コンステレーション・ブランズの四半期決算|コロナ後は売上が減速?

米国ビール3位のコンステレーション・ブロンズ(STZ)は、コロナ禍でも力強く業績が推移しています。また、医療用麻を製造するキャノピー(CGC)を買収し、麻銘柄としても注目を集めていますね

  • 「低迷するビール業界で、販売成長率30%で好調だ…」
  • 「コロナ禍でも好調で、20年4月から2倍に近く上昇した…」
  • 「麻企業の筆頭株主になり、麻関連銘柄として注目される…」

コンステレーションは、米国ビール3位のアルコール飲料メーカーです。世界的にアルコール業界が低迷する中で、大手からシェアを奪うことで急成長しています。コロナビールなど、米国で拡大してるクラフトビールに強みがあります

個人的には、コンステレーションは保有したい銘柄のひとつです。

なぜならば、ブランド化戦略に成功し、飲料業界でも特出して利益率が高いからです。20年の営業利益率は33%と、コカコーラの社の28%よりも高いです。22年1Q(21年5月期)では、営業利益率は36%まで加速しています。

米国の経済再開で、動向が注視されるアルコール飲料メーカーです。

これまでの業績を統括すると、都市封鎖が深刻化した21年後半が最も売上高が伸びています外出規制やレストラン封鎖で、自宅でお酒を飲む人が増えたからですね。経済が本格的に再開する21年以降は、レストランでの消費量が増えそうです。

低迷するアルコール業界で、同社は順調に業績を伸ばしています。

コンステレーションの投資判断したい人向け
  1. STZの4半期決算(2020年9-12月)は?
  2. STZの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. キャノピーの筆頭株主になり、麻関連でも注目される銘柄?

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

コンステレーション・ブランズの四半期決算は?

コンステレーション・ブランズ(STZ)の四半期決算を紹介します。

21年3Q決算(2020年11月31日)

3Qの内容は...
  1. 売上高:24.38億ドル(前年比+21%
  2. 営業利益:8.65億ドル(+33%
  3. 純利益:12.81億ドル(+255%
  4. 1株当たり利益:6.55ドル(+254%

21年4Q決算(2021年2月28日)

4Qの内容は...
  1. 売上高:19.53億ドル(前年比+3%
  2. 営業利益:5.90億ドル(−1%
  3. 純利益:3.93億ドル(−3%
  4. 1株当たり利益:1.95ドル(−4%)

22年1Q決算(2021年5月31日)

1Qの内容は...
  1. 売上高:20.27億ドル(前年比+3%
  2. 営業利益:7.45億ドル(+9%
  3. 純利益:−9.08億ドル(−410%
  4. 1株当たり利益:−4.68ドル(−408%)

1Qの売上高は前年比+3%で20.27億ドル、営業利益は+9%で7.45億ドルでした。売上高のピークは20年11月期で、以降は減速していますね。ただし、営業利益率は36%と過去最高に高いです。

米国の経済再開で、動向が注視されるアルコール飲料メーカーです。

これまでの業績を統括すると、都市封鎖が深刻化した21年後半が最も売上高が伸びています外出規制やレストラン封鎖で、自宅でお酒を飲む人が増えたからですね。経済が本格的に再開する21年以降は、レストランでの消費量が増えそうです。

純利益が赤字なのは、「進行中の醸造所建設仮勘定の減損」で6.65億ドルを計上したからです。

22年2Q決算(2021年8月…)

22年2Q決算は、21年9月29日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

コンステレーション・ブランズの損益計算書は?

コンステレーション・ブランズは1992年に1.6ドルで上場しています。上場して以降は常に最高値を更新し続ける銘柄です。20年2月に120ドルまで下落するも、21年2月は222ドルで推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、売上高と利益が同時に増えている事が分かりますね。ブランド化戦略を取ることで年々利益率を改善し、20年の営業利益率は33%と高いです。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。BPSもEPSも順調に増加している事が分かりますね。低迷するアルコール業界では、他の銘柄にないほど好調です。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)も、順調に増加している事が分かります。ブランド化に成功しているコンステレーションは、設備投資が増えてなくても利益を出せています。

では、私たちはどのように投資判断すれば良いのでしょうか?

コンステレーション・ブランズの注目ポイントは?

コンステレーション・ブランズに投資する上で注目すべきポイントを紹介します。

注目1:売上高に占めるビールの割合は61%?

参考:Avest-E・ハリス グローバル バリュー株・ハリス世界株

コンステレーションは、ビール、ワイン、スピリッツを製造販売します。

売上高に占めるビールの割合は61%、ワインは34%、蒸留水などのスピリッツは5%です。コンステレーションは元々はワインの会社でした。21年に米国コロナビールの事業を取得し、ビールにも参入しています。

米国内では3位のビール会社で、輸入ビールの米国販売上位15ブランドのうち6ブランドを扱います。低迷するアルコール業界の中で高い成長率を維持しています。

また、麻が含むアルコール飲料にも参入する予定です。医療用大麻を製造するカナダのキャノピー・グロース(CGC)に38%出資しています麻業界は規制緩和が進むため、21年に最も注目されている銘柄のひとつです。

参考:キャノピー・グロースの四半期決算|純損失額が売上高の4倍?

コンステレーションの売上高は好調だが、アルコール業界は下火です。

注目2:ビール消費量は3年連続で低下してる?

参考:Around the world, beer consumption is falling

世界的に見て、アルコール飲料の消費量は減少傾向にあります。

調査会社のIWSRによると、世界で消費されるアルコール飲料の量は16年に1.4%減少して2500億リットルになりました。これは2年連続の減少で、成人1人あたりのビール消費量は3.2%減少しています

米国では、ビールの消費量は3年連続で減少しています。アルコール消費量のビールに占める割合が大きいため、市場全体が縮小傾向にありますね。

参考:Beer Falls Out of Favor in the U.S.

それでも、コンステレーションの売上高が好調なのは、クラフトビールの消費量が増えているからです。コンステレーションは、ブランド化戦略が上手い会社でもあります。

注目3:クラフトビールは市場の24%まで拡大?

参考:America’s Craft Beer Revolution Is Still Going Strong

米国では、クラフトビールが人気を集めています。クラフトビールとは、小規模な醸造所がつくる多様で個性的なビールの事です。

収益は18年に7%も増加し、ビール市場のシェア24%まで拡大しています。ビールカテゴリ全体としては世界的に低調だが、コンステレーションは既存のビール大手からシェアを奪うことで成長しています。

注目4:コンステレーションは米国1位の成長率30%?

参考:米国コロナビールとクラフトビール需要で伸びる

売上高の成長率では、コンステレーションは米国1位です。

世界のビールマーケットシェアでは、コンステレーションは上位10社に入っていません。しかしながら、成長率は30%で米国1位の実績です。上位からシェアを急速に奪っていることが分かりますね。

また、コンステレーションが麻を含む飲料を開発する事も注目されています。米国内では娯楽用麻の認可が進むため、市場の拡大が期待されている分野です。

注目5:娯楽目的で利用可能は15/47州に増加?

参考:INVESTOR PRESENTATION(Grow Generation)

グロウジェネレーション(GRWG)による20年時点の合法化地域です。(参考:グロウジェネレーションの四半期決算|20年3Qは前年比+152%

医療目的で合法化された地域は33州、完全に合法化されたのは11州、使用が禁止されているのは3州です。医療目的ならばすでに多くの地域で合法化されてます。一方で、娯楽目的で合法化してない地域はまだ36州もありますね

21年に誕生したバイデン大統領は、合法化に積極的だと言われています。

大統領選と同時に行なわれた住民投票で、新たにアリゾナなど4州で合法化が決定しました。20年11月の記事によると、全米15州で娯楽目的で合法化されると言います今後は全米で解禁となる可能性も十分にあります。

参考:バイデン新大統領で米国は麻解禁加速

米国で合法化が加速してる理由は、コロナで落ち込んだ州の税収を確保するためです。麻以外でも、オンラインカジノの合法化も議論されていますね。

こうした米国の動きは世界中でも拡大する可能性があります。

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

まとめ:コンステレーションの四半期決算は?

コンステレーションの注目ポイントは...
  1. 1992年に上場した、米国のアルコール販売メーカー
  2. ビールの売上高が61%、米国内で3位のビール会社
  3. コロナビールなど、米国で急成長してるクラフトビールに強み
  4. 世界中でビール消費量が減る中で、販売成長率は30%と高い
  5. ブランド戦略に成功し、営業利益率が33%と特出して高い
  6. 麻関連のキャノピーを買収し、麻関連企業としても注目される

個人的には、コンステレーションは保有したい銘柄のひとつです。

なぜならば、ブランド化戦略に成功し、飲料業界でも特出して利益率が高いからです。20年の営業利益率は33%と、コカコーラの社の28%よりも高いです。22年1Q(21年5月期)では、営業利益率は36%まで加速しています。

米国の経済再開で、動向が注視されるアルコール飲料メーカーです。

これまでの業績を統括すると、都市封鎖が深刻化した21年後半が最も売上高が伸びています外出規制やレストラン封鎖で、自宅でお酒を飲む人が増えたからですね。経済が本格的に再開する21年以降は、レストランでの消費量が増えそうです。

低迷するアルコール業界で、同社は順調に業績を伸ばしています。

娯楽用麻が合法化すれば、アルコール飲料を販売するコンステレーションも市場拡大で恩恵を受けますねしかしながら、キャノピー(CGC)は赤字企業で投資する際には注意が必要です。

参考:キャノピー・グロースの四半期決算|純損失額が売上高の4倍?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。