グローバル・シップ・リース(GSL)四半期決算|22年1Qは+110%

コロナ以降にコンテナ運賃が高騰し、ダナオス(DAC)などのコンテナ銘柄が短期間で10倍にも高騰しています。グローバル・シップ・リース(GSL)も、ダナオスと同じオーナー企業です。20年3月から、GSLも株価が7倍に高騰しています。

  • 「コンテナ運賃が高騰し、20年3月から株価が5倍に高騰…」
  • 「上海から北米向けが高騰し、欧州やアジアにも波及している…」
  • 「株価が5倍に高騰したけれど、予想PERは3倍と割安だ…」

グローバル・シップ・リースは、コンテナ船を貸し出す英国の海運企業です。20年8月から株価が10倍に高騰したダナオスと同じ事業内容の会社です。ダナオスほど株価は高騰してないが、GSLも20年3月比で7倍に増えていますね。

個人的には、GSLも長期で保有したい銘柄のひとつです。

なぜならば、コンテナ運賃はコロナ後も高い水準が続くと思うからです21年以降もコンテナ船の需要が高止まりする中で、船舶の供給は低く抑えられています。海運業界は10年以上の低迷で船舶の注文数が少ない上に、環境規制で古い船が次々に廃棄されているからです。

新規で造船を注文しても、完成するには2年を必要としますまた、バルク船や原油タンカーも同じ問題を抱えているため、供給が十分に満たされるには時間がかかりますね。GSLは18年から設備投資を行い、他のコンテナ会社に先駆けて船を調達しています。

22年5月時点でも、PERは4.7倍と割安です。

GSLの投資判断したい人向け
  1. GSLの4半期決算(22年1-3月)は?
  2. GSLの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 世界的なコンテナ運賃高騰は、いつまで続くのか?

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

グローバル・シップ・リース(GSL)四半期決算は?

グローバル・シップ・リースの四半期決算を紹介します。

21年3Q決算(21年9月30日)

3Qの内容は...
  1. 売上高:1.350億ドル前年比+94%
  2. 営業利益:0.821億ドル(+218%
  3. 純利益:0.684億ドル(+470%
  4. 1株当たり利益:1.84ドル(+734%

21年4Q決算(21年12月31日)

4Qの内容は...
  1. 売上高:1.410億ドル前年比+94%
  2. 営業利益:0.861億ドル(+184%
  3. 純利益:0.725億ドル(+1185%
  4. 1株当たり利益:1.92ドル(+1376%

22年1Q決算(22年3月31日)

1Qの内容は...
  1. 売上高:1.536億ドル前年比+110%
  2. 営業利益:0.861億ドル(+185%
  3. 純利益:0.701億ドル(+17倍
  4. 1株当たり利益:1.93ドル(+14倍

1Qの売上高は前年比+110で1.536億ドル、営業利益は+185%で0.861億ドルでした。21年3Qと4Qに続き、売上と利益は好調ですね。コンテナのオーナー企業で、営業利益率は56%と高いです。

業績が好調なのは、20年8月からコンテナ運賃が高騰しているからです運賃上昇を受けて、コンテナ関連企業の多くが好業績を出しています。同社CEOによると、22年5月現在もコンテナ市況はタイトだといいます。

-2022年第1四半期の報告された営業収益は1億5,360万ドルで、前年同期の7,300万ドルの収益の2.1倍でした。

-報告された普通株主が利用できる2022年第1四半期の純利益は7,020万ドルで、前年同期の純利益420万ドルの1,571.4%または16.7倍に増加しました。デリバティブの460万ドルの正の公正価値調整後の正規化された純利益(3)、前払い
ブルーオーシャンジュニアクレジットファシリティの全額返済に伴う400万ドルの手数料と、それに関連する10万ドルの繰延融資費用の現金以外の償却は、69.7百万ドルであり、前年同期の正規化された純利益1780万ドルの3.9倍でした。 2021年1月に当社の9.875%SeniorSecuredNotesdue2022(「2022Notes」)の全額償還に580万ドルのプレミアムが支払われた後、2022年債の償還と完全に権利が確定したインセンティブ株式の権利確定および新規報奨による加速株式ベースの報酬費用として130万ドルに加えて、Blue Ocean JuniorCreditFacilityの部分的返済に対して支払われる160万ドルの前払い手数料。

-2022年第1四半期に9,450万ドルの調整EBITDA(3)を生成しました。これは、前年同期の4,420万ドルの調整EBITDA(3)の2.1倍です。

-2022年3月31日に終了した3か月間の1株当たり利益は1.93ドルで、比較期間の1株当たり利益0.13ドルの14.8倍でした。 2022年3月31日に終了した3か月間の正規化1株当たり利益は1.91ドルで、前年同期の正規化1株当たり利益0.56ドルの3.4倍でした。

-2022年5月24日現在の登録普通株主に2022年6月2日に支払われる2022年第1四半期のクラスA普通株式1株あたり0.375ドルの配当を宣言しました

-機会主義的な株式買戻しのために40.0百万ドルのプログラムを承認した。 2022年4月に、当社は184,684株のクラスA普通株式を1株あたり平均26.66ドルで、合計490万ドルで買い戻しました。

-2022年4月5日、元本金額の102.00%に未払利息を加えた金額に相当する、2024年満期のシニア無担保債(以下「2024債」)の元本28.5百万ドルの部分償還を完了しました。償還が完了すると、2024年債の元本残高は89.0百万ドルでした。

-2022年1月、満期日を2024年9月から2026年12月に延長し、特定の契約を有利に修正し、ファシリティのLIBOR + 3.00%の不変率の担保バスケット。その後、3隻は、2026年7月に満期を迎える60.0百万ドルのシンジケート型シニア担保付債務ファシリティの担保として使用され、LIBOR + 2.75%で価格設定され、10.00%のブルーオーシャンジュニア債務ファシリティの全額返済および一般的な企業目的に使用されました。

-2022年2月、2026年第4四半期までに0.75%の変動金利債務5億790万ドルに対して、1か月のLIBOR金利上限を締結しました。 2021年12月の変動金利債務の484.1百万ドルの金利上限。これも時間の経過とともに減少し、当社は変動金利債務を完全にヘッジされたままになります。

-ワンハイまで37〜39か月間、前のチャーターの1日あたり9,300ドルから、1日あたり38,000ドルのレートで、現在までにオープンする唯一の船舶であるフィーダーKumasiをチャーターしました。

Global ShipLeaseのエグゼクティブチェアマンであるGeorgeYouroukosは、次のように述べています。年はますます発効しています。 GSLの完全に契約された船隊には、2022年第4四半期までチャーター市場に出航する可能性のある船舶がないため、少なくとも中期的にはキャッシュフローに高い確実性があり、最も収益の高いチャーターの多くは中期まで伸びています。 10年の。この明確さと長期契約の適用範囲により、余剰現金を利用して株主への資本利益率を高め、すでに発表したように配当を増やすと同時に、株式買戻しプログラムを実行し、約500万ドルの自社株を買い戻すことができます。

世界の傭船船団全体で、コンテナ船の大多数は現在延長傭船中であり、現在の傭船市場の活動はごくわずかです。しかし、傭船がほとんどなかったことは、市場がいかにタイトであるかを示し続けています将来的には、非常に大きなコンテナ船を除くすべてのコンテナ船で供給の伸びが大幅に抑制され、サプライチェーンの混乱と混雑が続く可能性が高くなります。高品質のフリートからの長期的で信頼性の高い契約収益。

この場をお借りして、グローバルシップリースのディレクターを辞任することを決定したフィリップレモニエに感謝いたします。私たちは過去5年間、彼のアドバイスを大いに評価してきました。同時に、キャプテンYoram(Rami)Neugebornを私たちの取締役会に迎えることを嬉しく思います。 Ramiは、海運業界で40年以上の経験を持つマスターマリナーであり、最近ではZISS(Zim Integrated Shipping Services Ltd.)の用船および販売および購入部門のマネージャーを12年間務めています。」

Global ShipLeaseの最高経営責任者であるIanWebberは、次のようにコメントしています。我々は持っていますより高価なレガシー債務を引き続き排除し、その結果、債務コストは2019年の初めの約8%から現在は4.63%に削減されました同様に、2021年後半から今年の第1四半期にかけて、すべての債務に金利上限を設定したため、現在、金利の上昇に対して完全にヘッジされています。 2024年半ばまで債務の満期がないため、契約キャッシュフローは、債務返済と株主への資本の還元に対して信頼性の高い補償を提供すると同時に、バランスシートと財務の柔軟性をさらに強化するために機会主義的に行動し続ける立場にあります。。」

参考:Global Ship Lease Reports Results for the 1Q of 2022

22年2Q決算(22年6月…)

22年2Q決算は、8月8日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

グローバル・シップ・リース(GSL)損益計算書は?

GSLは2008年に61ドルで上場しました。上場時で最高値61ドル、それから11年2月に58ドルまで上昇しています。22年5月は21ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、売上高は順調に増加しています。また、オーナー企業なので営業利益率が高く、20年は40%を超えています18年に売上高が伸びているのは、コンテナ船を増やしたからですね。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。BPSは下落基調にあり、EPSは一時的に下向くも好転しています。10年以上低迷している海運業界の中では、そこまで悪い数値ではありません。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、黒字が多く安定しているといえます。投資CFが増えているのは、新しく造船を追加しているからです。オーナー企業であるため、船を増やすことで売上高増に繋がります

では、私たちはどのように投資判断すれば良いのでしょうか?

グローバル・シップ・リース(GSL)注目点は?

GSPに投資する上で注目すべきポイントを紹介します。GSPはコンテナ船を貸し出すことで収益を得ています。そのため、コンテナ運賃し傭船料が増えれば業績は上向きます。コロナを契機に、コンテナ船運賃は高騰しています。

注目1:20年にコンテナ船運賃が高騰した理由とは?

参考:定期船運賃市況(日本郵船)

コンテナ船が高騰した理由は...
  1. コロナで労働力不足で、北米港に大量のコンテナが滞留している
  2. トラックや鉄道などの陸運者不足で、コンテナが海上に戻ってこない
  3. 乗客を乗せる国際線が激減し、付加価値が高い製品が空で送れない
  4. 巣ごもり特需で、中国から北米向けの家電や日用品が増えている
  5. 北米や欧州のクリスマス商船で、11〜12月に需要が逼迫している
  6. 北米や欧州向けの長距離輸送が優先され、アジアで足りていない

2020年11月以降、中国発のコンテナ運賃が急騰しています。

コンテナ運賃が急騰している原因は、コロナによる世界的な経済封鎖によるものです。しかしながら、高騰している要因はひとつではないため、どのくらいの期間で上昇し続けるかは読めません。

では、コンテナ船の動向を見るには、どの指標に注視すれば良いのでしょうか?

注目2:世界コンテナ運賃指数は欧州向けが上昇?

参考:Freightos Baltic Index(FBX)

Freightos社が公表している指数FBXです。

FBXは、全世界の主要14航路の40フィートコンテナ1本の運賃を、12社からヒアリングして平均値を算出しています。19年に1200ドルだったFBXが、21年1月には4000ドルまで上昇していることが分かります

他には、上海発のコンテナ指数もあります。

注目3:上海発コンテナ指数は21年1月に横ばい?

参考:Shanghai Containerized Freight Index

SCFIは、上海発のコンテナ運賃の指数です。

コンテナ船が1番最初に高騰したのは、中国の上海向けの運賃です。20年4月以降に北米や欧州が経済停止した一方で、中国だけが生産を大幅に増やしていたからです。SCFIの指数を見ると、20年初めから高騰し始め、21年1月には少しずつ減少し始めています。

中国政府は、早い段階でコンテナ運賃の安定に動いています。世界中に製品を輸出している中国は、コンテナ運賃の暴騰が国内経済に悪影響を与えるからです。

まとめ:グローバル・シップ・リース(GSL)決算は?

グローバル・シップ・リースの注目ポイントは...
  1. 2008年に上場した、コンテナ船を貸し出す英国の海運企業
  2. 40隻前後のコンテナ船を保有し、海運会社に固定金利で貸し出す
  3. 営業利益率が40%と、利益率が高い安定したビジネスである
  4. 18年に積極的に設備投資することで、売上高を伸ばしている
  5. 株価は20年4月から5倍に高騰するも、予想PERは3倍と低い
  6. コンテナ船の供給は少なく、21年も運賃高騰が続く可能性が高い

個人的には、GSLも長期で保有したい銘柄のひとつです。

なぜならば、コンテナ運賃はコロナ後も高い水準が続くと思うからです21年以降もコンテナ船の需要が高止まりする中で、船舶の供給は低く抑えられています。海運業界は10年以上の低迷で船舶の注文数が少ない上に、環境規制で古い船が次々に廃棄されてるからです。

新規で造船を注文しても、完成するには2年を必要としますまた、バルク船や原油タンカーも同じ問題を抱えているため、供給が十分に満たされるには時間がかかりますね。GSLは18年から設備投資を行い、他のコンテナ会社に先駆けて船を調達しています。

株価は5倍に高騰したが、21年3月時点でも予想PERは3倍と割安です。

しかしながら、GSL銘柄はマネックス証券で取り扱いがありません。そのため、コンテナ船のおーナーに投資するならばダナオスがお勧めです。ダナオスはすでに10倍に高騰しているが、21年3月時点でも予想PERは2倍と割安です

そんため、まだまだ上昇する余地は高いと言えます。

参考:ダナオスの四半期決算|20年4QのフリーCFは前年比+132%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。