金融・仮想通貨・フィンテック

金融・仮想通貨・フィンテック

パグセグロ(PAGS)の四半期決算|ブラジルの金融フィンテック

パグセグロ・デジタル(PAGS)は、ブラジルで最も成長が期待される金融企業です。大手金融機関2社からシェアを奪う形で急速に拡大し、売上高は6年で4倍に増えています。20年3月は株価が15ドルに急落するも、1年後には4倍に…

金融・仮想通貨・フィンテック

インターコンチネンタル取引所(ICE)の四半期決算|利益率は50%

インターコンチネンタル•エクスチェンジ(ICE)は、コロナ禍で最も恩恵を受けた銘柄のひとつです。20年は取引市場と住宅ローンの加熱で、営業利益率は50%まで上昇しています。優良銘柄のひとつで、過去10年で株価は10倍に急…

金融・仮想通貨・フィンテック

CBOEホールディングスの四半期決算|オプション取引所は利益率20%

取引所を運営するCMEグループは、コロナ禍で最も恩恵を受けた銘柄のひとつです。コロナ禍の20年はボラティリティが上昇し、個人投資家の取引量が増えましたね。20年4Qは前年比+41%と好調だが、PERは27倍と意外にも割安…

金融・仮想通貨・フィンテック

ストーン(STNE)四半期決算|ブラジル版アリペイは利益率37%

フィンテックのストーンは、ブラジルで最も成長が期待される金融企業です。中国アリペイに近いビジネスで、売上高は4年で7倍、営業利益率は37%と高いです。18年に米国市場に上場し、20年3月から株価は5倍にも高騰しています。…

金融・仮想通貨・フィンテック

グリーンスカイ(GSKY)四半期決算|競合はアップスタート

オンライン融資のグリーンスカイは、21年の経済再開で最も恩恵を受ける銘柄のひとつですね。コロナで業績が急速に悪化するも、21年1Qは再びプラス成長に転じています。株価は低迷していたが、20年3月から1年で2倍に上昇してい…

金融・仮想通貨・フィンテック

オポ−チュン(OPRT)四半期決算|競合はアップスタート

オンライン融資のレンディングクラブは、21年の経済再開で最も恩恵を受ける銘柄のひとつですね。コロナで業績が急速に悪化するも、21年1Qは元の水準まで戻しつつあります。20年3月に株価は急落するも、1年で3倍にも高騰してい…

金融・仮想通貨・フィンテック

レンディング・クラブ(LC)四半期決算|競合はアップスタート

オンライン融資のレンディングクラブは、21年の経済再開で最も恩恵を受ける銘柄のひとつですね。コロナで業績が急速に悪化するも、21年1Qは元の水準まで戻しつつあります。20年11月に株価は上昇し、4ヶ月で4倍にも高騰してま…

金融・仮想通貨・フィンテック

イレンダイ(YRD)四半期決算|中国当局の規制で売上が50%下落

中国の消費者金融であるイレンダイは、経済再開の恩恵を受ける銘柄です。しかしながら、同社は中国当局の規制もあり、株価は最高値から97%も暴落しています。21年6月時点の予想PERは3.4倍と、割安水準にありますね。 イレン…

金融・仮想通貨・フィンテック

レキシンフィンテック(LX)四半期決算|中国の消費者金融で2番手

中国の消費者金融であるレキシンフィンテックは、経済再開の恩恵を受ける銘柄です。コロナ後の融資が加速し、プラットフォーム経由の売上高は前年比3倍で伸びています。株価は2倍に高騰するも、中国リスクもあり21年6月のPERは7…