ベクトン・ディッキンソン(BDX)四半期決算|2Qは+2.1%に加速

世界7位の医療機器メーカーであるベクトンは、高齢化社会や中間層増大で最も恩恵を受ける銘柄ですね。コロナで需要が落ちるも、21年後半は回復傾向にありますね。ただし、22年1Qの売上はー6%、2Qは+2.1%に上向いています。

  • 「医療機器メーカーは、高齢化や中間層増大で恩恵を受ける…」
  • 「医療機器で世界7位、画像診断機器にも強みを持つ…」
  • 「医療機器が売上50%を占め、海外が44%を占める…」

ベクトン・ディッキンソン(BDX)は、世界7位の医療機器メーカーです。最大手はメドトロニック(MDT)、2位はジョンソン(JNJ)です。医療機器だけではなく、診断機器、画像診断機器、外科用品の販売システムなど幅広く事業を展開しています。

個人的には、ベクトンは投資したい銘柄のひとつです。

なぜならば、他の医療機器メーカーと比較して、主力となる製品が弱いからです業界最大手のメドトロニック(MDT)と同様に幅広く展開しているが、売上も利益率も低いです。21年の営業利益率は14%と高くはないですね

ただ、長期的には他の競合と同様に、事業の好調は続きそうです。

なぜならば、医療機器の市場全体が大きく拡大しているからです医療機器事業は安定成長で、高齢化や中間層増大で恩恵を受けるからです。画像診断機器も患者の負担が少ない低侵襲治療で需要が高いです。

22年5月時点の予想PER20倍は割高ではないですね。株価が大きく下がる局面があれば投資したいですね。

BDXの投資判断したい人向け
  1. ベクトンの4半期決算(22年1-3月)は?
  2. ベクトンの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. コロナ禍は検査需要で好調、22年の業績は不調?

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

ベクトン・ディッキンソン(BDX)の四半期は?

ベクトン・ディッキンソン(BDX)の四半期決算を紹介します。

21年4Q決算(21年9月30日)

4Qの内容は...
  1. 売上高:51.35億ドル(前年比+7
  2.  Medical:25.32億ドル(+9.2%
  3.  Life Sciences:15.32億ドル(+2.9%
  4.  Interventional:10.71億ドル(+9.5%
  5. 営業利益:7.09億ドル(−29%
  6. 純利益:3.40億ドル(+107%
  7. 1株当たり利益:0.84ドル(+140%

22年1Q決算(21年12月31日)

1Qの内容は...
  1. 売上高:49.95億ドル(前年比−6)⭕️
  2.  Medical:23.97億ドル(+6%
  3.  Life Sciences:14.83億ドル(−25%)
  4.  Interventional:11.15億ドル(+4%
  5. 営業利益:8.15億ドル(−34%
  6. 純利益:6.55億ドル(−33%
  7. 1株当たり利益:2.28ドル(−31%)⭕️

22年2Q決算(22年3月31日)

2Qの内容は...
  1. 売上高:50.11億ドル(前年比+2.1)⭕️
  2.  Medical:24.16億ドル(+4.5%
  3.  Life Sciences:14.85億ドル(−6.4%)
  4.  Interventional:11.11億ドル(+9.9%
  5. 営業利益:6.52億ドル(+50%
  6. 純利益:4.54億ドル(+55%
  7. 1株当たり利益:1.50ドル(+59%)⭕️

Qの売上高は前年比+2.1%で50.11億ドル、営業利益は+50%で6.52億ドルでした。21年1Qと比較して、2Qの売上は上向いていますね。営業利益率は13%と過去平均なみです。

他の医療機器メーカーと同様に、3Qと4Qは手術の需要が減少し売上は落ちています。ただ、変異株が落ち着く22年は回復する可能性が高いです。

同社は患者の負担が少ない低侵襲医療の一種である、画像診断機器を用いた画像下治療に強みがあります。画像診断機器事業は全体の売上比率の23%を占めます

22年通期の売上予想は、197.5億ドルに引き上げています。

22年3Q決算(22年6月…)

22年3Q決算は、8月6日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

ベクトン・ディッキンソン(BDX)の損益書は?

ベクトン・ディッキンソンは84年に2.7ドルで上場しています。株価は常に右肩上がりで20年4月に最高値281ドルを付けています。その後は伸び悩み、22年5月は259ドルで推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、売上は順調に拡大しています。営業利益率は15%前後と、他の医療機器と比較すると若干低いです。買収を通じて事業拡大をしています。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。自己資本比率は43%と高く、BPSとEPSも安定して推移していますね。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、順調に拡大しています。投資CFも拡大しているが、十分に営業CFを稼ぐことに成功していますね。

では、私たち投資家はどのように判断すれば良いのでしょうか?

ベクトン・ディッキンソン(BDX)注目点は?

ベクトン・ディッキンソン(BDX)の注目ポイントを紹介します。

注目1:医療機器で世界7位で171億ドルの売上?

参考:top 10 medical device companies in the world (2021)

21年の医療機器部門の売上高ランキングです。

業界最大手はメドトロニックで294億ドルです。次いで、2位はジョンソン(JNJ)で230億ドル、3位はアボット(ABT)で226億ドルです。ベクトンは業界7位で、171億ドルの事業規模です。

米バードを240億ドルで買収するなど、順調に規模を拡大しています(参考:米医療用品のベクトン、同業CRバード買収)。

医療機器市場は引き続き高い成長率を維持しています。医療施設の数の増加、医療費や高齢化に支えられ、20年の医療機器市場規模は4569億ドル、25年は6127億ドルに成長すると試算されています。

では、同社の医療機器事業はどのように推移してるでしょうか?

注目2:医療機器が売上の50%を占める?

参考:Medical revenues of Becton, Dickinson

ベクトンの医療機器事業の売上高の推移です。

ベクトンの医療機器は、売上高全体の50%を占めています。医療機器事業は製品開発だけではなく、医療外科用品の販売ソリューション、マネジメントでも収入を得ています。最も売上比率が高いのは販売で、医療機器の41%を占めます。

では、医療外科用品の販売システムの市場シェアはどうなっているのでしょうか?

注目3:医薬品管理システム市場で高いシェア?

参考:医薬品管理システム市場

医薬品管理システムの市場シェアです。

ベクトンは医薬品管理システムで、最も高いシェアを持ちます。競合企業には、業界最大手のスイスのロシェ、米国Omnicell(OMCL)、GEがありますね。

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

まとめ:ベクトン・ディッキンソン(BDX)決算?

BDXの注目ポイントは...
  1. 84年に上場した、世界7位の医療機器メーカーである
  2. 業界1位はメドトロニック、2位はジョンソンである
  3. 診断機器、画像診断機器、外科用品の販売も展開してる
  4. 幅広く展開してるため、営業利益率は14%と高くない
  5. コロナで需要は低下するも、22年は回復が期待できる

個人的には、ベクトンは投資したい銘柄のひとつです。

なぜならば、他の医療機器メーカーと比較して、主力となる製品が弱いからです業界最大手のメドトロニック(MDT)と同様に幅広く展開しているが、売上も利益率も低いです。21年の営業利益率は14%と高くはないですね

ただ、長期的には他の競合と同様に、事業の好調は続きそうです。

なぜならば、医療機器の市場全体が大きく拡大しているからです医療機器事業は安定成長で、高齢化や中間層増大で恩恵を受けるからです。画像診断機器も患者の負担が少ない低侵襲治療で需要が高いです。

22年1月時点の予想PER19倍は割高ではないですね。株価が大きく下がる局面があれば投資したいですね。

業界最大手はメドトロニック(MDT)ですね。メドトロニックは心血管、医療外科、神経科学、糖尿病など事業が幅広く、特にペースメーカーとインスリンポンプでトップシェアを持ちます。

参考:メドトロニック(MDT)四半期決算|21年2Qは+2.6%に減速

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。