ネクステラ・エナジー(NEE)四半期決算|3Qは+53%に加速

再生可能エネルギーのネクステラは、バイデン政権の環境対策で最も恩恵を受ける銘柄ですね。21年前半も業績低迷は続くが、21年に急落した株価は2倍近くに戻しています。24年末までに配当金を14%ずつ増額するなど、将来の見通しは明るいです。

  • コロナで急落するも、株価は1年で2倍に戻しつつある..」
  • クリーンエネルギーを、全米に供給する唯一の電力会社…」
  • 「利益が出ない再生可能に投資するも、利益率は26%と高い…」

ネクステラ・エナジーは、フロリダを拠点とする電力会社です。他の電力会社にはない特徴として、クリーンエネルギーを北米全土に供給します。政府の優遇制度もあり再生可能エネルギー(NER事業)は順調で、売上比率に占める割合は28%と高いです。

個人的には、ネクステラ・エナジーは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、世界的なクリーンエネルギー期待もあり、株価はすでに割高水準にあるからです21年前半は業績が低迷しているが、10月時点のPERは70倍と高いです。コロナでNER事業は前年比−73%と不調が続きます。

20年度の営業利益率は26%と高いが、21年は18%まで下落してます。

ただ、クリーンエネルギー関連は赤字企業が多いが、電力会社である同社は黒字です。米国政府から補助金や減税措置を利用することで、順調にNER事業は拡大しています。21年4Qには前年比+14%など、再び成長軌道に乗せています。

大幅な売上増は期待できないが、株主還元にも積極的です。配当を少なくとも24年末までに、年間12-15%の割合で増やす計画もあります。そのため、株価が大きく下落する局面があれば投資したいですね。

22年11月時点の予想PERは24倍と割高ではありません。

NEEの投資判断したい人向け
  1. NEEの4半期決算(22年7-9月)は?
  2. NEEの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 政府の補助金や減税措置で、業績が安定している?

▼▼12月分コンサルも募集開始、締切は11/30日まで▼▼

20年3月に米国株を初めて、2.5年で運用額を10倍に増やしました

ただし、大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。20年や21年は歴史的な好相場で、素人でも読みやすい相場でしたね。ただし、22年現在は500社以上の銘柄分析を行い経験を積んだことで、なんとかプラスを維持しています。

このブログを通じて、投資を教えて欲しいと多くの要望を頂きました

22年9月から、月5名を上限に個別コンサルしています。12月分のコンサルも11月28日から募集を開始しています。また、12月は決算期でないため、一時的に10名に拡大しますそれから、22年1月は料金を2倍にするので、収入や資産に余裕がない人は、12月がお試し価格で受ける最後のチャンスです

締め切りは11月30日の24時までです。

コンサルの詳細は以下の記事に記載しています。

参考:【5名限定で3000円】「個別コンサル」とライン追加のお願い

今すぐ申し込みたい人は、LINEを追加し「コンサル依頼」してください。
友だち追加

ネクステラ・エナジー(NEE)の四半期決算は?

ネクステラ・エナジー(NEE)の過去四半期の決算を紹介します。

22年1Q決算(22年3月31日)

1Q決算の内容は...
  1. 売上高:28.90億ドル(前年比−23%
  2.  Florida Power & Light Company:37.12億ドル(+24%
  3.  NextEra Energy Resources:−8.00億ドル(—%)
  4. 営業利益:−7.75億ドル(前年度6.69億ドル)
  5. 純利益:−4.51億ドル(前年度16.66億ドル
  6. 1株当たり利益:−0.23ドル(前年度0.84ドル)○

22年2Q決算(22年6月30日)

2Q決算の内容は...
  1. 売上高:51.83億ドル(前年比+31%
  2. 営業利益:—億ドル(—%
  3. 純利益:13.80億ドル(+439%
  4. 1株当たり利益:0.81ドル(+14%

22年3Q決算(22年9月30日)

3Q決算の内容は...
  1. 売上高:67.19億ドル(前年比+53%)○
  2.  Florida Power & Light Company:50.75億ドル(+22%
  3.  NextEra Energy Resources:16.52億ドル(+5.4倍
  4. 営業利益:18.62億ドル+4.9倍
  5. 純利益:16.96億ドル(+14%
  6. 1株当たり利益:0.86ドル(+3.7倍)○

3Qの売上高は前年比+53%の67.19億ドル、営業利益は+4.9倍の18.62億ドルでした。22年1Qや2Qと比較して、3Qは大幅に加速しています。営業利益率は27.7%と高いですね。

エネルギー価格が高騰していることで、電力会社の業績は好調です。

フロリダ全土に電力を供給する子会社FPLとフロリダ北西部の電力事業ガルフパワーは、1Qに事業統合しています。原因は不明だが、北米全域に再生可能エネルギーを提供するNER事業は大幅な赤字です。

22年4Q決算(22年12月…)

22年4Q決算は、23年1月29日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか

ネクステラ・エナジー(NEE)の損益計算書は?

ネクステラ・エナジーは73年に2.3ドルで上場しました。株価は右肩上がりに上昇し、常に最高値を更新し続ける銘柄ですね。20年3月は47ドルまで急落するも、22年11月は79ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、売上高は横ばいで利益も安定しています。電力事業は営業利益率が25%前後と安定したビジネスですね再生可能エネルギーが売上高の28%を占めるが、政府の支援もあり安定しています。

ただし、コロナ後の21年は、再生可能事業が落ち込んでいます。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。BPSとEPSは順調に上昇しています。配当金は過去10年で3倍に増え、配当性向は60%前後とやや高いです。配当利回りは2%前後で安定しています。

配当を少なくとも24年末までに、年間12-15%の割合で増やす計画です(参考:注目すべき米国再生可能エネルギー銘柄7選)。資金が大きい機関投資家が好む材料ですね。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、やや黒字を維持しています。電力事業や再生可能エネルギーは、設備投資が少なくないビジネスです。ただし、米国連邦政府も税制優遇措置、融資、補助金等などで、再生可能の導入を支援しています

営業CFはしっかりと切り上がっているため、投資CFの増加は問題になりません。では、私たち投資家はどのように投資判断したら良いのでしょうか?

ネクステラ・エナジー(NEE)の注目ポイントは?

ネクステラ・エナジー(NEE)は、フロリダを拠点とする電力会社です。他の電力会社にはない特徴として、クリーンエネルギーを北米全土に供給しています。米国政府の優遇制度もあり、再生可能エネルギーの売上比率は28%と高いです。

注目1:フロリダ電力事業が売上比率の64%を占める?

参考:Despite 40% Price Rise, I’m Still Long NextEra Energy

ネクステラ・エナジーの事業別の営業収益です。

ネクステラ・エナジーは大きく分けて3つの事業があります。売上比率が最も大きいのは、フロリダ全土に電力を供給する子会社のFPLで64%です北米全土に再生可能エネルギーを提供するNEERは28%、フロリダ北西部の電力事業Gulf Powerは8%です。

営業収益で見ると、FPL、NEER、Gulfの順に高いです。

再生可能エネルギーでも利益が出ている理由は、米国連邦政府の税制優遇措置、融資、補助金など様々な導入支援策があるからです21年に当選したバイデン政権も、再生可能エネルギーに積極的です。

では、成長が期待されるNEER事業の内訳はどうなっているでしょうか?

注目2:風力発電が69%、太陽光が13%を占める?

参考:May/June 2021 Investor Presentation

ネクステラ・エナジーの再生可能エネルギーの割合です。

再生可能エネルギーのNEER事業は、売上比率の28%を占めます再生可能で最も大きいのが風力発電で69%です。次いで、太陽光発電が13%、原子力発電が9%と続きます。ネクステラ・エナジーは、風力発電に最も力を入れていますね。

では、米国の再生可能エネルギーはどのように推移してきたでしょうか?

注目3:21年の再生可能エネルギーのシェアは10%?

参考:Despite 40% Price Rise, I’m Still Long NextEra Energy

14年から21年までの米国の電力事業の割合推移です。

14年時点では、石炭燃料の割合が最も大きく40%を占めていました。しかし、石炭燃料は21年に減少し、代わりに天然ガスが37%で1位となります。再生可能エネルギーは14年時点で5%前後だったが、21年には2倍の10%に伸びています。

天然ガスが大幅に上昇したのは、シェール革命によるものです。シェール革命による技術革新で、地中深くにある天然ガスや原油を安価に採掘できます。しかし、バイデン政権はシェールに反対で、21年以降はどのように変わるか注目したいですね。

基本的には、化石燃料が減少する路線は変わりません。天然ガスや再生可能が、引き続きシェアを伸ばすと大方は予想しています。

では、米国の再生可能エネルギーはどれくらい伸びるでしょうか?

注目4:米国の再生可能エネルギーは年率7.9%で拡大?

参考:Renewable Power Generation Market Size

米国内の再生可能エネルギーの市場予測です。

20年時点の再生可能エネルギーは9317TWhです。年率7.9%で拡大し、27年には12630TWhになると試算されています。最も市場が大きいのは水力発電で7割、風力と太陽光は3割程度です。

世界的なCO2排出規制もあり、さらに加速する可能性もあります。

▼▼12月分コンサルも募集開始、締切は11/30日まで▼▼

20年3月に米国株を初めて、2.5年で運用額を10倍に増やしました

ただし、大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。20年や21年は歴史的な好相場で、素人でも読みやすい相場でしたね。ただし、22年現在は500社以上の銘柄分析を行い経験を積んだことで、なんとかプラスを維持しています。

このブログを通じて、投資を教えて欲しいと多くの要望を頂きました

22年9月から、月5名を上限に個別コンサルしています。12月分のコンサルも11月28日から募集を開始しています。また、12月は決算期でないため、一時的に10名に拡大しますそれから、22年1月は料金を2倍にするので、収入や資産に余裕がない人は、12月がお試し価格で受ける最後のチャンスです

締め切りは11月30日の24時までです。

コンサルの詳細は以下の記事に記載しています。

参考:【5名限定で3000円】「個別コンサル」とライン追加のお願い

今すぐ申し込みたい人は、LINEを追加し「コンサル依頼」してください。
友だち追加

まとめ:ネクステラ・エナジーの四半期決算は?

NEE株の特徴は...
  1. 73年に上場した、フロリダを拠点とする電力会社である
  2. 風力や太陽光など、クリーンエネルギーを北米全土に供給
  3. フロリダ電力事業が売上比率72%、再生可能事業が28%
  4. 再生可能は赤字が多いが、政府の減税や補助金の優遇あり
  5. 売上高は横ばいで伸びないが、営業利益率は26%と高い
  6. バイデン政権が誕生し、再生可能事業は伸びる可能性が高い

個人的には、ネクステラ・エナジーは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、世界的なクリーンエネルギー期待もあり、株価はすでに割高水準にあるからです21年前半は業績が低迷しているが、10月時点のPERは70倍と高いです。コロナでNER事業は前年比−73%と不調が続きます。

20年度の営業利益率は26%と高いが、21年は18%まで下落してます。

ただ、クリーンエネルギー関連は赤字企業が多いが、電力会社である同社は黒字です。米国政府から補助金や減税措置を利用することで、順調にNER事業は拡大しています。21年4Qには前年比+14%など、再び成長軌道に乗せています。

大幅な売上増は期待できないが、株主還元にも積極的です。配当を少なくとも24年末までに、年間12-15%の割合で増やす計画もあります。そのため、株価が大きく下落する局面があれば投資したいですね。

ネクステラ・パートナーズは、ネクステラ・エナジーのグループ会社です。再生可能エネルギープロジェクトを所有、運営します。20年4Qから再生可能事業の売上は上向いていますね。

参考:ネクステラ・パートナーズ(NEP)四半期決算|風力発電所を運営

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です