ステートストリート(STT)四半期決算|3Qは+7%で好調

世界最大の運用会社であるステートストリートは、コロナの影響を受けずに順調に事業を拡大しています。左近のETFブームは引き続き好調ですね。ただ、21年2Qは前年比+5%、3Qも+7%で競合と比較するとやや弱いです

  • 「84年に1ドルで上場、株価は60倍に高騰してる…」
  • 「世界市場は3社が独占、STTは3位で15%を占める…」
  • 「競合にシェアを奪われ、利益率は23%と低い…」

ステートストリート(STT)は、世界3位の資産運用会社です。運用規模は3.5兆ドルにも及び、最大手ブラックロック(BLK)、非上場のバンガードだけで世界シェアの7割を獲得しています。 ETF提供者であり、世界シェアの15%を獲得しています。

個人的には、ステートストリートは投資したい銘柄でないです。

なぜならば、ETF運用会社では競合2社にシェアを奪われているからです新興企業であるバンガードが上位2社からシェアを奪っています。98年に90%だったステートストリートのシェアは、19年に15%まで低下していますね。

ただ、ETFブーブもあり同社の売上も拡大しています。

ETFブームは22年以降もまだまだ続くと思います。機関投資家や個人投資家を含め、手軽にリスク分散できるETFの需要は年々増しています。また、レバレッジETFなど、ハイリスクの投資手法にも最適ですね。

ただ、バンガードがシェアを奪う構図は変わらず、楽観的には見ていません。バンガードに対抗するために、ブラックロックに買収される可能性もあります。いずれにしても、22年1月の予想PER11倍は妥当だと言えそうです。

STTの投資判断したい人向け
  1. ステートストリートの4半期決算(21年7-9月)は?
  2. ステートストリートの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 世界的なETFブームは、22年も継続して続くか?

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

ステートストリート(STT)の四半期決算は?

ステートストリート(STT)の四半期決算を紹介します。

21年1Q決算(21年3月30日)

1Qの内容は...
  1. 売上高:29.59億ドル(前年比−2%
  2. 営業利益:6.95億ドル(−17%
  3. 純利益:5.19億ドル(−18%
  4. 1株当たり利益:1.37ドル(−15%)

21年2Q決算(21年6月30日)

2Qの内容は...
  1. 売上高:30.49億ドル(前年比+5%
  2. 営業利益:10.12億ドル(+15%
  3. 純利益:7.63億ドル(+9%
  4. 1株当たり利益:2.07ドル(+11%

21年3Q決算(21年9月30日)

3Qの内容は...
  1. 売上高:29.92億ドル(前年比+7%
  2.  Servicing fees:13.95億ドル(+7%
  3.  Management fees:5.26億ドル(+9%
  4.  FX trading services:2.79億ドル(+3%
  5.  Securities finance:1.06億ドル(+26%
  6.  Software and processing fees:1.98億ドル(+15%
  7. 営業利益:9.56億ドル(+26%
  8. 純利益:7.14億ドル(+28%
  9. 1株当たり利益:1.96ドル(+35%

Qの売上高は前年比+7%で29.92億ドル、営業利益は+26%で9.56億ドルでした。21年2Qと比較して、3Qの売上は減速しています。ただし、営業利益率は31%と過去最高に高い水準ですね。

総運用資産額は3.5兆ドルにも及びます。世界最大はブラックロック(BLK)で9.4兆ドル、2位は非上場企業のバンガードで同社と同じくらいの規模です。この上位3社で、世界運用総額の7割のシェアを獲得しています。

ただ、ETF運用シェアでは、同社はバンガードにシェアを奪われています。ステートストリートは買収を通じて、さらに運用規模を拡大しています(参考:BBH投資家サービス部門を買収-約3850億円)。

21年4Q決算(21年12月…)

22年2Q決算は、1月27日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

ステートストリート(STT)の損益計算書は?

ステートストリートは84年に1.6ドルで上場しています。株価は景気動向の影響を受けながらも、右肩上がりで上昇しています。20年3月は46ドルに下落するも、22年1月は97ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、売上と利益はあまり増えていません。競合バンガードが低コストのETFでシェアを拡大しています。営業利益率は22%前後と、競合ブラックロックと比較すると低いですね。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。自己資本比率は8%と低い水準にあります。BPSは伸びていないが、自社株買いを通じてEPSは増えています。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、18年をピークに下落しています。競合バンガードにシェアを奪われていることが予想できます。また、21年の下落はBBHの投資部門の買収によるものだと思います。

では、私たち投資家はどのように判断すれば良いのでしょうか?

ステートストリート(STT)の注目ポイントは?

ステートストリート(STT)の注目ポイントを紹介します。

注目1:世界3位の資産運用会社である?

参考:世界のETF運用・管理会社ランキングとシェア一覧2017

世界のETF資産運用会社のシェアです。

世界最大のETF運用はブラックロックで1.03兆ドルです。2位は非上場のバンガードで0.47兆ドル、3位にステートストリートで0.43兆ドルと続きます。米国の上位3社だけで、他を圧倒していると言えますね。

では、ETFを提供する3社はどれくらいの市場シェアを持つでしょうか?

注目2:ETF世界3位でシェアは15%に急落?

参考:ETF Market Share: The Competitive Landscape 

ETFを提供する主要プレーヤーの市場シェアです。

世界最大のETFプロバイダーは、ブラックロックが保有するiSharesで39%を占めます。次いで、非上場企業バンガードが25%、ステートストリート(STT)が15%です。上位3企業だけで、8割を寡占化していますね。

98年に9割を占めていたステートストリートは、2社にシェアを奪われていますねブラックロックもまた、近年はバンガードに奪われる構図です。いずれにしても、ETFブームはこの3社に支えられていると言えます。

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

まとめ:ステートストリート(STT)の決算は?

STTの注目ポイントは...
  1. 84年に上場した、世界3位の米国運用会社である
  2. 運用総額は3.5兆ドル、大手3社が7割を寡占化
  3. 競合はブラックロックと非上場のバンガードである
  4. 低コストのバンガードが、2社からシェアを奪う
  5. 98年にETFシェア9割だが、19年は15%に低下
  6. ETFブームもあり、21年の営業利益率は31%と高い

個人的には、ステートストリートは投資したい銘柄でないです。

なぜならば、ETF運用会社では競合2社にシェアを奪われているからです新興企業であるバンガードが上位2社からシェアを奪っています。98年に90%だったステートストリートのシェアは、19年に15%まで低下していますね。

ただ、ETFブーブもあり同社の売上も拡大しています。

ETFブームは22年以降もまだまだ続くと思います。機関投資家や個人投資家を含め、手軽にリスク分散できるETFの需要は年々増しています。また、レバレッジETFなど、ハイリスクの投資手法にも最適ですね。

ただ、バンガードがシェアを奪う構図は変わらず、楽観的には見ていません。バンガードに対抗するために、ブラックロックに買収される可能性もあります。いずれにしても、22年1月の予想PER11倍は妥当だと言えそうです。

ブラックロックは世界最大の運用会社で、運用総額は9.4兆ドルにも及びます。ETFでは39%のシェアを持ち1位だが、同社と同様にバンガードに押されています。将来的には、ブラックロックが買収する可能性もあります。

参考:ブラックロック(BLK)四半期決算|3Qは+15%に減速

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。