ヴァーレ(VALE)四半期決算|21年2Qは前年比+117%で強い

鉄鉱石が21年5月に最高値を更新、ブラジル最大の鉱山会社ヴァーレは最も恩恵を受けています。20年2月から株価は4倍近く高騰し、売上も利益も過去最高益を記録していますねしかし、中国の環境規制で足元の鉄鉱石価格は崩れています。

  • 「コロナ以降に商品価格が高騰し、株価は2.2倍に高騰した…」
  • PERは152倍と割高だが、21年も株価は上がるのか…」
  • 「コロナが終息すれば、商品価格の高騰も終わるのか…」

ヴァーレは、鉄鉱石を生産するブラジル最大の鉱山企業です。オーストラリアのリオティンととBHPに並ぶ3大資源メジャーで、世界の鉄鉱石輸出の約80%を占めます。売上構成比は鉄鉱石が79%、ニッケルが11%、銅が5%、石炭3%です。

個人的には、ヴァーレは保有したい銘柄のひとつです。

なぜならば、21年5月に鉄鉱石価格が過去最高を更新し、業績が過去最高に好調だからです。コロナ以降、中国の旺盛な需要に支えられて、右肩上がりで価格が上昇しました。これを受けて売上高は過去最高、営業利益率は57%まで急騰しています。

しかし、中国の環境規制による減産で、足元の価格は崩れ始めています。

21年後半は鉄鉱石の供給が増える中で、中国の需要が大幅に減少します。そのため、鉄鉱石価格はさらに減少する可能性が高いです。中国以外の欧州、米国、日本でどれだけ経済再開が進むかに注目したいですね。

同社の見通しによると、鉄鉱石以外の資源の見通しは楽観的に見えています。

VALEの投資判断したい人向け
  1. ヴァーレの4半期決算(21年4-6月)は?
  2. ヴァーレの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. コロナ禍からの商品高騰は、いつまで続くのか?

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

ヴァーレ(VALE)の四半期決算は?

ヴァーレ(VALE)の四半期決算を紹介します。

20年4Q決算(21年3月31日)

第1Q決算の内容は...
  1. 売上高:789.01億レアル(前年比+92%
  2. 営業利益:441.68億レアル(+276%
  3. 純利益:48.25億レアル+175%
  4. 1株当たり利益:0.94レアル(+172%

21年1Q決算(21年3月31日)

第1Q決算の内容は...
  1. 売上高:693.01億レアル(前年比+121%
  2. 営業利益:420.39億レアル(+269%
  3. 純利益:305.64億レアル+658%
  4. 1株当たり利益:—レアル(—%)

21年2Q決算(21年6月30日)

第2Q決算の内容は...
  1. 売上高:878.47億レアル(前年比+117%
  2. 営業利益:546.17億レアル(+269%
  3. 純利益:400.95億レアル+658%
  4. 1株当たり利益:7.86レアル(—%)

2Qの売上高は前年比+117%で878.47億レアル、営業利益は+269%で546億レアルでした。20年4Qと21年1Qに引き続き、2Qも売上と利益は好調ですね。営業利益率は62%と過去最高水準まで伸びています。

コロナ以降、中国の旺盛な需要に支えられて、鉄鉱石の市況は好調です。しかし、足元の鉄鉱石の需要は、中国の規制を受けて大きく低下しています。ヴァーレの見通しによると、21年後半に供給は増える一夫で、中国の環境規制による減産の影響を受けるとしています。

ただし、銅などの他の資源に関しては、中国以外が好調だと述べています。

鉄鉱石62%Feの参照価格は、21年第2四半期の平均US $ 2000.0 / dmtであり、21年第1四半期よりも20%高くなっています。鉄鉱石価格は21年第1四半期末に第2ラウンドの上昇を示し、鉄鉱石供給の抑制が維持され、中国からの非常に強力な経済活動と中国以外からの需要回復により、市場は供給不足にとどまり、価格は米国を上回りました。 $ 200 / t。今後、供給面では、21年上半期に比べて量が増加する一方、中国の環境規制による減産の影響を受けて鉄鉱石の需要は大きなインパクトを受ける可能性がある

中国を除く鉄鋼セクターの経営状況は引き続き改善しており、すべての主要市場はすでにパンデミック前のレベルに回復しています(2020年1月から2月の平均)。鉄鋼需要は旺盛ですが、サプライチェーンの制約によりリードタイムが長くなり(米国では14週間に達する)、輸入品の入手可能性が限られているため、鉄鋼価格は過去最高を記録しています。 HRCの価格は、ヨーロッパ/ブラジルで1,400米ドル/トン、米国で1,900米ドル/トンに達しました。鉄鋼生産者は最近、この成長が彼らに追加​​の能力を引き受けることを促したことを示しました(米国では約700万トン)。自動車セクターは半導体供給の課題に直面していますが、プラス面としては、短期的な需要を延期しているだけです。注意すべき点は、デルタ変異によるCOVID-19症例の復活です。

追加の支援は、財政および金融刺激策、ESG圧力の高まり、持続可能なエネルギーへの移行の加速からもたらされています。これらはすべて銅を大量に消費します。
銅に対する私たちの長期的な見通しは非常に前向きなままです。銅は、工業化、建設、電気ネットワークインフラストラクチャによって推進される強力な長期成長プロファイルを持っています。世界各国の政府は野心的な脱炭素目標を設定しており、再生可能エネルギーのコストの低下とグリーン経済への投資の刺激と相まって、長期的な成長予測はより高く修正されています。この加速は、電気自動車に関連する再生可能エネルギーおよび輸送プロジェクトでの銅集約型の使用に向けたピボットにつながります

参考:VALE’S PERFORMANCE IN 2Q21

21年3Q決算(2021年9月…)

21年3Q決算は、21年10月27日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

ヴァーレ(VALE)の10年間の損益計算書は?

ヴァーレは02年に2.2ドルで上場しています。08年に株価は最高値43ドルを付け、その後は下落しています。20年2月は7ドルまで急落するも、21年8月は20ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、21年は力強く上昇しています。中国からの需要増により、売上高は前年比+37%、営業利益率は57%と過去最高を記録しています。ただし、足元の鉄鉱石価格は低下してる点に注意が必要です。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。EPSは21年に大きく上昇していますね。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、順調に拡大しています。21年は中国の需要増でとりわけ営業CFが拡大しています。世界的な環境規制により、投資CFは縮小傾向にありますね。

では、私たち投資家はどのように投資判断すれば良いのでしょうか?

ヴァーレ(VALE)の注目ポイントは?

VALEの注目すべきポイントを紹介します。

注目1:鉄鉱石の生産販売シェアは35%で世界1位?

参考:資源メジャー大手5社の生産量と世界シェア

鉄鉱石は世界最大の鉱物資源で、生産量は14.7億トンです。

VALEとリオ・ティントとBHPグループの鉄鉱石3大メジャーで、世界の鉄鉱石輸出の80%を占めます。VALEは世界最大の生産企業で、生産販売のシェアは35%で世界1位です

産出地別の産出量は、ブラジル (22%)、オーストラリア (19%)、中国 (16%)、インド (10%)、ロシア (6%)、の上位5カ国が76%を占めます。

VALEが鉄鉱石以外で採掘してるのは、ニッケル、ボーキサイト、銅、金、マンガン、炭酸カリウムなどがあります。VALEはニッケルでも世界2位の規模です。

注目2:鉄鉱石は21年5月に過去最高額を更新?

参考:鉄鉱石 – 先物契約 – 価格

鉄鉱石の先物価格の推移です。

21年5月に鉄鉱石価格は、08年より高く過去最高の230ドルを記録しています。コロナ以降、中国の旺盛な需要に支えられて、右肩上がりで価格が上昇しました。しかし、中国の環境規制による減産で、足元の価格は崩れ始めています。

21年後半は供給が増える中で、中国の需要が大幅に減少します。そのため、鉄鉱石価格はさらに減少する可能性が高いです。中国以外の欧州、米国、日本でどれだけ経済再開が進むかに注目したいですね。

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

まとめ:ヴァーレ(VALE)の四半期決算は?

VALE株の注目ポイントは...
  1. 2002年にADRで上場した、ブラジル最大の鉱山企業
  2. BHPグループ、リオティントに次ぐ、3大資源メジャーの1社
  3. 主力商品は鉄鉱石で、世界の鉄鉱石輸出の約80%を占める
  4. ニッケルは世界2位、アルミ、銅、金、マンガンを生産する
  5. 15年に赤字決算に陥るも、20年の営業利益は38%まで改善
  6. 鉄鉱石の価格が高騰し、20年3Qは前年比+91%の利益
  7. 中国経済は好調で、21年も商品価格の高騰が続く見込み

個人的には、ヴァーレは保有したい銘柄のひとつです。

なぜならば、21年5月に鉄鉱石価格が過去最高を更新し、業績が過去最高に好調だからです。コロナ以降、中国の旺盛な需要に支えられて、右肩上がりで価格が上昇しました。これを受けて売上高は過去最高、営業利益率は57%まで急騰しています。

しかし、中国の環境規制による減産で、足元の価格は崩れ始めています。

21年後半は鉄鉱石の供給が増える中で、中国の需要が大幅に減少します。そのため、鉄鉱石価格はさらに減少する可能性が高いです。中国以外の欧州、米国、日本でどれだけ経済再開が進むかに注目したいですね。

同社の見通しによると、鉄鉱石以外の資源の見通しは楽観的に見えています。

ヴァーレは鉄鉱石とは対照的に、銅は21年後半も好調だと予想しています。フリーポート・マクモランは銅の生産量が多く、価格上昇の恩恵を最も受けていますね。

参考:フリーポート・マクモラン(FCX)四半期決算|2Qの営業利益は6.4倍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。