ゼネラル・エレクトリック(GE)四半期決算|3Qは+3%に加速

コロナによる暴落で、20年4月にGE株は50%も暴落していますしかしながら、21年には業績が回復する見通しで、21年4月には以前の株価に戻していますね。過去最低水準まで業績が落ち込むも、事業の選択と集中を進めるGE株は、逆張り投資しやすい銘柄です

  • 「20年4月のコロナで、株価は1週間で50%も暴落した…」
  • 「経済活動が再開するならば、再び元の株価に戻すはずだ…」
  • 「選択と集中を続けるGE株は、21年に株価が急反発するかも…」

GEは1878年にエジソン電気照明会社を設立して以来、成長を続けてきた世界最大の多国籍コングロマリットです。ガスタービン、風力発電、航空エンジンなど事業は多岐に渡ります。近年は選択と集中で事業を縮小してるため、逆張り投資を狙う投資家が増えてます。

個人的には、GEは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、売上高だけではなく利益率も大きく下落してるからです。14年に42%だった営業利益率は、17年には9.9%、20年には2%まで急落しています。売上高と利益の縮小はコロナ以前からの問題で、選択と集中は順調に進んでいません。

利益率の低下は、競合に敗れ競争力を失っていることを示していますね

経済再開が進む中でも、21年4Qはマイナス成長に転じています。22年3Qの受注残高の推移を見ると、経済再開で航空関連は好調ですね。対照的に、再生可能エネルギーの受注は−43%も落ち込んでいます。また、受注残高総額は200億ドル(前年比−9%)に減速しています。

22年11月時点の予想PER15倍と割高ではありません。

GEの投資判断したい人向け
  1. GEの4半期決算(22年7-9月)は?
  2. GEの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 事業の選択と集中で、21年に業績が回復するかも?

▼▼12月分コンサルも募集開始、締切は11/30日まで▼▼

20年3月に米国株を初めて、2.5年で運用額を10倍に増やしました

ただし、大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。20年や21年は歴史的な好相場で、素人でも読みやすい相場でしたね。ただし、22年現在は500社以上の銘柄分析を行い経験を積んだことで、なんとかプラスを維持しています。

このブログを通じて、投資を教えて欲しいと多くの要望を頂きました

22年9月から、月5名を上限に個別コンサルしています。12月分のコンサルも11月28日から募集を開始しています。また、12月は決算期でないため、一時的に10名に拡大しますそれから、22年1月は料金を2倍にするので、収入や資産に余裕がない人は、12月がお試し価格で受ける最後のチャンスです

締め切りは11月30日の24時までです。

コンサルの詳細は以下の記事に記載しています。

参考:【5名限定で3000円】「個別コンサル」とライン追加のお願い

今すぐ申し込みたい人は、LINEを追加し「コンサル依頼」してください。
友だち追加

ゼネラル・エレクトリック(GE)の四半期決算は?

ゼネラル・エレクトリック(GE)の四半期決算を紹介します。

22年1Q決算(22年3月31日)

1Qの内容は...
  1. 売上高:170.40億ドル(前年比−3%)✖️
  2.  Aviation:56.03億ドル(+12%
  3.  Healthcare:43.63億ドル(+1%
  4.  Renewable Energy:28.71億ドル(−12%)
  5.  Power:35.01億ドル(−11)
  6. 営業利益:9.46億ドル(+19%
  7. 純利益:−8.09億ドル(前年度0.20億ドル)
  8. 1株当たり利益:−0.74ドル(前年度0.02ドル)◯

22年2Q決算(22年6月30日)

2Qの内容は...
  1. 売上高:186.46億ドル前年比+2%
  2. 営業利益:—ドル(—%)
  3. 純利益:−7.90億ドル(+30%
  4. 1株当たり利益:0.78ドル(+95%)◯

22年3Q決算(22年9月30日)

3Qの内容は...
  1. 売上高:190.84億ドル前年比+3%)✖️
  2.  Aviation:67.05億ドル(+24%
  3.  Healthcare:46.13億ドル(+6%
  4.  Renewable Energy:35.94億ドル(−15%)
  5.  Power:35.29億ドル(−12%)
  6. 営業利益(CF):13.20億ドル(−10%)
  7. 純利益:—億ドル(—%)
  8. 1株当たり利益:−0.14ドル(前年度0.54ドル)◯

Qの売上高は前年比−3%で190.84億ドル、営業利益(CF)は−10%で13.20億ドルでした。22年1Qや2Qと比較して、3Qの売上は加速していますね。営業利益率は6.9%と改善しています。

回復が続く航空関連とは対照的に、再生可能や電力事業は低迷しています。受注金額は200億ドル(前年比−9%)と減速気味です。

受注金額の動向を見ると、航空部門は+24%、ヘルスケアは+0%、再生可能エネルギーは−43%、電力も+14%と明暗がはっきり別れています。

22年4Q決算(22年12月…)

22年4Q決算は、23年1月27日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

ゼネラル・エレクトリック(GE)の損益計算書は?

GEは1961年に0.7ドルで上場しました。1896年の算出開始以来、唯一残るダウ銘柄でもあります。株価は2000年に最高値444ドルをつけ、その後は低迷しています。22年11月は73ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、売上高も営業利益も大きく落ち込んでいます。GEは経営の選択と集中を進め、不採算部門を売却しています。しかし、21年の営業利益率は4.2%と低いですね。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。選択と集中を進める過程で、BPSとEPSも下落していますね。ただし、自社株買いをすることで、20年のEPSは持ち直していますね。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、15年から大きく落ち込んでいます。投資CFを抑えながら、フリーCFを確保していますね。20年はコロナで航空部門が打撃を受けるなど、厳しい展開が続きます。

では、私たちはどのように投資判断すれば良いのでしょうか?

ゼネラル・エレクトリック(GE)の注目ポイントは?

ゼネラル・エレクトリックに投資する上で注目すべきポイントを紹介します。GEは、1878年にエジソン電気照明会社を設立して以来、成長を続けてきた世界最大の多国籍コングロマリットです。特に強いのが、航空機エンジンの提供とそのアフターケアです。

注目1:航空業界の売上高ランキングで世界5位?

参考:航空業界の世界ランキング

航空宇宙産業の売上高ランキングです。

航空エンジンは、米国ボーイング(BA)と欧州連合エアバスが2強です。業界最大手のボーイングの売上高は907億ドル、エアバスは829億ドルです。GEの航空事業は世界5位、売上高240億ドル規模です。

GEは航空事業のアフターケアで、安定した収入を得ています。軍事・海洋産業向けに航空機エンジンを提供し、エンジン部品の整備・修理・メンテナンスなどアフターケアも行います。

では、GEの事業別の売上高はどうなっているでしょうか?

注目2:航空エンジン事業が売上高の24%を占める?

2020年のGEの事業別の売上高です。

最も売上高が大きいのは航空部門で全体の24%を占めています。ガスタービンなどのパワー部門は21%、風力発電などの再生可能エネルギーは21%、ヘルスケアが24%です。バランス良く事業を経営している事が分かりますね。

GEは上位シェアを取れない事業を売却し、選択と集中を長い間続けています。そのため、現在も残っている事業は、競争力が高い事業です

では、過去3年間の事業別の売上高の推移を見てみましょう。

注目3:風力発電以外の事業は売上高が縮小してる?

参考:じっちゃま注目銘柄ゼネラル・エレクトリック(GE)

過去3年間の事業別売上高の推移です。

事業別売上高を見ると、風力発電以外の全ての事業で売上が縮小しています。ジェットエンジンが20年に下落したのはコロナの影響ですね。再生可能エネルギーの追い風で、風力発電だけが売上が伸びています。

しかしながら、成長エンジンとなる事業はないですね。

▼▼12月分コンサルも募集開始、締切は11/30日まで▼▼

20年3月に米国株を初めて、2.5年で運用額を10倍に増やしました

ただし、大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。20年や21年は歴史的な好相場で、素人でも読みやすい相場でしたね。ただし、22年現在は500社以上の銘柄分析を行い経験を積んだことで、なんとかプラスを維持しています。

このブログを通じて、投資を教えて欲しいと多くの要望を頂きました

22年9月から、月5名を上限に個別コンサルしています。12月分のコンサルも11月28日から募集を開始しています。また、12月は決算期でないため、一時的に10名に拡大しますそれから、22年1月は料金を2倍にするので、収入や資産に余裕がない人は、12月がお試し価格で受ける最後のチャンスです

締め切りは11月30日の24時までです。

コンサルの詳細は以下の記事に記載しています。

参考:【5名限定で3000円】「個別コンサル」とライン追加のお願い

今すぐ申し込みたい人は、LINEを追加し「コンサル依頼」してください。
友だち追加

まとめ:ゼネラル・エレクトリック(GE)決算は?

GEの注目ポイントは...
  1. 1961年に上場した、世界最大のコングロマリット企業である
  2. ガスタービン、風力発電、航空エンジン、ヘルスケアを展開してる
  3. 航空事業が売上高の24%、アフターケアで収益が安定している
  4. 選択と集中を進めるも、20年の営業利益率は2%まで下落してる
  5. 利益率とフリーCFが低下し、競合との競争に勝てていない
  6. 環境で期待される風力発電以外の事業は、売上高が下落してる

個人的には、GEは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、売上高だけではなく利益率も大きく下落してるからです。14年に42%だった営業利益率は、17年には9.9%、20年には2%まで急落しています。売上高と利益の縮小はコロナ以前からの問題で、選択と集中は順調に進んでいません。

利益率の低下は、競合に敗れ競争力を失っていることを示していますね

経済再開が進む中でも、22年4Qはマイナス成長に転じています。成長産業だった再生可能や風力発電の注文残高は、4Qに−23%も下落していますテキサス州の風力発電停止や世界的なエネルギー問題で、社会はより現実的に見ています。

受注金額が221億ドル(前年比−5%)に低迷しています。そのため、22年2月時点の予想PER30倍は割高です。

航空業界で最大手は米国ボーイング(BA)です。ボーイングもコロナで業績が大きく落ち込むも、株価は徐々に元の水準に戻しています。そのため、コロナからの逆張りを狙うならば、ボーイングの方が適してるかもしれません。

参考:ボーイングの四半期決算|20年4Qは予想下回る84億ドルの損失?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です