チェサピークエナジーの四半期決算|経営破綻の予兆は15年から

コロナによる原油価格暴落を見込んで、割安のエネルギー株を購入する投資家増えています。しかしながら、20年6月末にシェール大手のチェサピークが経営破綻しました。この事例から私たち投資家は、安易にエネルギーやシェール企業に投資すべきでない事が分かります。

  • 「世界で経済活動再開が進めば、シェール株は必ず利益を得られる…」
  • 「米政府やFRBが社債を買い支えるから、シェール企業は破綻しない…」
  • 「PERが10倍未満と割安で、安全にバリュー株投資ができるはず…」

コロナ危機で株価が暴落した事で、割安株に投資するバリュー投資家が増えています。しかしながら、業績を回復せずに経営破綻する会社も少なくありません。私たち投資家は、経営破綻した会社の決算書や財務状況を分析する事で危険な株を避けられます。

結論から伝えると、チェサピークはかなり前から危険な予兆がありました。

20年(TTM)で自己資本比率は、マイナス64%と債務超過にありました。コロナ危機だけではなく、原油価格が暴落した16年や17年も債務超過に陥っています。15年以降に売上高や営業利益は若干改善しても、EPSやBPSは依然として悪い状態でした。

また、事業を縮小してもフリーCFは赤字を続け、常に現金は流出状態でもあります。

以上を考慮すると、チェサピークは逆張りを狙って投資すべき銘柄ではない事が分かります。また、判断を間違えて購入したとしても、決算を見て逃げるタイミングは何度もありましたね。もちろん、チェサピークが破綻したからと、全てのシェール企業が危険という訳ではありません

シェール株に投資する際には、しっかりと企業を見極める必要があります。

チェサピーク株の投資判断したい人向け
  1. チェサピーク株の4半期決算(2020年4-6月)は?
  2. チェサピーク株の過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. チェサピーク株が経営破綻する予兆はあったのか?

チェサピーク(CHK)の四半期決算は?

レンジリソースの四半期決算を紹介します。

第2Q決算(2020年6月30日)

第2Q決算の内容は...
  1. 売上高:5.21億ドル(前年比−79%)
  2.  Oil, natural gas and NGL:2.67億ドル(−82%)
  3.  Marketing:2.40億ドル(−74%)
  4.  Other:0.14億ドル(−7%)
  5. 営業利益:−5.41億ドル(前年度2.78億ドル)
  6. 純利益:−2.76億ドル(前年度0.75億ドル)
  7. 1株当たり利益:−28.22ドル(前年度9.21億ドル)

チェサピークエナジーは、1989年に創業したエネルギー会社です。シェール業界の老舗企業として、米国北部と南部で幅広く、天然ガスや石油の探鉱と生産を行っています。経営破綻したが、推定埋蔵量は15億7200万バレルと多く、天然ガスが69%、石油が23%、天然ガス液が8%を占めます。

埋蔵量が多くても、破綻する点に注意が必要ですね。

20年2Qの売上高は前年比79%減で5.21億ドル、営業利益は5.41億ドルでした。20年の6ヶ月分の純損失額は売上高の1.5倍に膨らみました。自己資本比率はマイナス64%に転落していますね。そして、2020年6月に連邦破産法11条を申請して破綻しています

売上高が大きく減少よりも、自己資本がない方が致命的ですね。

レンジリソース(RRC)の10年間の損益計算書は?

チェサピークの株価は、2008年の原油高がピークで60ドルを付けました。その後は、売上高が拡大するもシェールブームに乗れず、株価は低迷しています。16年と17年に自己資本比率がマイナスになった事で、5ドル未満まで暴落していますね。

その後も下落は止まらず、20年のコロナ危機で破綻します。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の株価を見ると、2014年をピークに業績が悪化していますね。17年と18年で売上高や営業利益が回復するも、19年には再び大きく失速しています。16年と17年は債務が自己資本を上まり危機的な状況に達しています。

決算書しか見ないと、17年と18年に回復傾向にあると誤解するので注意が必要ですね。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)を見ると、15年以降に大きく低迷している事が分かりますね。これだけ数値が悪化している以上は、営業損益が黒字化しても投資するべきではないですね

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

過去10年間のキャッシュフロー を見ると、フリーCF(営業CF−投資CF)の赤字幅は縮小している事が分かります。しかしながら、営業CFも投資CFも大きく減少し、事業が自体が縮小している事も分かりますね。事業を縮小して集中しても黒字化できなのは、致命的だと言えます。

現金は絶えず流出し続けているため、20年に経営が悪化すれば危険な状況に陥りますね。20年の自己資本比率は64%まで急落しています。

では、私たち投資家は、どのように経営破綻する予兆を掴む事ができるのでしょうか?

チェーサピーク・エナジーが経営破綻する予兆は?

2020年6月に連邦破産法11条を申請して破綻したチェサピーク株だが、破綻する予兆はなかったのでしょうか?

予兆1:15年の原油価格崩壊で社債額が著しく増加?

参考:Oil and debt – BIS

15年に原油価格が暴落して以降、苦境に陥っているシェール企業は多いです。

左図を見ると、シェール革命ブームの2009年以降、エネルギーセクターの社債額が膨らんでいる事が分かります。右図を見ると、負債額を増やした企業は、資産総額が25兆ドル未満の中小企業だと分かりますね。つまりは、借金が膨らんでいる原因は、シェールブームで中小企業が積極的に借入を行っているからです。

20年現在も経営を続けるシェール系は、15年をピークに業績が悪化している会社が多いです一方で、15年の原油価格暴落以降に、コスト削減で生産性や採算性を改善した企業で2極化しています。競争力が低い企業は、20年のコロナ危機で債務超過や経営破綻に陥っています。

チェサピークも経営体質を改善できなかった企業のひとつだと言えますね。

米国のシェール企業が苦境に陥っている原因は、原油生産コストが中東やロシアよりも割高だからですでは、具体的にはどれくらい高いのでしょうか?

予兆2:米国の生産コストは中東やロシアより割高?

参考:Crude Oil’s Total Cost of Production Impacts Major Oil Producers

産油諸国による、1バレル当たりの原油の採掘コストです。

2015年と古いデータだが、米国やカナダなどの先進国は中東と比較して採掘コストが割高です。また、シェールなど非従来型の原油は、採掘する手間が従来型よりも悪く割高ですね。15年にシェール企業が利益を得るには、60〜80ドルの原油価格が必要だと言われてました

15年に原油価格が暴落した理由は、米国のシェール企業を潰すためだとも言われています。

しかしながら、米国の採掘コストは技術革新で年々改善傾向にあります。20年時点では、ロシアなどの主要産油国と比較しても大差はありません。そのため、米国内では第二のシェールブームが起きています。原油価格が50ドル未満でも、採算が取れると語るシェール企業もあります。

ただし、従来型と比較して1油田当たりの生産量が少ないシェールは、採掘コストのブレ幅が大きいです。生産量が少ない油田しかない、コスト削減できない会社の業績は悪いです。

経営破綻するシェール企業を避けるには、15年以降の売上高や財務状況を見れば分かります。競争力が高いシェール企業は、業績回復し売上高もピークにつけていますね。チェサピークの業績や財務状況を見れば、経営破綻を予想するのは難しくないと言えます。

予兆3:20年に自己資本比率は−64%まで急落?

負債総額や自己資本比率を見る事で、私たちは危ない会社を避けられます。

チェサピークの自己資本比率は、20年(TTM)にはマイナス64%まで急落し債務超過です。債務が自己資本を上回ると、新たに融資先を見つけなければ会社は潰れます。20年のコロナ危機はいつまで続くか分からないため、銀行側は融資を見送ったと言う事です。

チェサピークの過去決算書を見ると、銀行側の判断は妥当だと言えますね。

チェサピークは、原油価格が暴落した16年や17年にも債務超過に陥っています。また、19年に再び業績が悪化して赤字決算に陥るなど、逃げるタイミングがたくさんあった事が分かります。私たち投資家は、業績が安定しない企業には絶対に投資してはいけないですね。

判断を間違えて投資した場合も、決算が悪ければ直ぐに損切りして逃げる必要があります。

まとめ:チェサピーク(CHK)の四半期決算は?

チェサピーク株が倒産する予兆は...
  1. 20年1Qで自己資本比率は、マイナス64%と債務超過にあった
  2. コロナ以前の16年や17年も、債務超過に陥っていた
  3. 業績は回復したように見えても、19年は赤字経営に陥っている
  4. 15年に業績は回復するも、EPSやBPSは一向に回復しない
  5. 事業を縮小してもフリーCFは赤字を続け、現金は流出していた

コロナ危機で株価が暴落した事で、割安株に投資するバリュー投資家が増えています。しかしながら、業績を回復せずに経営破綻する会社も少なくありません。私たち投資家は、経営破綻した会社の決算書や財務状況を分析する事で危険な株を避けられます。

結論から伝えると、チェサピークはかなり前から危険な予兆がありました。

20年(TTM)で自己資本比率は、マイナス64%と債務超過にありました。コロナ危機だけではなく、原油価格が暴落した16年や17年も債務超過に陥っています。15年以降に売上高や営業利益は若干改善しても、EPSやBPSは依然として悪い状態でした。

また、事業を縮小してもフリーCFは赤字を続け、常に現金は流出状態でもあります。

以上を考慮すると、チェサピークは逆張りを狙って投資すべき銘柄ではない事が分かります。また、判断を間違えて購入したとしても、決算を見て逃げるタイミングは何度もありましたね。もちろん、チェサピークが破綻したからと、全てのシェール企業が危険という訳ではありません

シェール株に投資する際には、しっかりと企業を見極める必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です