アイチーイー(IQIY)の四半期決算|中国のNetflixとYoutube

アイチーイー(NASDAQ:IQ、HKG:なし)は、月間アクティブユーザー数が最も多い動画配信会社です。中国は米国の次に、有料動画配信市場が大きく25億ドルにも及びます中国の動画市場が拡大すれば、動画配信会社であるアイチーイーの売上高も増えていきますね。

  • 「売上高はわずか4年で6倍に拡大、PERは24倍と低い…」
  • 「27年に米国GDPを超えるなら、間違いなく中国株は買いだ…」
  • 米中対立や反資本主義など、中国株に投資するのはリスクが高い…」

アイチーイーは、米国のNetflixとYoutubeを合わせた動画配信サービスを提供しています。月間アクティブユーザー数は5億人と中国最大で、最も知名度が高い会社ですね。中国の動画市場が拡大すれば、アイチーイーの売上高も間違いなく増えます。

しかしながら、個人的にはアイチーイーは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、売上高は急成長しているが、営業利益が黒字化する見通しがないからです19年の営業利益率は−32%と高く、改善傾向にはありません。また、オリジナルコンテンツ制作に費用が掛かるため、フリーCFの赤字幅も拡大し続けています。

また、米国のNetflixと違い、アイチーイーが中国で1人勝ちするのは難しいです。なぜならば、競合他社にはテンセントとアリババがいる上に、急拡大する動画市場に新規参入する新興企業も多いからです。現状を踏まえると、少なくともあと5年以上は黒字化しないと思います

アイチーイーの投資判断したい人向け
  1. アイチーイーの4半期決算(2020年7-9月)は?
  2. アイチーイーの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 業界最大手でも、アイチーイーに投資すべきでない理由は?

アイチーイー(IQ)の四半期決算は?

アイチーイーの過去四半期の決算を紹介します。

20年1Q決算(2020年3月31日)

第1Q決算の内容は...
  1. 売上高:76.49億元(前年比+9
  2.  Membership services:46.34億元(+34%
  3.  Online advertising services:15.36億元(−28%)
  4.  Content distribution:6.02億元(+28%
  5.  Others:8.75億元(−9%)
  6. 営業利益:−22.41億元(前年度−20.25億元
  7. 純利益:−28.76億元(−18.13億元
  8. 1株当たり利益:−0.56元(−0.36元)

20年2Q決算(2020年6月30日)

第2Q決算の内容は...
  1. 売上高:74.11億元(前年比+4
  2.  Membership services:40.45億元(+18%
  3.  Online advertising services:15.86億元(−28%)
  4.  Content distribution:8.60億元(+66%
  5.  Others:9.18億元(−7%)
  6. 営業利益:−12.81億元(前年度−18.71億元
  7. 純利益:−14.43億元(−23.27億元
  8. 1株当たり利益:−1.96元(−3.22元)

20 10年に事業を開始したアイチーイーは、中国で有料動画配信サービスと個人の動画配信を提供する会社です。事業内容は米国のNetflixとYoutubeを合わせたような会社です。

20年2Qの売上高は前年比4%増で74.11億ドル、営業利益は−12.81億ドルです。売上高に対する損失額の割合が高く、事業を黒字化する目処はまだ立っていません。

また、有料動画配信サービスは好調を維持しているが、広告費収入は減少傾向にありますね。これは、中国は景気後退により広告費は減少傾向にあるからです。20年にコロナが発生した事で、広告市場は急速に縮小していますね。

20年3Q決算(2021年1月末)

2021年1月末に公開予定。

では、アイチーイーの売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

アイチーイー(IQ)の10年間の損益計算書は?

アイチーイーは2018年に16ドルでNasdaqに上場しています。上場後に最高値40ドルを付けるも、その後に株価は低迷していますね。コロナ後の20年11月は25ドル前後で推移しています。

では、アイチーイーの売上高や営業利益の10年間の推移はどうでしょうか?

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間のアイチーイーの決算書を見ると、順調に拡大している事が分かりますね。わずか4年間で6倍近くに急上昇しています。しかしながら、20年(TTM)の売上高は横ばいです。また、営業利益率も−30%と一貫して低いですね。

決算書を見る限りは、黒字化の目処は全くないと言えそうです。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)もEPS(1株あたり純利益)も、順調とは言えないですね。18年にBPSの数値が公開されるも、毎年減少しています。また、EPSは常に赤字で、改善されているとは言えません。新興企業であるアイチーイーは、まだまだ先行投資する段階ですね。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、フリーCF(営業CF−投資CF)も一貫してマイナスです。営業CFは少ない上に、オリジナルコンテンツ制作などの先行投資で投資CFが膨らんでいます。これは、米国のNetflixも同様で、営業利益は黒字化してもフリーCFは常にマイナスです

では、私たち投資家はどのようにアイチーイー株を投資判断すれば良いのでしょうか?

アイチーイー(IQ)に投資する上で注目ポイントは?

アイチーイー(愛奇芸:iQiYi)に投資する上で注目すべきポイントを紹介します。アイチーイーは、米国のNetflixとYoutubeを合わせたような会社です。そのため、中国の動画配信市場が拡大すれば、アイチーイーの売上高も伸びますね。

注目1:19年の動画配信市場は233億元まで拡大?

参考:意外と知らない動画配信市場の今とは?

2016年の中国動画配信市場の推移と市場予測です。

ジェトロの調査によると、19年の動画配信市場は年率118%で成長し233億元になると言います。中国では情報規制があるため、基本的には外国発の動画サービスは禁止されています。そのため、米国のNetflixは、アイチーイーと業務提携する形で17年に中国市場に参加しています。

また、中国は世界でも2番目に大きい有料動画配信市場でもあります。

1位の米国は148億ドルと圧倒しているが、2位の中国は25億ドル、3位の日本は18億ドルです。米国一強ではあるが、中国はまだまだ伸び代が高いと言えますね。

では、中国の動画配信で最も人気が高いアイチーイーの事業別の売上高を見てみましょう。

注目2:売上高の54%は有料動画配信が占める?

(億元) 19Q2 20Q1 20Q2 前年比
有料会員サービス 34.12 46.34 40.45 +18%
オンライン広告 22 15.36 15.86 -28%
コンテンツ配信 5.17 6.02 8.6 +66%
その他 9.7 8.75 9.18 -7%
合計 71.1 76.49 74.11 +4%

アイチーイーの事業別の売上高と過去の推移です。

アイチーイーは、米国のNetflixとYoutubeのサービスを合わせた会社です。有料会員サービスはNetflixのビジネスモデルに近く、オンライン広告とコンテンツ配信はYoutubeに近い事業内容ですね。

アイチーイーの売上高の54%を占めるのは、有料会員サービスで前年比18%増で成長しています

Googleがコロナの影響で減速しているのと同様に、オンライン広告は前年比で28%も減少しています。しかしながら、個人のコンテンツ配信は66%と逆に増加していますね。これは、コロナ特需で家に籠る人が増えたからからですね。

全体で見ると、売上高は4%増と大きく減速している事が分かりますでは、中国の動画配信企業の主要プレーヤーを見てみましょう。

注目3:MAUは6億人で動画配信企業で1位?

参考:「進化版ニコ動」ビリビリ決算から中国動画業界を学ぶ

動画配信サービスのMAU(月間アクティブユーザー数)です。

MAUが6億人を超えているアイチーイーは中国最大の動画配信サービスですね。有料動画の会員数も1億人を超えています。2番手がテンセントのTencent Videoで5.8億人、3番手がアリババのYoukuと続きます。

動画配信市場でも、バイドゥとテンセント、アリババの3社が競合していますコロナの追い風を受けて、今後も動画配信は加速する可能性が高いです。

では、MAUではなく動画再生回数では、どの企業が優勢なのでしょうか?

注目4:動画再生数はテンセントの1人勝ちが続く?

参考:上場果たした「ビリビリ動画」とは?

少しデータが古いが、2017年の総再生数の推移です。

再生数が最も多い動画サイトは、テンセントの「騰訊視頻」が他社を圧倒しています。次に多いのが、アイチーイーの「愛奇藝」、アリババの「優酷」と続きます。MAUが多くても、再生回数も多いわけではない点に注意が必要です。

テンセントの視聴者が多いのは、Youtubeと同様に楽しませる仕掛けがあるからかもしれません。

投資家はアイチーイー株を購入するべきか?

アイチーイー株に投資すべきでない理由は...
  1. 売上高は急拡大するも、19年は大きく減速している
  2. 営業利益率は−32%と低く、改善される兆しは一向にない
  3. バイドゥやNetflixと17年に提携するも、結果は出ていない
  4. 上場して以来、EPSは常に赤字でBPSも減少傾向にある
  5. コンテンツ制作など投資CFが大きく、フリーCFは常に赤字
  6. ライバル企業が強い上に、新興企業も多数参入している
  7. 動画配信市場を独占するのは難しく、黒字化すらも難しい

中国の動画配信市場は、年率3桁で拡大している超成長産業ですね。有料動画配信市場でも米国の次に多く25億ドル、動画サービスにお金を払う中国人の割合や金額は増加しています。動画配信市場が拡大すれば、アイチーイーの売上高も伸びますね。

しかしながら、個人的にはアイチーイーは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、売上高は急成長しているが、営業利益が黒字化する見通しがないからです19年の営業利益率は−32%と高く、改善傾向にはありません。また、オリジナルコンテンツ制作に費用が掛かるため、フリーCFも拡大傾向にあります。

さらには、競合他社のテンセントやアリババも強力です。以上を踏まえると、成長が著しい動画配信市場でも、アイチーイーが1人勝ちするのは難しいですね。また、黒字化する事自体も難しいと言えます。

まとめ:アイチーイー(IQ)の四半期決算は?

アイチーイー株の特徴は...
  1. 2010年にサービス開始、中国で最大の動画配信会社である
  2. 米国のNetflix(有料動画)とYoutube(無料動画)を合わせた事業
  3. 親会社はバイドゥで、17年にNetflixと業務提携した
  4. MAUは5億人以上で、中国最大の動画配信会社である
  5. 売上高は急拡大するも、19年は大きく減速している
  6. 営業利益率は−32%と低く、改善される兆しは一向にない
  7. コンテンツ制作など投資CFが大きく、フリーCFは常に赤字

アイチーイーは、米国のNetflixとYoutubeを合わせた動画配信サービスを提供しています。月間アクティブユーザー数は5億人と中国最大で、最も知名度が高い会社ですね。中国の動画市場が拡大すれば、アイチーイーの売上高も間違いなく増えます。

しかしながら、個人的にはアイチーイーは投資したい銘柄ではありません。

なぜならば、売上高は急成長しているが、営業利益が黒字化する見通しがないからです19年の営業利益率は−32%と高く、改善傾向にはありません。また、オリジナルコンテンツ制作に費用が掛かるため、フリーCFの赤字幅も拡大し続けています。

また、米国のNetflixと違い、アイチーイーが中国で1人勝ちするのは難しいです。なぜならば、競合他社にはテンセントとアリババがいる上に、急拡大する動画市場に新規参入する新興企業も多いからです。現状を踏まえると、少なくともあと5年以上は黒字化しないと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です