ペトロブラス(PBR)四半期決算|21年3Qは+71%に減速

コロナによる原油やガス価格の暴落で、エネルギー株に投資する人が増えています。欧州や中国の電力問題で、21年後半に原油や天然ガス市況が上向いています。21年2Qは売上前年比+111%、3Qは+71%と好調です。

  • 「世界各国の経済活動再開で、シェール株は必ず利益を得られる…」
  • 「破綻するシェール株もあるが、原油が上昇すれば大きく儲けられる…」
  • PER2.6倍と割安で、安全にバリュー株投資ができるはず…」

ペトロブラスは、1954年に創業したブラジルを拠点とするエネルギー企業です。ブラジル政府が支配権を持ち、海洋油田での石油生産や精製を行います。原油が80%を占め、生産量は日量220万バレルです。ブラジルは世界8位の原油生産国であり、11位の輸出大国ですね。

ペトロブレスは、投資したい銘柄のひとつです。

なぜならば、石炭や天然ガスと比較して原油は安く、22年も市況は好調だと思うからです。気候変動や環境対策で先進国が原油生産を抑制するならば、ブラジルの原油企業は利益を得られますね。また、同社は精製の割合も高く業績は安定しています。

21年度の営業利益率は39%と急速に業績を回復しています。

ただ、21年の原油市況は供給過剰だと予想する専門家も多いです。また、原油価格が高止まりするならば、米国のシェール企業も生産を増やす可能性もあります。海洋油田は採算性が低く、コスト競争力で米国シェールに勝てません。

同社に投資する際には、原油市況に注視する必要があります。

PBR株の投資判断したい人向け
  1. PBR株の4半期決算(21年7-9月)は?
  2. PBR株の過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. シェール革命ブーム後もで、PBR株に投資できる理由は?

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

ペトロブラス(PBR)四半期決算は?

パイオニアナチュラルリソーシズ(PXD)の四半期決算を紹介します。

21年1Q決算(21年3月30日)

第1Q決算の内容は...
  1. 売上高:732億レアル(前年比+8%
  2. 営業利益:307億レアル(+47%)
  3. 純利益:11億レアル(+102%
  4. 1株当たり利益:0.09レアル(+102%)

21年2Q決算(21年6月30日)

第2Q決算の内容は...
  1. 売上高:967億レアル(前年比+111%
  2. 営業利益:483億レアル(+194%)
  3. 純利益:428億レアル(+1679%
  4. 1株当たり利益:3.29レアル(+1666%)

21年3Q決算(21年9月30日)

第3Q決算の内容は...
  1. 売上高:1215億レアル(前年比+71%
  2.  ブラジル:753億レアル(+81%
  3.  海外:302億レアル(+32%
  4. 営業利益:630億レアル(+188%
  5. 純利益:311億レアル(前年度−15億レアル
  6. 1株当たり利益:2.38レアル(+2091%

3Qの売上高は前年比+71%で1215億ドル、営業利益は630億レアルでした。2Qより減速するも、3Qの売上も利益も好調でしたね。営業利益率は51%と過去10年で最も高い数値です。

ブラジル最大の海洋油田で、石油の生産と製油所を運営する総合型のエネルギー企業です。原油生産が全体の83%を占めます。

21年4Q決算(21年12月…)

21年4Q決算は、22年1月27日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

ペトロブラス(PBR)の損益計算書は?

ペトロブラスは01年に7.1ドルで上場しました。08年に最高値の72ドルをつけるも、その後は長く低迷していますね。20年4月は5.6ドルまで下落するも、21年11月は9.8ドルで推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、14年の原油暴落やシェール革命を経て売上は減少していますね。21年に原油市況が急回復したことで、売上と利益は上向いています。21年の営業利益率は39%と過去最高に高いですね。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。BPSは縮小傾向にあり、EPSも赤字が多いですね。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、順調に拡大しています。ただ、設備投資は縮小傾向にあり、営業CFもあまり伸びていないですね。全体的に事業を縮小しているように見えます。

では、私たちはどのように投資判断すればいいのでしょうか?

ペトロブラス(PBR)の注目ポイントは?

ペトロブラスに投資する上で注目すべきポイントを紹介します。

注目1:原油価格は21年11月に80ドルまで回復?

参考:天然ガス – 先物契約 – 価格

過去5年間の原油価格の推移です。

20年3月のコロナ危機で20ドルまで暴落しています。しかし、世界的に経済再開が進む過程で、原油価格は持ち直していますね。需給は引き続きタイトであり、22年には100ドルに到達する可能性もあります。

注目2:米国は45年ぶりに世界最大の産油国になった?

参考:米国のエネルギー政策の動向とその行方

米国は2018年に世界最大の産油国になりました。

1日当たりの石油生産量は、2013年にサウジアラビアやロシアを抜いています。2018年の年間平均生産量は1095万BDとなり、45年ぶりに世界1位の産油国です。2019年も勢いは止まらず、生産量は増加を続けています。

生産量が急増した理由は、2010年代に始まったシェール革命の影響が大きいですシェール層から天然ガスを取り出す技術は、石油にも応用する事で生産量を増やしています。

また、天然ガスの生産量は、米国とロシアが中東諸国の4倍以上の生産量がありますシェール革命で天然ガスの生産量が増え続けている米国は、世界2位のロシアとも差を広げつつあります。

意外と知られてない事実だが、米国はすでに世界4番手の天然ガス輸出大国です。米国内で余った天然ガスは、液体化(LNG)して海外に輸出しています。

参考:世界の天然ガス輸出額 国別ランキング・推移

注目3:22年Q2にコロナ以前の水準まで回復する?

参考:World Crude Oil Supply and Demand Forecast, 2020-2021

21年以降の原油の供給と需要予測です。世界の原油消費量(緑色)を見ると、22年2Qにはコロナ以前の水準まで回復する見込みです。

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

まとめ:ペトロブラス(PBR)の四半期決算は?

PBR株の特徴は...
  1. 1954年に創業、ブラジルの総合エネルギー企業である
  2. ブラジル政府が支配権を持ち、原油生産と精製を行う
  3. 海上油田で原油が8割を占める、海上は採算性が低い
  4. シェール革命により、売上高は右肩下がりで下落する
  5. 石油精製を行うことで、他の原油企業より利益率は高い
  6. 21年に原油市況が上向き、営業利益率は39%まで上昇

ペトロブレスは、投資したい銘柄のひとつです。

なぜならば、石炭や天然ガスと比較して原油は安く、22年も市況は好調だと思うからです。気候変動や環境対策で先進国が原油生産を抑制するならば、ブラジルの原油企業は利益を得られますね。また、同社は精製の割合も高く業績は安定しています。

21年度の営業利益率は39%と急速に業績を回復しています。

ただ、21年の原油市況は供給過剰だと予想する専門家も多いです。また、原油価格が高止まりするならば、米国のシェール企業も生産を増やす可能性もあります。海洋油田は採算性が低く、コスト競争力で米国シェールに勝てません。

同社に投資する際には、原油市況に注視する必要があります。

EOGリソーシズも収益性が高いシェール企業です。21年2Qは前年比+240%で拡大し、営業利益率は29%と過去最高に高いですね。米国シェール企業が増産するならば、海上油田の業績は再び下落しますね。

参考:EOGリソーシズの四半期決算|21年2Qは前年比+240%に急回復

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。