ユニティ(U)四半期決算|22年3Qは-6%に減速

ゲームエンジンを提供するユニティは、過去3年間で売上高が2倍にも拡大しています。しかしながら、コロナで恩恵を受けるはずが、20年2月から株価は急落し42%も暴落しています経済再開する22年は、業績はどうなるでしょうか?

  • 「ゲームエンジンを無料で提供20年上場のIPO銘柄だ…」
  • 「コロナはゲーム業界に追い風、売上高は2桁成長で拡大…」
  • 「20年2月から反落し、株価は42%も暴落している…」

ユニティは、独立系ゲーム開発者向けに、ゲームエンジンを提供する米国企業です。AndroidやiOSで動くゲームアプリを開発できるため、ゲーム業界で急速に注目を集めていますね。20年度にIPOした会社で、売上高は3年で2倍に拡大しています。

個人的には、ユニティは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、ハイテクやゲーム業界は移り変わりが早く、競争が激しい分野だからですゲームエンジンを無料で提供してるのはユニティだけではありません。ゲームエンジンの市場シェアはユニティが11%、業界最大手はUnrealで23%を占めます。

Unrealは、ユニティよりも高性能なグラフィックを提供しています。

また、他にも数百社以上の企業が、ゲームエンジンを提供しています。20年4Qはユニティのリピーターの売上率を示す数値が反落したが、いつ市況が変わるか読めません。売上高成長率が鈍化する中で、利益率が低いユニティに投資するメリットはないですね。

売上成長率は+40%前後だが、営業損失額も拡大しています。22年3Qはマイナス成長に転じ、営業損失額も売上の2倍と悪いです。

ユニティの投資判断したい人向け
  1. ユニティの4半期決算(22年7-9月)は?
  2. ユニティの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. コロナで成長が加速、経済再開後の21年も成長できる?

▼▼2022年12月は資産が6000万円を超える▼▼

20年3月に米国株を初めて、2.5年で運用額を10倍に増やしました

ただし、大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。20年や21年は歴史的な好相場で、素人でも読みやすい相場でしたね。ただし、22年現在は500社以上の銘柄分析を行い経験を積んだことで、なんとかプラスを維持しています。

過去の実績の詳細については、次の記事を参考にしてください。

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

ユニティ(U)の四半期決算は?

ユニティ(U)の四半期決算を紹介します。

22年1Q決算(22年3月31日)

1Qの内容は...
  1. 売上高:3.20億ドル(前年比+36%)◯
  2. 営業利益:−1.71億ドル(前年度−1.10億ドル)
  3. 純利益:−1.77億ドル(前年度−1.07億ドル)
  4. 1株当たり利益:−0.60ドル(前年度−0.39ドル)◯

22年2Q決算(22年6月30日)

3Qの内容は...
  1. 売上高:2.97億ドル(前年比+8%
  2. 営業利益:—億ドル(—%)
  3. 純利益:−2.04億ドル(−37%)
  4. 1株当たり利益:−0.18ドル(−800%)

22年3Q決算(22年9月30日)

3Qの内容は...
  1. 売上高:2.10億ドル(前年比−6%)◯
  2. 営業利益:−2.39億ドル(前年度−1.26億ドル)
  3. 純利益:−2.53億ドル(前年度−1.15億ドル)
  4. 1株当たり利益:−0.84ドル(前年度−0.41ドル)◯

Qの売上高は前年比−6%で2.10億ドル、営業利益は−2.39億ドルでした。22年1Qと2Qに続き、3Qも売上は減速していますね。営業利益率は−113%と過去最低水準ですね。

22年後半には、売上も減速してきましたね。

22年4Qの売上予想は、4.35億ドル(前年比+37%)と持ち直します。22年通期の売上予想は1375億ドルとしています。

Unity の最高財務責任者である Luis Visoso は次のように述べています。 「今年は慎重にコストを管理してきましたが、目の前にある大きなチャンスを捉え続けているため、来年はさらに効率を高めます。」

Unity の社長兼最高経営責任者である John Riccitiello は次のように述べています。 「クリエイターと株主に価値を生み出す革新的なエンドツーエンドのプラットフォームを構築するにあたり、ironSource の全員を Unity に歓迎します。 この組み合わせにより、今日の困難な広告市場で成功を収め、市場が回復し始めたときに有利になると確信しています。」

参考:Unity Announces 4Q and Full Year 2021 Financial Results

22年4Q決算(22年12月…)

22年4Q決算は、23年2月10日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

ユニティ(U)の損益計算書は?

ユニティは20年9月に68ドルで上場しました。株価は順調に上昇し11月に最高値201ドルを付けていますね。しかし、米国債利回り上昇もあり、22年11月は20ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、売上高は順調に拡大していますね。20年の売上高は7.72億ドルで、過去3年で2倍に増えています。しかしながら、営業利益率は低く20年は−35%と悪化しています

ユニティの収益は、製作されたゲームが収益化に成功してからですそのため、ユニティのゲーム開発者が増え、アプリが売れるのを待つ必要があります。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。BPSは横ばいか下落基調にありますね。EPSも赤字幅が拡大し、まだまだ黒字化する見込みはありません

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、赤字が続いています。しかしながら、営業CFは20年から黒字化に成功していますね。営業CFが黒字化すれば、収益構造的に今後も上昇していくことが予想できます

では、私たちはどのように投資判断すれば良いのでしょうか?

ユニティ(U)の注目すべきポイントは?

ユニティに投資する上で注目すべきポイントを紹介します。ユニティは、独立系ゲーム開発者向けに、ゲームエンジンを無料で提供します。AndroidやiOSで動くゲームアプリを開発できるため、ゲーム業界で急速に注目を集めていますね。

注目1:売上高は2年間で2.75倍に急拡大してる?

参考:じっちゃま「ユニティ(U)の決算発表後の株価の動き」について

四半期毎の売上高を見ると、順調に増えている事が分かりますね。18年1Qに80.1百万ドルだった売上高は、20年4Qには2.75倍まで増えています。

ユニティはゲームエンジン(開発環境)を無料で提供しています。

課金方法の1つは、サブスク型で開発者が作成したゲームに対して課金します。他の課金方法では、完成したゲームの利用者が増えた段階で、アプリ内課金を折半します。どちらも、ゲームが軌道に乗った時点で課金が始まるため、開発者は少ないリスクでゲーム開発ができますね。

月次アクティブユーザー数(MAU)は150万人です。また、製作されたゲームは1ヶ月で30億回、世界中の15億台のデバイスでプレーされています。

ダラー・ベースト・ネット・エクスパンション比率は伸び悩んでいます。

注目2:20年4Qに利用者は離れ始めている?

参考:じっちゃま「ユニティ(U)の決算発表後の株価の動き」について

ダラー・ベースト・ネット・エクスパンション比率の四半期毎の数値です。

米国株投資家の広瀬隆雄さんによると、ダラー・ベースト・ネット・エクスパンション率とは「同じ顧客をどれだけつなぎとめることに成功し、さらにその顧客からより沢山の売上高を上げているか?」という指標です。

20年Q3までは順調に増加するも、4Qでは低下してる点に注意が必要です。プログラミング言語や開発環境は流行り廃りが早く、いつ流れが変わるか読めない事が懸念材料です。ユニティ開発者は、21年には別のプラットフォームに移動してるかもしれません。

では、ユニティの市場シェアはどれだけあるのでしょうか?

注目3:競合のUnrealが市場シェア23%を占める?

参考:Unity vs Unreal Engine for XR Development

20年のゲームプラットフォームの市場シェアです。

最も人気が高いプラットフォームはUnrealで23%、次いでUnityが11%です。Unrealは米国のエピックゲームズが開発したゲームエンジンです。Unityと同様に、ゲーム開発者向けに高性能のグラフィックを提供します。

製品化した後に5%の手数料を得るため、ユニティと同様に無料で利用できます

Unreal以外にも、競合となる企業は星の数ほどありますね。ハイテクやゲーム業界は移り変わりが激しく、特定の企業が高いシェアを持ち続けるのは難しいです。Unityは順調に売上高を拡大しいるが、どこかの時点でブレーキが掛かるかもしれません。

▼▼2022年12月は資産が6000万円を超える▼▼

20年3月に米国株を初めて、2.5年で運用額を10倍に増やしました

ただし、大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。20年や21年は歴史的な好相場で、素人でも読みやすい相場でしたね。ただし、22年現在は500社以上の銘柄分析を行い経験を積んだことで、なんとかプラスを維持しています。

過去の実績の詳細については、次の記事を参考にしてください。

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

まとめ:ユニティ(U)の四半期決算は?

ユニティの注目ポイントは...
  1. 20年9月に上場した、ゲームエンジンを提供する米国企業
  2. 幅広いプラットフォームで対応し、AndroidとiOSでも動く
  3. 課金方法はサブスク型とアプリ内課金、製品化するまで無料
  4. 競合はUnrealでシェア23%、ユニティは2番手で11%
  5. 売上高は3年で2倍に拡大するも、営業利益率は−35%と低い
  6. リピーターの売上高を示す指標は、20年4Qに反落した
  7. 21年に売上成長率は減速し、利益率も改善できていない

個人的には、ユニティは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、ハイテクやゲーム業界は移り変わりが早く、競争が激しい分野だからですゲームエンジンを無料で提供してるのはユニティだけではありません。ゲームエンジンの市場シェアはユニティが11%、業界最大手はUnrealで23%を占めます。

Unrealは、ユニティよりも高性能なグラフィックを提供しています。

また、他にも数百社以上の企業が、ゲームエンジンを提供しています。20年4Qはユニティのリピーターの売上率を示す数値が反落したが、いつ市況が変わるか読めません。売上高成長率が鈍化する中で、利益率が低いユニティに投資するメリットはないですね。

コロナ禍でゲーム業界全般は好調ですね。子供向け3Dゲームのロブロックスは前年比+140%で拡大しています。ただし、ユニティと同様に営業利益率は赤字が続きます。

参考:ロブロックス(RBLX)四半期決算|前年比+140%で子供用3Dゲーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です