エッツィ(ETSY)の四半期決算|21年2Qは前年比+23%に減速

ハンドメイド専門のECサイトを運営するエッツィは、コロナで最も恩恵を受けている銘柄のひとつですね。売上高はコロナ禍で2.1倍も拡大し、株価は1年間で7倍にも高騰しています。では、経済再開が進む21年後半も、高い成長率を維持できるでしょうか?

  • 「コロナで追い風、株価は1年で7倍にも高騰した…」
  • 「Eコマース企業なのに、営業利益率は24%と高い…」
  • 「コロナが終息する21年も、売上高は3桁成長できるのか…」

Estyは、ハンドメイド専門のECサイトを運営する企業です。クリエイターから好まれるプラットフォームで、手作りの家庭用品、アクセサリー、クラフト用品が売上の大半を占めています。コロナによる都市封鎖は追い風で、売上高は前年比で2.1倍にも伸びています。

個人的には、Estyは長期で保有したい銘柄のひとつです。

なぜならば、利益率が低いEコマース業界で、営業利益率が24%を超えているからです。独自性が高い商品を扱うEstyは、アマゾンと顧客層が被りません。アマゾンも15年にハンドメイド市場に参入しているが、成功しているとは言えないですね。

Etsyの売り手や買い手は、薄利多売のアマゾンとは真逆の立ち位置にいます。

しかしながら、経済再開が急ピッチで進む21年後半は、同社に重い展開が続きそうです。エッツィは順調に事業を拡大しているが、好調だった20年と比較すると成長率は劣ります。21年2Qは前年比+23%に減速し、3Q予想でも+13%と弱いです

また、21年8月時点でPERも53倍と高く、投資する局面ではないです。

Etsyの投資判断したい人向け
  1. Etsyの4半期決算(21年4-6月)は?
  2. Etsyの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 20年に売上が2.1倍に拡大、21年も成長を維持できる?

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

エッツィ(ETSY)の四半期決算は?

エッツィ(ETSY)の四半期決算を紹介します。

20年4Q決算(20年12月30日)

4Qの内容は...
  1. 売上高:6.17億ドル(前年比+128%
  2.  Marketplace:4.73億ドル(+149%
  3.  Services:1.43億ドル(+79%
  4. 営業利益:1.49億ドル(+520%
  5. 純利益:1.61億ドル(+374%
  6. 1株当たり利益:1.08ドル(+332%

21年1Q決算(21年3月30日)

4Qの内容は...
  1. 売上高:5.51億ドル(前年比+141%
  2.  Marketplace:4.13億ドル(+165%
  3.  Services:1.37億ドル(+89%
  4. 営業利益:1.51億ドル(+493%
  5. 純利益:1.44億ドル(+1048%
  6. 1株当たり利益:1.00ドル(+900%

21年2Q決算(21年6月30日)

2Qの内容は...
  1. 売上高:5.28億ドル(前年比+23%
  2.  Marketplace:3.95億ドル(+19%
  3.  Services:1.33億ドル(+38%
  4. 営業利益:0.89億ドル(−26%)
  5. 純利益:0.98億ドル(+1%
  6. 1株当たり利益:0.68ドル(−10%)

2Qの売上高は前年比+23%で5.28億ドル、営業利益は−26%で0.89億ドルでした。好調だった20年4Qと21年1Qと比較して、2Qは売上も利益も減速していますね。営業利益率は16%と、過去平均よりは高いが1Qより低いです。

マーケットプレイス部門は、商品が売れた際に3.5%の手数料収入を得ています。サービス部門は、入金手数料、売り手のために用意しているサイト内の広告、輸送用ラベル、月額15ドルで販売サイトの運営を提供しています。

マーケットプライス以外にも、安定した収入を得ていますね。

ただし、経済再開が進む21年2Q以降は、EC事業に重い展開が続きます。これは、エッツィだけではなく、アマゾンやショッピファイでも同様ですね。3Qの売上ガイダンスは、5.12億ドル(前年比+13%)で引き続き弱いです。

21年3Q決算(2021年9月…)

21年3Q決算は、11月4日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

エッツィ(ETSY)の10年間の損益計算書は?

エッツィは15年4月に27ドルで上場しました。株価は順調に上昇するも、21年4月のコロナから急騰していますね。20年3月に31ドルを付けた後、21年8月は202ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、売上高は順調に増えていますね。特に21年の伸びが大きく、前年比で2.1倍になりました。コロナによる都市封鎖で、ハンドメイド商品を購入する利用者が増えましたね。

営業利益も大きく上昇し、20年は24%とEコマースではかなり高い水準です

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。BPSは横ばいに推移していたが、20年で大きく上昇していますね。EPSも横ばいだったが、20年で4倍近く増えています。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、大きく利益を伸ばしています。ビジネスモデルはアリババや楽天と近く、自社で配送網を用意していません。そのため、ECサイトを運営するエッツィは、設備投資が少ない優良ビジネスだと言えます

また、独自性が高いハンドメイドを扱うため、クリエイターに好まれています。アマゾンなどの薄利多売とは違い、差別化できている事も高い収益性に繋がります。

では、私たちはどのように投資判断すれば良いのでしょうか?

エッツィ(ETSY)の注目ポイントは?

エッツィに投資する上で注目すべきポイントを紹介します。エッツィは独自性が強いハンドメイド商品を扱う企業です。

注目1:家庭用品やアクセサリーなどハンドメイドに強み?

参考:Q4/FY 2020 Financial Results February 25, 2021

エッツィのカテゴリー別の20年売上高と前年比です。

ハンドメイド専門のEサイトを運営するエッツィは、独自性が高い商品を扱う事が強みです。そのため、最も流通額が大きいカテゴリーは家庭用品で32億ドル、アクセサリーが16億ドル、クラフト用品が12億ドルを占めます。いずれの商品も前年比で大きく伸びてます。

エッツィの利益率が高い理由は、21年時点で競合が少ないからです。

例えば、アマゾンも2015年に「Handmade at Amazon」を開設し参入しています。しかしながら、成功しているとは言えないですね。エッツィのプラットフォームには、クリエイター思考が強い売り手が集まるからです。

薄利多売で安価で商品を販売するアマゾンとは、市場が被る事はありません。エッツィはEコマースというよりも、クリエイターをサポートするビジネスだと言えます。

注目2:Etsyは米国で2番目に稼げるプラットフォーム?

参考:Which Platform is best for sellers in 2021?

米国内でクリエイターが稼げるプラットフォームのランキングです。

最も稼げるプラットフォームはYoutubeで40億ドルです。2番手がEtsyで14億ドル、3番手がインスタグラムで4.6億ドル、4番手がワードプレスで3.4億ドルです。インスタグラムやYoutubeに負けるも、16年比のEtsyの伸び率は+13%ですね。

Etsyはクリエイターが稼げるプラットフォームとして、米国で認知されています。では、エッツィのプラットフォームはどれくらい競争力があるのでしょうか?

注目3:テイクレートは17%でアマゾンより高い?

競合他社のテイクレートは...
  1. App Store:30%
  2. Etsy:17.1%
  3. Amazon:15%
  4. eBay:10%
  5. Shopify:2.7%
  6. Yahooショッピング:4.1%
  7. ZOZO:38.4%
  8. メルカリ:9.5%
  9. 楽天:9.5%

ECプラットフォームの競争優位性を見る指標に、テイクレートがあります。

テイクレートとは、取扱高(プラットフォーム上で売買された総額)に対する売上高の割合です。テイクレートが割合が高いほど、プラットフォームの取り分が多く競争優位性が高い事を示しています

Etsy のテイクレートは17.1%と、競合と比較して高いです。

世界最大のマーケットプレイスを運営するアマゾンよりも高いです。Etsyの競争優位性が高いことは、テイクレートでも示されていますね。営業利益率が24%と高いのは、プラットフォームが強いからです。

Etsyは米国だけではなく、カナダ、オーストラリア、英国、フランス、ドイツにも進出しています。世界的にEコマース市場が急拡大している事も追い風ですね。

注目4:米国と欧州のEコマース成長率は+8.5-8.8%?

参考:e-Commerce: China vs. the US

世界的にEコマース市場は急拡大しています。

Eコマース市場が最も大きく、急拡大しているのは中国ですね。21年の中国のEコマース市場は、8395億ドルと高い上に年率17%で急成長しています。米国と欧州は遅れているが、それでも年率8.5-8.8%と高い成長率です

中国やアジア地域の方がEコマースは有利だと言えます。なぜならば、アジア地域の方が人口密集地帯が多いため、配送しやすいからです。国土が広い米国だと、配送料の負担も大きく手間も掛かります。

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

まとめ:エッツィ(ETSY)の四半期決算は?

エッツィの注目ポイントは...
  1. 15年に上場した、ハンドメイド専門の米国EC企業である
  2. 手作りの家庭用品、アクセサリー、クラフト用品が大半を占める
  3. 独自性が強い商品を扱い、クリエイターからの支持が高い
  4. コロナで売上高が倍増し、前年比+128%で拡大している
  5. 競合アマゾンの営業利益率は5%、Etsyは24%と高い
  6. テイクレート率は17%と高く、収益化に最も成功している

個人的には、Estyは長期で保有したい銘柄のひとつです。

なぜならば、利益率が低いEコマース業界で、営業利益率が24%を超えているからです。独自性が高い商品を扱うEstyは、アマゾンと顧客層が被りません。アマゾンも15年にハンドメイド市場に参入しているが、成功しているとは言えないですね。

Etsyの売り手や買い手は、薄利多売のアマゾンとは真逆の立ち位置にいます。

しかしながら、経済再開が急ピッチで進む21年後半は、同社に重い展開が続きそうです。エッツィは順調に事業を拡大しているが、好調だった20年と比較すると成長率は劣ります。21年2Qは前年比+23%に減速し、3Q予想でも+13%と弱いです

また、21年8月時点でPERも53倍と高く、投資する局面ではないです。

EtsyはEコマース企業だが、競合はアマゾンではありません。なぜならば、薄利多売に強いアマゾンとは顧客層が異なるからです。Etsyの競合はShopifyなど独自性が強いEコマース企業です。

参考:Shopifyの四半期決算|20年3Qで初黒字も危険な理由は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。