スコッツ・ミラクルグロー(SMG)四半期決算|1Qは-8%に減速

園芸用品を販売するスコッツ・ミラクルグローは、麻の規制緩和の恩恵を受ける銘柄のひとつです。時価総額が大きく優良企業ながらも、20年4月から株価は3倍にも高騰していますね。では、21年も好調を維持できるのでしょうか?

  • 「政権交代の期待で上昇し、20年4月から3倍に高騰した…」
  • 「年率27%で市場が拡大し、22年には320億ドルになる…」
  • 「20年に4州が合法化し、娯楽目的の利用は15州に増えた…」

スコッツ・ミラクルグローは、園芸用品を販売する米国企業です。有機肥料、害虫駆除剤、除草剤を販売し、麻関連企業にも製品を提供しています。そのため、21年に米国で規制緩和が進めば、最も恩恵を受ける銘柄のひとつです

個人的には、スコッツ・ミラクルグローは購入したい銘柄のひとつです。

なぜならば、米国や欧州で麻市場が拡大すれば、確実に恩恵を得られるからです。栽培企業が売上高の数倍の営業損失を抱える中で、営業利益率が15%と高く利益が出やすいビジネスモデルです。

18年以降に好調な売上高は、コロナ禍でも堅調に推移しています。コロナ終息後の住宅市場は好調で、園芸用品市場はまだまだ拡大余地が高いですまた、スコッツ・ミラクルグローは優良企業だが、22年5月時点でPER13倍と割安水準にありますね。

園芸用品は競合企業も少なく安心して保有できる銘柄ですね。ただし、22年1Qの売上が大幅に減速してる点は注意が必要です。

SMGの投資判断したい人向け
  1. スコッツの4半期決算(22年1-3月)は?
  2. スコッツの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 21年に全米で合法化すれば、株価はさらに上昇する?

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

スコッツ・ミラクルグロー(SMG)の四半期決算は?

スコッツ・ミラクルグロー(SMG)の四半期決算を紹介します。

21年3Q決算(21年9月30日)

3Qの内容は...
  1. 売上高:1.16億ドル(前年比+110%
  2. 営業利益:0.046億ドル(−8%)
  3. 純利益:0.040億ドル(+20%
  4. 1株当たり利益:0.07ドル(+16%)

21年4Q決算(21年12月31日)

4Qの内容は...
  1. 売上高:7.48億ドル(前年比+105%
  2. 営業利益:0.34億ドル(前年度−0.62億ドル)
  3. 純利益:0.25億ドル(前年度−0. 71億ドル
  4. 1株当たり利益:24.4ドル(−71.4ドル)

22年1Q決算(22年3月31日)

1Qの内容は...
  1. 売上高:16.78億ドル(前年比−8%)◯
  2. 営業利益:3.87億ドル(−9%)
  3. 純利益:2.76億ドル(−11%
  4. 1株当たり利益:4.98ドル(−11%)◯

1Qの売上高は前年比−8%で16.78億ドル、営業利益は−9%で3.87億ドルでした。21年3Qと4Qと比較すると、売上は大幅に減速しています。ただし、営業利益率は23%と、過去最高に高い水準です。

21年のスコッツ・ミラクルグローの業績は好調でした。。なぜならば、コロナ後も住宅関連は好調で、園芸用品の市場を押し上げるからです。ただし、22年1Qは大幅に減速してる点は注意が必要ですね。

22年2Q決算(22年3月…)

21年2Q決算は、21年4月13日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

スコッツ・ミラクルグローの10年間の損益計算書は?

スコッツ・ミラクルグローは1991年に11ドルで上場しています。順調に株価は上昇し、常に最高値を更新し続けている銘柄ですね。21年5月は106ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、順調に売上高が伸びていますね。特に、18年以降の伸びが大きく、コロナ禍でも拡大しています。営業利益率も順調に増えていて、営業利益率は15%と高いです

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。スコッツ・ミラクルグローの特徴は、しっかりと利益をあげている事ですEPSは毎年順調に拡大している事が分かりますね。

BPSの伸びは緩やかだが、十分に伸びていると言えます。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)を見ると、毎年利益を上げている事が分かりますね。営業CFが伸びている中で設備投資が少なく、優良ビジネスである事を示しています競合他社が少なく、利益が出やすいビジネスモデルですね。

では、私たちはどのように投資判断すれば良いのでしょうか?

スコッツ・ミラクルグロー(SMG)の注目ポイントは?

スコッツ・ミラクルグローは、麻関連企業にも製品を販売しています。そのため、規制緩和で麻市場が拡大するならば、恩恵を受ける銘柄のひとつです。しかしながら、決算書の情報は少なく、どれだけ利益を得ているか分かりません。

注目1:年成長率27%で22年に320億ドルに拡大?

参考:市場で注目を集める「麻関連銘柄」とは?

合法の麻ビジネスは北米を中心に拡大傾向にあります。

合法麻の市場規模は、年平均成長率27.5%で22年には320億ドルに達する見込みです。米国では麻を合法化する州が増え、成長速度は増しています。また、カナダでは18年10月に、麻を娯楽用にも合法化しています。

カジノの世界市場規模は1千億ドル、たばこは9千億ドルです。麻もそれなりに大きな市場になることが予想できますね。

では、米国ではどれくらいの州で合法化されているでしょうか?

注目2:娯楽目的で利用可能は15/47州に増加?

参考:INVESTOR PRESENTATION(Grow Generation)

グロウジェネレーションの資料による20年時点の合法化地域です。

医療目的で合法化された地域は33州、完全に合法化されたのは11州、使用が禁止されているのは3州です。医療目的ならばすでに多くの地域で合法化されてます。一方で、娯楽目的で合法化してない地域はまだ36州もありますね

21年に誕生したバイデン大統領は、合法化に積極的だと言われています。

大統領選と同時に行なわれた住民投票で、新たにアリゾナなど4州で合法化が決定しました。20年11月の記事によると、全米15州で娯楽目的で合法化されると言います今後は全米で解禁となる可能性も十分にあります。

参考:バイデン新大統領で米国は麻解禁加速

米国で合法化が加速してる理由は、コロナで落ち込んだ州の税収を確保するためです。麻以外でも、オンラインカジノの合法化も議論されていますね。

こうした米国の動きは世界中でも拡大する可能性があります。

注目3:世界中で合法化が進むかもしれない?

参考:合法の国と非犯罪化の国々

2017年時点の合法性を表した世界地図です。

完全に合法化した国(青)は、米国、南アフリカ、ウルグアイなど一部の地域に限られます。しかし、違法だが非犯罪化(オレンジ)や寛容(ピンク)な国は意外と多い事も分かりますね。カナダも18年には合法した国となります。

完全に違法としている国(赤色)の方が少ない事が分かります。

医療目的では、既にドイツ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、チェコ、南ア、キプロスなどで合法化されています。全米で合法化が進めば追随する国は多いですね。例えば、日本は米国の占領下で禁止された歴史があります。

また、国際連合と世界保健機関は、健康に関する科学的審査を進めています。この結果でも状況が変わる可能性が高いですね。

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

まとめ:スコッツ・ミラクルグローの四半期決算は?

ティルレイの注目ポイントは...
  1. 1991年に上場した、園芸用品を販売する米国企業
  2. 麻栽培企業に園芸用品を販売し、規制緩和の恩恵を受ける銘柄
  3. 収益の倍の損失を抱える栽培企業と違い、営業利益率は15%
  4. 栽培企業と違い競合が少なく、EPSやフリーCFの利益が大きい
  5. コロナ禍でも園芸用品の需要は高く、堅調に売上が伸びている
  6. 20年に4州が合法化され、15州が娯楽目的で利用できる
  7. バイデン政権の誕生で、21年は合法化が加速するかも

スコッツ・ミラクルグローは、購入したい銘柄のひとつです。

なぜならば、米国や欧州で麻市場が拡大すれば、確実に恩恵を得られるからです。栽培企業が売上高の数倍の営業損失を抱える中で、営業利益率が15%と高く利益が出やすいビジネスモデルです。

18年以降に好調な売上高は、コロナ禍でも堅調に推移しています。コロナ終息後の住宅市場は好調で、園芸用品市場はまだまだ拡大余地が高いですまた、スコッツ・ミラクルグローは優良企業だが、PER27倍と割高でない点も好感できます。

園芸用品は競合企業も少なく安心して保有できる銘柄ですね。

ミラクルグロー同様に、麻栽培企業に水耕栽培機器を販売するグロウジェネレーション(GRWG)も規制緩和の恩恵を受けます。GRWGもコロナ禍でも好調で、売上高も利益も3桁ペースで急拡大しています

参考:グロウジェネレーションの四半期決算|20年3Qは前年比+152%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。