 億米ドルの現金残高に加えて、リボルビング クレジット ファシリティにアクセスできることを考慮して、当社の現金ポジションを会社の財務ニーズにより適したレベルに引き上げました。企業は、シナリオが最終的に実現することを強調する必要があります。当社は、会社の資本構成を非常に健全なレベルに維持することができました。 9 月に 30 億レアルのコマーシャル ノートが発行され、7 月に 12 億 5000 万米ドルの持続可能性へのコミットメントを伴うクレジット ラインが締結されたことは注目に値します。当社のビジネス上の意思決定における ESG の関連性は、脱炭素化基金に組み込まれる 7,600 万米ドルに達する最初の 13 件のプロジェクトの承認にも反映されています。これらのプロジェクトは、年間 105 万 tCO2e を削減できると見積もっています。脱炭素基金は、2022-26 戦略計画で作成され、2 億 4,800 万米ドルが解決策の開発、研究、および二酸化炭素排出量を軽減するためのプロジェクトの実施に割り当てられました。

低い負債水準と堅実な流動性の見通しに加えて、当社の運用上の現金生成により、2022 年の第 3 四半期に普通株および優先株あたり R$ 3.35 の社会および株主配当を還元することができ、2022 年の普通株および優先株あたり合計 R$ 13.80 になりました。ブラジル社会がこの合計の約 37% を受け取っていることを強調することが重要です。 2,220 億レアルで、2021 年に集められた総額 (2,030 億レアル) をすでに上回っています。当社の株価が過去 10 年間の最低水準と比較して 1,436% 上昇したことは注目に値します。さらに、2022 年第 3 四半期に承認された金額を含め、この期間に 20.91 レアルの株主報酬が宣言または支払われました。この期間、連邦政府 2 は累積配当金で 1,138 億レアルを受け取りました。 2022 年 10 月 21 日にペトロブラスが 5,210 億レアルの記録的な市場価値に達したという事実は、会社の戦略的選択と経営を反映しており、社会により多くの富をもたらすため、過小評価すべきではありません。当社の営業キャッシュフローは、経営効率、戦略的決定、およびブレント価格へのエクスポージャーと調整に直接関係していることを強調しなければなりません。関連する設備投資と最先端技術への投資を必要とし、高度に訓練された意欲的な専門家に依存する長期プロジェクトを特徴とするビジネスでは、市場価格の合理性から逸脱した場合、成功することは不可能です.さらに、私たちの生産税が国際価格を参照しているだけではないことを覚えておく価値があります。私たちの支出と投資も、私たちの業界のインフレが価格設定の状況と私たちの探索的リスクを反映している限り、それらに相関しています。これは、深海と超深海の重要な要素です。探査 – 市場価格を前提に定量化も。

これらの考慮事項に加えて、明らかに、会社のガバナンスに加えて、会社法、国有会社法、石油法などの法律に代表される既存の法的枠組みを尊重しなければならないという事実があります。取締役会による価格設定ガイドラインの正式化を通じて、価格設定ポリシーを決定します。これにより、資本支出の承認のための一連の基準と手順が確立され、決定に関与する経営陣に対する個人的な責任が生じます。

さらに、燃料市場ではペトロブラスだけではありません。現在、ブラジルには、ブラジルの生産能力を超える石油製品の需要を満たすために必要な、民間の精製能力と輸入業者を含む力があります。市場価格がなければ、製品が不足するリスクがあり、社会全体に明らかに悪影響を及ぼします。

最後に、社会的利益を生み出す戦略の別の側面も検討する価値があります。ペトロブラスは資産のポートフォリオを継続的に管理しており、会社にとって最も収益性の高いものだけを保有しています。最終的に売却されたものは、市場のエージェントを多様化するだけでなく、買い手が投資、雇用創出、社会の収入を増やすことによって、前向きな経済力を促進します。結論として、我々はペトロブラスをより堅実で回復力があり、より健康であり、投資し、雇用を生み出し、納税し、社会とその株主に価値を還元することができるという深い確信を繰り返します。

参考:Petrobras Financial Performance in 1Q22 

22年4Q決算(22年12月…)

22年4Q決算は、23年11月4日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

ペトロブラス(PBR)の損益計算書は?

ペトロブラスは01年に7.1ドルで上場しました。08年に最高値の72ドルをつけるも、その後は長く低迷していますね。20年4月は5.6ドルまで下落するも、22年11月は13.4ドルで推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、14年の原油暴落やシェール革命を経て売上は減少していますね。21年に原油市況が急回復したことで、売上と利益は上向いています。21年の営業利益率は39%と過去最高に高いですね。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。BPSは縮小傾向にあり、EPSも赤字が多いですね。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、順調に拡大しています。ただ、設備投資は縮小傾向にあり、営業CFもあまり伸びていないですね。全体的に事業を縮小しているように見えます。

では、私たちはどのように投資判断すればいいのでしょうか?

ペトロブラス(PBR)の注目ポイントは?

ペトロブラスに投資する上で注目すべきポイントを紹介します。

注目1:原油価格は21年11月に80ドルまで回復?

参考:天然ガス – 先物契約 – 価格

過去5年間の原油価格の推移です。

20年3月のコロナ危機で20ドルまで暴落しています。しかし、世界的に経済再開が進む過程で、原油価格は持ち直していますね。需給は引き続きタイトであり、22年には100ドルに到達する可能性もあります。

注目2:米国は45年ぶりに世界最大の産油国になった?

参考:米国のエネルギー政策の動向とその行方

米国は2018年に世界最大の産油国になりました。

1日当たりの石油生産量は、2013年にサウジアラビアやロシアを抜いています。2018年の年間平均生産量は1095万BDとなり、45年ぶりに世界1位の産油国です。2019年も勢いは止まらず、生産量は増加を続けています。

生産量が急増した理由は、2010年代に始まったシェール革命の影響が大きいですシェール層から天然ガスを取り出す技術は、石油にも応用する事で生産量を増やしています。

また、天然ガスの生産量は、米国とロシアが中東諸国の4倍以上の生産量がありますシェール革命で天然ガスの生産量が増え続けている米国は、世界2位のロシアとも差を広げつつあります。

意外と知られてない事実だが、米国はすでに世界4番手の天然ガス輸出大国です。米国内で余った天然ガスは、液体化(LNG)して海外に輸出しています。

参考:世界の天然ガス輸出額 国別ランキング・推移

注目3:22年Q2にコロナ以前の水準まで回復する?

参考:World Crude Oil Supply and Demand Forecast, 2020-2021

21年以降の原油の供給と需要予測です。世界の原油消費量(緑色)を見ると、22年2Qにはコロナ以前の水準まで回復する見込みです。

▼▼2022年12月は資産が6000万円を超える▼▼

20年3月に米国株を初めて、2.5年で運用額を10倍に増やしました

ただし、大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。20年や21年は歴史的な好相場で、素人でも読みやすい相場でしたね。ただし、22年現在は500社以上の銘柄分析を行い経験を積んだことで、なんとかプラスを維持しています。

過去の実績の詳細については、次の記事を参考にしてください。

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

まとめ:ペトロブラス(PBR)の四半期決算は?

PBR株の特徴は...
  1. 1954年に創業、ブラジルの総合エネルギー企業である
  2. ブラジル政府が支配権を持ち、原油生産と精製を行う
  3. 海上油田で原油が8割を占める、海上は採算性が低い
  4. シェール革命により、売上高は右肩下がりで下落する
  5. 石油精製を行うことで、他の原油企業より利益率は高い
  6. 21年に原油市況が上向き、営業利益率は39%まで上昇

ペトロブレスは、投資したい銘柄のひとつです。

なぜならば、石炭や天然ガスと比較して原油は安く、22年も市況は好調だと思うからです。気候変動や環境対策で先進国が原油生産を抑制するならば、ブラジルの原油企業は利益を得られますね。また、同社は精製の割合も高く業績は安定しています。

21年度の営業利益率は39%と急速に業績を回復しています。

ただ、21年の原油市況は供給過剰だと予想する専門家も多いです。また、原油価格が高止まりするならば、米国のシェール企業も生産を増やす可能性もあります。海洋油田は採算性が低く、コスト競争力で米国シェールに勝てません。

同社に投資する際には、原油市況に注視する必要があります。

EOGリソーシズも収益性が高いシェール企業です。21年2Qは前年比+240%で拡大し、営業利益率は29%と過去最高に高いですね。米国シェール企業が増産するならば、海上油田の業績は再び下落しますね。

参考:EOGリソーシズの四半期決算|21年2Qは前年比+240%に急回復

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です