中国平安保険の四半期決算|2桁成長でもPERは10倍以下?

中国平安保険(OTC:PNGAY、HKG:02318)は、中国で最大の民間が運営する保険会社です。IT×金融×生活サービスを提供する総合フィンテック企業としても高い評価を得ていますね。しかしながら、PERは10倍以下と割安に放置されています

  • 「保険市場の拡大で、売上高は10年で6倍に増えた…」
  • 「中国人1人当たり保険料は、香港の40分の1しかない…」
  • 「保険市場は確実に拡大するが、PERは10倍以下で放置されてる…」

個人的には、中国平安株は長期で保有したい銘柄のひとつです。

なぜならば、保険事業は中国の経済成長に連動して、確実に利益を得られる銘柄だからです。18年は成長率が大きく鈍化するも、中国の生保市場は毎年2桁成長を続けています。成長率が鈍化した理由は、市場健全化を目的にした中国当局の規制強化です。

しかしながら、今後も中国の中間層が増えるのは間違いないですね。

中国人1人当たりの生命保険料は、香港の40分の1、台湾の20分の1、日本の15分の1だけです。中国平安保険は、18年に市場が縮小する中でも2桁成長を維持しています。他社と比較して競争力が高い企業である事を示しています。

規制やコロナで落ち込むも、長期的に見ればPER10倍以下は間違いなく割安です。

中国平安保険の投資判断したい人向け
  1. 中国平安保険の4半期決算(2020年7-9月)は?
  2. 中国平安保険の過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 2桁成長なのに、PER10倍以下で放置されてる理由は?

中国平安保険の10年間の四半期決算は?

中国平安保険の四半期決算を紹介します。

第1Q決算(2020年3月31日)

第1Q決算の内容は...
  1. 売上高:3552億元(前年比−12%)
  2. 営業利益:373億元(−41%
  3. 純利益:303億元(−39%)
  4. 1株当たり利益:1.46元(−43%

第2Q決算(2020年6月30日)

6ヶ月の合計は...
  1. 売上高:6832億元(前年比−2%)
  2.  Life and health insurance:3864億元(−8%)
  3.  Property and casualty insurance:1343億元(+7%
  4.  Banking:1271億元(+10%
  5.  Trust:29億元(+0%)
  6.  Securities:94億元(+17%
  7.  Other asset management:260億元(+0%)
  8.  Technology business:150億元(+0%)
  9.  Other business and elimination:−181億元(前年度−172億元)
  10. 営業利益:907億元(−22%
  11. 純利益:759億元(−29%)
  12. 1株当たり利益:3.86元(−30%

第3Q決算(2020年9月30日)

3Qの内容は...
  1. 売上高:3118億元(前年比+11%
  2. 営業利益:466億元+4%
  3. 純利益:389億元(+8%
  4. 1株当たり利益:1.93元(+7%

1988年に設立した中国平安保険は、中国の4大保険会社の1つです。世界の時価総額ランキングで36位、中国国内で7位と順調に売上を伸ばしてます。また、IT×金融×生活サービスを提供する総合フィンテック企業としても高い評価を得ています。

20年3Qの売上高は前年比11%増で3118億元、営業利益は4%増で466億元です。

コロナによる影響で対面販売が大きく減少するも、早くも業績回復に成功しています。また、コストが減少したことで、営業利益率は12%と改善できていますね。これは、コロナで自動車事故が減ったことで、保険料の支払いも減少したからです。

第4Q決算(2020年2月)

2021年2月20日に公開予定。

では、中国平安保険の売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか

中国平安保険の10年間の損益計算書は?

04年に5.1香港ドルで、香港市場に上場しています。07年に株価が高騰し53香港ドルまで上昇するも、その後に株価は低迷しています。17年に再び上昇し、コロナ後の20年11月は88香港ドル前後で推移していますね。

では、中国平安保険の売上高や営業利益はどうでしょうか?

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の売上高を見ると、売上高も純利益も順調に拡大しています。売上高は15〜25%と2桁成長、売上高に合わせて純利益も順調に増えています。

営業利益は過去データがなく記載できていません。しかし、直近の営業利益率を見ると、20年1Qは8%、2Qは13%、3Qは12%と悪くはありませんファインテックにも力を入れていて、効率が良い顧客獲得ができていると言えます。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)も、順調に拡大傾向にあると言えます。中国国内のGDPや保険市場の拡大とともに、成長を続けていると言えますね。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間の営業CFやフリーCF(営業CF−投資CF)は、順調とは言えないですね。上昇する年もあれば、下降する年もあるなど一貫性はありません。しかしながら、投資CFの金額は少なく、優良ビジネスであることがわかります

また、直近の17年以降は上昇している点に注目したいですね。では、私たち投資家は中国平安保険をどのように評価すれば良いのでしょうか?

中国平安保険の注目ポイントは?

中国平安保険に投資する上で注目すべきポイントを紹介します。中国平安保険は、民間企業が運営する最大の保険会社です。保険市場が拡大すれば、中国平安保険の売上高も右肩上がりで増えます。

注目1:生命保険事業が売上高の56%を占める?

(億元) 19Q2 20Q2 前年比  売上割合
生命保険 4,158 3864 -8% 56%
損保保険 1249 1343 +7% 19%
銀行 1149 1271 +10% 18%
投資 29 29 +0% 0%
セキュリティ 80 94 +17% 1%
資産運用 258 260 +0% 3%
ファインテック 149 150 +0% 2%
その他 -172 -181  –
合計 6902 6832 -2%  –

平安保険の売上高の割合と、事業別の前年比比較です。

平安保険で最も売上高が大きいのは生命保険で、売上高全体の56%を占めます。その次に損保保険で19%、銀行業で18%と続きます。それ以外のファインテックや資産運用などは、全体の6%と小さいです。

主力の保険業と銀行業で全体の93%を占めます。保険事業の規模は大きく、まだまだ成長産業であることがわかります。ヘルスチェックやファインテックにも力を入れているが、売上高の規模も成長率も小さいですね。

20年6月の上半期の売上高を見ると、主力の生命保険業が前年比で8%も落ち込んでいますねこれは、コロナで長期生命保険の対面販売が大きく縮小したからです。ただし、全体で見るとコロナ環境下でも力強く成長していますね。

一時的に悪化した対面販売も、経済正常化が進めば時期に勢いを戻しますね。実際に、20年3Qは売上高が前年比11%増と、早くも成長軌道に戻しつつあります

では、中国の保険市場は世界的にどれくらい大きいのでしょうか?

注目2:中国の生保市場は世界で3番目に大きい?

参考:中国の生保市場、世界ランク3位に後退

2018年の中国の生命保険市場は、17年より1つ後退し世界3位のマーケットです。

中国の生命保険市場は、16年に35%増、17年に20%増と2桁成長が続いていました。しかしながら、18年は−3.4%と大きく後退していますこれは、16年後半以降に進められている市場の健全化に向けた一連の施策の結果です。

中国当局は金融リスク回避のため、保険会社に規制を掛けています

しかしながら、短期的には市場が鈍化するも、長期的には中国の保険市場は上向く可能性が高いです。なぜならば、中国の保険の普及度合いは世界平均以下と低いからです。

注目3:1人あたり生命保険料は香港の40分の1?

参考:中国の生保市場、世界ランク3位に後退

中国の1人あたりの生命保険料と、GDPに占める保険料の割合です。

中国の1人あたりの生命保険料は221ドルと、世界平均の371ドル以下です。先進国と比較して10分の1の規模しかありません。また、同じ中華圏である香港と台湾と比較すると、特出して低いことがわかりますね。

1人あたり保険料は香港の40分の1、台湾の20分の1だけです。将来的に中間層の数が増えれば、香港や台湾並に保険料が増える可能性はあります。

では、平安保険はどのようにして売上高を増やしてきたのでしょうか?

注目4:売上高成長率はコロナで−11%に落ち込む?

平安保険の四半期毎の売上高推移です。

過去の推移を見ると、平安保険は高い成長率で売上高を伸ばしてきた事が分かりますね。18年や19年は、保険市場が大きく落ち込む中でも2桁成長を維持していますこれは、他の保険会社と比較して、競争力が高いことを示していますね。

20年1Qで売上高が11%減に落ち込んだのは、コロナによる影響です。コロナによる外出規制で、長期生命保険の対面販売の売上高が縮小したからです

経済が正常化した始めた、2Qや3Qには再び2桁成長に戻していますね。

中国平安保険株を購入するべきか?

平安保険株に投資すべき理由は...
  1. 売上高も純利益も、毎年2桁成長で拡大している
  2. 国営の保険会社を抑えて、中国1位の保険会社に成長した
  3. 18年と19年は規制で縮小するも、2桁成長を維持した
  4. 4億人の顧客データを持ちファインテックにも投資してる
  5. 1人あたり保険料は、香港の40分の1の規模しかない
  6. 2桁成長にも関わらず、PERは10倍以下と割安水準である
  7. コロナで売上が落ち込むも、2Qや3Qには持ち直してる

個人的には、中国平安株は長期で保有したい銘柄のひとつです。

なぜならば、中国の保険市場はまだまだ拡大の余地があるからです。中国人1人当たりの生命保険料は、香港の40分の1、台湾の20分の1、日本の15分の1しかありません中国のGDPが拡大し中間層が増加するに従い、間違いなく保険料も伸びます。

実際に最中国平安保険の売上高や純利益は、順調に2桁成長を続けています。

また、20年11月の平安保険のPERは9.3倍と割安ですこれは、16〜19年の中国当局の規制で市場規模が縮小し、20年にはコロナで保険料の収入が落ち込んだからです。それでも、2桁成長を維持する平安保険は、間違いなく優良企業だと言えます。

中国の経済成長が続く限りは保有したい銘柄のひとつです。

まとめ:中国平安保険の四半期決算は?

中国平安保険株の特徴は...
  1. 88年に設立、中国最大の民間保険会社である
  2. 時価総額ランキングで世界36位、中国7位になる
  3. IT×金融×生活サービスを提供する総合フィンテック企業
  4. 主力の保険事業が売上高の56%を占めている
  5. 4億人の顧客データを持ち、ITや顧客体験に投資してる
  6. 1人あたり保険料は、香港の40分の1の規模しかない
  7. 2桁成長にも関わらず、PERは10倍以下と割安水準である
  8. コロナで売上が落ち込むも、2Qや3Qには持ち直してる

個人的には、中国平安株は長期で保有したい銘柄のひとつです。

なぜならば、保険事業は中国の経済成長に連動して、確実に利益を得られる銘柄だからです。18年は成長率が大きく鈍化するも、中国の生保市場は毎年2桁成長を続けています。成長率が鈍化した理由は、市場健全化を目的にした中国当局の規制強化です。

しかしながら、今後も中国の中間層が増えるのは間違いないですね。

中国人1人当たりの生命保険料は、香港の40分の1、台湾の20分の1、日本の15分の1だけです。中国平安保険は、18年に市場が縮小する中でも2桁成長を維持しています。他社と比較して競争力が高い企業である事を示しています。

規制やコロナで落ち込むも、長期的に見ればPER10倍以下は間違いなく割安です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です