グローバス・マリタイム(GLBS)四半期決算|21年4Qは+367%に加速

コンテナ運賃に引き続き、バルク船運賃も20年10月から高騰しています。しかしながら、バルク関連株にも関わらず、同社の株価は伸び悩んでいますね。21年3Qの売上は前年比+300%、4Qは+367%と好調ですね。

  • 「コロナによる市況低迷で、株価は95%も暴落している…」
  • 「中国が大量に鉄鉱石を輸入し、バルク指数が上昇している…」
  • 新規注文率は過去最低で、バルク市況は急回復する見通しだ…」

グローバス・マリタイムは、ドライバルク船を運行するギリシャの海運会社です。売上高の規模は、競合スターバルク(SBLK)の60分の1と規模が小さいです。中規模サイズのバルク船を7隻保有しています。

個人的には、グローバス・マリタイムは投資したい銘柄のひとつです。

なぜならば、22年もバルク船の需給はタイトであり、バルク業界のCEOは強気に見ているからです保有するバルク船が少ない同社は売上が少ないため、成長率は他の企業よりも高いですね。21年4Qの売上成長率は+367%と特出して高いです。

また、同社は22年に2隻のバルク船を注文しています。

21年10月に低迷するも、足元のバルク運賃は上向いていますね。そのため、22年5月のPER2倍は十分に割安ですね。ただし、配当金がないこともあり、スターバルク(SBLK)やゴールデンオーシャン(GOGL)より買われていません。

GLBSの投資判断したい人向け
  1. GLBSの4半期決算(22年1-3月)は?
  2. GLBSの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 20年にバルク市況が反転したが、業績は上向くのか?

▼▼12月分コンサルも募集開始、締切は11/30日まで▼▼

20年3月に米国株を初めて、2.5年で運用額を10倍に増やしました

ただし、大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。20年や21年は歴史的な好相場で、素人でも読みやすい相場でしたね。ただし、22年現在は500社以上の銘柄分析を行い経験を積んだことで、なんとかプラスを維持しています。

このブログを通じて、投資を教えて欲しいと多くの要望を頂きました

22年9月から、月5名を上限に個別コンサルしています。12月分のコンサルも11月28日から募集を開始しています。また、12月は決算期でないため、一時的に10名に拡大しますそれから、22年1月は料金を2倍にするので、収入や資産に余裕がない人は、12月がお試し価格で受ける最後のチャンスです

締め切りは11月30日の24時までです。

コンサルの詳細は以下の記事に記載しています。

参考:【5名限定で3000円】「個別コンサル」とライン追加のお願い

今すぐ申し込みたい人は、LINEを追加し「コンサル依頼」してください。
友だち追加

グローバス・マリタイム(GLBS)の四半期決算は?

グローバス・マリタイム(GLBS)の四半期決算を紹介します。

21年2Q決算(21年6月30日)

2Qの内容は...
  1. 売上高:682万ドル前年比+197
  2. 営業利益:165万ドル(+197%
  3. 純利益:−2.3万ドル(+99%
  4. 1株当たり利益:—ドル(—%)

21年3Q決算(21年9月30日)

3Qの内容は...
  1. 売上高:1275万ドル前年比+300
  2. 営業利益:589万ドル(+1335%
  3. 純利益:557万ドル(+540%
  4. 1株当たり利益:—ドル(—%)

21年4Q決算(21年12月31日)

42Qの内容は...
  1. 売上高:1863万ドル前年比+367
  2. 営業利益:1012万ドル(+621%
  3. 純利益:1016万ドル(+449%
  4. 1株当たり利益:0.49ドル(+135%

4Qの売上高は前年比+367%で1863万ドル、営業利益は+621%で1012万ドルでした。21年2Qや3Qに続き、4Qの売上も加速していますね。営業利益率は54%と過去最も高い水準です。

ドライバルク市況は好調で、同社は2隻のバルク船を発注しています。

22年1Q決算(22年12月…)

22年1Q決算は、6月11日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

グローバス・マリタイムの10年の損益計算書は?

グローバス・マリタイムは2008年に14.2万ドルで上場しています。超小型株なので、発行株式数や株価は大きく変動しています。22年5月は2.1ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、10年比で売上高は3分の1に縮小しています。また、15年以降は赤字決算が続き、20年の営業利益率は−57%ですね20年はドライバルク市況が好転する中でも、赤字から脱却できていません。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。過去10年間の海運市況は厳しかったが、とりわけグローバス・マリタイムは苦境でしたね。BPSは下落し続け、EPSも多くの年で赤字です。20年のEPSは−18ドルと、かなり大きいです。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、安定していません。積極的に設備投資している他のドライバルク企業と違い、グローバス・マリタイムの投資CFは少ないです。投資できるほど資金力がないことも懸念材料ですね。

では、私たちはどのように投資判断すれば良いのでしょうか?

グローバス・マリタイム(GLBS)の注目ポイントは?

グローバス・マリタイムに投資する上で注目すべきポイントを紹介します。GLBSは鉄鉱石などを海上輸送するバルク会社です。そのため、バルチック海運指数が上昇すれば、業績も上向きますね。

注目1:バルク船の供給は過去最低水準の1.6%だけ?

参考:GOLDEN OCENAN RESULTS Q4-2020

競合ゴールデンオーシャン(GOGL)による、バルク船の需給関係と利用率推移です。

20年のバルク船の需要は、過去最低水準で−0.4%でした。しかしながら、世界経済の回復で21年には7.2%、22年には5.1に急回復すると予想しています。対して、21年や22年の供給は過去最低水準の1.6%に抑えられています

供給が低い理由は、環境規制で古い造船のスクラップ化が進むからですコロナ禍で鉄鉱石の価格は最高水準に上昇し、古い造船の廃棄を進めます。古い造船の廃棄は、コンテナや原油タンカーでも起きています。

では、バルク船の市況はどのように推移しているのでしょうか?

注目2:バルク船運賃は20年に過去最低まで下落?

参考:定期船運賃市況(日本郵船)

日本郵船が作成した、サイズ毎のドライバルク船の運賃推移です。

コロナが普及し始めた20年に、バルク運賃は過去最低まで下落します。しかし、中国経済が力強く回復し始めた5月には上昇に転じます。最大規模のケープサイズ(18万トン)が上昇し、パナマックス(8.2万トン)とハンディマックス(5.8万トン)も追随しています。

景気回復が本格化するならば、さらにバルク運賃は上昇しますね。

バルク運賃の動向は、バルチック海運指数を見れば分かります。ドライバルク市況は、バルチック海運指数が先行指標になりますね

注目3:バルチック海運指数は20年4月から5.1倍?

参考:Baltic Exchange Dry Index

バルク市況を見る際には、バルチック海運指数が先行指標になります。

20年4月に400ドルだった指数は、21年4月には5.2倍の2100ドルまで上昇しています。指数が上昇している理由は、コロナからいち早く回復した中国が鉄鉱石や石炭、大豆などの穀物を大量に輸入しているからです。

世界経済が本格的に回復する21年は、さらに上昇要因となります。

19年比で見ても、鉄鉱石、小麦、大豆などあらゆる商品価格が高騰しています。コロナ後は、中国以外の先進国も経済回復するため、さらに高騰する可能性が高いですね。

参考:Twitter

コンテナ船とバルク船の運賃は、相関関係はなく連動しません。しかしながら、20年10月から高騰しているコンテナ船に釣られるように、バルク船も高騰しています。どちらにも共通しているのは、船舶の供給が足りてない事です。

▼▼12月分コンサルも募集開始、締切は11/30日まで▼▼

20年3月に米国株を初めて、2.5年で運用額を10倍に増やしました

ただし、大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。20年や21年は歴史的な好相場で、素人でも読みやすい相場でしたね。ただし、22年現在は500社以上の銘柄分析を行い経験を積んだことで、なんとかプラスを維持しています。

このブログを通じて、投資を教えて欲しいと多くの要望を頂きました

22年9月から、月5名を上限に個別コンサルしています。12月分のコンサルも11月28日から募集を開始しています。また、12月は決算期でないため、一時的に10名に拡大しますそれから、22年1月は料金を2倍にするので、収入や資産に余裕がない人は、12月がお試し価格で受ける最後のチャンスです

締め切りは11月30日の24時までです。

コンサルの詳細は以下の記事に記載しています。

参考:【5名限定で3000円】「個別コンサル」とライン追加のお願い

今すぐ申し込みたい人は、LINEを追加し「コンサル依頼」してください。
友だち追加

まとめ:グローバス・マリタイムの四半期決算は?

グローバス・マリタイムの注目ポイントは...
  1. 2008年に上場した、バルク船のギリシャ企業である
  2. 事業規模は小さく、中規模サイズのバルク船を7隻だけ保有
  3. 競合企業SBLKと比較して、売上高は60分の1しかない
  4. 売上高は10年で3分の1まで縮小、5年間も赤字決算が続く
  5. 資金力がないため設備投資ができず、市況好転の恩恵は少ない
  6. 環境規制で船舶が作られず、需給はタイトになる可能性が高い

個人的には、グローバス・マリタイムは投資したい銘柄のひとつです。

なぜならば、22年もバルク船の需給はタイトであり、バルク業界のCEOは強気に見ているからです保有するバルク船が少ない同社は売上が少ないため、成長率は他の企業よりも高いですね。21年4Qの売上成長率は+367%と特出して高いです。

また、同社は22年に2隻のバルク船を注文しています。

21年10月に低迷するも、足元のバルク運賃は上向いていますね。そのため、22年5月のPER2倍は十分に割安ですね。ただし、配当金がないこともあり、スターバルク(SBLK)やゴールデンオーシャン(GOGL)より買われていません。

参考:スターバルク四半期決算|バルチック海運指数はコロナ後に4倍に上昇?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です