シフト4ペイメンツ(FOUR)四半期決算|21年3Qは+76%に減速

決済システムを提供するシフト4ペイメンツは、経済再開で株高が期待できる銘柄ですね。売上高は上昇基調にあり、21年2Qは前年比+147%、3Qは+76%と好調です。

  • 「20年5月に上場し、1年で株価は3倍にも急騰している…」
  • 「21年に経済が加熱すれば、決済システムは恩恵を受けられる…」
  • 「前年比+76%で回復してるが、予想PER250倍は割高か…」

シフト4ペイメンツは、カード決済業界における加盟店管理会社です。ECサイト、ゲーム、小売など様々な業種に、統合支払処理ソリューションを提供しています。POS(販売時点管理)システムを開発するIT企業としても高いシェアを持ちます。

個人的には、シフト4ペイメンツは投資したい銘柄ではないです。

なぜならば、コロナ以前から売上高は減速し、利益率も落ちてるからです。18年に1.2%だった営業利益率は、21年には−13%まで低下しています。経済再開で期待される銘柄だが、過度に期待するのは危険ですね。

ただ、短中期的には業績は急回復しています。

経済再開が進む21年2Qは前年比+147%、3Qは+76%と好調です。ただ、オンライン決済はアファーム(AFRM)、スクエア(SQ)などの競合も多い点は注意が必要ですね。21年後半は急回復するも、収益性があるか注視したいですね。

FOURの投資判断したい人向け
  1. シフト4ペイメンツの4半期決算(21年7-9月)は?
  2. シフト4ペイメンツの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 21年の経済再開が期待されるが、投資すべきでない理由は?

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

シフト4ペイメンツ(FOUR)の四半期決算は?

シフト4ペイメンツ(FOUR)の過去四半期の決算を紹介します。

21年1Q決算(21年4月31日)

第1Q決算の内容は...
  1. 売上高:2.39億ドル(前年比+20%
  2.  Payment-based revenue:89%
  3.  Subscription and other:11%
  4. 営業利益:−0.234億ドル(−220%)
  5. 純利益:−3.280億ドル(—%
  6. 1株当たり利益:−0.62ドル(—%)

21年2Q決算(21年6月30日)

第2Q決算の内容は...
  1. 売上高:3.51億ドル(前年比+147%
  2. 営業利益:0.063億ドル(+111%
  3. 純利益:0.032億ドル(+420%
  4. 1株当たり利益:0.04ドル(+233%

21年3Q決算(21年9月30日)

第3Q決算の内容は...
  1. 売上高:3.77億ドル(前年比+76%
  2.  Payment-based revenue:89%
  3.  Subscription and other:11%
  4. 営業利益:−0.056億ドル(前年度−0.039億ドル)
  5. 純利益:−0.138億ドル(前年度−0.098億ドル
  6. 1株当たり利益:−0.17ドル(前年度−0.12ドル)

3Qの売上高は前年比+76%で3.77億ドル、営業利益は−0.056億ドルでした。21年2Qと比較すると、3Qの売上高は減速するも好調ですね。営業利益率は−1.4%と改善傾向にあります。

シフト4ペイメンツは、コロナによる都市封鎖で悪影響を受けた銘柄のひとつです。しかしながら、経済活動が本格的に再開する21年後半は、業績を押し上げる可能性が高いですね。ただし、コロナ以前から赤字決算なので、過度に期待はできないです。

21年通期の売上予想は、13.5億ドル(前年比+76%)としています。

21年4Q決算(21年12月…)

21年4Q決算は、22年2月11日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか

シフト4ペイメンツ(FOUR)の損益計算書は?

シフト4ペイメンツは20年5月に33ドルで上場しました。株価は右肩上がりで上昇し、21年11月は68ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、19年から売上も利益も鈍化していますね。18年の営業利益率は1.2%だったが、21年TTMは−13.5%まで低下しています。コロナによる影響を受けたこともあるが、競合にシェアを奪われている可能性もあります。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。21年のBPSは少し上昇していますね。EPSは赤字が続くも少しずつ縮小しています。ただし、まだ赤字を脱却する目処は立っていません。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、大幅に赤字が拡大していますね。設備投資額は年々増加しているが、営業CFは増えていません。20年に上場し資金調達に成功したが、自己資本比率は21%と高くはなく減少しています。

フリーCFが減り続けるならば、また資金を調達する必要があります。では、私たち投資家はどのように投資判断したら良いのでしょうか?

シフト4ペイメンツ(FOUR)の注目ポイントは?

シフト4ペイメンツに注目すべきポイントを紹介します。シフト4ペイメンツは、カード決済業界における加盟店管理会社です。POS(販売時点管理)システムなどのソフトウェアも提供するIT企業としても知られています。

注目1:支払い手数料の売上高が全体の9割を占める?

参考:Shift4 Payments IPO Valuation Analysis and more

シフト4ペイメントの事業別の売上高推移です。

シフト4ペイメントの売上高は、四半期毎に順調に増えていますね。支払い手数料の売上高が9割、サブスクリプションが1割前後の割合です。

シフト4ペイメントは、カード決済業界における加盟店管理会社です。POS(販売時点管理)システムなどのソフトウェアも提供するIT企業です。売上高が順調に伸びていないのは、競合企業にシェアを奪われてる可能性があります。

では、POSソフトウェアの市場シェアはどれくらいあるでしょうか?

注目2:POSソフトの上位企業だが競合も強い?

参考:Restaurant POS Software Market 

POSソフトウェアの市場シェアです。

シフト4ペイメントは、POSソフトウェアの上位企業です。ただし、この分野ではそれほど高いシェアを保有できていません。上位企業には、米国スクエア(SQ)、SoftTouch、Oracle Hospitality、カナダのSilverWareがあります。

また、オンラインの決済システムでは、ペイパルが圧倒的なシェアを持ちます。

参考:ペイパルの四半期決算|仮想通貨銘柄で株価は1年で3倍に上昇?

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

まとめ:シフト4ペイメンツの四半期決算は?

シフト4ペイメンツ株の特徴は...
  1. 20年5月に上場、カード決済業界における加盟店管理会社
  2. ECサイト、ゲーム、小売などに、統合支払い処理を提供する
  3. POSシステムを開発する、IT企業としても高いシャアを持つ
  4. 売上高は19年に減速し、21年の営業利益率は−13%
  5. 投資CFが拡大してる上に、営業CFも赤字が続いている
  6. 経済再開で期待されるが、競合にシェアを奪われてるかも

個人的には、シフト4ペイメンツは投資したい銘柄ではないです。

なぜならば、コロナ以前から売上高は減速し、利益率も落ちてるからです。18年に1.2%だった営業利益率は、21年には−13%まで低下しています。経済再開で期待される銘柄だが、過度に期待するのは危険ですね。

ただ、短中期的には業績は急回復しています。

経済再開が進む21年2Qは前年比+147%、3Qは+76%と好調です。ただ、オンライン決済はアファーム(AFRM)、スクエア(SQ)などの競合も多い点は注意が必要ですね。21年後半は急回復するも、収益性があるか注視したいですね。

オンライン決済は21年と22年のトレンドになりそうですね。BNPL(後払い方式)など、フィンテック企業によって開拓されています。

参考:アファーム(AFRM)四半期決算|22年1Qは前年比+55%に減速

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。