ロッキードマーチン(LMT)四半期決算|21年1Qは前年比+4.9%に上昇

軍需製品の海外輸出の規制緩和や中国対立で、軍需関連の株価は順調に上昇してました。しかし、21年1月に民主党政権に移行し、ロッキードの株価は伸び悩み割安水準です。株価が低迷している内に、超優良企業であるロッキード株を保有すべきでしょうか?

  • 「トランプ政権で高騰、株価は6年で4倍に増える…」
  • 利回り2.7%の連続増配銘柄だが、PERは15倍だけ…」
  • 「民主党政権に移行し、軍事費用は削減されるかも…」

ロッキードマーチン(LMT)は、世界最大の軍需企業です。軍需向けが売上高の8割を占め、世界最大の民間航空機を開発するボーイングを上回ります。20年に民主党政権に以降し、軍事費予算がどのように動くか注目されます。

個人的には、ロッキードマーチン株は長期で保有したい銘柄のひとつです。

なぜならば、10年連続増配の優良銘柄で、PERも15倍と割安だからです景気動向の影響を受けず、パンデミック後の安心して保有できる銘柄ですね。中国との対立は緩和するとは考えられず、防衛費用は21年以降も拡大しそうです。

21年2Qは前年比+4.9%に減速するも、懸念材料ではありません。

ただし、短期的には今後の動向を中止する必要がありますね。なぜならば、21年に民主党政権に移行し、大きく政策が転換する可能性も否定できないからです。海外輸出規制を緩和していたトランプ政権と違い、引き締められる可能もあります。

とはいえ、長期投資ならば21年8月のPER15倍は十分に割安だと言えます。

ロッキードマーチン株の投資判断したい人向け
  1. LMTの4半期決算(21年4-6月)は?
  2. LMTの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 超優良銘柄でも、PER15倍で買われない理由は?

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

ロッキードマーチン(LMT)の四半期決算は?

ロッキードマーチン(LMT)の売上高を紹介します。

20年4Q決算(20年12月31日)

第4Q決算の内容は...
  1. 売上高:170.32億ドル(前年比+7%
  2.  Aeronautics:67.14億ドル(+5%
  3.  Missiles and Fire Control:28.66億ドル(+3%
  4.  Rotary and Mission Systems:42.12億ドル(+8%
  5.  Space:32.40億ドル(+14%
  6. 営業利益:22.89億ドル(+6%
  7. 純利益:17.92億ドル(+19%
  8. 1株当たり利益:6.38ドル(+20%

21年1Q決算(21年3月31日)

第1Q決算の内容は...
  1. 売上高:162.58億ドル(前年比+3.8%
  2.  Aeronautics:63.87億ドル(+0%)
  3.  Missiles and Fire Control:27.49億ドル(+4%
  4.  Rotary and Mission Systems:41.07億ドル(+9%
  5.  Space:30.15億ドル(+3%
  6. 営業利益:23.29億ドル(+8.2
  7. 純利益:18.37億ドル(+6.9%
  8. 1株当たり利益:6.56ドル(+7.8%

21年2Q決算(21年6月30日)

第2Q決算の内容は...
  1. 売上高:170.29億ドル(前年比+4.9%
  2.  Aeronautics:66.66億ドル(+2%
  3.  Missiles and Fire Control:29.44億ドル(+5%
  4.  Rotary and Mission Systems:42.42億ドル(+10%
  5.  Space:31.77億ドル(+14%
  6. 営業利益:21.92億ドル(+5%
  7. 純利益:18.15億ドル(+11%
  8. 1株当たり利益:6.52ドル(+12%

2Qの売上高は前年比+4.9%で170.29億ドル、営業利益は+5%で21.92億ドルでした。20年4と21年1Qに引き続き、2Qも好調な決算でしたね。営業利益率は12%と過去平均よりは少し低いです。

航空機部門で2.25億ドルの損失を計上するも、予想を超える好決算です。21年通期ガイダンスも、673-687億ドル(前年比+4%)に引き上げています。

ただし、21年の民主党政権に移行し、軍事予算が変わる可能性もありますね。海外輸出規制を緩和していたトランプ政権と違い、引き締められるかもしれません。ただし、21年現在の中国やロシア、中東との対立を見ると、大きく下げることは予想しにくいですね。

21年3Q決算(21年9月…)

21年3Qは、10月26日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

ロッキードマーチン(LMT)の損益計算書は?

ロッキードマーチンは1984年に14ドルで上場しました。常に最高値を更新し続ける銘柄で、13年当たりから勢いよく伸びていますね。20年3月は276ドルに急落するも、21年8月は380ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、売上高も営業利益も安定しています。11年に8%だった営業利益率は、21年には13.3%にも上昇していますね。中国との対立は深まる一方で、軍事費用は長期的には増える事が予想できます。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。BPSもEPSも順調に上昇していますね。連続増配当銘柄としても知られ、自社株買いにも積極的です。配当利回りは2.7%と高く、10年で18%も株式数は減少してます。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)も、安定していますね。軍事機を開発し設備投資は少なくないが、営業CFが上回るほど巨額です。米防衛省から維持管理費用も得るなど、安定した優良銘柄として知られますね。

では、私たち投資家はどのよう投資判断すれば良いのでしょうか?

ロッキードマーチン(LMT)の注目ポイントは?

ロッキードマーチン(LMT)の注目すべきポイントを紹介します。

注目1:世界1位の軍需産業で売上高は449億ドル?

参考:年間売上5兆円を誇る、世界No.1軍需企業「Lockheed Martin」

17年時点の軍需企業の売上高ランキングです。

軍需企業で世界1位は、米国のロッキードマーチン(LMT)で449億ドルです。次いで、2位はボーイングで269億ドル、3位にレイセオン(RTX)で239億ドル、4位に英国BAEで229億ドル、5位にノースロップ(NOC)と続きます。

ボーイングは世界最大の航空民間機を製造する米国企業ですね。パンデミックにより、航空部門の売上は落ちるも、代わりに軍事部門が好調で売上の5割を占めます。コロナからの回復が期待される銘柄でもあります。

参考:ボーイング(BA)四半期決算|21年1Qは軍用機が好調で黒字化

軍需産業は不況下でも強く、20年と21年も好調です。中国や中東との対立も強まっているため、21年以降も好調は続くと予想されます。

では、売上高はどのように推移しているでしょうか?

注目2:21年1Qの売上成長率+4.9%に上昇?

四半期毎の売上高と成長率の推移です。

成長率に浮き沈みはあるも、19年以降は安定して伸びていますね。ただし、21年Q2の前年比+12.4%以降は、成長率は少し鈍化傾向にあります。21年1Qは前年比+3.8%まで減速、2Qは+4.9%で上昇しています。

民主党政権に以降したことで、防衛費の予算は変わるかもしれません。

海外輸出規制を緩和していたトランプ政権と違い、軍事費は引き締められる可能もあります。ただし、21年現在の中国やロシア、中東との対立を見ると、大きく下げることは予想しにくいです。優良銘柄に変わりはなく、連続増配を狙う銘柄ですね。

注目3:10年連続の増配銘柄で利回りは2.7%?

過去10年間の配当金と配当性向です。

ロッキードマーチンは連続増配銘柄としても知られます。配当金は過去10年で3倍に増え、配当性向も40%前後で安定していますね。21年2Q時点の配当利回りは2.7%と高いです。

では、将来的に米国の軍事費はどのように推移するのでしょうか?

注目4:米国軍事費は世界1位で7318億ドルもある?

参考:主要国の軍事費推移をグラフ化してみる

2019年時点の米国を含む上位5カ国の軍事費推移です。

軍事費は米国が7318億ドルと、特出して高いです。08年以降はオバマ民主党政権に変わり、郡司費用は抑えられる傾向にありました。しかし、中国との対立が深まり、トランプ政権に以降したことで上昇しています。

中国、ロシア、中東の情勢を考えると、今後も大きく下がる事は考えにくいです。また、GDP比で見た場合に、米国の軍事費は今の水準でも高いわけではないです。

注目5:軍事費の対GDP比は世界3位で3.41%?

参考:軍事費の対GDP動向をグラフ化してみる

軍事費の国別対GDP比です。

米国の対GDP比は、他国と比較して高いわけではありません。最もGDP比が大きいのは、サウジアラビアで7.98%です。次いで、ロシアが3.88%、米国が3.41%、韓国が2.67%と続きます。中国は1.89%、日本は0.93%と少ないです。

アメリカと中国の軍事費は、共に上昇する余地が高いと言えます。

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

まとめ:ローキードマーチン(LMT)の四半期決算は?

ボーイング株の特徴は...
  1. 1912年創業のロッキード社と、61年創業マーティン社が合弁
  2. 世界1位の軍需企業で、軍用機やミサイルを製造している
  3. 軍事企業は新規参入ができず、上位企業は圧倒的な専門性を持つ
  4. 世界一の軍需産業で、ボーイング社を圧倒する技術力がある
  5. 売上高は年率8%で拡大、営業利益率は13%で常に安定している
  6. 自己資本利益率は195%と高く、米国上位17社に入る

個人的には、ロッキードマーチン株は長期で保有したい銘柄のひとつです。

なぜならば、10年連続増配の優良銘柄で、PERも15倍と割安だからです景気動向の影響を受けず、パンデミック後の安心して保有できる銘柄ですね。中国との対立は緩和するとは考えられず、防衛費用は21年以降も拡大しそうです。

21年2Qは前年比+4.9%に減速するも、懸念材料ではありません。

ただし、短期的には今後の動向を中止する必要がありますね。なぜならば、21年に民主党政権に移行し、大きく政策が転換する可能性も否定できないからです。海外輸出規制を緩和していたトランプ政権と違い、引き締められる可能もあります。

とはいえ、長期投資ならば21年8月のPER15倍は十分に割安だと言えます。

軍需企業2番手は、20年に合弁したレイセオンテクノロジーズ社です。レイセオンは軍需だけではなく、民間向けに航空エンジンなども開発しています。

参考:レイセオンテクノロジーズの四半期決算|コロナで48%も下落?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。