ヴァージン・ギャラクティックの四半期決算|FAA承認で株価は3.5倍

ヴァージン・ギャラクティック(SPCE)は、宇宙関連銘柄で最も注目を受けている銘柄ですね。21年6月にFAA(連邦航空局)から商業打ち上げライセンスを受けました。これを受けて、株価は前日比で+38%、1ヶ月で3.6倍に高騰しています。

  • 「宇宙旅行の上場企業、19年3月から5倍に上昇した…」
  • 「宇宙旅行産業は、28年には140億ドルに拡大する…」
  • 「競合企業が少なく、22年初旬に事業開始する予定だ…」

ヴァージン・ギャラクティックは、世界初の宇宙旅行を可能にする米国銘柄です。宇宙との境目(高度100km)まで飛行し、10数分程度の無重力状態を体験できます。乗務員2名と乗客6名が搭乗でき、チケットは25万ドルで予約販売されています。

個人的には、ヴァージン・ギャラクティックは投資したい銘柄ではないです。

なぜならば、売上高は発生しておらず、1億ドル近い赤字を垂れ流してるからですSPAC以外では上場できない典型的な赤字企業ですね。宇宙旅行のビジネスが実際にスタートするのは、早くても22年初旬以降と発表してます。

ただし、宇宙旅行はビジネス的には、そこまで悪くはないです。

潜在顧客も多く、将来的には高収益が期待できる事業です。19年6月時点で603人が宇宙旅行を予約し、潜在的な顧客は3千人以上だと言います3千人が利用した場合の年間売上高は750億ドルですね。1日2回の飛行で年間2880人が搭乗できます。

また、今後数年間で200万人ぐらいは宇宙旅行を体験できるとも言います。1億円以上の資産を持つ富裕層は世界に3400万人なので、決して非現実的な数値ではないですね。ただし、赤字を垂れ流す現在の状況では、積極的に投資したいとは思いません。

ヴァージンの投資判断したい人向け
  1. ヴァージンの4半期決算(2021年4-6月)は?
  2. ヴァージンの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 宇宙旅行ビジネスは、いつから事業開始できるのか?

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

ヴァージン・ギャラクティックの四半期決算は?

ヴァージン・ギャラクティック(SPCE)の四半期決算を紹介します。

20年3Q決算(2020年9月30日)

3Qの内容は...
  1. 売上高:—万ドル(前年比—
  2. 営業利益:−7717万ドル(−48%)
  3. 純利益:−7695万ドル(−49%
  4. 1株当たり利益:—(—)

20年4Q決算(2020年12月30日)

4Qの内容は...
  1. 売上高:—万ドル(前年比—
  2. 営業利益:−7404万ドル(前年度−7676万ドル
  3. 純利益:−7406万ドル(前年度−7675万ドル
  4. 1株当たり利益:−0.31ドル(−0.34ドル)

21年1Q決算(2020年3月30日)

1Qの内容は...
  1. 売上高:—万ドル(前年比—%
  2. 営業利益:−8127万ドル(−33%
  3. 純利益:−13000万ドル(+65%
  4. 1株当たり利益:—ドル(—ドル)

1Qも売上高はなく、営業利益は−8127万ドルの損失です。

ヴァージン・ギャラクティックは、19年3月に上場しまだ事業を開始できてません。そのため、売上はなく多額の研究開発や経費だけが発生します。21年の3回目のテストフライトはエンジンの問題で5月に延期しています。

ただし、21年6月25日に株価は大きく上昇しています。その理由は、FAA(連邦航空局)から商業打ち上げのライセンスの承認を得たからです。一般客を乗せてのフライトは、22年初旬になると公表しています。

参考:Virgin Galactic Receives Approval From FAA

21年2Q決算(2021年6月…)

21年2Q決算は、21年8月9日に公開予定です。

では、売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

ヴァージン・ギャラクティックの損益計算書は?

ヴァージン・ギャラクティックは19年3月に10ドルで上場しました。株価は順調に上昇し、21年2月に最高値54ドルを付けています。21年3月現在は37ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、売上高は発生せず赤字は拡大しています。19年の売上高400万ドルに対し、営業損失額は2.13億ドルです事業が開始するのは21年以降となるため、黒字化するにはまだまだ時間が掛かります。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)です。BPSが横ばいなのに対し、EPSの赤字幅は拡大しています。事業開始するまでは、赤字額が大きくなるのは間違いないですね。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は赤字です。営業CFを黒字化するのは、どれだけ早くても22年以降ですね。事業が開始できても、宇宙ビジネスはどれだけ収益性があるかは未知数です。

自己資本比率は83%と十分な資金力を持ちます。事業開始が延長されたとしても、倒産を心配する水準ではないですね。

では、私たちはどのように投資判断すれば良いのでしょうか?

ヴァージン・ギャラクティックの注目ポイントは?

ヴァージン・ギャラクティック(SPCE)の注目すべきポイントを紹介します。

注目1:25万ドルで小宇宙旅行を体験できる?

「ヴァージン・ギャラクティック」は宇宙旅行を提供する会社です。テスラのイーロンマスク「スペースX」、アマゾンのジェフベゾス「ブルーオリジン」とライバル関係にありますね。

スペースXは火星移住や月旅行など、宇宙滞在を目的にしています。

対して、ヴァージンとブルーオリジンは、無重力を体験できる小宇宙旅行です。宇宙との境目(高度100km)まで飛行し、10数分程度の無重力状態を味わえます。搭乗チケットは25万ドルから販売していますね。

スペースXと比較して、現実的な旅行サービスになります。

ヴァージンは、19年時点で来年には商業旅行できると発表していました。19年6月には既に603人の顧客がチケットの予約金を支払っています。潜在的な顧客も3千人以上、21年には黒字化できると言います

3千人が利用した場合、年間の売上高は810億ドルになりますね。

しかし、21年になっても商業は開始していません。一般客を乗せてのフライトは、22年の初旬になると発表しています

他の宇宙旅行会社との比較を紹介します。

注目2:宇宙旅行の競合4社のサービス内容は?

参考:「宇宙旅行ビジネス」の現状とその費用、企業紹介

  1. 無重力を体験できる小宇宙旅行 → ヴァージン、オリジン
  2. 滞在する宇宙旅行 → スペースX、アドベンチャーズ
  3. 宇宙を経由した旅行 → スペースX
  4. 月や火星への移住 → スペースX、アドベンチャーズ

宇宙旅行サービスを提供する会社は4社です。最も先行しているのは「ヴァージン・ギャラクティック」で、20年3月に宇宙観光企業で世界初の上場企業です。

スペースXやアドベンチャーズの宇宙構想は広大です。対して、ヴァージンとオリジンより現実的で割と楽にサービスを提供できます。早ければ21年に事業開始で、旅行プランも20-25万ドルと現実的です。

宇宙旅行産業は、28年には140億ドルになると予測されています。

では、どのような顧客が宇宙旅行を利用するのでしょうか?

注目3:資産1億円の顧客層は3400万人もいる?

参考:富裕層1%が世界の富の半分以上を初独占

宇宙旅行は、資産が1億円以上の富裕層向けビジネスですね。

資産が1億円を超える層は、世界人口の0.7%、3400万人が該当します。そう考えると、宇宙小旅行のターゲット層は決して小さくはありません。米国では1860万人、中国では450万人、日本では300万人もいます。

ヴァージンは、19年6月時点で603人が既に予約しています。また、潜在的な顧客も3千人以上いると言います。さらには、今後数年間で200万人ぐらいは宇宙旅行できると言いますね。

富裕層が3400万人だと考えると、現実的な数値だと言えますね。

▼▼米国株1.5年で、6月末には10倍の4,727万円に増える▼▼

20年3月に米国株を初めて、1.5年で運用額を10倍に増やしました。

ただし、資産が大幅に増えた理由は運の要素が大きいです。集中投資した銘柄が大きく反発し、短期間で数倍に高騰したに過ぎません。私には投資の才能がないのは明らかで、会社員時代は日本株で200万円も損失を出しています

また、世界の株式市場が暴落した時に、運良く時間とお金がありました。31歳で無収入で会社員を辞めた私は、2年6ヶ月後にアフィリで月130万円稼ぐ事に成功しています。実は、アフィリで稼げたのも運の要素が大きいです。

では、どのような過程を経て、米国株の運用額を10倍に増やしたでしょうか?

参考:【自己紹介】米国株1.5年で運用額を10倍の「4727万円」に増やす

まとめ:ヴァージン・ギャラクティックの決算は?

SPCEの注目ポイントは...
  1. 2019年10月に上場した、宇宙旅行の米国企業である
  2. 宇宙との境目まで飛行し、10分程度の無重力を体験できる
  3. 乗客6名が搭乗でき、チケットは25万ドルで販売されてる
  4. 競合企業は4社で、ブルーオリジンと旅行プランが同じ
  5. 19年時点で603人が予約済み、22年初旬に事業開始予定
  6. 売上高400万ドルに対し、損失額は2.1億ドルである
  7. 1年間に3千人が利用すれば、売上高は750億ドルになる

個人的には、ヴァージン・ギャラクティックは投資したい銘柄ではないです。

なぜならば、売上高は発生しておらず、1億ドル近い赤字を垂れ流してるからですSPAC以外では上場できない典型的な赤字企業ですね。宇宙旅行のビジネスが実際にスタートするのは、早くても22年初旬以降と発表してます。

ただし、宇宙旅行はビジネス的には、そこまで悪くはないです。

潜在顧客も多く、将来的には高収益が期待できる事業です。19年6月時点で603人が宇宙旅行を予約し、潜在的な顧客は3千人以上だと言います3千人が利用した場合の年間売上高は750億ドルですね。1日2回の飛行で年間2880人が搭乗できます。

また、今後数年間で200万人ぐらいは宇宙旅行を体験できるとも言います。1億円以上の資産を持つ富裕層は世界に3400万人なので、決して非現実的な数値ではないですね。ただし、赤字を垂れ流す現在の状況では、積極的に投資したいとは思いません。

ヘリコプタータクシーの上場など、20年と21年は宇宙やドローン事業が注目を集めています。ヘリコプタータクシーの先行企業はブレード社(EXPC)です。

参考:ブレード(EXPC)の四半期決算|ヘリコプタータクシーを提供

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。