グルーポン(GRPN)四半期決算|21年3Qは-29%に減速

ネットで割引きクーポンを発行するグルーポンは、EC拡大の恩恵を受ける銘柄です。中国企業ピンドゥオドゥオも同様のビジネスで、アリババのシェアを奪う形で急成長しています。しかしながら、本家であるグルーポンの株価は、最高値から91%も下落しています

  • 「広告は急回復し、20年3月から株価は5倍に急騰する…」
  • 「株価は順調に上昇するも、売上高は17年から伸びていない…」
  • 「AIを活用した広告企業だが、予想PERは17倍と割安だ…」

グルーポンは、クーポン共同購入サイトを運営する米国企業です。不特定多数にWebで共同購入を呼びかけ、購買者が集まったら安く商品を購入できるクーポンを発行します。共同購入の仕組みをECに取り入れた、ピンドゥオドゥオは中国で成功していますね。

しかしながら、個人的にはグルーポンは投資したい銘柄ではないです。

なぜならば、売上高は14年をピークに下落し続けているからですまた、営業利益ベースで赤字の年も多く、20年度は−5.7%と不調ですね。ECが急速に拡大してる中国では成功しているが、先行者の米国企業は期待するほど伸びていません。

経済が本格的に再開する21年も、同社の業績は伸びないと思います。

なぜならば、競合企業Yelpにシェアを奪われているからですローカルビジネスに注力したYelpは日本の「食べログ」に近く、割引クーポンも発行しています。消費者がYelpに流れれば、グルーポンを利用する顧客は減りますね。

グルーポンの投資判断したい人向け
  1. グルーポンの4半期決算(21年7-9月)は?
  2. グルーポンの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 共同購入は中国で成功したが、米国で失敗してる理由は?

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

グルーポン(GRPN)の四半期決算は?

グルーポン(GRPN) の四半期決算を紹介します。

21年1Q決算(21年3月31日)

1Qの内容は...
  1. 売上高:2.64億ドル(前年比−29%)
  2. 営業利益:0.061億ドル(+109%
  3. 純利益:0.145億ドル(+106%
  4. 1株当たり利益:0.48ドル(+106%

21年2Q決算(21年6月30日)

3Qの内容は...
  1. 売上高:2.66億ドル(前年比−32%)
  2. 営業利益:0.122億ドル(+138%
  3. 純利益:−0.033億ドル(+95%
  4. 1株当たり利益:−0.12ドル(+95%

21年3Q決算(21年9月30日)

3Qの内容は...
  1. 売上高:2.14億ドル(前年比−30%)
  2. 営業利益:−0.036億ドル(前年度−1.618億ドル)
  3. 純利益:0.781億ドル(前年度−1.627億ドル)
  4. 1株当たり利益:2.64ドル(前年度−0.57ドル

3Qの売上高は前年比−30%で2.14億ドル、営業利益は−0.036億ドルでした。21年1Qと2Qに引き続き、3Qの売上高も下落しています。営業利益率は−1.5%と低いです。

21年に米国経済が本格的に景気再開するため、多少は売上高がプラス成長するかもしれません。しかし、14年をピークに減少し続けていることを考えると、今後も成長しない可能性が高いですね。

ただ、CEOのコメントを見ると、指標は改善しつつあるといいます。21年通期の売上予想は、9.62億ドル(前年比−33%)と弱いです。

「2021年を通じて、ローカル在庫の拡大とマーチャントエクスペリエンスの向上に大きな進歩を遂げました。第3四半期には、価値の高いアクティブなローカル顧客ベースを拡大し、制限のない取引を行った顧客のユニット数を増やし、実証しました。 顧客の需要に影響を与える当社の能力」と、Grouponの暫定CEOであるAaronCooperは述べています。 「その結果、Deltaバリアントの影響にもかかわらず、グローバル請求で5億5300万ドルを生み出し、そのうち約76%がローカル請求、2億1400万ドルの収益、3500万ドルの調整済みEBITDAでした。これらは私たちが継続している確かな指標であると信じています。 回復への道と、2022年以降に市場をローカルの目的地に変えるための正しい措置を講じていること。商人は新しい方法でGrouponと協力することを選択し、消費者は反応し始めています。」

参考:Groupon Reports Third Quarter 2021 Results

21年4Q決算(21年12月…)

21年4Q決算は、22年2月6日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

グルーポン(GRPN)の損益計算書は?

グルーポンは11年に522ドルで上場しました。その後に株価は一貫して下落基調にあります。20年3月は最安値25ドルまで急落するも、その後は反発しています。21年11月は25ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、14年をピークに売上高は下落しています。20年はコロナの影響でさらに大きく下落していますね。20年の営業利益率は−5.7%と落ち込んでいます。そのため、経済再開しても期待できる銘柄ではないですね。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。BPSもEPSも大きく下落傾向にあります。21年の自己資本比率は4.6%と危ない水準ですね。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、下落傾向にありますね。ただし、21年TTMはコロナから回復し黒字です。また、売上高は減少する中でも、しっかりとフリーCFはプラスで推移しています。設備投資が少なくリスクが低いビジネスですね。

では、私たちはどのように投資判断すれば良いのでしょうか?

グルーポン(GRPN)の注目ポイントは?

グルーポン(GRPN)の注目すべきポイントを紹介します。グルーポンは、クーポン共同購入サイトを運営する米国企業です。不特定多数にWebで共同購入を呼びかけ、一定の購買者が集まったら安く商品を購入できるクーポンを発行します。

注目1:グルーポンの消費者は1年で5%減少してる?

参考:Groupon Q2 earnings preview

グルーポンのアクティブ消費者の推移です。

グルーポンを利用する消費者の数は、18年1Qから減少傾向にありますね。海外の消費者は若干増えているが、北米の消費者は縮小傾向にあります。共同購入の仕組みを取り入れた、中国のピンドゥオドゥオ(PDD)とは対照的ですね。

ピンドゥオドゥオは、アリババのシェアを奪い高い成長率で伸びています。

参考:ピンドュオドュオの四半期決算|赤字だが売上前年比は89%増

注目2:モバイルリーチでは2位で28%を占めている?

参考:モバイルリーチ比較

米国のモバイルリーチのトップ企業です。

売上高が減少するグルーポンだが、モバイルではリーチが高いサービスとして知られます。モバイルリサーチ1位は、「食べログ」アプリを運営するイェルプ(YELP)で36%です。グルーポンは2位の28%、トリップアドバイザーは3位で23%です。

競合Yelpも割引クーポンを発行しています。そのため、グルーポンの業績が伸びないのは、Yelpにシェアを奪われている可能性もありますグルーポンもYelpも、ローカルに根付いたサービスを提供しています。

参考:イェルプ(YELP)の四半期決算|「食べログ」は経済再開で恩恵

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

まとめ:グルーポン(GRPN)の四半期決算は?

グルーポンの注目ポイントは...
  1. 11年に上場した、共同購入サイトを運営する米国企業である
  2. 不特定多数に共同購入を呼びかけ、消費者に割引券を発行する
  3. 11年に最高値522ドルを付けるも、株価は95%も暴落した
  4. 14年をピークに売上高は下落、20年の営業利益率は−5.7%
  5. モバイルリサーチでは2位だが、競合にシェアを奪われている
  6. EC大国の中国で成功するも、本家企業は米国で成功していない

個人的には、グルーポンは投資したい銘柄ではないです。

なぜならば、売上高は14年をピークに下落し続けているからですまた、営業利益ベースで赤字の年も多く、20年度は−5.7%と不調ですね。ECが急速に拡大してる中国では成功しているが、先行者の米国企業は期待するほど伸びていません。

経済が本格的に再開する21年も、同社の業績は伸びないと思います。

なぜならば、競合企業Yelpにシェアを奪われているからですローカルビジネスに注力したYelpは日本の「食べログ」に近く、割引クーポンも発行しています。消費者がYelpに流れれば、グルーポンを利用する顧客は減りますね。

参考:ピンドュオドュオの四半期決算|赤字だが売上前年比は89%増

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。