コンチョ・リソーシズの四半期決算|埋蔵量が多いシェール企業

ロナによる原油やガス価格の暴落で、エネルギー株に投資する人が増えています。エネルギーは割安株が多く、資源価格が戻れば確実に利益を得られる低リスクの投資かもしれませんでは、私たち投資家は、シェール生産社であるコンチョ・リソーシズに投資するべきでしょうか?

  • 「世界各国の経済活動再開で、シェール株は必ず利益を得られる…」
  • 「破綻するシェール株もあるが、原油が上昇すれば大きく儲けられる…」
  • PERが10倍未満と割安で、安全にバリュー株投資ができるはず…」

コンチョ・リソーシズは、2004年に創業したシェール企業です。シェールオイルの生産量が最も多い、パーミヤン地域だけで活動しています。そのため、他のシェール企業よりも原油低迷からの回復が早く、順調に売上高を伸ばしています

しかしながら、コンチョ・リソーシズは保有したい銘柄ではありません。

なぜならば、売上高は増加傾向にあるが、現金が残らない経営をしているからですフリーCFは過去9年間も連続して赤字が続いています。それでも、20年の自己資本比率が61%と高いです。その理由は、豊富な埋蔵量を武器に、新規株発行や融資で資産を増やしてきたからですね。

20年に原油価格が暴落した事で、埋蔵量は大幅に減損処理されています。その結果、20年1Qと2Qの純損失額は、売上高の3倍にも拡大しています

ただし、シェールオイルの生産量が多い地域に油田を持つのは、コンチョ・リソーシズの強みです。そのため、原油価格がコロナ以前に回復すれば、逆張りで利益を得やすい銘柄でもありますね。

コンチョリソーシズ株の投資判断したい人向け
  1. コンチョ株の4半期決算(2020年4-6月)は?
  2. コンチョ株の過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. コンチョ株は、リスクが高く長期保有に向かない理由は?

コンチョ・リソーシズ(CXO)の四半期決算は?

コンチョ・リソーシズの四半期決算を紹介します。

第1Q決算(2020年3月31日)

第1Q決算の内容は...
  1. 売上高:9.22億ドル(前年比−17%
  2.  Oil Sales:8.72億ドル(−7%)
  3.  Natural gas sales:0.50億ドル(−71%)
  4. 営業利益:−106.0 億ドル(前年度−8.46億ドル)
  5. 純利益:−92.7億ドル(前年度−6.95億ドル)
  6. 1株当たり利益:−47.49ドル(前年度−3.49ドル)

第2Q決算(2020年6月30日)

第2Q決算の内容は...
  1. 売上高:4.74億ドル(前年比−58%
  2.  Oil Sales:4.30億ドル(−60%)
  3.  Natural gas sales:0.44億ドル(−44%)
  4. 営業利益:−5.08 億ドル(前年度−4.05億ドル)
  5. 純利益:−4.35億ドル(前年度−0.97億ドル)
  6. 1株当たり利益:−2.23ドル(前年度−0.48ドル)

コンチョ・リソーシズは、2004年に創業した非従来型の石油や天然ガス生産社です。シェールオイルの生産量が最も多いパーミヤン地域のみで活動しています。埋蔵量は100億2千万バレルと多く、パーミヤン地域が55%、あとは活動してないミッドランド盆地に45%あります。

石油の生産量が多く、埋蔵量の53%を占めています。

20年2Qの売上高は前年比58%減で4.74億ドル、営業利益は5.08億ドルの赤字です。1Qでは営業損失額が106億ドル、売上高の10倍まで膨らんでいますその理由は、原油価格が暴落した事で、原油の埋蔵量が大きく棄損したからです。

営業損失の欄に、19年にはない”Impairments of long-lived assets”が計上されています。現金が流出した訳ではない点に注意が必要ですね。

第3Q決算(2020年11月)

2020年11月に公開予定。

では、コンチョ・リソーシズの売上高や営業利益の10年間の推移はどうなっているのでしょうか?

コンチョ・リソーシズの10年間の損益計算書は?

2008年の原油価格暴騰で38ドル、14年のシェール革命ブームで144ドルを付けています。その後も、株価は大きく低迷する事なく、18年1月に最高値156ドルになります。しかしながら、19年の原油価格低迷とコロナ危機で、20年9月は43ドル前後で推移しています。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、全体的に浮き沈みが激しく安定してない事が分かります。原油価格暴落で15年と16年に低迷するも、その後は売上高は大きく成長していますね。シェール企業では珍しく、19年にも売上高は増加しています。

しかしながら、20年のコロナ危機で純損失額は売上高の3倍まで膨らんでいますこれは、原油価格暴落により、原油埋蔵量が大きく毀損されたからです。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)は、20年を除いて順調に拡大しています。しかしながら、フリーCFは常に赤字なので、新株発行と資金調達で資産を増やしている可能性が高いです。コンチョ・リソーシズは、他のシェール企業よりも確認埋蔵量が多く融資先は多いと予想できます

EPS(1株あたり純利益)は、過去10年間で安定しているとは言えないですね。20年はコロナの影響で赤字幅が膨らんでいます。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のフリーCF(営業CF−投資CF)は、20年以外は全て赤字です。シェールビジネスは膨大な設備投資が必要で、利益が出にくいビジネスだと言えますね。20年以降も、フリーCFを増やせるかに注目したいですね。

では、私たち投資家はコンチョ・リソーシズをどのように判断すれば良いのでしょうか?

コンチョ・リソーシズの注目ポイントは?

コンチョ・リソーシズに投資する上で注目すべきポイントを紹介します。石油の生産量の割合が多いコンチョリソーシズは、原油の需要が高まれば業績も上昇しますね。

注目1:米国は45年ぶりに世界最大の産油国になった?

参考:米国のエネルギー政策の動向とその行方

米国は2018年に世界最大の産油国になりました。

1日当たりの石油生産量は、2013年にサウジアラビアやロシアを抜いています。2018年の年間平均生産量は1095万BDとなり、45年ぶりに世界1位の産油国です。2019年も勢いは止まらず、生産量は増加を続けています。

生産量が急増した理由は、2010年代に始まったシェール革命の影響が大きいですシェール層から天然ガスを取り出す技術は、原油にも応用する事でシェールオイルの生産量も増やしています。意外と知られてない事実だが、米国は原油の輸出額ランキングで世界6位、天然ガスは世界4位の輸出大国です。

参考:世界の石油輸出額 国別ランキング・推移

エネルギーを輸出する事で、米国は貿易赤字額を縮小しています。

注目2:シェールオイルの生産量は右肩上がりで増加?

参考:米国のエネルギー政策の動向とその行方

シェールオイルの生産量は、一貫して上昇傾向にあります。

米国の原油生産量の60%が、シェールオイルの生産地からです。特に生産量を伸ばしているのは、テキサス州にあるPermian地域ですね。15年の原油暴落で一部の地域で生産量が鈍化したが、コスト削減に成功した事で18年に再び上昇傾向にあります

コンチョ・リソーシズは、生産量が多いパーミヤン地域を拠点に活動しています。

コンチョ・リソーシズは、14年と18年のシェール革命ブーム後も売上高が伸びている珍しい石油生産者です。売上が伸びている理由は、シェールオイルの生産量が最も多い地域で採掘しているからですね。20年で業績が急落してる理由は、原油の割合が高いからです。

米国のシェール事業が18年に復活したのは、生産コストを大きく改善できたからですでは、具体的には生産コストはどれくらい下がったのでしょうか?

注目3:生産コストは半分以下の35ドルまで減少?

参考:米国のエネルギー政策の動向とその行方

シェール革命以前と比較して、北米シェールの採算性は大幅に向上しています。

リーマンショックで原油価格が40ドルまで暴落するも、2011年は110ドルまで急上昇していました。この時のシェールガスの生産コストは、80〜120ドルと言われていましたね。しかしながら、技術革新によりコスト削減が進み、17年には35ドル前後まで落ちています

これだけ生産コストが低いと、ロシアやインドネアシアと大差がない水準です。

シェールガスやオイルは、生産コストが高いから競争力がないと言われてたのは昔の時代です。ハイテクによる技術革新と効率化経営が進めば、さらに削減できる余地もあります。米国は原油や天然ガスの輸出量を今後も増やす事が見込まれます。

米国のエネルギー事情については、かなり楽観的な見通しが立てられますね。しかしながら、シェール事業jへの投資はリスクが高いので注意が必要です。なぜならば、大量に社債(借金)を発行し、自転車操業の会社も少なくないからです

では、コンチョ・リソーシズの事業別の売上高を見てみましょう。

注目4:20年2Qの売上高は57%も減少した?

コンチョ・リソーシズの四半期毎の売上高と成長率です。

生産量が多い地域に油田を持つコンチョ・リソーシズは、他のシェール企業と比較して好調に推移していると言えます。原油価格が暴落した15年以降も、すぐに売上高は回復し成長軌道に乗っています。また、原油価格が低迷した19年も、マイナス成長に陥る事なく成長しています

パーミヤン地域のシェールオイルは、原油安でも一貫して生産量が増え続けていますね。

しかしながら、20年のコロナ危機では、さすがに成長率は大きく鈍化しています。20年1Qで前年比16%、2Qでは57%も減少していますね。原油価格の急落で、売上高は16年の水準まで低下しています

注目5:19年に配当を始め利回りは1.8%もある?

コンチョ・リソーシズは、19年に株主への配当を決めています。

19年の配当金は0.5ドル、配当性向は5.1%、利回りは0.7%前後です。コンチョ・リソーシズが19年に配当を決めた理由は、シェールオイルの生産量が多く将来の見通しが明るいからですね。20年のコロナ危機で減配する企業が多い中、エネルギー関連では珍しく増配を決めています

コンチョ・リソーシズは自己資本比率が61%と高く、財務的にはまだまだ余裕があります。コロナで株価が急落した事で、20年2Qの配当利回りは1.8%もあります

コンチョ・リソーシズ株を購入するべきか?

コンチョ株に投資すべきでない理由は...
  1. 売上高は増加傾向にあるが、フリーCFは9年間も赤字
  2. BPSは増加してるが、新規発行や資金調達で増やしてる
  3. 20年2Qの純損失は、売上高の3倍を超えている
  4. 原油価格が低迷した事で、埋蔵量を大きく減損処理した
  5. 生産量が多い地域に油田を持つが、利益が出にくいビジネス

シェール革命とその後の技術革新で、米国内のシェールオイルやガスの生産量は増加傾向にあります。米国は天然ガス輸出で世界4位だが、近い将来にロシアを抜くほど著しく成長していますね。パーミヤン地域に油田を持つコンチョ・リソーシズは、他のシェール企業よりも成長率が高いです

しかしながら、個人的にはコンチョ・リソーシズは保有したい銘柄ではありません。

なぜならば、売上高は増加傾向にあるが、フリーCFは常に赤字で現金が残らない経営だからです20年の自己資本比率は61%と高いが、新規株発行を行い10年比で2倍に希薄化されています。また、20年の決算で純利益が売上高の3倍に拡大した点も懸念材料です

ただし、シェールオイルの生産量が多い地域に油田を持つのが強みです。そのため、原油価格が回復すれば利益を得やすい銘柄でもあります。長期保有には向いてないが、原油価格が60〜80ドルへの回復を見越して投資するのはありかもしれません

ただし、逆張りはリスクも高いため、十分に注意する必要があります。

まとめ:コンチョ・リソーシズ(CXO)の四半期決算は?

コンチョリソーシズ株の特徴は...
  1. 2004年に創業した、シェール系の新興石油生産者である
  2. シェールオイルの生産量が多い、パーミヤン地域で活動している
  3. 売上高は増加傾向にあるが、フリーCFは9年間も赤字
  4. 自己資本比率は61%と高く新規発行や資金調達で増やしてる
  5. 埋蔵量は100億2千万バレルと、他のシェール企業よりも豊富
  6. 原油価格が低迷した事で、埋蔵量を大きく減損処理した
  7. 20年2Qの純損失は、売上高の3倍を超えている
  8. 19年に配当開始、20年に増配と将来に対し強気の姿勢

コンチョ・リソーシズは、長期で保有したい銘柄ではありません。

なぜならば、売上高は増加傾向にあるが、現金が残らない経営をしているからですフリーCFは過去9年間も連続して赤字が続いています。それでも、20年の自己資本比率が61%と高いです。その理由は、豊富な埋蔵量を武器に、新規株発行や融資で資産を増やしてきたからですね。

20年に原油価格が暴落した事で、埋蔵量は大幅に減損処理されています。その結果、20年1Qと2Qの純損失額は、売上高の3倍にも拡大しています

ただし、シェールオイルの生産量が多い地域に油田を持つのは、コンチョ・リソーシズの強みです。そのため、原油価格がコロナ以前に回復すれば、逆張りで利益を得やすい銘柄でもありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です