コスモス・エナジー(KOS)四半期決算|3Qは前年比-11%に減速

コロナの影響でWTI原油価格は、20年4月に17ドルまで暴落しました。しかしながら、21年4月には60ドルまで急回復しています原油価格が順当に回復するならば、コスモスエナジーなどの原油株は高騰するのでしょうか?

  • 「コロナによる原油暴落で、株価は80%も暴落している…」
  • 「17ドルだった原油価格は、21年4月に60ドルまで急回復…」
  • バイデン政権の環境規制で、米国外の原油企業は最も恩恵を受ける…」

コスモスエナジーは、原油ガスを開発生産する米国企業です。探査や開発などの上流石油会社で、主に西アフリカのモーリタリアやセネガル、赤道ギニア、それからメキシコ沖で活動しています。

個人的には、コスモスエナジーは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、過去10年間で赤字が多く、儲からないビジネスだからです。19年の営業利益率は−23%で、売上高も前年比で大きく減少しています。コロナ以前から純利益は赤字で、米国の大手石油会社とは異なります。

業績が不調な理由は、米国シェールで供給過多にあるからです。

また、アフリカで多くの油田を持つ同社だが、中東や米国と比較して採掘コストも高いです。バイデン政権の環境規制は追い風だが、安心して投資できる銘柄ではありません。原油市況が好調でも、21年3Qは前年比−11%で減速しています。

理由は不明だが、米国内の原油企業の方が業績は順調に回復しています。

コスモスエナジーの投資判断したい人向け
  1. コスモスエナジーの4半期決算(21年7-9月)は?
  2. コスモスエナジーの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 商品高騰の恩恵で、21年には原油も高くなる

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

コスモス・エナジー(KOS)の四半期決算は?

コスモス・エナジー(KOS)の四半期決算を紹介します。

21年1Q決算(21年3月30日)

1Qの内容は...
  1. 売上高:1.77億ドル(前年比−1%)
  2. 営業利益:−0.821億ドル(−205%)
  3. 純利益:−0.907億ドル(+50%
  4. 1株当たり利益:−0.22ドル(+51%

21年2Q決算(21年6月30日)

2Qの内容は...
  1. 売上高:3.84億ドル前年比+201%
  2. 営業利益:−0.240億ドル(+89%
  3. 純利益:−0.571億ドル(+71%
  4. 1株当たり利益:−0.14ドル(+71%

21年3Q決算(21年9月30日)

3Qの内容は...
  1. 売上高:2.00億ドル(前年比−11%)
  2. 営業利益:−0.279億ドル(前年度−0.364億ドル)
  3. 純利益:−0.285億ドル(前年度−0.373億ドル)
  4. 1株当たり利益:−0.07ドル(前年度−0.09ドル)

3Qの売上高は前年比−11%で2.00億ドル、営業利益は−0.279億ドルでした。好調だった21年2Qと比較して、3Qの売上高は大幅に減速しています。営業利益率は−13%と低いですね。

3Qの生産量4.93万バレル/1日に対して、販売量は3.27万バレルと少ないですね。4Qの生産量は7-7.2万バレルと予想しています。

販売量が低い理由は、よく分かっていません。

21年3Q決算(21年9月…)

21年3Q決算は、11月9日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

コスモス・エナジー(KOS)の10年の損益計算書は?

コスモスエナジーは2011年に18ドルで上場しています。その後すぐに株価は下落し続け、21年11月は3.5ドル前後で推移していますね。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、業績は安定していません。18年の売上高は最高値だが、世界経済の減速で再び失速しています。19年の営業利益率は−23%と全体的に赤字の年が多いですエネルギーは中東やロシア、米国シェールが強く、その他は利益が得にくいですね。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。08年の金融危機以降、エネルギー業界は不況だったと言えますね。BPSは下落基調にある上に、EPSは多くの年で赤字です。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、赤字が多いですね。コスモスエナジーは、膨大な設備投資を必要とするビジネスです。なぜならば、メキシコ沖やアフリカ沖で海洋探査も行なっているからです。

では、私たちはどのように投資判断すれば良いのでしょうか?

コスモス・エナジー(KOS)の注目ポイントは?

コスモスエナジーに投資する上で注目すべきポイントを紹介します。コスモスエナジーは南米のメキシコ湾や、アフリカ地域で原油やガスの開発を行います。そのため、原油価格や天然ガス価格が上昇すれば業績を押し上げますね。

注目1:モーリタリア/セネガルが生産の48%を占める?

参考:KOSMOS 4Q 2020 Results

コスモスエナジーの地域別の生産量(石油換算バレル)です。

コスモスエナジーは、南米やアフリカで原油やガスの生産開発を行なっています。最も生産量が多い地域は、モーリタリア/セネガルで全体の48%、ガーナ沖で29%、メキシコ沖で14%、赤道ギニアで7%です。

また、モロッコ、西サハラでも探査ライセンスを保有しています。

コロナからの経済回復期待でコスモスエナジーは、恩恵を受ける可能性が高いですね。また、バイデン大統領は、環境を理由にシェールガスやオイルの開発に反対しています。そのため、21年以降は米国以外のエネルギー企業にプラスです

では、エネルギー業界を左右する原油の市況はどうなっているのでしょうか?

注目2:21年4月のWTI原油価格は60ドルまで回復?

参考:WTI原油先物価格チャート 推移 動向

コロナ以降、WTI原油価格は一貫して上昇トレンドにあります。

世界各国のロックダウンで、WTI原油価格は20年4月に最低水準17ドルでした。しかしながら、原油価格は順調に回復し、21年4月には60ドルまで戻しています。ただし、今後の原油価格を予想するのは、中東や原油の専門家でも難しいです。

21年の原油価格の予測は、専門家でも大きく異なります(参考:2021年原油価格)。

原油価格は在庫量に大きく依存するため、短期的には米国の原油在庫量が先行指標になります。

参考:米国 原油在庫量

個人的には、中長期的には原油価格は高騰すると見ています。

  1. バイデン大統領による環境規制で、米国シェールの生産量が抑制される
  2. コロナ危機が再燃すれば、先進国は再び大規模な財政出動に動き通貨安になる
  3. 経済環境が順調に回復すれば、原油や天然ガスの需要も急回復する

実際に、原油の需要と供給のトレンドは転換しています。

注目3:原油消費量の増加で在庫見通しは上方修正?

参考:在庫の減少を先取りした原油価格の今後

世界の原油価格は、私たちが想像するよりも早く回復する可能性が高いです。

EIA(米国エネルギー情報局)は、20年5月に予想した商業用原油在庫の見通しを大きく上方修正しています。つまりは、EIAが予想するよりも経済回復が早く進み、原油の消費量が急激に増えている事を表していますね。原油の需要と供給が逆転するのは、10年以上起きてない現象です

また、歴史的なトレンドとして、全ての商品価格が高騰する確率が高いです。原油だけではなく、鉄鉱石、金、プラチナ、小麦、大豆など、多くの商品が高騰しています。

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

まとめ:コスモス・エナジー(KOS)の四半期決算は?

コスモスエナジーの注目ポイントは...
  1. 2011年に創業した、原油ガスの米国の上流石油会社
  2. モーリタリアやセネガル、ギニア、メキシコ沖など米国外で活動
  3. 開発や生産の上流企業なので、原油価格の影響を受けやすい
  4. 17ドルまで暴落するも、原油は21年4月に60ドルまで回復
  5. 08年の金融危機、米国シェールの供給過多で利益が出てない
  6. 19年の営業利益率は−23%、自己資本比率は11%しかない
  7. バイデン政権の環境規制は、米国外の石油生産者にプラス要因

個人的には、コスモスエナジーは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、過去10年間で赤字が多く、儲からないビジネスだからです。19年の営業利益率は−23%で、売上高も前年比で大きく減少しています。コロナ以前から純利益は赤字で、米国の大手石油会社とは異なります。

業績が不調な理由は、米国シェールで供給過多にあるからです。

また、アフリカで多くの油田を持つ同社だが、中東や米国と比較して採掘コストも高いです。バイデン政権の環境規制は追い風だが、安心して投資できる銘柄ではありません。原油市況が好調でも、21年3Qは前年比−11%で減速しています。

理由は不明だが、米国内の原油企業の方が業績は順調に回復しています。

原油企業に投資するならば、1番のお勧めはサンコア(SU)です。なぜならば、カナダの石油企業なので、米国の環境規制の影響を受けないからです。また、原油業界が10年間低迷する中でも、黒字を維持してる数少ない銘柄です。

参考:サンコアエナジーの四半期決算|21年1月に原油は52ドルまで回復?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。