米国株

航空・軍事・ドローン業界

ボーイング(BA)四半期決算|21年1Qは軍用機が好調で黒字化

世界最大の航空機メーカーであるボーイングは、経済再開で最も恩恵を受ける銘柄ですね。20年3月に株価は100ドルまで急落するも、1年後には2.5倍も上昇しています。20年1Qは軍用機部門が成長を牽引し、黒字化にも成功してい…

クリーンエネルギー株

ネクステラ・パートナーズ(NEP)四半期決算|風力発電所を運営

再生可能エネルギーのネクステラは、バイデン政権の環境対策で最も恩恵を受ける銘柄ですね。コロナ後に業績は反転し、21年の営業利益率は29%と高いです。20年3月に株価は40ドルに急落するも、21年1月は2倍に高騰しています…

クリーンエネルギー株

ネクステラ・エナジー(NEE)四半期決算|再生可能エネの電力会社

再生可能エネルギーのネクステラは、バイデン政権の環境対策で最も恩恵を受ける銘柄ですね。21年前半も業績低迷は続くが、21年に急落した株価は2倍近くに戻しています。24年末までに配当金を14%ずつ増額するなど、将来の見通し…

クリーンエネルギー株

ブルックフィールド・エナジー(BEP)四半期決算|水力発電の大手

再生エネルギーのブルックフィールド・エナジーは、バイデン政権の環境対策で恩恵を受ける銘柄ですね。電力事業だが政府の優遇措置もあり、売上は10年で3.1倍に増えています。19年に13ドルだった株価は、21年に1月に4倍にも…

クリーンエネルギー株

レネソーラ(SOL)四半期決算|中国の太陽電池は33倍に上昇

太陽光発電製品を開発するレネソーラは、環境政策で最も恩恵を受ける中国企業です。業績は低迷が続くも、21年3月に1ドルだった株価は33倍にも高騰しています。将来的に成長が期待されている、クリーンエネルギーの蓄電に投資してい…

クリーンエネルギー株

ファースト・ソーラー(FSLR)四半期決算|サンランとテスラと競合

太陽発電モジュールのファースト・ソーラーは、環境政策で最も恩恵を受ける銘柄です。商品高騰もあり業績は好調で、21年1Qの売上高は前年比+50%で加速しています。20年3月に株価は急落するも、21年1月に3倍にも高騰してま…