ビリビリBiliBiliの四半期決算|中国版のニコニコ動画は業績好調

中国は動画配信市場が、年率3桁のペースで急激に伸びています。ビリビリ(NASAQ:BILI、HKG:なし)は、MAUが1.7億人を誇る5番手で、中国で最も勢いがある動画配信会社です。動画市場が拡大すれば、動画配信会社であるビリビリの売上高も右肩上がりで増えますね。

  • 「売上高は4年で50倍になるも、株価は安く抑えられている…」
  • 「27年に米国GDPを超えるなら、間違いなく中国株は買いだ…」
  • 「米中対立や反資本主義など、中国株に投資するのはリスクが高い...」

ビリビリは中国版のニコニコ動画と呼ばれ、最も成長率が高い動画配信会社です。業界最大手であるアイチーイーの成長率16%に対し、ビリビリは64%で売上高が拡大していますMAU数は1.7億人に増えるなど、2年間で倍増しています。

しかしながら、個人的にはビリビリ株に投資したいとは思いません。

なぜならば、売上高は急成長しているが、営業利益が黒字化する見通しがないからです。19年の営業利益率は−22%と高く、改善傾向にはありません。中国国内で最も勢いがある動画配信会社で、収益化よりも新規顧客に費やしているからです。

しかしながら、ビリビリが中国国内の動画配信で競争に勝つ保証はありません。

また、ライバル企業に勝利したとしても、黒字化できる可能性も低いですなぜならば、業界最大手であるアイチーイーも大幅な赤字が続いているからです。競争が激しいレッドオーシャンで、競合同士が消耗している業界に投資したくはないですね。

ビリビリの投資判断したい人向け
  1. ビリビリの4半期決算(2020年7-9月)は?
  2. ビリビリの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 成長率が最も高い新興企業でも、投資すべきでない理由は?

ビリビリ(BILI)の四半期決算は?

ビリビリの過去四半期の決算を紹介します。

20年1Q決算(2020年3月31日)

第1Q決算の内容は...
  1. 売上高:23.15億元(前年比+68
  2.  Mobile games:11.50億元(+31%
  3.  Value-added services:7.93億元(2.72倍
  4.  Advertising:2.14億元(+91%
  5.  E-comerce and others:1.57億元(+65%
  6. 営業利益:−5.44億元(前年度−3.06億元
  7. 純利益:−5.35億元(−1.85億元
  8. 1株当たり利益:−1.62元(−0.6元)

20年2Q決算(2020年6月30日)

第2Q決算の内容は...
  1. 売上高:26.17億元(前年比+70
  2.  Mobile games:12.47億元(+35%
  3.  Value-added services:8.25億元(2.53倍
  4.  Advertising:3.48億元(2.08倍
  5.  E-comerce and others:1.95億元(+57%
  6. 営業利益:−6.10億元(前年度−3.45億元
  7. 純利益:−5.66億元(−3.12億元
  8. 1株当たり利益:−1.93元(−0.96元)

ビリビリは、日本のニコニコ動画に近いサービスを提供しています。生放送主(配信者)による課金ビジネスがあり、画面上にコメント表示ができます。中国の動画配信市場で最も勢いがあり、MAU数は1.7億人まで増えました

MAU数は、動画配信企業の中で5番手にあたります。

20年2Qの売上高は70%増で26億元、営業利益は−6.10億元です。主力のモバイルゲームや付加価値サービスは好調でも、赤字幅も大幅に拡大していますね。コロナ環境下でも高い成長率が続くも、依然として事業は赤字経営です。

20年3Q決算(2021年1月末)

2021年1月末に公開予定。

では、ビリビリの売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか

ビリビリ(BILI)の10年間の損益計算書は?

ビリビリは2018年に11ドルで、Nasdaq市場に上場しています。株価は20年に上昇し始め、コロナ後の20年11月は46ドル前後で推移しています。

では、ビリビリの売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

ビリビリの過去10年間の決算書を見ると、爆発的なペースで売上高が上昇している事が分かります。わずか4年間で売上高は50倍にも拡大しています。しかしながら、売上高に合わせて、営業損失も拡大しています。19年時点で営業利益率は−22%で、改善傾向にありません。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)もEPS(1株あたり純利益)も、安定しているとは言えません。EPSの赤字幅は縮小傾向にあるが、依然としてはマイナスです。20年(TTM)では拡大を続け、黒字化する見通しはないですね。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、フリーCF(営業CF−投資CF)も一貫してマイナスです。営業CFは安定しない上に、投資CFはまだまだ拡大傾向にありますね。ビリビリは収益化するよりも、事業拡大のために新規顧客開拓のために費用を使っています

では、私たち投資家はどのようにビリビリ株を投資判断すれば良いのでしょうか?

ビリビリ(BILI)に投資する上で注目ポイントは?

bilibili(ビリビリ)に投資する上で注目すべきポイントを紹介します。bilibiliは中国版のニコニコ動画と呼ばれていて、クリエイターに好まれている動画サービスです。中国の動画市場が拡大すれば、bilibiliの売上高も増えますね。

注目1:19年の動画配信市場は233億元まで拡大?

参考:意外と知らない動画配信市場の今とは?

2016年の中国動画配信市場の推移と市場予測です。

ジェトロの調査によると、19年の動画配信市場は年率118%で成長し233億元になると言います。中国では情報規制があるため、基本的には外国発の動画サービスは禁止されています。そのため、米国のNetflixは、アイチーイーと業務提携する形で17年に中国市場に参加しています。

また、中国は世界でも2番目に大きい有料動画配信市場でもあります。

1位の米国は148億ドルと圧倒しているが、2位の中国は25億ドル、3位の日本は18億ドルです。米国一強ではあるが、中国はまだまだ伸び代が高いと言えますね。

では、中国の動画配信市場でビリビリの立ち位置はどこにいるのでしょうか?

注目2:MAUは1.3億人で動画配信企業で5番手?

参考:意外と知らない動画配信市場の今とは?

動画配信サービスのMAU(月間アクティブユーザー数)です。

MAUが6億人を超えているアイチーイーは中国最大の動画配信サービスですね。有料動画の会員数も1億人を超えています。2番手がテンセントのTencent Videoで5.8億人、3番手がアリババのYoukuと続きます。そして、5番手に1.3億人とビリビリが続きますね

親会社と出資会社を見ると、動画配信市場でもバイドゥとテンセント、アリババの3社が競合している事が分かります。ビリビリは独立系だが、アリババグループが出資していますね。コロナの追い風を受けて、今後も動画配信は加速する可能性が高いです。

では、MAUではなく動画再生回数では、どの企業が優勢なのでしょうか?

注目3:動画再生数はテンセントの1人勝ちが続く?

参考:上場果たした「ビリビリ動画」とは?

少しデータが古いが、2017年の総再生数の推移です。

再生数が最も多い動画サイトは、テンセントの「騰訊視頻」が他社を圧倒しています。次に多いのが、アイチーイーの「愛奇藝」、アリババの「優酷」と続きます。MAUが多くても、再生回数も多いわけではない点に注意が必要ですね。

これを見るとビリビリの再生数は、業界大手と比較してまだまだ小さいですね。では、ビリビリの事業別の売上高はどうなっているのでしょうか?

注目4:モバイルゲーム が売上高の47%を占める?

(億元) 19Q2 20Q1 20Q2 前年比
モバイルゲーム 9.19 11.5 12.47 +35%
付加価値サービス 3.26 7.93 8.25 +153%
広告 1.67 2.14 3.48 +108%
Eコマース 1.24 1.57 1.95 +57%
合計 15.37 23.15 26.17 +70%

ビリビリの事業別の売上高の推移と前年比です。

ビリビリの事業内容は、進化版のニコニコ動画だと言われています。生放送主(配信者)による課金ビジネスやEコマースの急拡大し、ニコニコ動画のような「弾幕」と呼ばれる画面上のコメント表示機能やアニメ、ゲーム関連のコンテンツを得意としています。

応援するクリエーターに直接課金する「充電」、日本でいう投げ銭もあります。

ビリビリの売上高の47%は、モバイルゲーム が占めています。モバイルゲームは前年比35%で拡大する成長産業ですね。次に多いのが付加価値サービスで、売上高の31%を占め、前年比で153%も拡大していますね。付加価値サービスは、課金収入などの「投げ銭」が含まれます。

次が売上高の13%を占める広告収入、8%を占めるEコマースと続きます。

ビリビリのEコマースは、19年2月に「Taobao(淘宝、タオバオ)」から出資を受けて強化しています。KOL(キー・オピニオン・リーダー)と呼ばれる人気配信者のグッズ販売などが増加して、Eコマースの売上高は前年比の5倍、7.2億元に増加しています。

以上からも分かる通り、ビリビリはバランス良く業績が伸びていますね。

注目5:ビリビリの売上高は年率64%で急拡大?

参考:「進化版ニコ動」ビリビリ決算から中国動画業界を学ぶ

ビリビリは音楽配信市場で、最も勢いがある新興企業です。

MAUが5億人で業界最大手であるアイチーイーの19年度の売上高は289億元、前年比16%増で拡大しています。対して、MAUが1億人で業界5番手のビリビリはの売上高は67.7億元、前年比64%増で追従しています

まだまだ両企業の売上高の差は大きいが、4倍速でビリビリが伸びていますね

ビリビリの19年10-12月期のMAUは、前年同期から40%増加して1.3億人です。そのうち1億1610万人がモバイルから利用しています。視聴者の増加に伴い、広告売上高が76%増加し8億元となりました。バリバリの追い上げは、アイチーイーの親会社バイドゥや2番手のテンセントも脅威です。

では、ビリビリの課金ユーザーはどのように増えているでしょうか?

注目6:20年2QにMAUは1.71億人に到達?

参考:Bilibili(ビリビリ)決算Q4’19は売上高+73.8%に加速

ビリビリの19年4Qまでの売上高推移とMAUです。

ビリビリの売上高は20億元で成長率は73.8%です。対して、MAUは1.3億人で前年比40.4%で増加していますね売上高もMAUも一度落ち込むが、その後に成長が回復している点は高く評価できますね。

ビリビリの強みは、優秀な個人クリエイターを抱えている事です稼ぐことが目的のクリエーターが他のプラットフォームに移った一方で、「お金よりも良いものをつくりたい」というクリエーターが残り、根強いファンとクリエーターの絆の強さがあると言われています。

20年2Qの売上高は26億元、MAUは1.71億人まで急増しています。ビリビリは21年までに2億人に到達すると、野心的な目標を立てていますね。

投資家はビリビリ株を購入するべきか?

ビリビリ株に投資すべきでない理由は...
  1. 売上高は急拡大するも、営業損失額も同様に拡大している
  2. 営業利益率は−22%と低く、改善される兆しは一向にない
  3. 上場して以来、EPSは常に赤字でBPSも伸びていない
  4. 投資CFは新規顧客獲得で費やし、フリーCFは常に赤字
  5. ライバル企業が強い上に、新興企業も多数参入している
  6. 動画配信市場を独占するのは難しく、黒字化すらも難しい

中国の動画配信市場は、年率3桁で拡大している超成長産業ですね。有料動画配信市場でも米国の次に多く25億ドル、動画サービスにお金を払う中国人の割合や金額は増加しています。成長が著しい動画市場で、ビリビリの成長率は64%増と最も勢いがある配信会社です

しかしながら、個人的にはビリビリ株に投資したいとは思いません。

なぜならば、売上高は急成長しているが、営業利益が黒字化する見通しがないからです。19年の営業利益率は−22%と高く、改善傾向にはありません。営業利益を増やすよりも、新規ユーザー数を増やすために費やしているからです。

現在好調であるビリビリだが、今後も売上高を伸ばし続ける確証はありません。

なぜならば、業界大手の競合他社はバイドゥやテンセントで強力ですまた、ビリビリ以外にも多数の新興企業が動画市場に参入しています。業界最大手のアイチーイーでも黒字化できないのは、競争が激しい分野でお互いが消耗戦だからです。

まとめ:ビリビリ(BILI)の四半期決算は?

ビリビリ株の特徴は...
  1. 2014年にサービス開始、ゲーム動画配信の新興企業
  2. 中国版のニコニコ動画で、クリエイターが集まるプラットフォーム
  3. クリエイターを支援する投げ銭、Eコマースや広告収入が急増
  4. 動画以外にも、モバイルアプリの収益が全体の47%を占める
  5. 売上高は急拡大するも、営業損失額も同様に拡大している
  6. 営業利益率は−22%と低く、改善される兆しは一向にない
  7. 上場して以来、EPSは常に赤字でBPSも伸びていない

個人的には、ビリビリ株に投資したい会社ではありません。

なぜならば、売上高は急成長しているが、営業利益が黒字化する見通しがないからです。19年の営業利益率は−22%と高く、改善傾向にはありません。中国国内で最も勢いがある動画配信会社で、収益化よりも新規顧客に費やしているからです。

しかしながら、ビリビリが中国国内の動画配信で競争に勝つ保証はありません。

また、ライバル企業に勝利したとしても、黒字化できる可能性も低いですなぜならば、業界最大手であるアイチーイーも大幅な赤字が続いているからです。競争が激しいレッドオーシャンで、競合同士が消耗している業界に投資したくはないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です