テクニップFMC(FTI)四半期決算|22年1Qは-4.7%と不調

海底油田向けに設備を提供するテクニップFMCは、原油価格の高騰で恩恵を受ける銘柄ですね。20年以降はシェール企業の生産が増えず、再び海上油田も注目を浴びつつあります。21年4Qの売上は前年比−4.8%、22年1Qも−4.7%と不調です。

  • 「世界各国の経済活動再開で、エネルギー株は恩恵を受ける…」
  • 「シェール企業の台頭で、株価は高値から−87%も暴落した…」
  • 「21年12月に、原油価格は70ドルまで回復している…」

テクニップFMC(FTI)は、海底油田生産者向けに海底設備や建設サービス、原油タンカーを提供する英国企業です。17年にフランステクニップ社と米国FMCテクノロジーズが合弁した企業です。同社は主にブラジルの海底油田に提供しています。

個人的には、テクニップFMCは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、米国シェールが台頭する以前から、売上は伸び悩み利益率も低いからです事業が好調だった13年でも、営業利益率は8.9%と低いですね。原油価格が上昇して海底油田が注目されても、大きな恩恵を受けないと思います。

ただ、中長期的には同社の業績は上向くと思います。

なぜならば、世界8位の産油国ブラジルの大手企業ペトロブラス(PBR)と業務提携しているからですブラジルは非OPECの中で数少ない原油生産量が増え続けている国です。同社CEOも海底油田の強気相場は25年まで続くと言及しています。

FTIの投資判断したい人向け
  1. テクニップFMCの4半期決算(22年1-3月)は?
  2. テクニップFMCの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. シェール企業の生産量は低く、海上油田は生産を増やす?

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

テクニップFMC(FTI)の四半期決算は?

テクニップFMC(FTI)の四半期決算を紹介します。

21年3Q決算(21年9月30日)

3Qの内容は...
  1. 売上高:15.79億ドル(前年比−8
  2. 営業利益:−0.390億ドル(前年度−0.580億ドル
  3. 純利益:−0.322億ドル(前年度−0.039億ドル)
  4. 1株当たり利益:−0.07ドル(前年度−0.01ドル)

21年4Q決算(21年12月31日)

4Qの内容は...
  1. 売上高:15.23億ドル(前年比−4.8
  2. 営業利益:0.85億ドル(前年度2.35億ドル
  3. 純利益:−1.27億ドル(前年度−0.40億ドル)
  4. 1株当たり利益:−0.28ドル(前年度−0.09ドル)

22年1Q決算(22年3月31日)

1Qの内容は...
  1. 売上高:15.55億ドル(前年比−4.7)◯
  2.  Subsea:12.89億ドル(−7%)
  3.  Technologies:2.66億ドル(+8%)
  4. 営業利益:−0.05億ドル(前年度4.56億ドル
  5. 純利益:−0.61億ドル(前年度3.68億ドル)
  6. 1株当たり利益:−0.09ドル(前年度0.95ドル)◯

1Qの売上高は前年比−4.7%で15.55億ドル、営業利益は−0.05億ドルでした。21年3Qと4Qに続き、22年1Qの売上と利益も低調です。営業利益率は−0.3%と引き続き低い数値です。

同社は17年に TechnipとFMCが合併した企業です。

同社は主にブラジルの海底油田で活動しています。ペトロブラス(PBR)と業務提携するなど、22年の見通しについても楽観的です。ブラジルは非OPEC国で、原油生産量が増えている貴重な油田ですね。

受注残高は88.94億ドル(+23%)まで積み上がっています。同社のCEOは海底油田に大して、かなり強気の発言をしています。

TechnipFMCの会長兼CEOであるDougPferdehirtは、次のように述べています。「第1四半期を見ると、会社の総収益は16億ドルで、調整後EBITDAは1億5400万ドルでした。会社のインバウンド注文の合計は22億ドルで、バックログの連続的な増加を促進しました現金および現金同等物の総額は12億ドルであり、下半期には強力なフリーキャッシュフローを生み出すと確信しており、第2四半期にはさらに債務を削減するための積極的な措置を講じています。これは、株主分配への道のもう1つの重要なマイルストーンです。」

Pferdehirt氏は続けて、次のように述べています。期間中に2つの賞を発表しました。これには、Mariaフィールド向けのWintershallDeaとの最初のiEPCITMプロジェクトが含まれます。オペレーターの幅広さと地域の多様化は、この四半期に特に顕著であり、すべての主要なオフショア流域にわたる30を超えるクライアントからのプロジェクトがありました。 iEPCITM、ダイレクトアワード、海底サービスを合わせて、インバウンド全体の75%に近づくことで、2022年には海底注文が最大30%増加すると予測しています。」

「SurfaceTechnologiesのインバウンド注文は2億9,100万ドルで、米国市場の力強さにより、請求額は1.0を上回りました。北米の売上高と収益性は、掘削と完了の活動の増加と価格設定環境の改善により、順次成長しました。北米以外では、中東の強い見通しをサポートするために、サウジアラビアの新しい製造能力に投資しています。現在、最終生産試験を実施しており、第2四半期末までに施設の最終認証を予定しており、国内での受注が加速すると見込んでいます。通年の期待に応えることに自信を持っています。」

Pferdehirt氏は、次のように述べています。「第1四半期の結果は、グローバルサプライチェーンが直面している進行中の課題を効果的にナビゲートする能力を示しています。市場の混乱の影響を受けないわけではありませんが、当社は過去数年にわたって多くの戦略的行動を取り、当社への短期的な影響を緩和してきました。簡素化、標準化、工業化を推進するための社内の取り組みも、サプライチェーンを変革しています。」

Pferdehirtは、次のように結論付けています。私たちの海底機会リストは、この非常に堅調な市場の見通しを強調しており、今後24か月で合計200億ドルを超える潜在的な業界賞を獲得する一連の大規模プロジェクトの機会を表しています現在の環境では、この成長をサポートするために必要な条件のより適切なバランスをとる価格設定と契約上の取り決めの改善も経験しています。」

参考:TechnipFMC Announces First Quarter 2022 Results

22年2Q決算(22年6月…)

22年2Q決算は、7月28日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

テクニップFMC(FTI)の損益計算書は?

テクニップFMCは01年に3.3ドルで上場しました。株価は順調に上昇し続け、14年7月に最高値46ドルをつけています。22年5月は7.27ドル前後で推移していますね。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、売上は横ばいで推移しています。利益率は低下傾向にあり、21年の営業利益率は6.2%と低いですね。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。BPSもEPSも減少傾向にありますね。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、19年以降は順調に拡大していますね。海底油田銘柄だが、20年はコロナの影響をほとんど受けていません。

では、私たち投資家はどのように判断すれば良いのでしょうか?

テクニップFMC(FTI)の注目ポイントは?

テクニップFMC(FTI)の注目ポイントを紹介します。テクニックFMCは、主にブラジルの海底油田向けに製品を提供しています。

注目1:ブラジルは非OPEC国で原油量が増加?

参考:原油生産統計

ブラジルの原油生産量の年間推移です。

米国のシェール台頭により、米国が世界最大の原油生産国になりましたね。それを受けて、サウジアラビアやロシア、どれから非OPEC国の生産量は落ちています。しかし、非OPEC国の中では、ブラジルは積極的に原油に投資していますね。

20年はコロナ禍で、多くの原油生産国が減らす中でも生産量は増加しています。テクニップFMCは、ブラジル最大の原油企業ペトロブラス(PBR)と協業しています。そのため、ブラジル油田が拡大することで、同社は恩恵を受けられます。

参考:ペトロブラス(PBR)四半期決算|21年3Qは+71%に減速

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

まとめ:テクニップFMC(FTI)の決算は?

テクニップFMCの注目ポイントは...
  1. 15年に設立した、海底油田に設備を提供する英国企業
  2. 17年に仏テクニップ社と米FMCテクノロジーズが合弁
  3. ブラジルのペトロブラスの海底油田に、主に製品を提供
  4. 営業利益率は平均して8%と低く、利益率は高くはない

個人的には、テクニップFMCは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、米国シェールが台頭する以前から、売上は伸び悩み利益率も低いからです事業が好調だった13年でも、営業利益率は8.9%と低いですね。原油価格が上昇して海底油田が注目されても、大きな恩恵を受けないと思います。

ただ、中長期的には同社の業績は上向くと思います。

なぜならば、世界8位の産油国ブラジルの大手企業ペトロブラス(PBR)と業務提携しているからですブラジルは非OPECの中で数少ない原油生産量が増え続けている国です。原油の多様化を目指して、22年にも投資を増やすと述べていますね。

海底油田に投資するならば、オーシャニアリングの方が株価が上昇する可能性は高いと思います。

参考:オーシャニアリング(OII)四半期決算|21年3Qは+6%に減速

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。