レイセオンテクノロジーズの四半期決算|世界2位の軍事企業

米中貿易摩擦など、中国との対立が進む中で軍需企業が脚光を集めています。民間向けの航空産業が売上高の半分を占めるレイセオンテクノロジーは、コロナで株価が半値まで下落しましたねしかしながら、いずれは航空産業が値を戻すならば、絶好の買い場だとも言えます。

  • 「軍需企業はコロナの影響を受けず、安心して投資ができる…」
  • 「暴落でPERは10倍未満、優良企業が割安水準で購入できる…」
  • 「中国、中東、中央アジアなど、地政学リスクが増えれば儲けられる…」

レイセオンテクノロジーズ社は、ユナイテッド・テクノロジーズ (UTC) の航空宇宙事業部門とレイセオンが経営統合し、2020年4月に設立された会社です。世界3位の軍需企業であるレイセオンと、11位のユナイテッドが合弁した事で、世界2位の軍需企業になりましたね

個人的には、レイセオンテクノロジーズ社は長期で保有したい銘柄のひとつです。

なぜならば、中国との対立が深まり、今後も政府の軍予算は拡大する一方だからです。レイセオンテクノロジーズ社は、軍用機と民間機向けの航空機エンジン、それから防衛システムやミサイルで圧倒的なシェアを持つ優良企業です。

営業利益率が低い製造業で10%以上あり、売上高は拡大傾向にあります。また、EPSとBPS、フリーCFは安定して高い水準を維持しています。コロナで株価が大きく下落した事で、長期投資家は買い場を提供された事になりますね。

債務超過や経営危機にあるボーイングと違い、自己資本比率は42%と高く安全に投資できます

レイセオンテクノロジーズ株の投資判断したい人向け
  1. レイセオン株の4半期決算(2020年4-6月)は?
  2. レイセオン株の過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. 債務超過のボーイングと違い、自己資本比率が42%もある?

レイセオンテクノロジーズ(RTX)の四半期決算は?

レイセオンテクノロジーズの四半期決算を紹介します。

第1Q決算(2020年3月31日)

第1Q決算の内容は...
  1. 売上高:182.10億ドル(前年比−1%
  2.  Otis:29.66億ドル(−5%)
  3.  Carrier:38.88億ドル(−11%)
  4.  Collins Aerospace:64.38億ドル(−2%)
  5.  Pratt & Whitney:53.51億ドル(+11%
  6. 営業利益:18.07億ドル(前年度20.45億ドル
  7. 純利益:−0.83億ドル(前年度13.46億ドル)
  8. 1株当たり利益:−0.10ドル(前年度1.56ドル

第2Q決算(2020年6月30日)

第1Q決算の内容は...
  1. 売上高:140.61億ドル(前年比+24%
  2.  Collins Aerospace:42.02億ドル(−36%)
  3.  Pratt & Whitney:34.87億ドル(−32%)
  4.  Raytheon Intelligence & Space:33.14億ドル
  5.  Raytheon Missiles & Defense:35.90億ドル
  6. 営業利益:−37.60億ドル(前年度13.86億ドル
  7. 純利益:−38.35億ドル(前年度19億ドル)
  8. 1株当たり利益:−2.55ドル(前年度2.2ドル

レイセオンテクノロジーズ社は、ユナイテッド・テクノロジーズ (UTC) の航空宇宙事業部門とレイセオンが経営統合し、2020年4月に設立された会社です。統合前に世界3位のレイセオン、11位のユナイテッドが統合した事で、世界2位の軍需企業になりました

世界トップレベルの軍と民間向けの航空エンジン、ミサイル事業を持ちます。

20年2Qの売上高は24%増で140億ドル、営業利益は37億ドルの赤字でした。売上高が大きく落ち込んだのは、元ユナイテッドの民間向けの事業です。

元ユナイテッドの事業は、Collins AerospaceとPratt & Whitneyがあります。Collins Aerospaceは、航空宇宙および防衛製品の世界最大のサプライヤーの1つです。Pratt & Whitneyは、航空機エンジンで世界ビッグ3のひとつに数えられます。

残りの2事業は元レイセオンで、主に政府向けの軍需産業を扱います。

第3Q決算(2020年11月28日)

2020年11月に公開予定。

では、レイセオンテクノロジーズの売上高や営業利益の10年間の推移はどうなっているのでしょうか?

レイセオンテクノロジーズの10年間の損益計算書は?

2008年に50ドルを付け、リーマンショック以降も右肩上がりで上昇していますね。20年に最高値98ドルを付けるも、コロナ危機で株価が反値に急落しました。20年10月では、60ドル前後で推移していますね。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、売上高は上昇傾向にある上に営業利益率も安定しています。しかしながら、ユナイテッドとレイセオンが合弁した事で、営業利益率は減少傾向にありますねまた、20年(TTM)はコロナの影響で業績が悪化しています。

業績が上向く事が予想できるが、合弁後にどう数値が動くか注視する必要があります。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)は、安定している事がわかります。BPSは、過去10年間一貫して上昇傾向にありますね。ただし、EPSは安定しているが上昇傾向にはありませんまた、20年(TTM)はコロナで赤字ですね。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間の推移を見ると、フリーCF(投資CF−営業CF)は常に黒字です。16年は大きく減少したが、その後は一貫して上昇していますね。また、コロナ環境下でも、比較的安定してキャッシュを稼いでいると言えます。航空産業に舵を切った事で、より利益が出る体質に変わるかもしれません。

では、私たち投資家はどのようにレイセオンテクノロジーに投資判断すれば良いのでしょうか?

レイセオンテクノロジーズの注目ポイントは?

レイセオンテクノロジーズに投資する上での注目すべきポイントを紹介します。

注目1:世界1位の軍需産業で売上高は449億ドル?

参考:年間売上5兆円を誇る、世界No.1軍需企業「Lockheed Martin」

ストックホルム国際平和研究所が発表した、2017年の軍需企業の売上高ランキングです。

合弁する前のレイセオンは、世界で3番手の軍需企業でした。世界1位はロッキードマーチン(LMT)で449億ドルと圧倒的です。レイセオンは、世界1位の航空会社であるボーイング(BA)と肩を並べるほど大きな軍需企業です。2017年の売上高は239億ドルもあります。

実は、ユナイテッドテクノロジーズも軍需企業で11位にランクインしています。軍需関連の売上高は77.8億ドルと小さくはありません。この2社が合弁した事で、売上高316億ドルで世界2位の軍需企業が誕生しました

今後のレイセオンテクノロジーズの売上高を予想するには、米国の軍事費用の推移を見る必要がありますね。米国や主要国の軍事費用はどのように推移しているのでしょうか?

注目2:米国の軍事費は世界1位で7318億ドルもある?

参考:主要国の軍事費推移をグラフ化してみる

2019年時点の米国を含む上位5カ国の軍事費推移です。

軍事費は米国が7318億ドルと、特出している事が分かりますねこの時期は財政が緊迫していた事と、伝統的に戦争反対の民主党が政権だった事が挙げられます。オバマ大統領以降は、再び上昇傾向にありますね。

米国の次に特出して多いのは中国です。一進一退で中央アジアや中東、アフリカを目指す中国は、経済成長に伴い急激に拡大しています。中国に対応するためにも、今後も米国の軍需費は増え続ける事が予想できます

ただし、GDP比で見た場合に、米国の軍事費が特出して高い訳ではありません。

軍事費に対するGDPが最も大きいのは、サウジアラビアで7.98%です。次にロシアが3.88%、3番手に米国で3.41%、4番手に韓国の2.67%と続きます。軍事費が急拡大している中国は1.89%、自衛隊を持つ日本は0.93%だけです(参考:軍事費の対GDP動向をグラフ化してみる)。

経済成長が続く米国と中国は、まだだだ伸び代があるとも言えます。

レイセオンテクノロジーズを分析するには、合弁前の過去の業績を見る必要があります。では、合弁前のユナイテッドテクノロジーズの業績はどうたったのでしょうか?

注目3:合弁前のユナイテッドテクノロジーズの業績は?

参考:ユナイテッド・テクノロジーズとレイセオンが統合へ

合弁前のユナイテッドテクノロジーズの売上高推移です。

ユナイテッドは、航空機のエンジン、宇宙産業、空調装置、燃料電池、エレベータ・エスカレータなど事業内容が多岐に渡ります。15年にヘリコプター部門のシコルスキーを売却し、合弁事にはエレベーター・エスカレータ事業、空調設備事業も手放しています

15年に売上高が大きく減少したのは、ヘリコプター部門を売却したからです。15年以降は安定して伸びている事が分かりますね

ユナイテッドの航空事業は強力で、軍用機だけでなく民間機にも使われています民間機エンジンの発注先は、ボーイング、エアバス 、ボンバルディアなど、世界的な航空機製造企業です。

売上高は順調に推移しているが、営業利益率やEPSは伸び悩んでいます。営業利益率は13〜15%、EPSは5〜8ドルで横ばいを維持しています。

利益の成長が止まった事もあり、相乗効果を期待して合弁したのかもしれません。では、レイセオンの業績はどのように推移しているのでしょうか?

注目4:合弁前のレイセオンの業績は右肩上がり?

参考:ユナイテッド・テクノロジーズとレイセオンが統合へ

合弁前のレイセオンの売上高推移です。

レイセオンの主力事業はミサイルで、世界トップのシェアを占めます。有名なのは、迎撃ミサイルのパトリオット、巡航ミサイルのトマホークがあります。民間向けが多いユナイテッドと違い、レイセオンは軍需向け製品が多く売り上げの9割を占めます

売上高は毎年順調に上昇している事が分かりますね。また、ユナイテッドとは違い、EPSや営業利益率も上昇傾向にあります。18年にEPSは7ドルから10ドル、営業利益率は14%から18%に急進しています

レイセオンから見ると、ユナイテッドと合弁した事は業績を少し押し下げてしまいます。また、20年のコロナ危機で影響を受けたのも、民間向けが多いユナイテッドの事業ですねレイセオンからしたら、タイミングが悪い時期に合弁したと言えます。

では、合弁した事で事業別の売上高はどうなったのでしょうか?

注目5:民間向け航空事業が売上の56%を占める?

事業別 19Q2 20Q1 20Q2 前年比
ユナイテッド(民間) 航空宇宙および防衛製品 6,576 6,438 4,298 -35%
航空機用エンジン 5,154 5,353 3,607 -31%
レイセオン(政府) 軍用インテリジェンス 3,314
ミサイル&防衛システム 3,590
合計 11,329 18,210 14,061 24%

事業別売上高は、民間向け(ユナイテッド)と政府向け(レイセオン)に大別できます。19年に合弁した事もあり、整理できていない事業もあります。

20年2Qの割合で見ると、航空機用エンジンなどの民間向け事業が56%を占めます。反対に、ミサイルや防衛システムなどの政府向け事業は49%を占めますね。ただ、民間向けはコロナで大きく落ち込んでいるため、本来ならば65%程度を占めます。

コロナで株価が半値になったのは、民間向けの事業が大きく打撃を受けたからです

しかしながら、コロナ騒動が収まり経済が再開すれば、時期に業績が回復するのは間違いありません。株価が大きく下落した事で、逆に割安で購入するチャンスだとも言えます。

では、レイセオンテクノロジーズは、どれくらい影響を受けたのでしょうか?

注目6:コロナ渦でも自己資本比率は42%に上昇?

レイセオンテクノロジーズの負債総額と自己資本比率です。

負債や資本比率を見ると、レイセオンの影響は少ないと言えますね。民間航空機部門が66%も下落し、自己資本比率が−7.2%に陥ったボーイング社とは大きく異なります(参考:ボーイングの四半期決算|コロナ危機以前から債務超過にある?)。

レイセオンの負債総額は20年(TTM)で減少し、自己資本比率は42%と上昇しています民間部門の下落が30%で済んだ事、それから事業を売却した事が押し上げた要因だと思います。

自己資本比率を見ると、コロナ環境下でも安心して投資できますね。

注目7:20年2Qの配当金は3.19%まで上昇した?

過去10年間一貫して、配当金は上昇傾向にあると言えます。

20年以前の配当性向は50%と安定した水準にあり、配当利回りは2〜2.5%でした。ただし、20年はコロナの影響で減配するも、業績が悪化した事で配当性向は急上昇しています。20年2Qの配当利回りは3.19%まで上昇しています。

業績悪化に伴い、しっかりと減配に転じた点は高く評価できますね。コロナ危機は一時的な現象なので、再び配当金は増配に転じる事が予想できます

レイセオンテクノロジーズ株を購入するべきか?

レイセオンテクノロジーズ株に投資すべき理由は...
  1. 2社が合弁した事で、2019年に世界2位の軍需企業が誕生した
  2. 民間と軍用機向けの航空機エンジン、ミサイルに強みを持つ
  3. 営業利益率は10%以上で、売上高は上昇傾向にある
  4. コロナの20年以外は、EPSもBPSも安定している
  5. 営業CFは上昇傾向にあり、過去10年間フリーCFは黒字である
  6. コロナで株価が暴落した事で、逆に優良株を購入するチャンス
  7. コロナ下でも自己資本比率は42%に上昇、財務が安定している

個人的には、レイセオンテクノロジーズ社は長期で保有したい銘柄のひとつです。

なぜならば、航空機エンジンとミサイルで世界有数の超優良企業だからです。コロナで株価が大きく下落した事で、長期投資家は絶好の買い場を提供された事になります。コロナで債務超過や経営危機にあるボーイングと違い、自己資本比率は42%と高く安全に投資できます

営業利益率は製造業では高い10%以上、売上高も順調に拡大傾向にあります。また、EPSとBPS、フリーCFなど、どの指標を見ても優良株である事を示していますね。

コロナによる業績の低迷は一時的なものです。民間部門の売上高は、経済再開と共に次第に戻します。また、軍事部門は米国政府の軍事費が増えれば上昇しますね。今後も中国との対立が深まり、中東や中央アジアの地政学リスクがある以上は増え続けますね

コロナで株価が暴落した事で、世界第2位の軍需企業を割安で購入できるチャンスです。

まとめ:レイセオンテクノロジーズの四半期決算は?

レイセオン株の特徴は...
  1. ユナイテッドの航空宇宙事業部門とレイセオンが20年に合弁した
  2. 世界3位と11位が合弁した事で、世界2位の軍需企業になる
  3. 軍用機と民間機向けの航空機エンジン、ミサイルで市場シェアが高い
  4. 営業利益率は10%以上で、売上高は上昇傾向にある
  5. コロナ下でも自己資本比率は42%に上昇、財務が安定している
  6. コロナで株価が暴落した事で、逆に優良株を購入するチャンス

レイセオンテクノロジーズ社は、ユナイテッド・テクノロジーズ (UTC) の航空宇宙事業部門とレイセオンが経営統合し、2020年4月に設立された会社です。世界3位の軍需企業であるレイセオンと、11位のユナイテッドが合弁した事で、世界2位の軍需企業になりましたね

個人的には、レイセオンテクノロジーズ社は長期で保有したい銘柄のひとつです。

なぜならば、中国との対立が深まり、今後も政府の軍予算は拡大する一方だからです。レイセオンテクノロジーズ社は、軍用機と民間機向けの航空機エンジン、それから防衛システムやミサイルで圧倒的なシェアを持つ優良企業です。

営業利益率が低い製造業で10%以上あり、売上高は拡大傾向にあります。また、EPSとBPS、フリーCFは安定して高い水準を維持しています。コロナで株価が大きく下落した事で、長期投資家は買い場を提供された事になりますね。

債務超過や経営危機にあるボーイングと違い、自己資本比率は42%と高く安全に投資できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です