エマージェント・バイオソリューションズの四半期決算は?

世界的なパンデミックのコロナの影響で、ワクチン株が注目を集めていますね。エマージェント株は都市封鎖が始まった3月後半から、わずか4ヶ月間で株価が2.5倍に高騰しています今後は億単位でワクチンが開発製造される事を考えると、私たちはワクチン株に投資した方が良いのでしょうか?

  • 「3月のコロナ危機で、ワクチン株は4ヶ月で2.5倍に暴騰した…」
  • 「トランプ政権は、ワクチン株に10億ドル単位で投資している…」
  • 「ワクチンが世界中に供給されるなら、株価は間違いなく暴騰する…」

ワクチン関連株に投資するならば、個人的にはエマージェント株を選びたいです。

なぜならば、他の研究開発するワクチン会社と違い、製造と量産を下請する会社だからですワクチン開発は、どの会社が臨床試験をリードして承認されるか分からず、不確実性が高い投資だと言えます。対して、ワクチン製造で利益を得るエマージェントは確実に儲かりますね。

実際に2Qの売上高は前年比62%増、利益率も大きく改善しています

エマージェント社は、コロナのワクチン開発で米国のジョンソン&ジョンソン、英国のアストラゼネカと提携しています。他にも、ノヴァヴァックス、ヴァックスアートとも提携していますね。また、ワクチン開発と製造は、21年も22年も続く可能性が高いです。

そのため、長期に渡って利益を享受する可能性が最も高いと言えますね。

エマージェントの投資判断したい人向け
  1. エマージェントの4半期決算(2020年4-6月)は?
  2. エマージェントの過去10年間の売上高や営業利益は?
  3. ワクチン関連株の中で、エマージェントが儲かる理由は?

エマージェント・バイオソリューションズの四半期決算は?

エマージェントバイオソリューションズの四半期決算を紹介します。

第2Q決算(2020年6月30日)

第2Q決算の内容は...
  1. 売上高:3.947億ドル(前年比+62%
  2.  Product sales:2.985億ドル(+62%
  3.  Contract development and manufacturing:0.726億ドル(3.8倍
  4.  Services:0.236億ドル(ー43%)
  5. 営業利益:1.260億ドル(前年度−0.7億ドル
  6. 純利益:0.927億ドル(前年度−0.95億ドル
  7. 一株利益:1.98ドル

エマージェントバイオソリューションズは、ワクチン製造の下請するバイオ会社です。

1998年設立と歴史は古く、炭疽菌ワクチンや天然痘ワクチンの製造も行っています。ワクチン製造は利益だけではなく、社会的に絶対に欠かせない組織です。そのため、合衆国保険福祉省や防衛・国家安全保障関係省庁と深いパイプがあり国策企業としての側面もあります。

20年2Qの売上高は前年比62%増、営業利益は黒字化に成功し1.26億ドルでした営業利益率も31%と過去にない高水準を出していますね。コロナ環境下で、ウイルス製造の需要が拡大している事が予想できます。

第3Q決算(2020年10月)

2020年10月に公開予定。

では、エマージェント社の売上高や営業利益の10年間の推移はどうなっているのでしょうか?

エマージェント・バイオソリューションズの10年間の損益計算書は?

2008年に11ドルだったエマージェント社の株価は、2020年には10倍の118ドルまで急成長していますね。エマージェント社に100万円を投資すれば、1000万円まで増えていた事になります。では、過去10年間にどのように成長してきたのでしょうか?

エマージェント社の損益計算書やキャッシュフローを紹介します。

その1:売上高と営業利益の10年間の推移は?

過去10年間の決算書を見ると、売上高は安定して増えている事が分かります。特に、2018年以降の売上高が大きく膨らんでいる事が分かりますね。営業利益率も波はあるけれども、10〜20%とそれなりに高い水準を維持しています。

その2:BPSとEPSの10年間の推移は?

過去10年間のBPS(1株あたり純資産)とEPS(1株あたり純利益)も安定して推移しています。BPSは、2018年以降に特に増加傾向にありますね。EPSは、コロナ環境下で需要が高まり、20年に大きく膨らんでいます。

その3:営業CFと投資CFの10年間の推移は?

営業CFとフリーCF(営業CF−投資CF)は、安定して推移しているとは言えないですね。ワクチン開発や製造は、毎年のウイルス状況に大きく左右されるからです。18年以降は設備投資が大きくなり、フリーCFも拡大傾向にある事が分かりますね。

では、私たち投資家はエマージェント社をどのように判断すれば良いのでしょうか。

エマージェントバイオソリューションズの注目ポイントは?

エマージェントバイオソリューションに投資する上でのポイントを紹介します。

注目1:世界のワクチン市場は年率8.3%で成長してる?

参考:国際医療について考える

コロナによる影響で、世界的にワクチン業界が盛り上がっていますね。

意外と知られていない事実だが、ワクチン市場は年率8.3で拡大する成長産業です。2005年から2011年は年率15.6%で成長していましたね。世界中でコロナが流行した事で、インフルエンザなど別のワクチンを打つ人も増えますよね。感染症の脅威が再確認されたからです。

雪印メグミルクが行なった調査によると、ワクチンを摂取する人の数は多くはありません。

インフルエンザシーズンでも、ワクチン摂取率は25.5%と低いです(参考:インフルエンザの予防接種率は25%)。これだけウイルスの脅威がこれだけ浸透すると、ワクチンの摂取率が高くなる可能性が高いですね。

注目2:大手5社でワクチンの8割の市場を占めている?

参考:国際医療について考える

19年のワクチン市場は417億ドル、24年には584億ドルまで拡大すると予測されています。

意外と大きなワクチン市場だが、大手5社だけで8割を占めています1位は英国のグラクソスミスクライン、2位はフランスのサノフィ、3位は米国のメルク、4位は米国のファイザー、5位はスイスのノバルティスと続きます。

では、コロナワクチンの最新情報はどうなっているのでしょうか?

注目3:20年2Qは前年同期比62%増も拡大した?

参考:エマージェント・バイオソリューションズ

エマージェントバイオソリューションズは、前年度や前四半期と比較して急激に業績を回復させています。売上高は前年同期比で62%増、前四半期で2倍も拡大、営業利益も大きく膨らんでいます。好調な理由は、コロナ環境下でワクチン製造の需要が急増しているからです。

エマージェントバイオソリューションズは間違いなく利益を得られる会社です。

なぜならば、エマージェントバイオソリューションズは、ワクチンを製造し量産する下請け会社だからです。コロナワクチン開発では米国のジョンソン&ジョンソン、英国のアストラゼネカと提携しています。他にも、ノヴァヴァックス、ヴァックスアートとも提携しています。

ワクチン開発合戦では、どこのバイオ会社がリードするかは分かりません。そのため、不確実性が高い投資になりますね。しかしながら、大量生産できる設備があるエマージェントバイオソリューションズは、確実に儲かると言えますね。

1日も早くワクチンを市場に出すために、研究開発と製造はほぼ同時進行で進んでいます20年2Qの決算でも、早くも業績に影響を与え始めていますね。

エマージェントバイオソリューションズに投資するべき?

エマージェント株を購入すべき理由は...
  1. バイオ会社から、ワクチン製造を下請する会社である
  2. ワクチン開発はリスクが高いが、下請け会社は確実に儲かる
  3. 20年2Qは前年比62%増、営業利益率は31%に回復した
  4. モデルナやバイオエヌテックと違い、コロナ前から黒字である
  5. ワクチン開発は21年や22年も続き、長いスパンで利益を得られる

ワクチン関連で投資するならば、エマージェントバイオソリューションズが正解だと思います。

なぜならば、ワクチン開発はどこの会社がリードするか分からないが、製造を下請する会社ならば確実に儲かるからです。実際に20年2Qの業績を見ると、エマージェント社は既に結果が出ていますね。売上高は前年比で62%増、営業利益率は31%を超えています

また、ワクチンの開発と製造は、21年も22年も続く可能性が高いです。なぜならば、インフルエンサと同様にコロナウイルスも変異する可能性が高いからですね

まとめ:エマージェントバイオソリューションズ決算は?

モデルナ株の注目ポイントは...
  1. 1988年に設立し、ワクチン製造を下請する会社である
  2. 炭疽菌ワクチンや天然痘ワクチンの製造を独占的に行っている
  3. 米国政府と安全保障で太いパイプがあり、国策企業でもある
  4. ワクチン開発でジョンソン&ジョンソンとアストラゼネカと提携してる
  5. 20年2Qは前年比62%増、営業利益率は31%に回復した
  6. ワクチン開発は21年や22年も続き、長いスパンで利益を得られる

ワクチン関連株に投資するならば、個人的にはエマージェント株を選びたいです。

なぜならば、他の研究開発するワクチン会社と違い、製造と量産を下請する会社だからですワクチン開発は、どの会社が臨床試験をリードして承認されるか分からず、不確実性が高い投資だと言えます。対して、ワクチン製造で利益を得るエマージェントは確実に儲かりますね。

実際に2Qの売上高は前年比62%増、利益率も大きく改善しています

エマージェント社は、コロナのワクチン開発で米国のジョンソン&ジョンソン、英国のアストラゼネカと提携しています。他にも、ノヴァヴァックス、ヴァックスアートとも提携していますね。また、ワクチン開発と製造は、21年も22年も続く可能性が高いです。

そのため、長期に渡って利益を享受する可能性が最も高いと言えますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です