ベライゾン(VZ)四半期決算|22年1Qは+2.1%に加速

通信キャリアのベライゾンは、5Gや在宅ワーク増加の恩恵を受ける銘柄ですね。米国は大手3社が寡占化していて、同社は最も契約者が多い企業です。ただ、21年4Qの売上前年比は−1.8%、1Qは+2.1%に加速しています。

  • 「連続13年の増配銘柄で、利回りは4.8%と高い…」
  • 「業界2位の通信企業だが、競争が激化している…」
  • 「買収に積極的だったが、採算性が低いメディアを売却..」

ベライゾン(VZ)は、米国の3大通信キャリアのひとつですね。業界最大手はAT&T(T)に次ぐシェアで、大手2社が長く市場を寡占していました。しかし、近年はTモバイル(TMUS)が4位のスプリントを買収し、急速にシェアを奪っています。

個人的には、ベライゾンは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、通信業界は安定した成熟産業だが、3位のTモバイルが低価格競争を仕掛けているからですTモバイルはスプリントを買収したことで、業界シェアを29%まで伸ばし、2位のベライゾンと並びます。

大手2社はメディア事業を積極的に買収してきましたね。

しかし、業界地図が一変したため不採算部門であるメディア事業を売却しています。高配当として知られる通信大手だが、2社とも減配リスクが少なからずありますそのため、配当目的で積極的に投資できる局面ではありません。ただ、22年4月時点の予想PERは10倍と割安です。

業界3社の動向を注意深く観察する必要がありますね。

VZの投資判断したい人向け
  1. ベライゾンの4半期決算(22年1-3月)は?
  2. ベライゾンの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 業界3位が攻勢を仕掛け、高配当を維持できるのか?

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

ベライゾン(VZ)の四半期決算は?

ベライゾン(VZ)の四半期決算を紹介します。

21年3Q決算(21年9月30日)

3Qの内容は...
  1. 売上高:329.15億ドル(前年比+4.3
  2.  Service and Other:275.65億ドル(+0.5%
  3.  Wireless equipment:53.50億ドル(+30.1%
  4. 営業利益:93.56億ドル(+17%
  5. 純利益:64.07億ドル+47%
  6. 1株当たり利益:1.55ドル(+47%

21年4Q決算(21年12月31日)

4Qの内容は...
  1. 売上高:340.67億ドル(前年比−1.8
  2.  Service and Other:267.40億ドル(−5.4%)
  3.  Wireless equipment:73.27億ドル(+14.1%
  4. 営業利益:76.08億ドル(+6%
  5. 純利益:47.37億ドル(+0%)
  6. 1株当たり利益:1.11ドル(+0%)

22年1Q決算(22年3月31日)

1Qの内容は...
  1. 売上高:335.54億ドル(前年比+2.1)◯
  2.  Service and Other:272.18億ドル(−2.5%)
  3.  Wireless equipment:63.36億ドル(+28.2%
  4. 営業利益:77.96億ドル(+0.3%
  5. 純利益:47.11億ドル(−12.4%)
  6. 1株当たり利益:1.09ドル(−14.2%)◯

1Qの売上高は前年比+2.1%で335.54億ドル、営業利益は+0.3%で77.96億ドルでした。21年4Qと比較すると、22年1Qは売上が加速していますね。営業利益率は23.2%と悪くはありません。

4Qに売上が減少したのは、メディア事業を売却したからです。また、プリペイド携帯電話のトラックフォンの買収分も4Qに含まれます。有線回線の売上は減少するも、5Gやワイヤレス関連の収益が増えています。

22年通期の売上予想は、前年比+3%前後になると予想しています

ニューヨーク-VerizonCommunicationsInc.(NYSE、Nasdaq:VZ)は本日、5Gウルトラワイドバンドネットワークを全国の約1億1,300万人に拡大し、5Gモビリティと全国的なブロードバンドサービスに対する需要が高まったことを含む、第1四半期の結果を報告しました。同社の業績は、10年以上にわたって最高のブロードバンド結果を生み出し、アップグレードが急増し、ワイヤレスサービスの収益が増加しました。

ベライゾンの会長兼最高経営責任者であるハンス・ベストバーグは、次のように述べています。 「1月のCBandの立ち上げと、5G Ultra Widebandネットワークの拡張により、消費者とビジネスの両方で固定ワイヤレスの勢いが増幅され、四半期ごとに第4四半期のパフォーマンスの2.5倍が追加され、ワイヤレスのアップグレードが勢いを増しました。年末までに少なくとも1億7500万人に到達することを目標に、Cバンドネットワークの構築を加速し続けています。最近の早期クリアリングスペクトルの発表により、このスペクトルを1年でさらに展開できるようになりました。より早く。”

2022年第1四半期のベライゾンは、2021年第1四半期の1.27ドルに対し、1.09ドルのEPSを報告しました。調整後ベース1では、特別項目を除いたEPSは、2022年第1四半期の1.35ドルでしたが、第1四半期の調整後EPS1は1.36ドルでした。 20212。

報告された第1四半期の収益は、早期債務償還費用による約12億ドルの税引前損失を含む、約15億ドルの特別項目による税引前損失で構成されていました。さらに、TracFoneおよびその他の買収に関連する無形資産の償却への影響は2億3,800万ドルでした。

「先月の投資家の日、私たちはビジネスに投資して成長させ、2025年までに140億ドルのサービスとその他の収益を増やすための戦略を発表しました。今日の結果の最終的なパフォーマンスは、コアビジネスの強さを示しています。 Verizonの最高財務責任者であるMattEllis氏は、「多額の投資期間中であっても、収益性を実現します。今後4年間の成長の75%以上は、5Gモビリティと全国的なブロードバンドによるものと予想しています。第1四半期には、ワイヤレスの売上、顧客の忠誠心、固定ワイヤレス製品の急速な拡大が見られ、成長の見通しに対する自信が強まりました。」

参考:Verizon reports strong 1Q revenue growth

22年2Q決算(22年6月…)

22年2Q決算は、7月23日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

ベライゾン(VZ)の損益計算書は?

ベライゾンは84年に9ドルで上場しています。99年に58ドルを付けるも、その後は長く低迷しています。不況に強い銘柄でコロナ禍の影響はなく、22年4月は51ドルで推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、売上高は横ばいで伸びていません。利益も安定しており、23%前後の高い営業利益率を維持していますね。AOL、アメリカオンライン、米国ヤフーを買収するも、近年はメディア事業を切り離しています。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。自己資本比率は21%、BPSもEPSも安定していますね。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、21年にマイナスに陥っています。21年に投資CFが増えたのは、5Gの先行投資によるものだと思います。基本的には、安定した成熟産業でしっかりと現金を得ています。

では、私たち投資家はどのように判断すれば良いのでしょうか?

ベライゾン(VZ)の注目ポイントは?

ベライゾン(VZ)の注目すべきポイントを紹介します。

注目1:Tモバイルは通信業界2位で29%のシェア?

参考:Wireless subscriptions market share by carrier in the U.S.

ワイヤレス通信の加入者数の市場シェアです。

ワイヤレス通信は大手3社が寡占化しています。業界最大手はAT&T(T)が39%、2位はベライゾン(VZ)が29%、3位にスプリントを買収したTモバイルが29%と続きます。Tモバイルがスプリントを買収したことで、2位と3位の差は縮小しています。

通信キャリアは、高配当銘柄として知られています。

注目2:13年の連続増配銘柄で利回りは4.8%?

ベライゾンの配当金と配当性向の推移です。

ベライゾンは13年連続の増配銘柄です。しかし、配当性向は比較的高めで50%を超え、21年時点の利回りは4.8%です。業界大手のAT&Tの半分程度だが、3位のTモバイルが攻勢をかけているため減配リスクも無視できません。

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

まとめ:ベライゾン(VZ)の決算は?

ベライゾンの注目ポイントは...
  1. 83年に上場した、3大通信キャリアの米国企業
  2. 業界大手AT&Tに次ぐ2位、2社が業界を独占してた
  3. Tモバイルが4位のスプリントを買収し、競争が激化
  4. 営業利益率は最も高く23%、競合よりも安定してる
  5. 連続13年の増配だが、競争激化で減配リスクあり

個人的には、ベライゾンは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、通信業界は安定した成熟産業だが、3位のTモバイルが低価格競争を仕掛けているからですTモバイルはスプリントを買収したことで、業界シェアを29%まで伸ばし、2位のベライゾンと並びます。

大手2社はメディア事業を積極的に買収してきましたね。

しかし、業界地図が一変したため不採算部門であるメディア事業を売却しています。高配当として知られる通信大手だが、2社とも減配リスクが少なからずありますそのため、配当目的で積極的に投資できる局面ではありません。

業界3社の動向を注意深く観察する必要がありますね。

業界3位のTモバイルが低価格帯でシェアを拡大しています。これは、最大手AT&Tと2位のベライゾンには好ましい状況ではありません。

参考:Tモバイル(TMUS)四半期決算|21年3Qは+1.8%に減速

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。