S&Pグローバル(SPGI)四半期決算|22年3Qは+37%に減速

世界格付け三大機関であるS&Pグローバルは、コロナ禍も後も順調に成長してる会社のひとつです。不況に強い銘柄で安定成長が魅力ですね。22年2Qは前年比+42%、3Qは+37%と安定成長しています。

  • 「84年に5ドルで上場し、株価は92倍に高騰してる…」
  • 「世界三大格付け機関で、競合のムーディーズと独占してる…」
  • 「売上も利益も右肩上がり、営業利益率は49%と高い…」

S&Pグローバル(SPGI)は、世界三大格付け機関のひとつです。競合であるムーディーズ(MCO)の2社で70%を寡占化しています。信用を必要とするビジネスモデルで、利益率が示す通り参入障壁は低くはないです。

個人的には、S&Pグローバルは投資したい銘柄のひとつです。

なぜならば、参入障壁が高く2社で市場を独占し、収益性が高いからです売上も利益も右肩上がりで増えており、21年の営業利益率は49%まで上昇しています。22年にIHSマークイット(INFO)と合弁するなど、相乗効果が高い買収にも積極的です。

長期的にも、同社の将来性は高いと思います。

なぜならば、米国の金融業界は世界1位で、まだまだ成長が続くからです。中国などの新興国が勢いを増しているが、米国の株式市場だけで50%を占めます。S&Pグローバルは金融機関向けに競争力が高いサービスを提供していますね。

22年11月時点の予想PERは22倍まで低下しています。金利上昇の局面では迎え風だが、タイミングがあれば投資したい銘柄ですね。

SPGIの投資判断したい人向け
  1. S&Pグローバルの4半期決算(22年7-9月)は?
  2. S&Pグローバル過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 世界格付け機関を2社で独占、22年も継続して成長?

▼▼12月分コンサルも募集開始、締切は11/30日まで▼▼

20年3月に米国株を初めて、2.5年で運用額を10倍に増やしました

ただし、大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。20年や21年は歴史的な好相場で、素人でも読みやすい相場でしたね。ただし、22年現在は500社以上の銘柄分析を行い経験を積んだことで、なんとかプラスを維持しています。

このブログを通じて、投資を教えて欲しいと多くの要望を頂きました

22年9月から、月5名を上限に個別コンサルしています。12月分のコンサルも11月28日から募集を開始しています。また、12月は決算期でないため、一時的に10名に拡大しますそれから、22年1月は料金を2倍にするので、収入や資産に余裕がない人は、12月がお試し価格で受ける最後のチャンスです

締め切りは11月30日の24時までです。

コンサルの詳細は以下の記事に記載しています。

参考:【5名限定で3000円】「個別コンサル」とライン追加のお願い

今すぐ申し込みたい人は、LINEを追加し「コンサル依頼」してください。
友だち追加

S&Pグローバル(SPGI)の四半期決算は?

S&Pグローバル(SPGI)の四半期決算を紹介します。

22年1Q決算(22年3月31日)

1Qの内容は...
  1. 売上高:23.89億ドル(前年比+18%)✖️
  2.  Ratings:8.68億ドル(−15%)
  3.  Market Inteligence:7.27億ドル(+39%
  4.  Commodity insights:3.63億ドル(+51%
  5.  Mobility:1.15億ドル(—%)
  6.  Indices:3.22億ドル(+19%
  7. 営業利益:18.92億ドル(+75%
  8. 純利益:12.99億ドル(+61%
  9. 1株当たり利益:4.47ドル(+43%)✖️

22年2Q決算(22年6月30日)

2Qの内容は...
  1. 売上高:29.93億ドル(前年比+42%
  2. 営業利益:—億ドル(—%
  3. 純利益:9.72億ドル(+21%
  4. 1株当たり利益:2.81ドル(−22%)

22年3Q決算(22年9月30日)

3Qの内容は...
  1. 売上高:28.61億ドル(前年比+37%)✖️
  2.  Market Inteligence:10.16億ドル(+83%
  3.  Ratings:6.81億ドル(−33%)
  4.  Commodity insights:4.32億ドル(+70%
  5.  Mobility:3.46億ドル(—%)
  6.  Indices:3.34億ドル(+12%
  7.  Engineering:0.95億ドル(—%)
  8.  Intersegment:−0.43億ドル(−17%)
  9. 営業利益:6.78億ドル(−21%
  10. 純利益:6.08億ドル(−24%
  11. 1株当たり利益:1.84ドル(−44%)○

Qの売上高は前年比+37%で28.61億ドル、営業利益は−21%で6.78億ドルでした。22年1Qや2Qと比較して、3Qの売上も好調ですね。しかし、営業利益率は23.6%に急落していますね。

20年11月にS&Pグローバルは、IHSマークイット(INFO)を買収しています。

収益性が悪化してるのは、格付け事業の不調と買収の影響ですね。競合であるムーディーズの事業も減速していますね(参考:ムーディーズ(MCO)四半期決算)。

22年通期の売上予想は、30%前後になると言います。

ニューヨーク州ニューヨーク、2022 年 10 月 27 日 – S&P グローバル (NYSE: SPGI) は本日、2022 年第 3 四半期の結果を報告しました。報告された収益は 28 億 6000 万ドルで、主に IHS が含まれたことにより、前年同期と比較して 37% 増加しました。 Markit 事業は、Ratings 収益の減少により部分的に相殺されました。継続的な実行により、当社の 6 つの部門のほとんどで成長が促進されましたが、格付け取引の収益は、債券発行の前年比での急激な減少によって引き続き悪影響を受けています

GAAP 純利益は 24% 減少して 6 億 800 万ドルになり、GAAP 希薄化後 1 株当たり利益は 44% 減少して 1.84 ドルになりました。これは主に、IHS Markit との合併による発行済株式数の増加によるものです。当社は、2022 年 12 月 1 日にニューヨーク市で開催される以前に発表された Investor Day で、戦略的ビジョンと複数年の目標を提示する予定です。イベントは招待制で、ウェブキャストで公開されます。

S&P グローバルの社長兼最高経営責任者である Douglas L. Peterson は次のように述べています。 「私たちは、ビジネスの複数の分野で大きな商業的成功を収めており、合併統合プログラムを順調に進めています。マクロ経済と地政学的な状況を積極的に監視して、将来の成長に最も有望な分野を特定しながら、複数の潜在的なシナリオを計画しています。」

調整済み収益は、2021 年の第 3 四半期からの非 GAAP プロフォーマ調整済み収益と比較して 8%、または一定通貨ベースで 6% 減少しました。調整後純利益は、非 GAAP プロフォーマ調整後純利益と比較して 11% 減少して 9 億 6,800 万ドルになり、調整後希薄化後 1 株当たり利益は、非 GAAP プロフォーマ調整後希薄化後利益と比較して 4% 減少して 2.93 ドルになりました。プロフォーマの完全希薄化後発行済株式。通貨は、調整後 EPS に 0.03 ドルのプラスの影響を与えました。 2022 年第 3 四半期の利益に対する最大の非中核的調整は、リースの減損と統合費用に関するものでした。

参考:S&P GLOBAL REPORTS THIRD QUARTER RESULTS

22年4Q決算(22年12月…)

22年4Q決算は、23年1月28日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

S&Pグローバル(SPGI)の損益計算書は?

S&Pグローバルは84年に5ドルで上場しています。株価は常に右肩上がりで最高値を更新し続けていますね。20年3月は192ドルに下落するも、22年11月は326ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、売上と利益は右肩上がりに上昇しています。12年の売上の減少は、祖業であるマグロウヒルの教育出版事業の買収によるものです。14年の利益の減少は、米司法省や州政府にサブプライローン担保証券の不適切格付け問題による和解金です。

その後も事業は好調で、21年の営業利益率は49%まで上昇しています。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。自己資本比率は13%と低いが、EPSは順調に拡大しています。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、順調に拡大しています。格付け事業は2社だけで寡占化されています。競合がいないため、収益性が高い優良ビジネスですね。

では、私たち投資家はどのように判断すれば良いのでしょうか?

S&Pグローバル(SPGI)の注目ポイントは?

S&Pグローバル(SPGI)の注目ポイントを紹介します。

注目1:格付け事業が売上全体の47%を占める?

 

参考:S&Pグローバル【NYSE:SPGI】

18年時点の事業別売上高と調整営業利益です。

最も売上比率が高いのは、格付け事業で全体の47%を占めます次いで、財務データや分析ツールを提供する事業が27%、SP500やダウ平均株価指数を提供するインデックス事業が13%、コモディティを中心とするベンチマークを提供する事業が11%です。

売上比率が高い格付け事業が、営業利益の半分以上を稼いでいますね。格付け事業は3社が寡占化しています。

注目2:米国格付け機関がシェア7割を寡占化?

参考:Fig 1 – available via license

世界の格付け機関の市場シェアです。

格付け機関は、米国S&Pグローバルとムーディーズ(MCO)の2社で35%ずつを獲得しています。3位の英国フィッチ・レーティングスが20%、Remaining CRAsが10%です。米国大手2社で70%を寡占化しています。

格付け機関は信用を必要とするビジネスで、参入障壁が高いことを示唆しています。S&Pグローバルの母体であるスタンダード&プアーズは、1941年にプアー出版と合弁し金融サービスを開始しています。

▼▼12月分コンサルも募集開始、締切は11/30日まで▼▼

20年3月に米国株を初めて、2.5年で運用額を10倍に増やしました

ただし、大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。20年や21年は歴史的な好相場で、素人でも読みやすい相場でしたね。ただし、22年現在は500社以上の銘柄分析を行い経験を積んだことで、なんとかプラスを維持しています。

このブログを通じて、投資を教えて欲しいと多くの要望を頂きました

22年9月から、月5名を上限に個別コンサルしています。12月分のコンサルも11月28日から募集を開始しています。また、12月は決算期でないため、一時的に10名に拡大しますそれから、22年1月は料金を2倍にするので、収入や資産に余裕がない人は、12月がお試し価格で受ける最後のチャンスです

締め切りは11月30日の24時までです。

コンサルの詳細は以下の記事に記載しています。

参考:【5名限定で3000円】「個別コンサル」とライン追加のお願い

今すぐ申し込みたい人は、LINEを追加し「コンサル依頼」してください。
友だち追加

まとめ:S&Pグローバル(SPGI)の決算は?

SPGIの注目ポイントは...
  1. 84年に上場した、世界三大格付け機関の米国企業
  2. 競合はムーディーズで、2社だけで70%を寡占化してる
  3. 主力の格付け事業が、売上と営業利益の半分を占めている
  4. 売上も利益も右肩上がり、営業利益率は49%と高い
  5. 22年にIHSマークイットと合弁、相乗効果が高い買収

個人的には、S&Pグローバルは投資したい銘柄のひとつです。

なぜならば、参入障壁が高く2社で市場を独占し、収益性が高いからです売上も利益も右肩上がりで増えており、21年の営業利益率は49%まで上昇しています。22年にIHSマークイット(INFO)と合弁するなど、相乗効果が高い買収にも積極的です。

長期的にも、同社の将来性は高いと思います。

なぜならば、米国の金融業界は世界1位で、まだまだ成長が続くからです。中国などの新興国が勢いを増しているが、米国の株式市場だけで50%を占めます。S&Pグローバルは金融機関向けに競争力が高いサービスを提供していますね。

22年2月時点の予想PERは27倍まで低下しています。金利上昇の局面では追い風だが、タイミングがあれば投資したい銘柄ですね。

IHSマークイットは、金融機関向けに経済情報を提供します。分析力に定評があり、20年の営業利益率は31%まで上昇しています。景気動向に影響を受ける銘柄だが、過去10年は一貫して業績は好調です。

参考:IHSマークイット(INFO)四半期決算|3Qは+10%に減速

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です