ダナオス(DAC)四半期決算|22年3Qは+32%に減速

世界中のコンテナ運賃が高騰し、ダナオスは20年8月から20倍に高騰しています。20年8月頃から上昇したコンテナ運賃は、22年も上昇し最高値を更新し続けています。コロナを契機に高騰した運賃は、経済再開により元の価格に戻るのでしょうか?

  • 「コンテナ運賃が高騰し、ダナオス株が20倍に高騰した…」
  • 「上海から北米向けが高騰し、欧州やアジアにも波及している…」
  • 「株価は半年で20倍だが、PERはまだ2倍と割安だ…」

ダナオスは、海運会社に船舶を貸し出すギリシャのオーナー会社です。パンデミックによる世界的なコンテナ不足で、運賃は4倍以上に高騰しています。コンテナ不足の恩恵を受けて、20年8月から株価は30倍にも高騰しています。

個人的には、ダナオスは保有したい銘柄ではありません。

なぜならば、すでに株価は30倍も高騰し、これ以上の上昇余地が大きくないと思うからですコンテナ運賃は前年比で6倍ほど上昇していますね。また、コロナ禍の医薬品や精密機械の需要も終わり、ピークアウトする可能性が高いですね。

実際に、コンテナ運賃は21年9月を起点に一貫して下落しています。

運賃が下落した理由は、世界的なサプライ問題の正常化と、景気後退による需要減速ですね。この流れは、23年以降も続く可能性が高いそうですね。そのため、ファンダメンタル的には、11月時点で1.7倍と割安だが、欲しい銘柄ではありません。

DACの投資判断したい人向け
  1. ダナオスの4半期決算(22年7-9月)は?
  2. ダナオスの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 世界的なコンテナ運賃高騰は、いつまで続くのか?

▼▼12月分コンサルも募集開始、締切は11/30日まで▼▼

20年3月に米国株を初めて、2.5年で運用額を10倍に増やしました

ただし、大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。20年や21年は歴史的な好相場で、素人でも読みやすい相場でしたね。ただし、22年現在は500社以上の銘柄分析を行い経験を積んだことで、なんとかプラスを維持しています。

このブログを通じて、投資を教えて欲しいと多くの要望を頂きました

22年9月から、月5名を上限に個別コンサルしています。12月分のコンサルも11月28日から募集を開始しています。また、12月は決算期でないため、一時的に10名に拡大しますそれから、22年1月は料金を2倍にするので、収入や資産に余裕がない人は、12月がお試し価格で受ける最後のチャンスです

締め切りは11月30日の24時までです。

コンサルの詳細は以下の記事に記載しています。

参考:【5名限定で3000円】「個別コンサル」とライン追加のお願い

今すぐ申し込みたい人は、LINEを追加し「コンサル依頼」してください。
友だち追加

ダナオス(DAC)の四半期決算は?

ダナオス(DAC)の四半期決算を紹介します。

22年1Q決算(22年3月31日)

1Q決算の内容は...
  1. 売上高:2.299億ドル前年比+74%)◯
  2. 営業利益:1.400億ドル(+143%
  3. 純利益:3.314億ドル+11%
  4. 1株当たり利益:16.00ドル(+14%)◯

22年2Q決算(22年6月30日)

2Q決算の内容は...
  1. 売上高:2.51億ドル前年比+71%
  2. 営業利益:—億ドル(—%)
  3. 純利益:0.08億ドル(−97%
  4. 1株当たり利益:7.59ドル(+127%

22年3Q決算(22年9月30日)

3Q決算の内容は...
  1. 売上高:2.600億ドル前年比+32%)◯
  2. 営業利益:1.769億ドル(+61%
  3. 純利益:0.66億ドル(−70%
  4. 1株当たり利益:3.29ドル(−69%)◯

3Qの売上高は前年比+32%で2.60億ドル、営業利益は+61%で1.76億ドルでした。22年1Qと2Qと比較して、3Qの売上は減速していますね。営業利益率は68%と過去最高に達しています。

ZIM株の売却は3Qに全て完了しています。

22年3Qの配当金も0.75ドルです。

2022 年 9 月 30 日に終了した第 3 四半期と 9 か月間のハイライト:

• 2022 年 9 月 30 日に終了した 3 か月間の調整純利益 1 は 1 億 950 万ドル (1 株あたり 5.32 ドル) で、2021 年 9 月 30 日に終了した 3 か月間は 1 億 7,690 万ドル (1 株あたり 8.71 ドル) で、61.6% 増加しました。 2021 年 9 月 30 日までの 9 か月間の調整純利益 1 は 5 億 6,930 万ドル、1 株あたり 27.67 ドルで、2021 年 9 月 30 日までの 9 か月間は 2 億 3,640 万ドル、1 株あたり 11.49 ドルで、140.8% 増加しました。

• 2022 年 9 月、残りの 5,686,950 株の ZIM 普通株をすべて売却し、1 億 6,130 万ドルの収益を得ました。

• 現金および現金同等物は、2022 年 9 月 30 日時点で 5 億 5,630 万ドルに達しました。

• 2022 年 9 月 30 日に終了した 3 か月の営業収益は 2 億 6,000 万ドルで、2021 年 9 月 30 日に終了した 3 か月の 1 億 9,590 万ドルと比較して 32.7% 増加しました。 2022 年 9 月 30 日に終了した 9 か月の営業収益は 7 億 4,090 万ドルで、2021 年 9 月 30 日に終了した 9 か月の 4 億 7,450 万ドルと比較して、56.1% 増加しました。

• 2022 年 9 月 30 日に終了した 3 か月の調整済み EBITDA1 は 2 億 1,310 万ドルで、2021 年 9 月 30 日に終了した 3 か月の 1 億 4,960 万ドルと比較して 42.4% 増加しました。 2022 年 9 月 30 日に終了した 9 か月の調整済み EBITDA1 は 6 億 7,470 万ドルで、2021 年 9 月 30 日に終了した 9 か月の 3 億 4,960 万ドルと比較して 93.0% 増加しました。

• 2022 年 9 月 30 日時点での総契約現金営業収益は 23 億ドルであり、残りの平均契約チャーター期間は 3.5 年であり、契約チャーター雇用の合計で加重されています。

• 契約営業日チャーターのカバー率は現在、2022 年が 100%、2023 年が 88.4% ですが、2022 年 9 月 30 日からの次の 12 か月間は、チャーターのカバー率は 92.9% です。

• 2022 年 9 月 30 日現在、純負債 2 は 3 億 9,890 万ドル、純負債 / LTM 調整済み EBITDA は 0.48 倍でしたが、現在 15 隻の船舶は無借金です。

• このリリースの日付現在、2022 年 6 月に発表された最大 1 億ドルの株式買戻しプログラムの下で、公開市場で 466,955 株の普通株式を 2,860 万ドルで買い戻しました。

• 当社は、シティおよびアルファ銀行との間で、現在未払いの 4 億 3,775 万ドルのファシリティを借り換えることで原則合意に達しており、取引は 2022 年の第 4 四半期内に完了する予定です。次のように:

o シティとの 3 億 8,250 万ドルのリボルビング クレジット ファシリティ。2027 年の第 4 四半期に、それぞれ 1,125 万ドルの 20 四半期ごとの減額と、満期時に 1 億 5,750 万ドルの最終的な減額で 5 年間にわたって減額および返済されます。

o 2027 年の第 4 四半期に、それぞれ 187 万 5000 ドルの 20 回連続の四半期分割払いと、満期時に 1775 万ドルのバルーン支払いで、5 年間にわたって返済可能な Alpha Bank の 5525 万ドルのタームローン。

• この借り換えにより、当社は以下を達成します。
借り換えられた債務の満期を 2.5 年延長し、2027 年までに満期を迎える会社の銀行債務がない 5 年間の滑走路を作成します。

o 当社の強力な流動性ポジションを考慮すると、シティのリボルビング クレジット ファシリティ機能により、当社は負債資本および関連コストを管理する際の柔軟性が向上します。
o 価格条件の改善。

• リファイナンスのプロフォーマとして、当社は、既存の合計 71 隻の船隊のうち、現在 15 隻であるのに対し、負担のない負債のない船隊を 3 倍の 45 隻に増やす予定です

ダナオスは、2022 年の第 3 四半期の普通株式 1 株あたり 0.75 ドルの配当を宣言しました。この配当は、2022 年 11 月 18 日現在の登録株主に対して 2022 年 11 月 30 日に支払われます。

Danaos’ CEO Dr. John Coustas commented::

「この四半期は、2019年のレベルをはるかに上回っているにもかかわらず、コンテナ市場が持続不可能な成層圏の高値からより正常化されたレベルに後退したことを示しています。定期船市場は、さまざまな要因によるサプライチェーンの正常化と需要の崩壊の組み合わせを経験しています。これらには、横行するインフレと GDP 成長率の低下、ウクライナでの戦争によって生じた不確実性、およびエネルギー危機が含まれますが、これらに限定されません。これは、倉庫での大量の在庫とコンテナの収集の遅れによって悪化しており、どちらもサプライチェーンの混乱の緩和による間接的な影響です。

コンテナ貨物の需要の減少により、昨年の需要のピーク時に使用された小型船や追加のローダーを積極的に契約していた機会主義的な市場参加者からの船の需要も大幅に減少しました。これにより、3,000 TEU 未満のセグメントで大幅な調整が行われました。これは、傭船者が船舶を委託する前に市場が下落するのを待っているためです。

CII要件が艦隊のスケジュールにどのように影響するか、および要件を満たすためにどのような追加の低速運航が必要になるかを傭船者が確認するのを待っているため、小型船舶の場合、傭船期間はわずか6か月に短縮されました。

ダナオスは現在の市場環境から十分に隔離されており、2022 年の第 3 四半期に記録的な営業利益を達成しました。契約収益で 23 億ドルのバックログ。また、バランスシートの強化も続けており、すでに述べたとおり、ZIM の株式保有を完全に清算しました。さらに、既存の銀行借入枠を 2027 年まで延長するという銀行グループからの新たなコミットメントがあります。これは、それまで重要な資本要件や借り換えがないことを意味し、成長戦略、自社株買い戻し、および買収。実際、当社の純負債は今年末までにゼロに非常に近くなり、最近の劇的な金利上昇からダナオスを守ることができます

強固なバランス シートにより、将来を楽観視し、Danaos が業界の最前線に留まるためのステップを評価しています。ダナオスの経営陣は株主と完全に一致しており、会社の長期的な価値を高めるために引き続き取り組んでいきます。」

参考:Danaos Reports Results for the 3Q 2022

22年4Q決算(22年12月…)

22年4Qは、23年2月8日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

ダナオスの10年間の損益計算書は?

ダナオス は06年に284ドルで上場しました。07年7月に最高値539ドルまで上昇するも、その後は大きく下落しています。22年11月は61ドル前後で推移していますね。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、売上高は徐々に減少傾向にありますね。しかしながら、営業利益率は高く、常に40%以上を維持しています。コンテナ船を貸し出すことで利益を得ているため、利益率が高いビジネスですね。

21年は持株会社ZIMの上場もあり利益が大きく上昇しています。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)は、16年までは順調に推移しています。しかしながら、16年以降は大きく減少傾向にあります。また、EPS(1株あたり純利益)も波はあるが、直近の21年は上昇しています。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

2013年以降、営業CFとフリーCF(営業CF−投資CF)は順調に推移していますね。コンテナ船を貸し出すビジネスは、営業CFを必要としない優良ビジネスですね20年と21年は世界的なコンテナ不足で、新しいコンテナ船を購入して投資を増やしています。

では、私たち投資家はどのように判断したら良いのでしょうか?

ダナオス(DAC)の注目ポイントは?

ダナオスに投資する上で注目すべきポイントを紹介します。ダナオスの主要顧客は中国海運、CMA-CGM(仏)、ヒュンダイ(韓国)、NileDutch(アフリカ)、マースク(デンマーク)、MSC(スイス)、陽明(日本)です。

注目1:オーナー会社ダナオスの船舶の貸出先は?

参考:Investor Presentation May 2021

ダナオスが所有する船舶の貸出先です。

最も船を貸し出しで最も多いのが、仏のCMA-CGMです。次いで、MSC(スイス)、韓国の現代商船(HMM)、イスラエルのZIMと続きます。ダナオスはHMMとZIMの株主でもあります。

ダナオスはコンテナ運賃の上昇に伴い、売上成長率を大きく伸ばしています。

注目2:21年4Qの売上前年比は+80%に加速?

ダナオスの四半期毎の売上高と成長率の推移です。

売上高成長率を見ると、コロナ禍の21年1Qを底値に業績が急回復しています。21年1Qに前年比−5.9%から+4%に反転し、21年2Qは+25%、3Qは64%、4Qは+80%に加速しています。

今後の動向を知るには、コンテナ運賃を注視する必要があります。

注目3:世界の海上輸送量と船腹量は増え続けている?

参考:海運業の発達と現状

世界的なトレンドとして、海上輸送量と船腹量は増え続けています。2010年以前は中国などの新興国で急拡大し、13年以降は緩やかに上昇しています。

船舶には大きく分けて、次の3つの種類があります。

  1. バルク船:47,039万トン(33.6%)
  2. オイルタンカー:28,689万トン(20.5%)
  3. コンテナ船:24,690万トン(17.7%)

ダナオスが船会社に貸し出しているのはコンテナ船だけです。

2020年11月以降、中国発のコンテナ船が急騰しています。

注目4:コンテナ船運賃が高騰している理由とは?

参考:定期船運賃市況(日本郵船)

コンテナ船が高騰した理由は...
  1. コロナで労働力不足で、北米港に大量のコンテナが滞留している
  2. トラックや鉄道などの陸運者不足で、コンテナが海上に戻ってこない
  3. 乗客を乗せる国際線が激減し、付加価値が高い製品が空で送れない
  4. 巣ごもり特需で、中国から北米向けの家電や日用品が増えている
  5. 北米や欧州のクリスマス商船で、11〜12月に需要が逼迫している
  6. 北米や欧州向けの長距離輸送が優先され、アジアで足りていない

2020年11月以降、中国発のコンテナ運賃が急騰しています。

コンテナ運賃が急騰している原因は、コロナによる世界的な経済封鎖によるものです。しかしながら、高騰している要因はひとつではないため、どのくらいの期間で上昇し続けるかは読めません。

しかし、21年1月末時点では、上海初のコンテナ船は少しだけ下落し始めています。この傾向が続けば、世界上のコンテナ船も下落に転じるかもしれません。

では、コンテナ船の動向を見るには、どの指標に注視すれば良いのでしょうか?

注目5:コンテナ運賃指数は過去最高の8848ドル?

参考:Freightos Baltic Index(FBX)

Freightos社が公表している指数FBX(コンテナ運賃指数)です。

FBXは、全世界の主要14航路の40フィートコンテナ1本の運賃を、12社からヒアリングして平均値を算出しています。19年に1200ドルだったFBXが、21年1月には4000ドル、7月末には6724ドルまで上昇しています。

7月30日の急騰は、中国-北米航路で計算方法が変わったからです。固定費に含めていた分も追加したため、前週比+32%の8848ドルに上昇しています。

他には、上海発のコンテナ指数もあります。

注目6:上海発コンテナ指数は過去最高の3432ドル?

参考:Shanghai Containerized Freight Index

SCFIは、上海発のコンテナ運賃の指数です。

コンテナ船が1番最初に高騰したのは、中国の上海向けの運賃です。20年4月以降に北米や欧州が経済停止した一方で、中国だけが生産を大幅に増やしていたからです。SCFIの指数を見ると、20年後半に一服するも、基本的には上昇し続けています。

21年7月30日は、4196まで上昇していますね。

中国政府は、早い段階でコンテナ運賃の安定に動いています。世界中に製品を輸出している中国は、コンテナ運賃の暴騰が国内経済に悪影響を与えるからです。

▼▼12月分コンサルも募集開始、締切は11/30日まで▼▼

20年3月に米国株を初めて、2.5年で運用額を10倍に増やしました

ただし、大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。20年や21年は歴史的な好相場で、素人でも読みやすい相場でしたね。ただし、22年現在は500社以上の銘柄分析を行い経験を積んだことで、なんとかプラスを維持しています。

このブログを通じて、投資を教えて欲しいと多くの要望を頂きました

22年9月から、月5名を上限に個別コンサルしています。12月分のコンサルも11月28日から募集を開始しています。また、12月は決算期でないため、一時的に10名に拡大しますそれから、22年1月は料金を2倍にするので、収入や資産に余裕がない人は、12月がお試し価格で受ける最後のチャンスです

締め切りは11月30日の24時までです。

コンサルの詳細は以下の記事に記載しています。

参考:【5名限定で3000円】「個別コンサル」とライン追加のお願い

今すぐ申し込みたい人は、LINEを追加し「コンサル依頼」してください。
友だち追加

まとめ:ダナオス(DAC)の四半期決算は?

ダナオス株の注目ポイントは...
  1. 1972年に設立した、コンテナ船を貸し出すギリシャの会社
  2. 50以上のコンテナ船を保有し、中国海運などに固定金利で貸し出す
  3. 営業利益率が40%と、利益率が高い安定したビジネスである
  4. 設備投資を必要とせず、投資CFがほとんど発生しない
  5. 株価は20年7月から10倍に高騰するも、PERは4.5倍と低い
  6. コンテナ運賃高騰が続き、20年3Qは前年比6.3%まで回復

個人的には、ダナオスは保有したい銘柄ではありません。

なぜならば、すでに株価は30倍も高騰し、これ以上の上昇余地が大きくないと思うからですコンテナ運賃は前年比で6倍ほど上昇していますね。また、コロナ禍の医薬品や精密機械の需要も終わり、ピークアウトする可能性もあります。

また、アマゾンなどのEC事業が減速してる点も注意が必要です。

ただ、ファンダメンタル的には、22年2月でPER2.1倍と割安ですまた、21年後半の変異株もあり、コンテナの需給はさらに引き締まっています。同社CEOによると、強気相場は22年も継続する見込みですね。アップサイドは大きくはないので、保有したい銘柄ではないが、悪い選択肢でもないように思います。

自社株買いと増配もあり、まだまだ海運相場は続きそうですね。

ダナオスはオペレーター会社であるZIMの最大株主です。ZIMは21年1月に上場したが、5月時点ですでに4倍に高騰していますまた、1Qにダナオスと同様に、配当金を出すことを発表しています。

参考:ジム・シッピング(ZIM)の四半期決算|21年にIPOの海運会社

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です