New Orientalの四半期決算|中国最大の英語学習スクール

New Oriental Education(NYSE:EDU、HKG:なし)は、英語教育を核にした中国で2番手の教育サービス会社です。中国は世界で最も教育に熱心な国だと言えます。中国人が子供の教育に投資する金額は世界6位で、1人当たりGDP比だと世界1位だと言えますね

  • 「売上高は10年で7倍、PERは70倍と期待値が高い…」
  • 「27年に米国GDPを超えるなら、間違いなく中国株は買いだ…」
  • 「米中対立や反資本主義など、中国株に投資するのはリスクが高い...」

中国のオンライン教育は年率28%で拡大する成長産業ですね。その中でも、K12向けの教育は31%を占め、17年度には前年比52%で成長しています中国の教育市場が拡大するならば、業界2番手であるNew Orientalの売上高も増えますね。

しかしながら、個人的にはNew Orientalは長期で投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、右肩上がりで売上高は増加するも、営業利益は期待よりも伸びてないからです19年の営業利益率は11%、20年には8.7%まで低下しています。オンライン向けが占める売上高が増えている事を考えると、営業利益率の低下は大きな懸念材料です。

この先、中国で英語教育がどれだけ増えるかは未知数です

なぜならば、米中対立が悪化すれば、欧米諸国に留学する学生が減るからですねまた、中国国内の内需は潤沢で、中間層や富裕層も増えています。さらには、中国のハイテク関連の幾つかは米国よりも先進的で、あえて米国に渡航する理由は薄れつつあります。

New Orientalの投資判断したい人向け
  1. New Orientalの4半期決算(2020年7-9月)は?
  2. New Orientalの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 中国教育市場が拡大しても、投資すべきではない理由は?

New Oriental(EDU)の四半期決算は?

New Orientalの過去四半期の決算を紹介します。

20年4Q決算(2020年6月30日)

第4Q決算の内容は...
  1. 売上高:7.98億ドル(前年比−8%)
  2. 営業利益:1.02億元(−38%
  3. 純利益:1.31億元(−69%
  4. 1株当たり利益:0.08元(−69%

21年1Q決算(2020年9月30日)

第1Q決算の内容は...
  1. 売上高:9.86億ドル(前年比−8%)
  2. 営業利益:1.50億元(−38%
  3. 純利益:1.74億元(−19%
  4. 1株当たり利益:1.15元(−19%

New Orientalは、英語教育を核にした教育サービスを提供する会社です。オンライン教育プラットフォーム「Koolearn.com」は、テンセントが出資し19年に香港市場に上場しています。New Orientalは中国でも2番手、世界でも2番手の教育会社です。

21年1Qの売上高は8%減で9.86億元、営業利益は38%減で1.5億元です。

オンライン向けの売上高は好調だが、コロナ危機を景気に業績は大きく減速しています20年は始めて売上高が減速し、営業利益も大きく落ち込んでいますね。オフライン向けスクールは徐々に回復しているが、本格的に回復するのはまだ先になりそうですね。

21年2Q決算(2021年1月末)

2021年1月末に公開予定。

では、New Orientalの売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか

New Oriental(EDU)の10年間の損益計算書は?

New Orientalは、2006年に6ドルでNYSEに上場しました。その後は株価は伸び悩むも、16年以降は急速に株価が上昇していますね。コロナ危機後に最高値を付けて、20年11月は178ドル前後で推移しています。

では、New Orientalの売上高や営業利益はどうでしょうか?

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、売上高が大きく伸びている事が分かりますね。過去10年間で売上高は7倍にも拡大しています。しかしながら、期待するよりも営業利益は伸びていません。営業利益率は鈍化傾向にあり、20年(TTM)では8.7%まで下落しています

オンライン向けの売上高が増えている事を考えると、少し期待外れだと言えますね。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)は、比較的に安定していると言えますね。しかしながら、EPSの伸び率は小さく、少し物足りなさを感じます

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のCF計算書を見ると、営業CFもフリーCF(営業CF−投資CF)も拡大しています。ただし、17年になると営業CFの伸びが止まっています。投資CFが増えている理由は、オンライン向けのクラスに投資しているからかもしれません。

では、私たち投資家はNew Oriental株をどのように投資判断したら良いのでしょうか?

New Oriental(EDU)に投資する上で注目ポイントは?

New Orientalに投資する上で注目すべきポイントを紹介します。New Orientalは、英語教育を核にした中国の教育サービスです。そのため、中国国内で教育市場が拡大すれば、New Orientalの売上高も伸びますね。

注目1:K12向けオンライン教育市場は前年比52%で拡大?

参考:中国のオンライン教育の成功要因とは?

中国のオンライン教育市場は、コロナ以前から右肩上がりで増えています。

2019年のオンライン教育市場は、前年比28%で拡大し2.4兆円(1596億元)でした。22年には4.7兆円に達すると言います。

オンライン教育の中でも特に伸び率が大きいのが、K12(幼稚園から高校終了まで)向けです。17年のK12向けオンライン市場は、前年比52%増で4481億円でしたオンライン教育市場全体に占める割合は31%と小さいが、急激に拡大している市場ですね。

では、中国の教育市場でNew Orientalはどの立ち位置にいるのでしょうか?

注目2:中国の教育企業は世界最大規模で1位と2位?

参考:China’s private education market set to reach $330 billion by 2020

中国のトップ2社は、世界市場でもトップの教育企業です。

中国市場1位は、小中高生向けに全科目を提供するTALで資産額は191億ドルです次いで、New Orientalが145億ドルで続きますね。3〜9位は外国企業が続くも、10位以降は再び中国企業が占めています。いかに、中国が教育に力を入れているかが分かりますね。

では、近年市場が急拡大しているオンライン向けでは、New Orientalはどこに位置するでしょうか?

注目3:オンライン向けも市場2位で18.3%を占める?

K-12(小中高生)向けオンラインクラスの市場シェアです。

オンライン向けでも、New OrientalはTalに次いで2番手です。TALの「xueersi.com」の市場シェアが28.9%で1位、次いでNew Orientalの「koolean.com」が18.3%を占めます。「Boolean.com」は、テンセントが出資し、香港市場へのIPOを発表しています。

参考:中国版東進ハイスクール「Koolearn Technology」が香港市場にIPO

TALもNew Orientalも、コロナ以前からオンライン向けの売上高が大きく拡大しています。

「xueersi.com」の売上高は、11年度から6年で1911%も拡大していますね。また、17年に39百万元だった売上高は、20年には10倍の399百万元まで増えています

では、中国人で英語を学ぶ学生はどれくらいいるのでしょうか?

注目4:中国人の英語学習市場は年率25%で成長?

国際化が進む中国では、英語を学ぶ学生が急増しています。

海外で学びたい中国人学生は、2012年までは年率12%で増加、16年までは年率8%で増加しています海外に渡航する学生の増加に合わせて、中国人の英語学習市場は年率25%で拡大しています。New Orientalの売上高は、市場拡大以上のペースで伸びていますね。

しかしながら、20年(TTM)のNew Orientalの売上高は減少していますコロナの影響で、オフラインのスクールが大きく影響を受けているからですね。

投資家はNew Oriental株を購入するべきか?

New Orental株に投資すべきでない理由は...
  1. 売上高は急拡大するも、営業利益率は低く利益が出にくい
  2. 19年の営業利益は11%だが、20年は8.7%まで低下してる
  3. BPSは順調に拡大するも、EPSはあまり伸びていない
  4. 営業CF増えているが、17年以降は成長が止まっている
  5. オンラインクラスが加速するも、営業利益率が改善できてない

中国のオンライン教育は年率28%で拡大する成長産業ですね。その中でも、K12向けの教育は31%を占め、17年度には前年比52%で成長しています中国人が子供の教育に投資する金額は世界6位で、1人当たりのGDP比で言うと世界1位だと言えます。

しかしながら、個人的にはNew Orientalは長期で投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、右肩上がりで売上高は増加するも、営業利益は期待よりも伸びてないからです19年の営業利益率は11%、20年には8.7%まで低下しています。オンライン向けが占める売上高が増えている事を考えると、本来であれば営業利益率はもっと改善しても良いですね。

オンライン向けが好調でない理由は、競争が激しい分野だからだと予想できます

また、20年はコロナの影響で成長率が鈍化してる点も懸念材料です。米中対立がさらに悪化すると、英語を学ぶ学生は減るかもしれないですね。また、中国国内で裕福な層が増えているため、あえて外国語を勉強する学生も減るかもしれません。

不確実性が高いため、積極的に買いに行ける銘柄ではないですね。

まとめ:New Oriental(EDU)の四半期決算は?

New Oriental株の特徴は...
  1. 1993年に事業開始、中国最大の英語教育サービスを提供
  2. 留学用のTOEFL、語学研修、児童向けなど、試験対策にも強み
  3. オンライン教育プラットフォーム「Koolearn.com」を運営してる
  4. コロナ以前から、オンライン教育の売上高は増えている
  5. 「Koolearn」はテンセント の出資を受けて、19年に香港に上場した
  6. 売上高は急拡大するも、営業利益率は低く利益が出にくい
  7. 19年の営業利益は11%だが、20年は8.7%まで低下してる

個人的には、New Orientalは長期で投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、右肩上がりで売上高は増加するも、営業利益は期待よりも伸びてないからです19年の営業利益率は11%、20年には8.7%まで低下しています。オンライン向けが占める売上高が増えている事を考えると、営業利益率の低下は大きな懸念材料です。

この先、中国で英語教育がどれだけ増えるかは未知数です

なぜならば、米中対立が悪化すれば、欧米諸国に留学する学生が減るからですねまた、中国国内の内需は潤沢で、中間層や富裕層も増えています。さらには、中国のハイテク関連の幾つかは米国よりも先進的で、あえて米国に渡航する理由は薄れつつあります。

20年以降はどうなるか分からないため、その後の動向をしっかり見極めたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です