ロク(ROKU)四半期決算|22年3Qは+12%に減速

動画配信のプラットフォームを提供するロクは、コロナの恩恵を最も受けた銘柄です。ただし、経済再開後は同社のサービスを利用する人は減少しています。22年3Qの売上は前年比+18%、3Qは+12%に減速しています。

  • 「コロナに強い銘柄で、20年4月から株価が4倍に高騰した…」
  • 「加入者数は5120万人、コネクテッドTVで米国1位のシェア…」
  • 「22年2月の予想PERは81倍と割高水準にある…」

ロク(ROKU)は、ストリーミングコンテンツのプラットフォームを提供する米国企業です。コネクテッドTVのデバイスを販売し、アマゾンやネットフリックスの有料番組を配信、それからCMを流すことで無料チャンネルも配信しています。

個人的には、ロクは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、ストリーミング配信は競合が多く、長期的には利益が得にくいからですNetflix、Disney+、HBO、Amazon、Apoleなど競合が参入する分野です。20年4Qに黒字化に成功し、21年の営業利益率は8.5%と高いが楽観的にはなれません。

また、21年前半に経済再開が活発化し、短期的には成長が重そうです。

22年3Qは前年比+12%に減速、4Q予想も−8%と弱いです人々が外出し始めると必然的にビジネスに迎え風ですね。そのため、22年2月時点の予想PER81倍は割高だと思います。

ロクの投資判断したい人向け
  1. ロクの4半期決算(22年7-9月)は?
  2. ロクの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. デジタルピーク後の21年でも、業績や株価は好調なのか?

▼▼12月分コンサルも募集開始、締切は11/30日まで▼▼

20年3月に米国株を初めて、2.5年で運用額を10倍に増やしました

ただし、大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。20年や21年は歴史的な好相場で、素人でも読みやすい相場でしたね。ただし、22年現在は500社以上の銘柄分析を行い経験を積んだことで、なんとかプラスを維持しています。

このブログを通じて、投資を教えて欲しいと多くの要望を頂きました

22年9月から、月5名を上限に個別コンサルしています。12月分のコンサルも11月28日から募集を開始しています。また、12月は決算期でないため、一時的に10名に拡大しますそれから、22年1月は料金を2倍にするので、収入や資産に余裕がない人は、12月がお試し価格で受ける最後のチャンスです

締め切りは11月30日の24時までです。

コンサルの詳細は以下の記事に記載しています。

参考:【5名限定で3000円】「個別コンサル」とライン追加のお願い

今すぐ申し込みたい人は、LINEを追加し「コンサル依頼」してください。
友だち追加

ロク(ROKU)の四半期決算は?

ロク(ROKU)の四半期決算を紹介します。

22年1Q決算(22年3月30日)

1Qの内容は...
  1. 売上高:7.34億ドル前年比+27%
  2. 営業利益:—億ドル(—%)
  3. 純利益:−0.26億ドル(−134%)
  4. 1株当たり利益:−0.19ドル(−135%)

22年2Q決算(22年6月30日)

2Qの内容は...
  1. 売上高:7.64億ドル前年比+18%
  2. 営業利益:—億ドル(—%)
  3. 純利益:−1.12億ドル(−252%)
  4. 1株当たり利益:−0.82ドル(−257%)

22年3Q決算(22年9月30日)

3Qの内容は...
  1. 売上高:7.61億ドル前年比+12%)◯
  2.  Platform:6.70億ドル(+15%
  3.  Player:0.91億ドル(−7%)
  4. 営業利益:−1.47億ドル(前年度0.68億ドル)
  5. 純利益:−1.22億ドル(前年0.68億ドル)
  6. 1株当たり利益:−0.88ドル(前年度0.48ドル)○

3Qの売上高は+12%で7.61億ドル、営業利益は−1.47億ドルでした。21年2Qと3Qに続き、4Qの売上も減速しています。ただし、営業利益率は−19.3%と低いですね。

経済再開が進むことで、成長率は徐々に鈍化するかもしれません。アクティブ顧客は6540万人(前年比+16%)、ストリーミング時間は+21%と減少しています。

22年4Qの売上予想は、8.00億ドル(前年比−8%)と弱いです。

22年4Q決算(22年12月…)

22年4Q決算は、23年2月3日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

ロク(ROKU)の損益計算書は?

ロクは2017年9月に26ドルで上場しました。横ばいだった株価は、コロナ後に急速に上昇しています。20年3月で87ドルだった株価は、22年11月は44ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、利益よりも売上高が大幅に拡大しています。20年の売上高は15年の5倍、対して営業利益率は−1.1%ですね。しかしながら、コロナ以降は急速に利益率を改善しています。

20年4Qでは、営業利益率は10%まで上昇しています。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。ロクは順調にEPSを増やしてきましたね。EPSはあまり伸びていないが、20年4Qは0.48ドルと黒字化に成功しています。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、赤字と黒字があります。自社でコンテンツを制作しないロクは、設備投資が少ない優良ビジネスだと言えます。しかしながら、20年後半あたりから、自社コンテンツを制作すると発表しています。

20年に投資CFが増えたのは、製作費の影響かもしれません。個人的には、ロクがオリジナル番組を制作するのは得策でないと思います。なぜならば、ネットフリックスなどの配信企業は、過当競争でCFが損なわれてるからです

では、私たちはどのように投資判断すれば良いのでしょうか?

ロク(ROKU)の注目すべきポイントは?

ロクに投資する上で注目すべきポイントを紹介します。ロクはコネクテッドTVという分野で高いシェアを持つ企業です。そのため、米国や米国外でコネクテッドTVの市場が拡大すれば利益を得られます。

注目1:会員数は+27%で20年に5120万人に到達?

  • 総純売上高は、前年比+58%の17.7億万ドル
  • プラットフォームの収益は、前年比+71%の12.6億ドル
  • 粗利益は、前年比+63%の8.8億ドル
  • 20年に1430万のユーザーが追加され、5120万人に到達
  • ストリーミングは前年比+209時間、過去最高の587時間に到達
  • 1人当たり平均収益(ARPU)は、前年比+5.62ドルで28ドル
  • 米国で販売されたスマートTVの38%がRokuTVモデル

ロクは急速に売上を伸ばしている米国のハイテク企業です。

ビジネスモデルは、ストリーミングコンテンツのプラットフォームを提供しています。具体的には、ネットフリックスやアマゾンなどの有料放送の配信、それから3000以上の無料チャンネルも配信しています

無料放送は、CMを流すことで広告料収入を得ています。

ロクが急成長してる理由は、米国のテレビ事情も背景にあります。

注目2:米国の衛星やケーブルTVからシェアを奪う?

参考:Pay TV Market Size, Share & Trends Analysis Report

米国では、衛星やケーブルなどの有料テレビの市場規模が縮小しています

国土が広大な米国では衛星やケーブルTVを契約するのが主流です。なぜならば、国土が狭い日本と違い、電波環境が悪い米国はテレビを付けるだけでは映らないからです。しかし、近年はネットフリックスやアマゾンなどの台頭により、有料テレビが衰退していますね

ロクに加入すれば、ネットに接続するだけで有料と無料放送が視聴できます。20年には加入者が5120万人になり、Amazon Fireよりも人気が高いです

従来のテレビを利用して、ネットの動画配信をみるデバイスをコネクテッドTVと言います。米国では、コネクテッドTVの市場が急拡大しています。

注目3:コネクテッドTV広告の支出は24年に2倍?

参考:コネクテッドTVとは?5年で8倍!

米国のコネクテッドTV広告の市場規模予測です。

コネクテッドTV広告の支出は、21年には113.6億ドルに増えます。24年には、20年の広告支出の2倍になると予測しています。これはメディア広告費全体の5%を占める規模です。

日本のコネクテッドTV市場も急速に拡大しています。24年には558億円に到達し、20年時点の5倍以上になると予想しています。

コネクテッドTV市場で、ロクは最も高いシェアを持ちます。

注目4:コネクテットTVの販売台数シェアで1位?

参考:Connected TV device shipment share in United States

コネクテッドTVデバイスの出荷台数シェアです。コネクテッドTVとは、ストリーミングスティックやゲーム機を通じて、ネット配信を提供するデバイスを指します。

コネクテッドTVデバイスの出荷台数で、30%のシェアを持つ米国1位の会社です。2番手はアマゾンFireで12%、3番手はサムソンで11%、4番手はグーグルで9%と続きます。大手ハイテクの競合企業を抑えて1位はすごいですね。

▼▼12月分コンサルも募集開始、締切は11/30日まで▼▼

20年3月に米国株を初めて、2.5年で運用額を10倍に増やしました

ただし、大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。20年や21年は歴史的な好相場で、素人でも読みやすい相場でしたね。ただし、22年現在は500社以上の銘柄分析を行い経験を積んだことで、なんとかプラスを維持しています。

このブログを通じて、投資を教えて欲しいと多くの要望を頂きました

22年9月から、月5名を上限に個別コンサルしています。12月分のコンサルも11月28日から募集を開始しています。また、12月は決算期でないため、一時的に10名に拡大しますそれから、22年1月は料金を2倍にするので、収入や資産に余裕がない人は、12月がお試し価格で受ける最後のチャンスです

締め切りは11月30日の24時までです。

コンサルの詳細は以下の記事に記載しています。

参考:【5名限定で3000円】「個別コンサル」とライン追加のお願い

今すぐ申し込みたい人は、LINEを追加し「コンサル依頼」してください。
友だち追加

まとめ:ロク(ROKU)の四半期決算は?

ロクの注目ポイントは...
  1. 2017年に上場した、動画プラットフォームを提供する米国企業
  2. ネットフリックスなどの有料動画、広告収入で無料動画を配信する
  3. コネクテッドTVでは、アマゾンやグーグルを抑え米国1位のシェア
  4. 前年比27%増で加入者が増え、20年末には5120万人に到達
  5. 有料TVからシェアを奪い、コネクテッドTVは24年に2倍になる
  6. 20年に黒字化に成功し、利益率が高くPERは4倍と割安水準にある
  7. コロナが終息する21年は、成長率が鈍化する可能性が高い

個人的には、ロクは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、ストリーミング配信は競合が多く、長期的には利益が得にくいからですNetflix、Disney+、HBO、Amazon、Apoleなど競合が参入する分野です。20年4Qに黒字化に成功し、21年度の営業利益率は9.6%と高いが楽観的にはなれません。

また、21年前半に経済再開が活発化し、短期的には成長が重そうです。

21年4Qは前年比+33%に減速、22年1Q予想も+25%と弱いです人々が外出し始めると必然的にビジネスに迎え風ですね。そのため、22年2月時点の予想PER81倍は割高だと思います。

試聴時間で広告収入を得るため、競合はネットフリックス(NFLX)などのネットTVですね。ネットフリックスは会員数が2億人を超える世界最大のネットTVです。

参考:Netflexの四半期決算|20年4Qは会員数+851万人でも割高?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です