イーライ・リリーの四半期決算|糖尿病治療薬でシェア2位

イーライリリーは世界14位だが、糖尿病患者向けの治療薬では業界2位の製薬会社です。糖尿病患者は、19年に4.6億人に達し世界中で増え続けています治療薬を開発するイーライリリーに投資すれば利益を得られるのでしょうか?

  • 「糖尿病の治療薬開発を、独占する3社のうち1社である…」
  • 「糖尿病患者は19年に4.6億人、45年に7億人になる…」
  • 「営業利益率は25%もあるが、PER24倍は割安なのだろうか…」

糖尿病向け治療薬を独占する1社だが、イーライリリーは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、世界中で薬価引き下げ圧力があり、製薬会社の売上高は伸びていないからです。治療費が最も高い米国市場は飽和状態で、売上高はあまり伸びていません。また、成長が期待される中国市場では、政府の値下げに応じたことで成長率が低下しています。

20年3Qの決算書を見ると、値下げ圧力の影響が良く分かります。

中国市場の販売量は52%増えたが、薬価格が42%も減少しています。その結果、中国市場の前年比はわずか9%に止まります。世界的に糖尿病患者が増えるの間違いないが、今後も売上高の上昇には圧力が掛かり続けます。

PER24倍は割安に見えるが、将来の成長率を考慮すると割高にも見えます。

イーライリリーの投資判断したい人向け
  1. イーライリリーの4半期決算(2020年7-9月)は?
  2. イーライリリーの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 営業利益率24%の独占企業でも、投資すべきでない理由は?

イーライリリーの10年間の四半期決算は?

イーライリリーの四半期決算を紹介します。

20年1Qの決算(2020年3月31)

1Qの業績は...
  1. 売上高:58.5億ドル+15%
  2.  Diabetes:27.7億ドル
  3.  Immunology:5.4億ドル
  4.  Neuroscience:4.2億ドル
  5.  Oncology:12.6億ドル
  6.  Other:4.8億ドル
  7. 営業利益:11.9億ドル(−21
  8. 純利益:14.5億ドル(−66%)
  9. 1株当たり利益:1.60ドル(−63%

20年2Qの決算(2020年6月30日)

2Qの業績は...
  1. 売上高:54.9億ドル(−2%)
  2.  Diabetes:27.7億ドル
  3.  Immunology:5.4億ドル
  4.  Neuroscience:4.2億ドル
  5.  Oncology:12.6億ドル
  6.  Other:4.8億ドル
  7. 営業利益:11.9億ドル(−21
  8. 純利益:14.1億ドル+6%
  9. 1株当たり利益:1.55ドル(+8%

20年3Qの決算(2020年9月30日)

3Qの業績は...
  1. 売上高:57.4億ドル+5%
  2.  Diabetes:27.8億ドル
  3.  Immunology:6.2億ドル
  4.  Neuroscience:4.7億ドル
  5.  Oncology:13.3億ドル
  6.  Other:5.2億ドル
  7. 営業利益:15.9億ドル2.4倍
  8. 純利益:12.0億ドル(−4%)
  9. 1株当たり利益:1.33ドル(−3%

イーライリリーは1876年に米国で創業した製薬会社です。製薬会社の売上では世界14位だが、糖尿病患者向けの治療薬ではノボルノディスクに次ぐ業界2位の会社です。

20年3Qの売上高は前年比5%増で57.4億ドル、営業利益は2.4倍で15.9億ドルでした。糖尿病患者向けの治療薬が全体の48%を占めています。

20年1Qに売上高が15%増だったのは、コロナによる都市封鎖の影響です。

都市封鎖や外出規制で糖尿病患者が、インスリンを買いだめしたからです。2Qや3Qでは売上高は落ち着き、6〜8%の従来の成長率に戻しています。

20年4Qの決算(2020年12月)

2021年1月26日に公開予定。

では、イーライリリーの売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか

イーライリリーの10年間の損益計算書は?

72年に4ドルで、NYSEに上場しました。その後も、安定して株価は上昇を続け、20年6月のコロナ渦で最高値163ドルを付けています。20年11月は、142ドル前後で推移していますね。

では、イーライリリーの売上高や営業利益を見てみましょう。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の業績を見ると、売上高は横ばいだが安定している事が分かります。業界最大手のノボノディスクの営業利益率40%には負けるが、25%と安定していますね。糖尿病治療薬は大手3社が独占し、安定した収益を得ています。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)は、横ばいかもしくは減少しています。19年にBPSが落ち込んだのは、投資資産を売却したからです。売却益によって、EPSは増えていますね。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間の営業CFもフリーCF(営業CF−投資CF)も、横ばいが続いています。業界最大手のノボノルディスクと比較すると、投資CFは多いです。イーライリリーの方がより積極的に新薬を開発しているからだと思います。

では、私たち投資家はどのように投資判断すれば良いのでしょうか?

イーライリリーの投資で注目すべきポイントは?

イーライリリーに投資する上で注目すべきポイントを紹介します。イーライリリーはインスリンをメインで開発する会社です。そのため、世界で糖尿病患者が増えれば、イーライリリーの売上高も増えます。

注目1:世界の製薬会社ランキングで14位?

参考:【2020年版】製薬会社世界ランキング

19年12月期決算の売上高ランキングです。

世界最大の製薬会社はスイスのロシュで618億ドル、3位は米国ファイザーで517億ドル、3位はデンマークのノボノルディスクで474億ドルと続きます。イーライリリーは世界で14位で、売上高は223億ドルです。

世界でインシュリンをメインで開発する製薬大手は3社だけです。インシュリン開発の最大手はノボノルディスク、売上高7位の仏サノフィ、それからイーライリリーです。

では、イーライリリーの市場シェアはどれくらいあるのでしょうか?

注目2:肥満ケアの市場シェアは20%まで上昇?

参考:How Is Novo Nordisk’s Position in the Diabetes Segment?

糖尿病を含む、肥満ケアセグメントの市場シェアです。

インスリン市場1位のノボノルディスクは、肥満ケアセグメントで27%のシェアを獲得しています。しかしながら、しかしながら、近年はイーライリリーのシェアが20%を超え、大きく伸びている事が分かります。

仏サノフィと米メルクは、イーライリリーにシェアを奪われています。では、糖尿病患者の人口は、世界的にどれくらい多いのでしょうか?

注目3:19年の世界の糖尿病患者は4.63億人?

参考:世界の糖尿病人口は4億6300万人に増加

世界中で糖尿病患者は増え続けています。

2019年の糖尿病患者は、世界で4.63億人もいます19年前と比較して3倍も増加し、30年には5.78億人に増えます。11人に1人が糖尿病、65歳以上の5人に1人が糖尿病です。

世界で最も糖尿病患者が多いのは中国で1億1640万人です次にインドの7700万人、米国で3100万人と続きます。糖尿病の医療費が多い国は、米国で32兆円、中国で11.8兆円、ブラジルで5.7兆円、ドイツで4.8兆円、日本で2.6兆円です。

地域別で見ると、途上国の方が増加率が多いことが分かります。アフリカの45年までの増加率は143%増、中東・北アフリカ地域は96%増、東南アジアは74%増です。

では、ノボノルディスクの地域別の売上高はどうでしょうか?

注目4:米国市場が売上高の55%を占める?

百万ドル 売上高 前年比 割合 薬価格
北米 3,161 +3% 55% -4%
ヨーロッパ 1,047 +13% 18% -1%
日本 660 +3% 11% -4%
中国 289 +9% 5% -42%
その他 583 -1% 10% -3%
合計 5,741 +5%  – -5%

イーライリリーの地域別の売上高です。

イーライリリーの売上高の55%は、北米市場が占めています。業界最大手のノボノルディスクと同様に、北米市場が最も大きいが伸び率は小さいですね。ついで、ヨーロッパの18%、日本の11%と続きます。

売上高成長率が高いのは、ヨーロッパと中国市場です。

中国市場は販売量が前年比で51%も増えています。しかしながら、薬価格を42%も引き下げた事で、成長率はわずか9%だけです薬価格引き下げ圧力は、中国だけではなく世界中で見られる事です(参考:製薬大手が中国で新薬を大幅値下げ)。

中国で大幅に値下げした事で、他国からも圧力を掛けられる可能性が高いです。

注目5:製造パイプラインの新薬は22種類もある?

参考:Eli Lilly 2020 Q3 EARNINGS

イーラリリーは低迷する製薬業界の中で健闘している会社です。

インシュリンなどの糖尿病向けの治療薬を、次々に市場に投入していますね。その結果、3番手や4番手からシェアを奪い、ノボノルディスクを追随しています。主力となる製品を見ると、順調に売上高が伸びていることが分かりますね。

また、イーラリリーは次々に新しい新薬を製造パイプラインに乗せています。イーライリリーの資料を見ると、順調に治験が進んでいる事が分かります。これらの新薬が承認されれば、売上高を伸ばす事ができますね。

参考:Eli Lilly 2020 Q3 EARNINGS

投資家はイーライリリー株を購入するべきか?

イーライリリー株に投資すべき理由は...
  1. 営業利益率は25%と高いが、売上高は伸びていない
  2. 19年の売上高は前年比10%減、20年は微増に止まる
  3. 18年は投資資産売却で、BPSが落ち込みEPSは上昇する
  4. 新薬開発が多く、ノボノルディスクより投資CFが多い
  5. 米国が売上の55%を占めるが、伸び率は3%に止まる
  6. 中国で薬価格引き下げに応じ、平均価格は42%も下げた
  7. PERは24倍と割高でないが、将来の成長性は大きくない

イーライリリーは、インスリンで世界市場で2番手の製薬会社です糖尿病患者は世界中で増加傾向にあり、19年には4.63億人、45年には7億人に増えると言います。糖尿病患者が増え続ける限りは、イーライリリーの売上高も上昇するはずですね。

しかしながら、個人的にはイーライリリーは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、世界中で薬価引き下げ圧力があり、製薬会社の売上高は伸びていないからです。中国市場は糖尿病患者が最も多く、売上高の伸び代が最も高い市場です。しかしながら、他の製薬会社も含め、中国国家医療保障局の引き下げに応じています。

そのため、20年3Qの薬価格は、平均して42%も下落しました

中国市場の大幅な薬価格引下げで、他の国の圧力もますます強くなる事が予想できますね。この点を踏まえると、糖尿病患者が増えても、売上高を増やし続けるのは難しいと言えます。

まとめ:イーライリリー株の四半期決算は?

イーライリリー株の特徴は...
  1. 1876年に米国で設立、世界で14位の製薬会社である
  2. 糖尿病患者向け治療薬では、世界2位のシェアを持つ
  3. 米国市場でシェアを持ち、売上高全体の55%を占める
  4. 営業利益率は25%と高いが、売上高は伸びていない
  5. 中国で薬価格引き下げに応じ、平均価格は42%も下げた
  6. PERは24倍と割高でないが、将来の成長性は大きくない

糖尿病向け治療薬を独占する1社だが、イーライリリーは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、世界中で薬価引き下げ圧力があり、製薬会社の売上高は伸びていないからです。治療費が最も高い米国市場は飽和状態で、売上高はあまり伸びていません。また、成長が期待される中国市場では、政府の値下げに応じたことで成長率が低下しています。

20年3Qの決算書を見ると、値下げ圧力の影響が良く分かります。

中国市場の販売量は52%増えたが、薬価格が42%も減少しています。その結果、中国市場の前年比はわずか9%に止まります。世界的に糖尿病患者が増えるの間違いないが、今後も売上高の上昇には圧力が掛かり続けます。

PER24倍は割安に見えるが、将来の成長率を考慮すると割高にも見えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です