CMEグループ(CME)四半期決算|22年1Qは+7.4%に加速

取引所を運営するCMEグループは、コロナ禍で最も恩恵を受けた銘柄のひとつです。20年後半は一時的に下落するも、経済再開後も業績は好調ですね。21年4Qの売上前年比は+4.4%、22年1Qは+7.4%に加速しています。

  • 「常に業績は安定、過去10年で株価は5.6倍に上昇…」
  • 「取引所運営は競合がおらず、利益率は54%と高い…」
  • 「再開後も株価は好調、予想PER33倍は割安なのか…」

CMEグループは、世界最大の金融商品を扱う取引所です。エネルギーや農業作物、金や銀、外国為替など幅広い商品を扱います。先行指標として知られる日経平均先物は、CMEグループが扱う商品です。

個人的には、CMEグループは長期で保有したい銘柄のひとつです。

なぜならば、売上高は拡大傾向にある上に、営業利益率が54%と高いからです。金融危機やパンデミックでも、競争優位性が揺らぐことはなく常に安定してる銘柄です。他の取引所のナスダック(NDAQ)やCBOEと同様に、投資CFが少ない優良ビジネスです。

株価は最高値を更新するも、PERは割高ではありません。

長期金利上昇でバリューが重視されるも、22年5月の予想PERは28倍です。他の取引所よりも割高だが、安定性や収益性を考慮すると割高ではありません。株価が大きく下落する局面があれば購入したいですね。

CMEの投資判断したい人向け
  1. CMEグループの4半期決算(22年1-3月)は?
  2. CMEグループの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 営業利益率が54%だが、PER39倍は割高なのか?

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

CMEグループの四半期決算は?

CMEグループの過去四半期の決算を紹介します。

21年3Q決算(21年9月30日)

3Q決算の内容は...
  1. 売上高:11.07億ドル(+2.7%
  2. 営業利益:6.14億ドル+16%
  3. 純利益:9.27億ドル+125%
  4. 1株当たり利益:2.58ドル(+124%

21年4Q決算(21年12月31日)

4Q決算の内容は...
  1. 売上高:11.47億ドル(+4.4%)✖️
  2.  Clearing and transaction fees:9.49億ドル(+12%
  3.  Market data and information services:1.42億ドル(+2%
  4.  Other:0.55億ドル(−53%)
  5. 営業利益:6.31億ドル+22%
  6. 純利益:6.25億ドル+47%
  7. 1株当たり利益:1.71ドル(+44%)○

22年1Q決算(22年3月31日)

1Q決算の内容は...
  1. 売上高:13.46億ドル(+7.4%)○
  2.  Clearing and transaction fees:11.38億ドル(+13%
  3.  Market data and information services:1.51億ドル(+4.8%
  4.  Other:0.56億ドル(−46%)
  5. 営業利益:8.59億ドル+18%
  6. 純利益:7.02億ドル+23%
  7. 1株当たり利益:1.95ドル(+21%)○

4Qの売上高は前年比+7.4%の13.46億ドル、営業利益は+18%で8.59億ドルでした。21年3Qや4Qと比較して、1Qの売上と利益は加速していますね。営業利益率は63%と依然として高いです。

21年1Qに取引手数料が落ち込み、前年比−17%まで下落しました。しかし、エネルギーや商品の取引は活発化し、再びプラス成長に戻しています。

CEOは今後の業績についても強気です。

2022年第1四半期の売上高は13億ドル、営業利益は8億5900万ドルでした。純利益は7億1100万ドル、希薄化後1株当たり利益は1.95ドルでした。調整後の純利益は7億6600万ドル、希薄化後1株当たり利益は2.11ドルでした。 2022年および2021年の第1四半期に調整ベースで提示された財務結果には、非GAAPベースの結果の調整で詳述されている特定の項目が含まれていません。

CMEグループの会長兼最高経営責任者であるテリー・ダフィーは、次のように述べています。 「1日の平均取引量は、株式指数、金利、オプション商品が2桁増加し、米国外でも大幅に増加したことで堅調でした。さらに、SOFRの先物とオプションの成長が加速し、記録的な四半期の取引量と建玉を含む。今後も、クライアントが進化する中央銀行の政策、インフレ、サプライチェーンの制約、その他の経済的課題を乗り越えながら、クライアントが必要とするベンチマーク製品、サービス、データを提供し続けます。」
2022年第1四半期の1日あたりの平均取引量(ADV)は2,590万契約で、これには米国以外のADVの730万契約が含まれ、ラテンアメリカで28%、アジアで22%、EMEAで17%の成長に牽引されました。

参考:CME Group Inc. Reports 1Q 2022

22年2Q決算(22年6月…)

22年2Q決算は、7月28日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか

CMEグループの過去10年の損益計算書は?

CMEグループは02年に8ドルで上場しました。08年の金融危機で37ドルまで急落するも、その後は一貫して右肩上がりです。20年10月は150ドルまで落ちるも、22年5月は228ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、売上高は順調に上昇してる上に利益率も高いです。営業利益率は低下傾向にあるも、20年でも54%と高いですね。金融危機やパンデミックでも、商品取引所の優位性が揺らぐことはありません。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。BPSもEPSも緩やかながらも上昇傾向にあります。CMEグループは2%前後の配当を払い出しています。また、特別配当も出すなど、年によっては配当利回りは4-5%です。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、右肩上がりで上昇しています。取引上を運営するCMEグループは、設備投資が少ない優良ビジネスですね。競合はほぼいなく、安定して現金収入を得ています。

では、私たち投資家はどのように投資判断したら良いのでしょうか?

CMEグループの注目すべきポイントは?

CMEグループの注目すべきポイントを紹介します。CMEグループは、世界最大の金融商品を扱う取引所です。エネルギーや農業作物、金や銀、外国為替など幅広い商品を扱います。先行指標として知られる日経平均先物は、CMEグループが扱う商品です。

注目1:エネルギーが20%、農業が12%を占める?

参考:CMEグループ【CME】世界最大のデリバティブ取引所

CMEグループは、様々な金融商品を扱う商品取引所です。

扱う商品は多岐に渡り、エネルギーが20%、農業作物が12%、金や銀が6%、外国為替が5%、エクイティ(資産の所有権)が14%です。また、取引手数料以外にも、金利収入が26%、市場データの提供が11%を占めます。

CMEグループは、1898年に公営企業として取引所を運営していました。

2000年に株式化され、07年にシカゴ商品取引所を買収、08年に石炭、原油、電力などの先物を扱うニューヨーク・マーカンタイル取引所と、アルミ、金銀銅の先物を扱うニューヨーク商品(COMEX)と合併し、世界最大級の取引量となっています。

日経平均先物を扱っているのも、CMEグループの取引所です。CMEグループの取引量は、今もなお拡大傾向にあります。

注目2:19年の小麦の取引シェアは90%まで拡大?

参考:CME Group’s Wheat Futures Lead Price

CMEグループとCME以外が扱う取引量の推移です。

世界の人口は増え続けているため、小麦の輸出量や取引量は増え続けています。03年に65%前後だったCEMグループの取引シェアは、19年には90%まで上昇していますこの流れは、21年以降も続くと考えられますね。

CMEグループは仮想通貨などのビットコインも上場させています。

注目3:ビットコイン先物の取引額は1ヶ月で10倍?

参考:CME Bitcoin Options Market Grew 10x in the Past Month

CMEで扱うビットコインの1ヶ月間の取引額推移です。

CMEグループは、17年12月にビットコインの先物上場で話題になりました20年はビットコイン価格が大きく動いた年でしたね。20年5月に0.35億ドルの取引総額は、10倍の3.73億ドルまで膨らんでいます。

他の取引所であるCBOEやナスダックも、仮想通貨の先物を検討しています。

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

まとめ:CMEグループの四半期決算は?

CMEグループ株の特徴は...
  1. 2003年に上場した、世界最大の商品取引所の米国企業
  2. エネルギーや農作物、FX、日経平均先物などを取り扱う
  3. 売上高は上昇してる上に、20年の営業利益率は54%と高い
  4. 21年はコロナ禍の前年と比較して、取引量は減少してる
  5. 取引所は投資CFも低い上に、競合がいない優良ビジネスである
  6. 世界の商品取引量は増加傾向にあり、今後も継続して成長

個人的には、CMEグループは長期で保有したい銘柄のひとつです。

なぜならば、売上高は拡大傾向にある上に、営業利益率が54%と高いからです。金融危機やパンデミックでも、競争優位性が揺らぐことはなく常に安定してる銘柄です。他の取引所のナスダック(NDAQ)やCBOEと同様に、投資CFが少ない優良ビジネスです。

株価は最高値を更新するも、PERは割高ではありません。

長期金利上昇でバリューが重視されるも、22年2月の予想PERは33倍です。他の取引所よりも割高だが、安定性や収益性を考慮すると割高ではありません。株価が大きく下落する局面があれば購入したいですね。

ナスダック取引所も営業利益率が高い上に売上高は右肩上がりで増えています。米国や中国を中心に、評価額10億ドルを超えるユニコーン企業は増え続けています。取引所運営は世界屈指の優良ビジネスだと言えます。

参考:ナスダック(NDAQ)の四半期決算|取引所運営は営業利益率25%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。