TALエデュケーション四半期決算|中国最大のK-12向けスクール

TALエデュケーション(NASAQ:TAL、HKG:なし)は、小中高生を対象にした中国最大の教育サービス会社です。中国は世界で最も教育に熱心な国だと言えます。中国人が子供の教育に投資する金額は世界6位で、1人当たりGDP比だと世界1位だと言えますね

  • 「売上は10年で30倍に増えるも、PERは1700倍と割高だ…」
  • 「27年に米国GDPを超えるなら、間違いなく中国株は買いだ…」
  • 「米中対立や反資本主義など、中国株に投資するのはリスクが高い...」

中国のオンライン教育は年率28%で拡大する成長産業ですね。その中でも、K12向けの教育は31%を占め、17年度には前年比52%で成長しています中国の教育市場が拡大するならば、業界最大手であるTALの売上高も増えますね。

しかしながら、個人的にはTALは長期で投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、右肩上がりで売上高は増加するも、営業利益は期待するよりも伸びてないからです。TALは年々オンライン向けクラスの需要が増し、売上高に占める割合も増え続けています。しかしながら、コロナ以前の19年から営業利益は5.1%だけ、20年には1.2%まで落ちています。

オンライン向けにシフトするならば、経費が削減され営業利益は増えるはずですね。期待するよりも伸びてない理由は、オフラインにも積極的に投資している、もしくはオンラインクラスはライバル企業が多く利益が出ない構造かもしれません。

営業CFやフリーCFは順調に増えているが、個人的には楽観視できません。

TALの投資判断したい人向け
  1. TALの4半期決算(2020年7-9月)は?
  2. TALの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. オンライン教育市場が拡大するも、投資すべきでない理由は?

TALエデュケーションの四半期決算は?

TALの過去四半期の決算を紹介します。

20年1Q決算(2020年6月30日)

第1Q決算の内容は...
  1. 売上高:9.10億ドル前年比+35
  2. 営業利益:0.35億ドル(−26%
  3. 純利益:0.81億ドル(前年度−0.16億ドル
  4. 1株当たり利益:0.13ドル(前年度−0.03ドル

20年2Q決算(2020年9月30日)

第2Q決算の内容は...
  1. 売上高:11.03億ドル前年比+20
  2.  Small Class and Others:68%
  3.  Online Class:24%
  4.  One-on-One Class:8%
  5. 営業利益:−0.49億ドル(前年度0.60億ドル
  6. 純利益:0.14億ドル(前年度−0.23億ドル
  7. 1株当たり利益:0.02ドル(前年度−0.04ドル

TALエデュケーションは、中国でK12向け(幼稚園から高校終了まで)に少人数制、個別指導、ライブのオンライン授業を提供する会社です。数学、物理学、化学、生物学、歴史、地理、政治学、英語、中国語のクラスを持ち、中国36都市に871箇所の学習センターを展開しています。

20年2Qの売上高は20%増で11.03億ドル、営業利益は−0.49億ドルでした。

クラス別の売上高を見ると、近年は急激にオンラインクラスが業績を伸ばしていますコロナでもオンラインクラスの需要が高まっていますね。しかしながら、売上高は増えても営業利益は増えてない点に注意が必要です。

20年3Q決算(2021年1月末)

2021年1月末に公開予定。

では、TALの売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか

TALエデュケーションの10年間の損益計算書は?

TALは2010年に2ドルでNasdaqに上場し、着実に株価は上昇しています。その後に、オンライン教育市場の拡大と共に株価も上昇し、17年になると急騰していますね。その後も順調に増加を続け、コロナ環境下で最高値79ドルをつけています。

では、TALの売上高や営業利益はどうでしょうか?

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、順調に売上高が増加している事が分かります。過去10年間で売上高は30倍にも増加していますね。しかしながら、営業利益は期待するようには伸びていません。19年には5.1%まで下落し、 コロナ環境下の20年には1.2%まで落ち込みます

オンラインクラスの業績が伸びている割りには、経営の効率化ができていないですね。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)は、順調に増加している事が分かります。しかしながら、EPS(1株あたり純利益)は、18年以降に大きく減速している事が分かりますね。コロナ以前の19年から大きく利益率が低下している点に注意が必要ですね

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のCF計算書を見ると、18年を覗いて営業CFもフリーCF(営業CF−投資CF)も拡大傾向にある事が分かります。営業利益はマイナスでも、しっかりと現金を残す経営ができていますね。オンラインに力を入れている事もあり、今後はさらに投資CFが減る事が期待されます。

では、私たち投資家はどのように投資判断すれば良いのでしょうか?

TALエデュケーションに投資する上で注目ポイントは?

TALに投資する上で注目すべきポイントを紹介します。TALは就学前から12年生までの生徒に、少人数クラス、個別のプレミアムサービス、オンラインコースの3つを提供している最大手の教育サービスです。中国国内で教育市場が拡大すれば、TALの売上高も増えますね。

注目1:K12オンライン教育市場は前年比52%で拡大?

参考:中国のオンライン教育の成功要因とは?

中国のオンライン教育市場は、コロナ以前から右肩上がりで増えています。

2019年のオンライン教育市場は、前年比28%で拡大し2.4兆円(1596億元)でした。22年には4.7兆円に達すると言います。

オンライン教育の中でも特に伸び率が大きいのが、K12(幼稚園から高校終了まで)向けです。17年のK12向けオンライン市場は、前年比52%増で4481億円でしたオンライン教育市場全体に占める割合は31%と小さいが、急激に拡大している市場ですね。

では、TALのクラス別の売上高はどうなっているのでしょうか?

注目2:少人数生クラスが68%でオンラインが24%?

参考:TAL Education Group 2020 Q4 – Results

TALの売上高の内訳を見ると、少人数クラスが全体の68%を占めます。

次に多いのがオンラインクラスの「Xueersi.com」で24%、ワンツーワンクラスは8%だけです。近年、TALの業績を底上げしているのはオンラインクラスです。17年のオンラインクラスの割合は5%だったが、19年には17%、20年には24%と急増しています

コロナ以前から好調だったオンラインクラスは、コロナ後はさらに加速しています。では、TALのオンラインクラスはどれだけの市場シェアを獲得しているのでしょうか?

注目3:オンラインクラスは28.9%の市場シェア?

TALのオンラインクラス「xueersi.com」は、K-12向けで最大のシェアを誇ります。

「xueersi.com」の市場シェアは28.9%と高いです。2番手は、New Orientalが運営する「koolean.com」で18.3%です。「xueersi.com」の売上高は、11年度から6年で1911%も拡大していますね。また、17年に39百万元だった売上高は、20年には10倍の399百万元まで増えています

順調に売上高を伸ばすTALだが、営業利益は大きく減速してる点に注意が必要です。

注目4:20年の営業利益4.2%まで落ち込む?

参考:TAL Education Group 2020 Q4 – Results

売上高は好調なTALだが、営業利益で見ると大きく落ち込んでいます。

19年の営業利益は342百万ドル、営業利益率は13.3%でした。しかしながら、20年は売上高が増加を続けるも、営業利益は137百万ドルまで減速します。営業利益率も4.2%まで落ちていますね。四半期毎の詳細を見ると、20年4Qの営業利益率はー4.8%です。

利益率が低下したのはコロナの影響を受けたからですね。

コロナ環境下でも売上高が増加したのは、オンラインクラスが好調だったからだと推測できます対して、少人数性や個別指導が一時的に停止されていましたね。夏になると、中国の公衆衛生状況と一般経済が回復した事で、オフラインでの教育と個別指導も徐々に再開を始めています。

経済再開が進む中でも、おそらく今後もオンラインクラスが業績を伸ばすと思います。

投資家はTAL株を購入するべきか?

TAL株に投資すべきでない理由は...
  1. 売上高は急拡大するも、営業利益率は低く利益が出ない
  2. 19年の営業利益は5.1%、20年は1.2%まで低下してる
  3. BPSは順調に拡大するも、利益率が低くEPSは伸びていない
  4. オンラインクラスが加速するも、必要経費は逆に増えている
  5. 徐々に低下してるが、少人数制と個別指導が全体の76%を占める

中国のオンライン教育は年率28%で拡大する成長産業ですね。その中でも、K12向けの教育は31%を占め、17年度には前年比52%で成長しています中国人が子供の教育に投資する金額は世界6位で、1人当たりのGDP比で言うと世界1位だと言えます。

しかしながら、個人的にはTALは長期で投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、右肩上がりで売上高は増加するも、営業利益は減少傾向にあるからですコロナ以前の19年から営業利益は5.1%しかなく、20年には1.2%まで落ちています。オンライン事業は拡大を続け、売上高全体の24%を占めるが、主流はまだまだオフラインですね。

利益率が高いはずのオンラインが増加する中でも、営業利益が伸びない点が大きな懸念材料です利益率が改善するまで待つか、もしくはオンラインに特化したスクールに投資する方が良いですね。

まとめ:TALエデュケーションの四半期決算は?

TAL株の特徴は...
  1. 2003年に事業開始、中国最大の小中高生向けスクール塾
  2. K-12向け(幼稚園から高校生)で中国最大のプラットフォーム
  3. 英語、数学、物理、化学、生物、歴史、地理、政治、中国語など扱う
  4. 少人数制、個別指導、オンラインによるライブ授業を提供してる
  5. オンライン向けが拡大し、売上高の24%を占める
  6. オンラインのシェアは中国最大で、28.9%を占める
  7. 売上高は急拡大するも、営業利益率は低く利益が出ない
  8. 19年の営業利益は5.1%、20年は1.2%まで低下してる

中国のオンライン教育は年率28%で拡大する成長産業ですね。その中でも、K12向けの教育は31%を占め、17年度には前年比52%で成長しています中国の教育市場が拡大するならば、業界最大手であるTALの売上高も増えますね。

しかしながら、個人的にはTALは長期で投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、右肩上がりで売上高は増加するも、営業利益は期待するよりも伸びてないからです。TALは年々オンライン向けクラスの需要が増し、売上高に占める割合も増え続けています。しかしながら、コロナ以前の19年から営業利益は5.1%だけ、20年には1.2%まで落ちています。

オンライン向けにシフトするならば、経費が削減され営業利益は増えるはずですね。期待するよりも伸びてない理由は、オフラインにも積極的に投資している、もしくはオンラインクラスはライバル企業が多く利益が出ない構造かもしれません。

営業CFやフリーCFは順調に増えているが、個人的には楽観視できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です